妊娠 中期 セックス。 妊娠中のセックスについて|妊娠中期(5~7ヶ月)|妊娠・出産・育児に関する総合情報サイト【ベビカム】

【医師監修】妊娠中期に起こる5つの症状の注意点と対処法

妊娠 中期 セックス

動悸や息切れにはいくつかの要因があります。 また、妊娠中期ごろから、心臓が1回の拍動で送り出す血液量が急速に増加します。 そのため心臓に負担がかかるようになり、動悸を感じることがあります。 これはエストロゲン、プロゲステロンの働きによるもので、胎盤を通して赤ちゃんへ十分な血液を送るための生理現象です。 加えて、血液の液体成分(血漿)が増えるのに比べて赤血球の数はそこまで増加しないため、貧血を起こしやすくなって、そのために動悸を感じやすくなります。 ほかに、妊娠によってプロゲステロンの分泌が増えた影響で、一回の呼吸を深くしようとするようになります。 では、妊婦さんの体重の増加はどれくらいが適正なのでしょうか。 適正な体重増加は、妊娠前の体重によって目標値が分かれており、厚生労働省は、妊娠中の望ましい体重増加の目安をBMI(Body Mass Index)の数値によって以下のように設定しています。 妊娠前のBMI18. 5未満(やせ) 適正体重増加:9~12kg 妊娠前のBMI18. 5以上25. 0未満(標準) 適正体重増加:7~12kg 妊娠前のBMI25以上(肥満) 適正体重増加:増加体重を個別に医師と相談 BMI(肥満度)は以下の計算で算出されます。 通常、妊娠初期は妊娠前と体重がほとんど変わらず、増えても2kg未満としています。 妊娠中期になると次第に体重が増えやすくなります。 妊娠中期を通しての体重増加の目安は5kg程度、急な体重増加はしないように、1週間に0. 5kgまでの増加とすることが望ましいとされています。 ただし、妊娠前のBMIが25以上の方については、主治医の先生と相談して対応してもらうようにしましょう。 適正な体重増加を目指してどのくらいのエネルギーを摂取すればよいのでしょうか。 妊娠時期によって一日に必要なエネルギー量は変わってきます。 妊娠中期:妊娠していないときのエネルギー必要量+250 kcal (妊娠初期:+50kcal、妊娠後期:+500 kcal) 妊娠中期は、妊娠初期に比べると200kcal多く摂る必要がありますが、食欲がある時期はうっかりするとカロリーオーバーになりがちです。 牛肉より鶏肉、モモ肉よりささみ、揚げるより蒸す、茹でるなどで工夫をし、カロリーを抑えましょう。 また、妊娠中も塩分摂取は1日7gが目安とされています。 塩分の摂りすぎはむくみや妊娠高血圧症候群のリスクを高めます。 適度な運動(スポーツ)は、妊婦さんでも健康維持や増進に効果的と言われていることから、妊婦さん向け水泳、ヨガ、エアロビクス教室なども増えています。 上記にある「好ましいスポーツ」以外を行う場合の考え方として、転倒しやすかったり、激しくぶつかり合う運動はおすすめできません。 また、ホットヨガは好ましくないスポーツに分類されていますが、これは、ホットヨガの環境が高温であるため、脱水を起こしやすく負担が大きいためです。 ただし、妊娠前から行っていたスポーツは、体が慣れているので加減をして行うのであれば、すべて好ましくないというわけではありません。 ジョギングについても、妊娠前から走っていた方は、速度を落としたり距離を短くしたりして走るのであればあまり問題はないでしょう。 スポーツをすると脱水になりやすいので水分補給をしっかりとし、真夏の炎天下では行わないようにしましょう。 運動がいつまでできるかについては、妊娠経過が順調であれば、特に制限はないようです。 ただ、産科の主治医や、スポーツを実施しているときのメディカルチェックなどで異常がないことが条件になります。 無理をしないようにしましょう。 ただし、切迫流産、早産、子宮頸管無力症、妊娠高血圧症候群などの方のスポーツは勧められていません。 スポーツを始める際には、主治医に相談してから行い、運動後の体の変化はセルフチェックするようにしましょう。 疲れを感じているときは、ゆっくり休み、また、体を動かした後に、腹痛や出血などの変化があった場合はすぐに受診しましょう。 動きやすい安定期には、思わずいろいろな動きをしてしまいがちですが、普段の生活の中でも気をつけたい動作があります。 またこれによって、赤ちゃんへの血液量も不足してしまいます。 しかし、お腹が大きくなってくると視野が変わり、バランスをとりにくくなるため転倒しやすくなります。 そのため安定期であっても移動のための自転車の運転は避けたほうが良いでしょう(スポーツとしての固定自転車は別)。

次の

旅行やお出かけ、保育園見学も今のうちに!|FQ JAPAN 男の育児online

妊娠 中期 セックス

安定期に入り、体調も落ち着く人が多いですが、適度な運動(ストレッチ、ウォーキング)や栄養バランスのよい食生活で、体重増加をゆるやかに抑えましょう。 そろそろ出産について勉強し、パートナーと話し合って心の準備をしておきましょう。 妊娠中期とは、妊娠5ヵ月(16週)〜7ヵ月(27週)の約3ヵ月間を指します。 安定期に入りほっと一息つける時期ですが、この頃からおなかや乳房が目立ってきます。 避けた方がいいこと・注意すること• 起き上がるときには、腹筋を使って起きるのではなく、横を向いて、ひじをついてから起き上がるようにしましょう。 安定期に入りやれることの範囲は広がります。 妊婦検診で順調であれば、マイペースの生活でOK。 食事面では塩分・糖分のとり過ぎに注意して、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、良い脂質など栄養バランスのよいメニューに。 この頃からセックスがOKになることが多いけれど、激しいセックスや不潔なセックスは避け、無理はしないこと。 セックス前後にシャワーを使って清潔に。 感染症予防のためコンドームは必ずつけること。 やったほうがいいこと• 適度な運動はOK。 体重管理という面からも、体を動かすようにしたいもの。 出産の場所の見学や情報収集を。 出産について学び、さまざまな出産スタイルの中で自分のイメージや状態(好み)に合ったものを探しましょう。 仕事復帰を予定している人は、預け先の情報収集を。 妊娠6ヵ月ぐらいからは、乳頭のケアをして母乳育児の準備をスタート。 赤ちゃんは妊娠6ヵ月ぐらいになると、聴覚など中枢神経系も発達してくるので、おだやかに話しかけてコミュニケーションをとりましょう。

次の

妊娠中期のおりものに注意して!量が増える・茶色やピンクになるのは大丈夫?

妊娠 中期 セックス

妊娠中のセックスは安全か? まずはじめに、妊娠経過が順調で、医師から特別に何も言われていない場合は、妊娠中のセックスは安全と考えていいでしょう。 実は、妊娠中のセックスが、胎児ならび妊娠経過に影響があるのか、特に早産のリスクを高めるかは、はっきりと分かってはいるわけではありません。 しかし米国の調査でも、膣炎などがなければ、SEXの頻度により、流産や早産のリスクを高めることはないと報告されています。 <Index>• 妊娠中のセックス こんな症状がある時は要注意! ただし、セックスによる子宮頸部の刺激により、子宮は収縮しやすくなります。 以下のような状況では妊娠中のセックスは控えるようにしましょう。 おなかの張りがあり、切迫流早産気味のとき• 不正出血があるとき• 子宮頚管が短くなってきているとき• 前置胎盤、あるいは胎盤の位置が低い低置胎盤のとき• 破水しているとき• Q:妊娠中のセックスは流産の原因になりますか? A:流産の原因にはなりません SEXは流産の原因になりません 妊娠初期のセックスが流産の原因になると思っている方も多いでしょうが、その因果関係はありません。 妊娠初期の流産は染色体異常や遺伝子異常など、通常は胎児側の理由によるものがほとんど。 よって、妊婦さんが何かをしたから、あるいは、何かをしなかったから流産になるわけではありません。 Q:セックスできるのはいつまで?妊娠初期でも臨月でも大丈夫? A:どの妊娠週数でセックスしてもOKです 体調、妊娠経過がよく、2人共に望むのであれば、妊娠週数にかかわらずセックスすることは問題ありません。 ただし、妊娠初期はつわりや不安もあり、セックスを控えるムードになりやすいかもしれません。 Q:ペニス挿入を伴う妊娠中のセックスの赤ちゃんへの直接危害は? A:ありません。 ペニスは赤ちゃんには接触しません 挿入されたペニスは、子宮口に接触することはあっても、その子宮口は頚管粘液の栓で閉ざされています。 胎児は、子宮口がある子宮頸部の上(先)の子宮内で、羊水に守られているので、妊娠中のSEXが赤ちゃんに直接危害を与えることはありません。 Q:妊娠中のセックス挿入時にコンドームは必要ですか? A:必要とは言えませんが、着けるのが望ましいでしょう 妊娠中は抵抗力が低下し、病気感染の危険性が高まります。 特にパートナーが性感染症をもっている可能性があれば、コンドームは必須です。 Q:妊娠中のセックスでは、腟内射精で中出しをしてもいいですか? A:正期産に入る妊娠37週前までは、避けることが望まれます コンドームなどを使用して、膣内射精は37週前までは避ける 精液中には、子宮を収縮させるプロスタグランジンや、子宮の頚管を柔らかくする物質が含まれています。 ただし、妊娠経過が順調であれば、中出しをしたから早産のリスクが高まる根拠はありません。 それでも、腟炎や子宮内感染、切迫流早産の徴候があると、早産を引き起こす可能性もあるので、正期産に入る妊娠37週前には、腟内射精は控えておくほうがよいでしょう。 Q:妊娠中のオーガズムは早産につながりますか? A:早産の原因にはなりません オーガズムや乳頭刺激は、脳下垂体からオキシトシンの分泌を促すことで、子宮収縮を起こす原因になります。 ただ、この子宮収縮は陣痛につながるものではありません。 なので、妊娠経過が順調であれば、妊娠中のオーガズムが早産のリスクを高めることはないのであまり心配しなくていいでしょう。 ただし、乳頭刺激は控えておいたほうが無難です。 Q:妊娠中のセックスでの好ましい体位はありますか? A:妊婦さんが負担にならず心地よければ、それが好ましい体位です 妊婦さんの負担の無い体位でのSEXが望ましい 特に好ましい体位があるわけではあけではありません。 ただし、妊娠週数が進みお腹が大きくなってくると、仰向けになると息苦しさを感じやすくなるので、正常位よりは、お互いが横になり、妊婦さんの後ろにパートナーがくるような体位などが楽かもしれません。 Q:妊娠中のオーラルセックスは安全ですか? A:安全ですが、注意が必要な場合もあります 女性が男性にするオーラルセックスの場合は問題ありません。 ただし、女性が男性にされるクンニリンクスの場合は、注意が必要です。 パートナーが膣内に息を吹き込み、空気が血管内に入り込み空気塞栓を起こし、母子共に危険な状況に陥ったケースがアメリカで報告されています。 Q:妊娠中のアナルセックスは安全ですか? A:妊娠中のアナルセックスは避けた方がよいでしょう 妊娠中のアナルセックスはお勧めできません。 妊娠中は、大きくなった子宮の圧迫で、肛門周囲の血液循環が阻害され痔になりやすいので、まずは不快だと思います。 さらに、直腸内の細菌が、膣内へと広がり、早産につながる可能性もあります。 Q:出産予定日近くにSEXすることで、お産を早められますか? A:出産を早める効果はありません 臨月のSEXにお産を早める効果はありません 出産予定日近くになり、陣痛を促すために、セックスをするといいという説がありますが根拠はありません。 実際は、オーガズムや乳頭刺激での子宮収縮も含め、お産を早める効果はないと考えられています。 Q:妊娠により性欲は変化し、自慰行為が増えたけど大丈夫ですか A:ほとんどの人は変化します。 したくないと感じる人や、オナニー(自慰行為)もする人など 個人差があります 一般に、妊娠初期は、妊娠性ホルモンの影響、疲労、つわり、流産が心配、などの理由で性欲は減退してきます。 セックスどころか、パートナーの匂いさえ受けつけないという方もでてきます。 妊娠中期になり、つわりや疲労などがおさまって安定期を迎えると、性器や乳房に循環する血液量が増える生理的変化もあり、性欲が増してくるかもしれません。 後期になると、体型の変化、腰痛、頻繁な子宮収縮、赤ちゃん、出産への意識が高くなるなどの理由から、性欲は再び低下する傾向があります。 性欲は個人差が大きく、妊娠期間を通して性欲がなくなり、セックスのことなど考えられず、パートナーから求められることが苦痛で仕方ない方がいれば、性欲がより高まって、セックスだけでは満足できず、オナニー(自慰行為)を頻繁にしているという方もいます。 もちろん、どちらも異常ではありません。 Q:産後のセックスレスを防ぐ為にも、妊娠中のセックスはした方が良いのでしょうか? A: 気乗りしない 場合は無理にしない方がいいでしょう 夫婦間で話し合いたい、妊娠中や産後のセックス問題 セックスはカップル間のコミュニケーションの大切な手段です。 ただし、妊娠中は女性だけでなく、男性の性欲にも変化がみられます。 実は、妊娠中はこのコミュニケーションが最もかみ合いにくい時期でもあるのです。 しかも、やっかいなことに、妊娠・出産が終われば、セックスの問題が自然に解決するということはなく、逆に長く尾を引き、産後のセックスレスなどの性の不一致をきっかけとして、夫婦の危機につながることもでてきます。 だからといって、気乗りをしないのに、妊娠中にセックスをすることが将来のセックスレスを防ぐ方法にはなりません。 かえって逆効果となる可能性が高くなります。 セックスを含めた将来のお互いのいい関係性につなげてゆくためにも、相手を尊重した上で、自分の感情を相手に伝わる言葉で表出できる機会をもつことが大切です。 もちろん、とても話しにくい話題です。 それでも、家族の未来を語り合うように、先送りせず、この時期だからこそ、セックスについてもお互いに素直に話せる機会を持てるといいですね。 【関連記事】 ・ ・ ・ ・.

次の