山本 太郎 喪服。 「葬式パフォーマンス」、山本太郎議員があっさり謝罪 支持者からも「簡単にあやまるな」「裏切りでは」の批判: J

山本太郎議員の一人牛歩戦術、それを見る安倍首相が話題に!山本太郎議員「何としても引き延ばさないといけない」 赤かぶ

山本 太郎 喪服

山本太郎議員の一人牛歩戦術、それを見る安倍首相が話題に!山本太郎議員「何としても引き延ばさないといけない」 2015. どこまで抑圧するのか。 18日午後のフジテレビ「みんなのニュース」より。 — 杉原こうじ(緑の党・脱原発担当) kojiskojis 【New】山本太郎氏、喪服で一人牛歩 自民党席に向かって合掌(画像) — ハフィントンポスト日本版 HuffPostJapan 動画を見ると、安倍首相も山本太郎議員に少し頭を下げていましたね。 数珠を持つのはちょっとやり過ぎでドン引きですが、牛歩戦術その物は昔からある手法の一つです。 法律の範囲内ならば、私はやっても問題は無いと思います。 もう感動で涙がでます。 太郎さん、ありがとう!応援しています。 制限時間?平和な日本が平和でなくなろうとしているのに制限している場合か。 他の野党の皆さんも、頑張って下さい。 何故彼だけなんだ? 委員長が再三催促し、後1分で投票しないと投票箱を閉鎖する、と.... そんな決まりがあるのか? 勝手に委員長が決めていいのか?... 山本太郎の名前が呼ばれたのに列に並んでいなかったからおかしいと思ったら、投票漏れの確認で名乗り出て・・・ただいま牛歩中です。 左下にちょろっと頭の出ているのが当人です。... — アン トニオヤネン antonio0529 鴻池委員長の問責決議案見ている。 山本太郎、亀歩き。 笑 茶番劇には茶番で返すしかないね。 国会議員一人当たり1億円の税金がかかっている。 国を壊す高給取りを許してはいけない。 — PassyKis passykis 山本太郎の牛歩面白かった。 牛歩戦術が失敗してちょっと残念です。 ただ、ネットやメディアではかなり話題になっているので、山本太郎議員の作戦勝ちとも言えるでしょう。 委員長の問責決議案が否決されたことから、深夜に安保法制の採決が行われることになります。 2ch. 山崎正昭議長は速やかな投票を要請し、山本氏は6分かけてひな壇に登り、最終的に応じた。 : 安保関連法が可決 山本太郎議員1人牛歩4度実らず 日刊スポーツ 9月19日 土 2時34分配信 安倍晋三首相が早期成立へ5月末から審議を進めてきた安全保障関連法案は19日午前2時18分、参院本会議で与党などの賛成で可決、成立した。 首相は、日本の安全保障政策を大きく変える法律を、執念で現実のものにした。 野党はこの日、参議院で問責決議案を4本、衆議院では内閣不信任決議案を提出。 山本太郎議員が「1人牛歩」を4度行い、成立を引き延ばそうとしたが、数の力に押し切られた。 国民の反対や憲法学者の「違憲」の声も封印された形で、「安倍1強」の政治情勢のもと、今回の法案が成立した。 山本太郎議員は良く頑張った。 ご苦労様でした。 : 山本太郎氏と小沢一郎氏は「同船同夢」。 小沢氏は山本太郎氏の牛歩を「よくやるやあ」とにこにこして見ていたと思う。 が、彼は山本氏のような行動をするには思考年齢が付いていけない。 山本太郎氏の牛歩に感動した。 彼の心から阻止したい気持ちが伝わってきたからだ。 その上、ユーモアがあるから、思わず微笑みまで出てしまう。 彼が安陪首相に合掌したのは、死んだ安陪首相への哀悼の意味。 山本太郎議員は、人のこころをつかんで話さない不思議や魅力とカリスマがある。 どんなテレビ番組より飽きさせない。 生活の党と山本太郎となかまたちの名は、全国津々浦々まで広まるだろう。 次期選挙では大幅に議席を増やすか、候補者全員が当選するかのどちらかだと思う。 : 山本太郎のあれがパフォーマンス、笑い、ユーモアとか理解している人もいるが、私は違う。 もっと大真面目に、あのとおりのことが現実になると思う。 安倍は仏教僧侶のいまや呪い殺される対象となっている。 僧侶たちの国会前での呪殺祈祷を見たか。 恐怖の護摩たき祈祷の真言密教、日本最高の鎮護国家仏教の必殺の呪いがかけられている。 安倍はもうあまり長くないかもしれない。 だから、山本太郎のあのねんじゅ持ちお祈りを、安倍が神妙な顔で見ているのは、自分の未来を漠然と予感しているからだと思う。 人は悪党であれ、自分の将来を漠然と直感することがある。 この瞬間の山本太郎のしぐさは、安倍が自らの生命の最期のときに、脳裏に焼きついて離れないだろう。 運命とは、宿命とはそういうものだ。 敗者は勝者に、勝者は敗者になる。 神仏を恐れない者には、それ相応の因果応報がある。 : そもそも党議拘束がかかっているのだから、最初から数で言えば与党が圧倒しているに決まっている。 結局のところ、基本的な部分で日本の議会は茶番で成り立っているといえるのである。 採決にしても、党議拘束をかけても尚自党の議員を信じられないのか、驚くべきことに記名投票である。 誰もが明らかに賛否が傍目にも見える、自分の名が書かれた札を入れて行くのであるから、万が一にも党の方針に反対の票を入れても、たちどころに造反者が分かってしまうという仕組みであろうが、全くもって前近代的な方法である。 しかも、「討論」などと銘打って、数名の議員が賛成、反対意見を述べる形になってはいるが、少なくとも「討論」と称するならば、賛否は討論を聞き終えた後で一票づつ投じる形になっているのに、最初から党としての方針が決まっていて尚且つ記名投票では、討論などには全く意味が無いのである。 テレビ放映があるためにかろうじて有権者が次の投票の際に参考には出来るだろうが、こんな深夜に、しかも国会中継を見るような有権者は多く無いだろう。 従って、あくまでも主権者代表としての代議士が、各党の演説を聞いたならば、自分の賛否は演説を聞き終えた後に決するものでなければならず、最初から党の方針で投じる札が決まっているなら、このような演説は不要である。 何のためにこのような茶番を行うのか。 せめても野党にガス抜きとして喋らせてやろう、というのか。 全く子供だましも良いところではないか。 国民投票もせずに、戦後の大きな軍事スタンスの転換という実質憲法改訂でもある法案であるからこそ、このような「討論」を演出したのであろうから、賛否両論の演説を聞いた後に、例えば反対者が賛成に、賛成者が反対に投ずるような自由が与えられて良い筈ではないか。 それでこそ「討論」であろう。 何だか知らないが、子供議会ではあるまいし、初めから結果が分かっている投票を大真面目にやるほど馬鹿らしいことは無い。 しかも審議引き延ばし効果と言っても、徹夜でやられては意味も無い。 官僚の作る法案に始まって、党議拘束に、賛否の分かってしまう記名投票、形だけの討論など、日本の国会が「国会らしきもの」でしかない事が判明した。 ムサシへの選挙業務の丸投げと不正が取沙汰される電子式開票も含め、国会に基本的な部分で欠陥があるのでは、政治の正当性が担保されない。 保守与党はこれで満足であっても、一票の格差問題は無論のこと、野党議員は国会運営上の種々の欠陥についても厳しくメスを入れるべきだと思う。 : さん 呪殺祈祷を見ました。 >20150827 UPLAN 呪殺祈祷僧団再結成!再稼働・安保法制に反対呪殺祈祷会「死者が裁く」 >しかし、J-CASTニュースの取材に応じた同団体の中心僧侶の1人によれば、 〜「呪殺とは、殺人ではありません。 神仏や死者の裁きを祈念し、他者や我々自身の煩悩を滅殺することを指します。 ですので、特定の団体や個人を指して呪殺祈祷を行っているわけではありません」という。 同氏はあわせて、「『呪』という字は『祈る』という意味で使っています」とも語った。 祈祷の中では「悪しき権力者を打ち砕く」や「米国政府の走狗」など、いささか過激な言葉も聞かれないではなかったが、文字通り「呪い殺す」ことを図った1970年の僧団とは、その目的を異にしていることは確かなようだ。 > とのこと。 一見すると奇異な印象を受けるが、よく話を聞くと納得できる。 良い意味で古き日本を彷彿とさせる。 発する言葉には魂が込められおり、人間としてやってはいけないことを戒めている。 似非宗教の壺売り統一教会や宗教の体をなさない金まみれの創価学会など、仏罰が当たって当然だと思う。 惜しむらくは、「呪い殺すための祈祷ではない」という点だ。 推測であるが、桁違いの法力を持つ指導者もいることだろう。 是非とも国会の正面で、呪い殺すことを目的に呪殺祈祷をお願いしたい。 呼びかければ即座に数万人が集まり、効果も絶大だと思う。 その折には、遠方からではあるが是非とも参加したいと考えている。 一方、ウソと詭弁にまみれの減らず口を叩いている安倍総理の言葉には、誠意や言霊(ことだま)の片鱗も感じられない。 おまけに、「ムサシ不正選挙」を繰り返して現在の強大な権力を手に入れ、自己保身と利権集団のために背徳的な悪政を推進している。 更には、憲法をも踏み倒して自国民や他国の人々を殺しまくることで戦争企業集団の要請に応えようとしている。 決して、決してまともな死に方はしないであろう。 写真では、数珠を持った山本太郎氏の合掌に会釈で応えていたように見えた。 「既におまえは死んでいる!」なのである。 >午後8時、投票箱の閉鎖と同時に当確発表!?・・・・えっ、まだ投票箱は移動中なんですが???.

次の

山本太郎の俳優引退がもったいない!政界進出で残念な人と認定!?

山本 太郎 喪服

山本太郎議員の一人牛歩戦術、それを見る安倍首相が話題に!山本太郎議員「何としても引き延ばさないといけない」 2015. どこまで抑圧するのか。 18日午後のフジテレビ「みんなのニュース」より。 — 杉原こうじ(緑の党・脱原発担当) kojiskojis 【New】山本太郎氏、喪服で一人牛歩 自民党席に向かって合掌(画像) — ハフィントンポスト日本版 HuffPostJapan 動画を見ると、安倍首相も山本太郎議員に少し頭を下げていましたね。 数珠を持つのはちょっとやり過ぎでドン引きですが、牛歩戦術その物は昔からある手法の一つです。 法律の範囲内ならば、私はやっても問題は無いと思います。 もう感動で涙がでます。 太郎さん、ありがとう!応援しています。 制限時間?平和な日本が平和でなくなろうとしているのに制限している場合か。 他の野党の皆さんも、頑張って下さい。 何故彼だけなんだ? 委員長が再三催促し、後1分で投票しないと投票箱を閉鎖する、と.... そんな決まりがあるのか? 勝手に委員長が決めていいのか?... 山本太郎の名前が呼ばれたのに列に並んでいなかったからおかしいと思ったら、投票漏れの確認で名乗り出て・・・ただいま牛歩中です。 左下にちょろっと頭の出ているのが当人です。... — アン トニオヤネン antonio0529 鴻池委員長の問責決議案見ている。 山本太郎、亀歩き。 笑 茶番劇には茶番で返すしかないね。 国会議員一人当たり1億円の税金がかかっている。 国を壊す高給取りを許してはいけない。 — PassyKis passykis 山本太郎の牛歩面白かった。 牛歩戦術が失敗してちょっと残念です。 ただ、ネットやメディアではかなり話題になっているので、山本太郎議員の作戦勝ちとも言えるでしょう。 委員長の問責決議案が否決されたことから、深夜に安保法制の採決が行われることになります。 2ch. 山崎正昭議長は速やかな投票を要請し、山本氏は6分かけてひな壇に登り、最終的に応じた。 : 安保関連法が可決 山本太郎議員1人牛歩4度実らず 日刊スポーツ 9月19日 土 2時34分配信 安倍晋三首相が早期成立へ5月末から審議を進めてきた安全保障関連法案は19日午前2時18分、参院本会議で与党などの賛成で可決、成立した。 首相は、日本の安全保障政策を大きく変える法律を、執念で現実のものにした。 野党はこの日、参議院で問責決議案を4本、衆議院では内閣不信任決議案を提出。 山本太郎議員が「1人牛歩」を4度行い、成立を引き延ばそうとしたが、数の力に押し切られた。 国民の反対や憲法学者の「違憲」の声も封印された形で、「安倍1強」の政治情勢のもと、今回の法案が成立した。 山本太郎議員は良く頑張った。 ご苦労様でした。 : 山本太郎氏と小沢一郎氏は「同船同夢」。 小沢氏は山本太郎氏の牛歩を「よくやるやあ」とにこにこして見ていたと思う。 が、彼は山本氏のような行動をするには思考年齢が付いていけない。 山本太郎氏の牛歩に感動した。 彼の心から阻止したい気持ちが伝わってきたからだ。 その上、ユーモアがあるから、思わず微笑みまで出てしまう。 彼が安陪首相に合掌したのは、死んだ安陪首相への哀悼の意味。 山本太郎議員は、人のこころをつかんで話さない不思議や魅力とカリスマがある。 どんなテレビ番組より飽きさせない。 生活の党と山本太郎となかまたちの名は、全国津々浦々まで広まるだろう。 次期選挙では大幅に議席を増やすか、候補者全員が当選するかのどちらかだと思う。 : 山本太郎のあれがパフォーマンス、笑い、ユーモアとか理解している人もいるが、私は違う。 もっと大真面目に、あのとおりのことが現実になると思う。 安倍は仏教僧侶のいまや呪い殺される対象となっている。 僧侶たちの国会前での呪殺祈祷を見たか。 恐怖の護摩たき祈祷の真言密教、日本最高の鎮護国家仏教の必殺の呪いがかけられている。 安倍はもうあまり長くないかもしれない。 だから、山本太郎のあのねんじゅ持ちお祈りを、安倍が神妙な顔で見ているのは、自分の未来を漠然と予感しているからだと思う。 人は悪党であれ、自分の将来を漠然と直感することがある。 この瞬間の山本太郎のしぐさは、安倍が自らの生命の最期のときに、脳裏に焼きついて離れないだろう。 運命とは、宿命とはそういうものだ。 敗者は勝者に、勝者は敗者になる。 神仏を恐れない者には、それ相応の因果応報がある。 : そもそも党議拘束がかかっているのだから、最初から数で言えば与党が圧倒しているに決まっている。 結局のところ、基本的な部分で日本の議会は茶番で成り立っているといえるのである。 採決にしても、党議拘束をかけても尚自党の議員を信じられないのか、驚くべきことに記名投票である。 誰もが明らかに賛否が傍目にも見える、自分の名が書かれた札を入れて行くのであるから、万が一にも党の方針に反対の票を入れても、たちどころに造反者が分かってしまうという仕組みであろうが、全くもって前近代的な方法である。 しかも、「討論」などと銘打って、数名の議員が賛成、反対意見を述べる形になってはいるが、少なくとも「討論」と称するならば、賛否は討論を聞き終えた後で一票づつ投じる形になっているのに、最初から党としての方針が決まっていて尚且つ記名投票では、討論などには全く意味が無いのである。 テレビ放映があるためにかろうじて有権者が次の投票の際に参考には出来るだろうが、こんな深夜に、しかも国会中継を見るような有権者は多く無いだろう。 従って、あくまでも主権者代表としての代議士が、各党の演説を聞いたならば、自分の賛否は演説を聞き終えた後に決するものでなければならず、最初から党の方針で投じる札が決まっているなら、このような演説は不要である。 何のためにこのような茶番を行うのか。 せめても野党にガス抜きとして喋らせてやろう、というのか。 全く子供だましも良いところではないか。 国民投票もせずに、戦後の大きな軍事スタンスの転換という実質憲法改訂でもある法案であるからこそ、このような「討論」を演出したのであろうから、賛否両論の演説を聞いた後に、例えば反対者が賛成に、賛成者が反対に投ずるような自由が与えられて良い筈ではないか。 それでこそ「討論」であろう。 何だか知らないが、子供議会ではあるまいし、初めから結果が分かっている投票を大真面目にやるほど馬鹿らしいことは無い。 しかも審議引き延ばし効果と言っても、徹夜でやられては意味も無い。 官僚の作る法案に始まって、党議拘束に、賛否の分かってしまう記名投票、形だけの討論など、日本の国会が「国会らしきもの」でしかない事が判明した。 ムサシへの選挙業務の丸投げと不正が取沙汰される電子式開票も含め、国会に基本的な部分で欠陥があるのでは、政治の正当性が担保されない。 保守与党はこれで満足であっても、一票の格差問題は無論のこと、野党議員は国会運営上の種々の欠陥についても厳しくメスを入れるべきだと思う。 : さん 呪殺祈祷を見ました。 >20150827 UPLAN 呪殺祈祷僧団再結成!再稼働・安保法制に反対呪殺祈祷会「死者が裁く」 >しかし、J-CASTニュースの取材に応じた同団体の中心僧侶の1人によれば、 〜「呪殺とは、殺人ではありません。 神仏や死者の裁きを祈念し、他者や我々自身の煩悩を滅殺することを指します。 ですので、特定の団体や個人を指して呪殺祈祷を行っているわけではありません」という。 同氏はあわせて、「『呪』という字は『祈る』という意味で使っています」とも語った。 祈祷の中では「悪しき権力者を打ち砕く」や「米国政府の走狗」など、いささか過激な言葉も聞かれないではなかったが、文字通り「呪い殺す」ことを図った1970年の僧団とは、その目的を異にしていることは確かなようだ。 > とのこと。 一見すると奇異な印象を受けるが、よく話を聞くと納得できる。 良い意味で古き日本を彷彿とさせる。 発する言葉には魂が込められおり、人間としてやってはいけないことを戒めている。 似非宗教の壺売り統一教会や宗教の体をなさない金まみれの創価学会など、仏罰が当たって当然だと思う。 惜しむらくは、「呪い殺すための祈祷ではない」という点だ。 推測であるが、桁違いの法力を持つ指導者もいることだろう。 是非とも国会の正面で、呪い殺すことを目的に呪殺祈祷をお願いしたい。 呼びかければ即座に数万人が集まり、効果も絶大だと思う。 その折には、遠方からではあるが是非とも参加したいと考えている。 一方、ウソと詭弁にまみれの減らず口を叩いている安倍総理の言葉には、誠意や言霊(ことだま)の片鱗も感じられない。 おまけに、「ムサシ不正選挙」を繰り返して現在の強大な権力を手に入れ、自己保身と利権集団のために背徳的な悪政を推進している。 更には、憲法をも踏み倒して自国民や他国の人々を殺しまくることで戦争企業集団の要請に応えようとしている。 決して、決してまともな死に方はしないであろう。 写真では、数珠を持った山本太郎氏の合掌に会釈で応えていたように見えた。 「既におまえは死んでいる!」なのである。 >午後8時、投票箱の閉鎖と同時に当確発表!?・・・・えっ、まだ投票箱は移動中なんですが???.

次の

誹謗中傷とは違うけど、山本太郎が生きてる人に向かって喪服で合掌して通り過ぎるって失礼なんてレベルの話じゃない

山本 太郎 喪服

議員をやめるべきだ、といった厳しい意見も 山本議員は、参院特別委員会で安保法案が強行採決された2015年9月17日の段階からすでに喪服を用意していたらしい。 委員会後、山本議員は控室でスーツから喪服に着替えてマスコミ取材に応じ、18日の参院本会議に喪服を着て臨む意向を明らかにした。 そして18日の参院本会議は宣言通り、真っ黒なスーツに黒ネクタイという喪服姿で出席。 安倍晋三首相に対する問責決議案の記名投票をする際には、数珠を手に焼香のしぐさまで見せる徹底ぶりだった。 こうした山本議員の行為はネットで議論を呼んだ。 ツイッターでは 「幼稚なパフォーマンス」 「議場外でやれ」 といった批判と 「インパクト強い。 おもしろい」 「素晴らしいとしか言いようがない!」 などの好意的な意見に分かれた。 ただ、どちらかと言えば否定的なコメントの方が多く、議員をやめるべきだ、といった厳しいものも散見される。 一体、喪服を着た理由とは何なのか。 真意を聞くべく山本議員の事務所に問い合わせたが、何度かけてもつながらなかった。 喪服は「故人を偲ぶためのもの」 17日付け日刊スポーツ電子版によると、山本議員は同日開かれた委員会後、「『自民党が死んだ日』ということで、喪服を、と思った。 数々の公約違反でもともと、死んでいるとは思っていたが、今回は決定的に、憲法破壊ということをしたからだ」と取材陣に喪服着用の理由を説明したという。 また、18日付け産経新聞電子版には参院本会議後、記者団の取材に「本日は告別式の流れになる」などと語った様子が伝えられている。 山本議員は「自民党が死んだ日」という台詞を持ち出して、何かを訴えたかったようだ。 安保法案の強行採決に抗議する野党議員と委員長を守ろうとする与党議員が壇上でもみ合い、怒号と絶叫が響き渡った17日の参院委員会室。 山本議員は壇上から距離を置いて立ち、「自民党が死んだ日」と書かれた紙を掲げていた。 喪服着用もこれと同じく、テレビカメラの向こうにいる国民に「自民党の死」をイメージさせるため、独自に編み出したアピール手法なのかもしれない。 ただ、葬祭儀礼の観点からすると、山本議員の喪服着用は「TPOに配慮していない」と言われかねないものだった。 東京や大阪、名古屋などに葬儀会館を運営するティア(名古屋市)の公式サイトによると、喪服とは故人を偲ぶための正装を言う。 こうした事実を前提に、ツイッターで「喪服は人の死を悼む時に着用するものですよ」と指摘するユーザーもいた。

次の