おはよう こんにちは おやすみ 歌。 朝の挨拶の歌とお帰りの歌を教えて下さい!

夏休み2014

おはよう こんにちは おやすみ 歌

日本人によく知られているイタリア語のひとつが、イタリア語の「こんにちは」に該当するとされる「 ボンジョルノ(Buongiorno)」。 同じく、挨拶のイタリア語である「チャオ(Ciao)」よりも、「ボンジョルノ」の方が丁寧な挨拶なので、私も初めてのイタリア旅行の時には、「ボンジョルノ」を連発しました。 しかし、時として、イタリア人が「ボンジョルノ」ではなく、違う挨拶を返してくることに戸惑った私。 実は、 「ボンジョルノ」は、厳密には「こんにちは」と同じ意味ではなかったんです! ボンジョルノはどちらかと言うと「おはよう」に近い! ボンジョルノは、「良い(=Buon)」+「一日(=giorno)」という、二つの言葉で構成された単語です。 そのため、挨拶として使うと、厳密には「今日は良い一日になるといいですね」というようなニュアンスになり、一日のうちの、早い時間帯にしか使わない挨拶なのです。 ボンジョルノ(Buongiorno)で挨拶する時間帯は、午前中から、遅くても午後の3時くらいまで。 地域によっては、お昼ご飯を食べた後には、もう使わないということもあります。 そのため、 ボンジョルノは、日本語で一番近い挨拶は「おはよう」になります。 イタリア語で「午後」を意味する「ポメリッジョ(Pomeriggio)」という単語が、挨拶として使うには長すぎるため、セーラで代用しているのではないかと推測されます。 イタリア人は、ボンジョルノとボナセーラはしっかり使い分けます。 そのため、私が最初のイタリア旅行で、午後の時間帯に「ボンジョルノ」と挨拶すると、イタリア人から「ボナセーラ」と返ってきていたというわけです。 「こんばんは」はBuonasera?Buonanotte? イタリア語で「夜」を意味する単語は「notte」で、この「notte」に「Buona(よい)」をつけた、「 ボナノッテ(Buonanotte)」という挨拶もあります。 「ボナノッテ」には、「こんばんは」という意味もありますが、主に「おやすみなさい」の意味で使います。 寝る直前だけでなく、夜に会った人とお別れする際にも使います。 たとえば、レストランでのディナーの後、ウェイターさんは、「ボナノッテ」と言って見送りしてくれます。 「ボナノッテ」は、別れ際に使われることが多く、実際にイタリアでは、出会った時の「こんばんは」の意味では使われないというのが、私の印象です。 「こんばんは」は、「ボナノッテ」の代わりに「ボナセーラ」が使われることが多いです。 イタリア語の「こんにちは」は3種類覚えておけば十分! イタリア語の挨拶には、最初に書いたように、カジュアルな「こんにちは」である「チャオ(Ciao)」もあります。 チャオは、時間帯を選ばず、いつでも使える便利な挨拶です。 まとめると、イタリア語で「こんにちは」を言いたい場合は、この3つの言葉を覚えておけばじゅうぶん! Ciao(チャオ)=カジュアルで一日中使える挨拶 Buongiorno(ボンジョルノ)=朝からランチ後まで使う挨拶 Buonasera(ボナセーラ)=午後2時頃から夜まで使う挨拶 イタリア語らしく発音するコツ! ボンジョルノは、「 ブオンジョルノ」と発音すると、イタリア語っぽい響きになります。 同じように、ボナセーラも「 ブオナセーラ」という感じで発音しましょう! ついでに別れる時の挨拶をご紹介 別れる時の挨拶は、カジュアルな場面では、イタリア人も「バーイ」「バイバイ」と、英語っぽい表現を使うことが多いです。 他にイタリア語の特徴として覚えておきたいのが、「チャオ(Ciao)」「ボンジョルノ(Buongiorno)」「ボナセーラ(Buonasera)」は、別れる時にも使える挨拶だということです。 ミラノのホテルに宿泊した時に、ホテルスタッフが、夕刻に別れる時に、日本語で「コンバンワ~」と言いましたが、これは、イタリア語の挨拶は、別れる際にも使えるため、間違えたのだと思います。 別れる際の挨拶としては、「ボンジョルノ」の代わりに「ボンジョルナータ(Buon giornata)」、「ボナセーラ」の代わりに「ボナセラータ(Buona serata)」と言う人もいますが、大きな意味の違いはありません。 他には、一日中使える別れの挨拶として、「 アリヴェデルチ(Arrivederci)」という挨拶があります。 丁寧な「さようなら」を言いたい場合は、時間帯を選ばないこの「アリヴェデルチ」が一番使いやすいです。

次の

おはよう・おやすみ・こんにちは! あいさつの絵本|音楽・子育て情報|教室だより|ヤマハ音楽教室

おはよう こんにちは おやすみ 歌

概要 [ ] 初の「子供向け」としてスタート。 開始当初は生放送だったが、1969年頃からVTRに移行した。 開始当初は複数社提供だったが, 1967年4月より提供スポンサーの無い番組 に変更された。 開始から1か月で10パーセントのを記録したが、その後は低迷が始まり、てこ入れとしてから大幅なリニューアルが行われた。 このリニューアルでは司会者の入れ替え、にあやかった「へんしんたいそう」やコーナードラマの『』の導入などが行われた。 このリニューアルが功を奏し、リニューアル前は3パーセント台だった視聴率は同年5月中旬には7パーセント台にまで回復した。 ところがその5年後の1977年に、放送時間を変更したことでの『』とその次に放送する『』と時間が競合するようになり、それらのとなったことで視聴者は急速にこの2番組へと移行し視聴率が激減した。 この時、この番組の再リニューアルも子供やその親の視聴者より要望されたが、他の番組との関連などの事情もあり、リニューアルをせずに番組を終了することとした。 その前段として、1979年にまず平日版の放送を終了(同年には日本テレビの子供向け番組であった『』も終了)し、残る土日版の放送も翌1980年に終了した。 この番組が終了したことで、日本テレビでは事実上、子供向け番組から撤退した。 放送時間 [ ] いずれも日本時間。 「放送学研究」からの参考。 開始年月 平日 土曜 日曜 1965年11月 07:15 - 08:15(60分) - 1969年04月 07:15 - 08:30(75分) 1969年10月 07:15 - 08:00(45分) 1970年10月 07:15 - 07:55(40分) 1971年04月 07:15 - 08:00(45分) 1972年01月 07:25 - 08:15(50分) 1974年04月 07:00 - 07:45(45分) 07:00 - 07:45(45分) 1977年04月 07:45 - 08:25(40分) 1978年04月 07:30 - 08:30(60分) 1979年03月 - 07:00 - 07:45(45分) 平日 [ ]• 7:15 - 8:15 (1965年11月 - 1969年3月)• 7:15 - 8:30 (1969年4月 - 1969年9月、ニュース枠廃止で延長)• 7:25 - 8:15 (1972年1月 - 1974年3月、『』設置で枠移動)• 7:00 - 7:45 (1974年4月 - 1977年3月)• 7:45 - 8:25 (1977年4月 - 1978年3月、『』設置、『』移動のため)• 7:30 - 8:30 (1978年4月 - 1979年3月、『カリキュラ』を合併。 ) 次番組は7:00 - 8:30の『』 土曜日 [ ] 1965年10月から1979年3月までは平日と同じ。 7:00 - 7:45 (1979年3月 - 1980年9月、「おはよう! のどじまん」を放送) 次番組は『』 日曜日 [ ]• 7:15 - 7:55 (1970年10月 - 1971年3月)• 7:15 - 8:00 (1971年4月 - 1974年3月、ミニ番組『あなたも体操を』の廃止で延長)• 7:00 - 7:45 (1974年4月 - 1980年9月, 1978年4月以後は「小学生野球大会」を放送。 ) 次番組は『』 休止はが編成された時程度で、年末年始でも放送していたが、日曜版は以降、毎年に放送される大型『』編成の際に休止された。 出演者 [ ] 開始〜1972年春まで [ ] 司会 [ ]• (ビンちゃん、開始〜1970年3月まで、石川と曜日別で司会を担当)• (おねえさん、1970年4月〜1971年3月まで、石川と曜日別で司会を担当)• (おねえさん、1971年4月〜1972年3月まで、石川と曜日別で司会を担当)• (こんちゃん、1971年6月〜1975年10月まで、土曜・日曜で司会を担当)• (当時日本テレビアナウンサー、大村のアシスタント役を担当) レギュラーなど [ ]• ロバくん〔兄〕(着ぐるみ、演技と声・) 放送開始当初は、愛川の名前は非公開とされていた。 ロバくん〔弟〕(着ぐるみ、声・)• ロバくん(マペット人形、声・)• (体操のお兄さん)• (体操のお姉さん)• (体操のお兄さん)• 1972年春〜1977年秋まで [ ] 司会 [ ]• (エリちゃん, 1972年4月〜1973年10月まで司会を担当)• (みどりちゃん, 1973年11月〜1975年6月まで司会を担当、峰との結婚を機に降板)• 朝戸鉄也(怪獣おじさん、小太郎おじさん, 1973年11月の「グリーンマン」スタートを機に特撮コーナーの解説・司会アシスタントとしてレギュラー入り。 1975年4月の「牛若小太郎」終了と同時に降板)• (マミちゃん, 1975年7月〜1977年9月まで司会を担当)• (「こどものどじまん」初代司会、1975年10月〜1976年3月まで出演)• (「こどものどじまん」2代目司会、1976年4月〜9月まで出演)• (「おはよう! のどじまん」司会、1976年10月〜出演)• (「おはよう! のどじまん」司会、1976年10月〜出演) レギュラーなど [ ]• (体操のおにいさん, 1976年にへの入社、海老名との結婚を機に降板)• オットくん(着ぐるみ、声・)• ニャンダ(着ぐるみ、キャラクターデザイン・、声・)• (トンカチうたじまん審査員)• とデキシーキングス(トンカチうたじまん演奏)• (「こどものどじまん」初代審査員、やすし・きよし時代に出演)• (「こどものどじまん」2代目審査員、球児・好児〜黒澤・コッペ時代に出演)• (親子ゲーム進行・「おはよう!のどじまん」レギュラー, 1976年10月〜1978年まで出演)• (ダメおやじの何でも相談)• 最晩年(1977年秋〜1980年頃) [ ]• (おねえさん, 1977年10月〜1979年2月まで「けでんと17号」レギュラーとして司会を担当• (ディスクジョッキー, 1977年10月〜1979年2月まで「ミニミニワイドジャーナル」レギュラーとして司会を担当〔当初は小川と週交代、後期は片山典子と曜日別で出演〕)• (ディスクジョッキー, 1977年10月より「ミニミニワイドジャーナル」をつボイと週交代で担当、短期間で降板)• (ディスクジョッキー, 1978年4月〜1979年2月までつボイのアシスタント役として出演)• (ディスクジョッキー, 1978年4月〜1979年2月まで「ミニミニワイドジャーナル」レギュラーとして司会を担当)• (ディスクジョッキー, 1978年4月〜1979年2月まで片山のアシスタント役として出演)• (1977年10月より出演)• (1977年10月より出演)• (「けでんと17号」のイビリマン役, 1977年10月より出演)• (「こりゃなんだ」コーナー担当, 1977年10月より出演)• (同上)• (同上)• (ギニョさん、「」統合に伴い, 1978年より同コーナーの進行役として出演)• モーニングス(少年野球チーム。 日曜放送分に出演。 少年野球を放送)• (初代「モーニングス」監督、元:内野手, 1976年9月〜? (2代目「モーニングス」監督、元:内野手,? 〜1978年、の女子チーム「」監督就任のため降板)• 特撮 [ ]• アニメ(洋物カートゥーン) [ ]• アニメ(日本製) [ ]• この節のが望まれています。 コーナー紹介 [ ] 初期 [ ]• はらはらマシーンゲーム 子供達が2チームに分かれて行うゲーム。 1人が、一定時間が立つと風船が割れる「はらはらマシーン」(前期は逆U字型。 後期は一直線)の前に座り、他の人が風船が割れないようにしながら、玩具のタワーを組み立てる。 より高く組み立てた方が勝ち(なおゲーム中に風船が割れたら、割れた分だけタワーのパーツを減らす)。 これは、かつてで放送された『』や、で放送された『』と同形式のゲーム。 後に『』 NTV や『』(フジテレビ)でも、同じ形式のクイズを実施したことがある。 どきどきばんばんゲーム大会 子供達が「どきどきチーム」と「ばんばんチーム」の2チームに分かれ、様々なゲームを行う(『』と同形式)。 人形劇「それいけトッピー」 脚本:、人形:、音楽:、声の出演 - トッピー:、ノロ:愛川欽也、ガマ親分:加藤精三、ドラ:、ドブ: 1974年頃 [ ]• オープニングトーク• 特撮・アニメ• 日替わりコーナー• 体操のコーナー 1975年頃 [ ]• こどものどじまん 後述の「トンカチうたじまん」をリニューアル。 月 - 金ではその日のチャンピオンを決め、土曜日の「チャンピオン大会」でその週のチャンピオンを決めた。 決め役は、「シーシー」という着ぐるみの犬(出演:)が担当した。 また月 - 金のラストでは、司会者が子供たちと一緒に「2部に向かってゴーッ!! 」と叫んでコーナー転換をした。 人形劇「ドンケン」 犬の警察官・ドンケン(声:)と小悪党・ヘンゲ(声:)が繰り出すドタバタ劇。 ヘンゲは色々変身して、ドンケンの邪魔をする。 その度にドンケンは、「逮捕! 」と叫びながら追いかけるが、ドジな性格のため、なかなか捕まえられない、というのが毎回のパターン。 JJSの親子ゲームコーナー• 体操・お便り・歌のコーナー 1976年10月以降(最晩年) [ ]• おはよう! のどじまん 「こどものどじまん」をリニューアル。 フォーマットは同じだが、歌が終わった後, 5人の子供審査員が点数を出し、全員が終わったら、日替わりのゲスト審査員の点数を加えてチャンピオンを決める方式になった。 このコーナーでは、ロバくんが着ぐるみで再登場した(声は変わった)。 開始から程なく小川が降板、しばらくの間はつボイ単独で担当したのち、と曜日別(つボイが月〜水、片山が木・金)での担当となった。 こりゃなんだ? ・・が原始人に扮し、現代の物(タワシや温度計など)を調べるコント。 ・による「陽介・みゆきのドレミファそらゆけ!」• (番組統合による) 直前にゴリラの一郎が現れる。 新聞休刊日は放送のため休止だった。 歌のコーナー いわゆる番組のオリジナルソングのコーナー。 この頃からフィルムやアニメに合わせて歌が出るようになった。 の「」「」など。 また、へのオマージュソングである「BIG1」(歌・)や、「後楽園のモグラ」など、関連の曲も多かった。 末期になると、の「キリンさん」や、の「ブルーロマンス薬局(ファーマシー)」といった、オリジナルでない曲も出るようになった。 けでんと17号 をおねえさんとして、子供たちが「けでんと17号」という乗り物に乗り、途中でいろいろな体験をしていくコーナー. 8:00前後 - 番組エンディングまで。 時折、大場が自分の持ち歌(「エトセトラ」「フルーツ詩集」)を歌った。 コーナー名の「けでんと」は「飛んでけ」の逆さ読み, 17号は開始時の大場の年齢から。 イビリマンのコーナー• ヤラレマンのコーナー• との歌のコーナー 現在でも幼児番組で流される「」はこのコーナーが初出である。 インディアンのジェロイモとのエンディング ジェロイモとは、の首長の扮装をした出身の人コメディアン。 元プロレスラーで、引退後は、のマネージャーを経て、タレントに転身したデイ・マサンドという人物。 後にカナダへ帰国した。 当初の芸名は「おかしなインディアン」で、当時同局で放送されていた『』にレギュラー出演しており、同番組で一般公募により芸名が決められた。 ゴキブリコンコンゲーム• おはよう! アイドルさん• の何でも相談 とによる悩み相談のコーナー。 ただし回答をするのはあくまで漫画のである。 日曜版(1970年 - 1976年9月19日) [ ]• なお、1971年5月までは平日(土曜を含む)放送分と同様の番組構成で放送。 土日版(1976年9月26日 - 1980年9月) [ ]• のどじまん 飛び入り大会(平日放送終了後の1979年3月よりのどじまんは土曜のみとなり、毎月最終土曜にはチャンピオン大会が行われた)• 実況:(元日本テレビアナウンサー)、解説:(当時日本テレビ野球解説者)。 番組で紹介した歌 [ ]• おはよう! こどもショーのテーマ(作詞:、作曲:、歌:楠トシエ、石川進、愛川欽也、) 楠・石川時代のオープニングテーマ。 びんちゃんのうた(楠トシエ)• きゅーぴーちゃんのうた(石川進)• ろばくんのうた(楠トシエ、石川進、愛川欽也)• ガマのうた(作詞:、作曲:小谷肇、歌:加藤精三)• おーい! たいそうだよ(作詞:NTV, 作曲:、歌:楠トシエ、ひばり児童合唱団) 番組初の体操。 4番では「冬」にちなんで、視聴者から送られて来たを降らせていた。 同局放送の『』でも流れた事がある。 はねたりとんだり(作詞:、作曲:、歌:、)• へんしんたいそう(作詞:・こどもショー、作編曲:、歌:、、) 変身ブームに便乗して作られた体操。 わたしはみどり(海老名美どり) 「みどり」のソング。 春はいいな(海老名美どり)• ニャンダのうた(海野かつを)• きんきらたいそう()• のってるのってる(関谷ますみ) 2部構成(1部は「のどじまん」)になった時の、第2部のオープニングテーマ。 パイの歌 JJS• グヤグヤの歌(森川正太) の時代での、とある山奥の村を舞台にした、色々な動物の鳴き声の歌。 あいつの机(作詞:、作曲:、歌:) 転校していった「あいつ(親友)」を思う少年の歌。 映像ではラスト、美少女転入生が「あいつ」の机に座り、少年はうれしくも不満になるというオチ。 巨人の好きな子この指とまれ(ジャニーズ少年団) 「神様 仏様 キリスト様 アラー様 巨人を勝たせて下さいな」のサビが特徴的な曲• 2001年生まれのフランケンシュタイン()• オリバー君のロックンロール()• ションベン小僧(作詞:増永直子、作曲:、歌:) 食事時にも拘らず、急所を唄った歌。 おはようこんにちはさようなら(石川進) 3つの言葉を、・・・で言う。 ニョキニョキ節(石川進) 鉛筆・アンテナ・ビルが伸びる。 ぼくの綿菓子旅行(石川進) 映像(アニメーション)には、関谷ますみとサンダー杉山がアニメになって登場。 ガオーはキングコングの合言葉() 1976年公開の映画『』のイメージソング。 映像では, 1976年版の映画のワンシーンが映し出されていた。 らっぱっぱ JJS• またですか? JJS マンネリ料理に嫌気がさす少年の気持ち。 後楽園のモグラ ADO がになり、地下に住んでたモグラが引っ越そうとする。 あの子(作詞:千家和也、作曲:すぎやまこういち、歌:) 乱暴な少年を好きになった、少女の気持ち。 ボールズ・ボールズ(モーニングス)• 映像には子門本人も登場。 後年『みんなのうた』でも流された(その際の歌は、こず恵単独による)。 ピンクのいちご(リトル・ピンク)• わたしはタバサ(リトル・ピンク) 双子の姉妹による歌手であったリトル・ピンクは、のフォロワーとして売り出された。 『わたしはタバサ』は『』の影響を受けている。 キリンさん(山本雄二) 作曲は。 BIG1()• ブルーロマンス薬局()• かぐや姫は宇宙人(子門真人)• ガリバーがころんだら(子門真人)• 放送対象地域 放送局 系列 備考 制作局 1972年3月まではフジテレビ系とのクロスネット局 日本テレビ系列 『』放送開始に伴い、 1970年4月1日から夕方移動直前の1977年4月1日 まで休止。 1975年3月までは日本テレビ単独加盟局 日本テレビ系列 1970年4月から 1980年3月まではテレビ朝日系とのクロスネット局 1975年9月に打ち切り 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 1980年3月までは日本テレビ単独加盟局 日本テレビ系列 1967年4月3日から1970年9月30日まで放送。 日本テレビ系列 1970年10月開局から 1975年9月まではテレビ朝日系とのクロスネット局 1965年の放送開始から1971年4月3日まで放送。 土曜版は放送開始から1966年3月までは、7:45 - 8:15に放送。 1966年4月から同時ネットになった。 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 1971年10月1日の福島テレビとのネット交換から放送。 土曜版は1979年10月27日まで放送。 日本テレビ系列 日本テレビ系列 1971年4月5日から(放送時間は7:20 - 8:00) 1974年1月31日途中打ち切り。 なお、土曜版はネットされなかった。 1971年4月5日から(放送時間は7:15 - 8:05) 1979年7月開局から、週末のみ放送 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 1973年3月まで 日本テレビ系列 1973年4月から 変則ネット解消に伴う移行 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 日本テレビ系列 1975年9月まではフジテレビ系とのクロスネット局 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 1978年9月までは日本テレビ単独加盟局 日本テレビ系列 当時の放送免許エリアは香川県のみ 1970年4月から 1969年4月開局から フジテレビ系列 日本テレビ系列 1971年から フジテレビ系列 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 1970年4月開局から 1971年から フジテレビ系列 本土復帰後一時期のみ 出典 [ ]• program番号:• こどもショー」『』1972年6月8日付朝刊、23頁。 日本テレビ社史「大衆とともに25年・沿革史」466 - 514頁 1978年• 『』1965年10月28日付朝刊9面。 「『おはよう! こどもショー』 8日から福島テレビで」• 2015年1月18日, at the. - 東映ヒーローネット• 1969年5月29日号 p. 146 - 147「体操のお兄ちゃんから刑事へ」(永井譲滋特集記事)• 野島孝一『映画の現場に逢いたくて』現代書館, 1997年, pp. 104-108• 公式サイト内• なお, 1977年4月4日の放送再開時、東奥年鑑1978年版では『再開扱い』、東奥日報の当日RABテレビ欄では『新番組扱い』と、それぞれ記述が異なっていた。 『』1967年4月3日 - 1970年9月30日付朝刊テレビ欄。 『福島民報』1965年11月8日 - 1971年4月3日付朝刊テレビ欄。 『福島民報』1971年10月1日 - 1979年10月27日付朝刊テレビ欄。 富山新聞 1974年1月31日付および2月1日付朝刊テレビ欄より• 1972年7月から自社制作番組放送曜日拡大のため平日も一部曜日は非ネットになり、おはようとくしまの平日帯番組化により打ち切り 関連項目 [ ]• - ロバくんが登場するテレビアニメ。 番組内でも放送したことがある。 - 放送開始当時の日本テレビ会長。 - 『ピンポンパン』との視聴率争い。

次の

おはよう,こんにちは,こんばんは。挨拶の時間帯は何時から??

おはよう こんにちは おやすみ 歌

現役子育てママがおすすめ絵本をご紹介! おはよう・おやすみ・こんにちは! あいさつの絵本 こんにちは!ぷっぷるコラムメンバーズのよこです。 もうすぐ4月。 新しい生活をスタートするご家庭も多いと思います。 幼稚園や保育園に通い出すと、家族以外のお友達や先生、ご近所の方々などとの関わりが増えますが、どのシーンでも必要になるのが「あいさつ」ですよね。 「自分から元気にあいさつができる子になってほしい」と願うパパ・ママは多いはず。 では、どうすればあいさつのできる子に育つのでしょうか? まずは、親自らがあいさつをする姿を見せることが何より大切。 そんなときにぜひ役立ててほしいのが、あいさつをテーマにした絵本たち。 今回は、ニコニコ笑顔であいさつする動物たちが可愛らしい「あいさつ」、ハキハキと元気なあいさつにはすごいパワーがあることを教えてくれる「ごあいさつは すごいぞ」の2冊をご紹介します。 読めばきっと、あいさつすることが楽しくなるはず。 ぜひ、親子で読んでみてくださいね! 「あいさつ」 作・絵:いもとようこ(金の星社) <1~3歳のお子さんにおすすめ> いぬさんが元気におでかけ「いってきまーす!」、ねこさん親子とぶたさん親子が出会って「こんにちは!」、うさぎさんが食べ物の前で「いただきまーす!」……。 いろいろなあいさつの言葉と、それを元気に言う動物たちの姿がシンプルに描かれます。 「おはよう」から「おやすみ」まで一日の流れに沿ってわかりやすく表現されているので、赤ちゃんがはじめて出合う「あいさつの絵本」にぴったりです。 作者は、明るく温かみのある絵で人気のいもとようこさん。 今作の動物たちも、とっても可愛くにこやかで、読んでいるこちらまで嬉しくなってしまうほど。 また、みんな大きな口をあけて笑顔であいさつしていて、大きな声が聞こえてきそうなほど元気いっぱい! ニコニコ元気にあいさつすると気持ちいいよね、ということが絵を見るだけで自然と伝わってくるようです。 ひとつの見開きにつき、1種類のあいさつが描かれていて、小さい子にわかりやすいのも魅力。 我が家では、「パパがお仕事に行くときは『いってらっしゃい』だね」「ごはん食べ終わったから「ごちそうさま」って言ってるね」なんて具合に、言葉をかけながら読んでいました。 より状況が伝わりやすくなるし、動物たちをお手本に自分もやってみようかなと思えるはずです。 そして最後のページには「あいさつは ことばのあくしゅ」「げんきな あいさつは みんなを げんきにします」という、いもとさんからのメッセージが。 あいさつは、元気ににこやかに。 子どもだけでなく、大人の私も改めて心がけたいと思える素敵な1冊です。 「ごあいさつは すごいぞ」 作:きむら ゆういち/絵:いそ みゆき(国土社) <4~6歳のお子さんにおすすめ> ある日、お母さんから頼まれて、おばあちゃんの家におつかいに行くことになったココちゃん。 しっかりごあいさつをするように言われたけれど、ちょっぴり不安で、向かう途中で出会ったミミズさんやカエルさんとごあいさつの練習をします。 でも次に会ったのは、なんとオオカミ! それでもココちゃんはおかまいなしで練習です。 相手の顔を見て、にっこり笑って、「こんにちは、わたし ココです。 おかあさんが よろしくって いってました。 では さようなら」。 立派なごあいさつにオオカミはビックリ! その後に出会った魔女や怪獣も、ココちゃんのあいさつのパワーで悪いことができなくなってしまい……。 ココちゃんの怖がるどころか練習に夢中なあまりの丁寧なあいさつに、怖い生き物たちもタジタジのリアクションが最高に面白いんです。 それもそのはず、作者は「あかちゃんのあそびえほん」シリーズや、「あらしのよるに」シリーズでおなじみの絵本作家きむらゆういちさん。 あいさつの大切さを伝えつつも、きむらさんらしいユーモラスな展開に、思わず引き込まれてしまいました。 さて、ココちゃんに興味を持ったオオカミたちはココちゃんを尾行。 最後におばあちゃんの家で恐怖のトドメをさされるシーンでは、親子で大笑いしてしまいました。 いったいどんな結末だったのか、そしてココちゃんはおばあちゃんに上手にあいさつできたのか? ぜひ実際に読んでみてくださいね。

次の