アナウンサー 女性 フリー。 【年収】女子アナ・男性アナウンサー収入ランキング40選

読者モデル出身のフリーアナウンサーXを特定?薬物疑惑の噂

アナウンサー 女性 フリー

概要 [ ] 社員・職員として放送局に所属せずに、アナウンサーの仕事をする人のこと。 この場合の「フリー」は、放送局と直接の雇用関係がないことを指す。 完全なでなく、人材派遣事務所や芸能事務所などに所属している者もこう呼ばれる。 個人で活動する人もいるが、多くはやに所属する。 社員・職員として所属するアナウンサー(通称:局アナ)と区別するため、(フリー)やとも呼ばれる。 局アナと違い出演する放送局が限られずCM出演も可能となる一方、仕事の量は人気・所属事務所の力量次第のため雇用・仕事量が不安定である。 特に(21年)に入ってからは、放送局がテレビのデジタル化によるコスト増、不況・多メディア化による広告収入減でキー局ですら赤字を計上しているためその対策として人件費削減に乗り出しており、それまでフリーアナウンサーを使っていたところを社員・職員に置き換える動きが目立っている。 だが、放送局によっては社員・職員でも給料や昇進を巡って扱いが悪くなっているところもあるとされ、この不況下においてもフリーへの転身を決める者もいる。 『』2011年10月23日号 特大号によれば、局アナはフリーになれば利益還元率が非常に高いでもあるとされ、人気がなくなっても、芸能事務所にとっては結婚式の司会などを地味にこなさせれば年間数千万円の売上げが見込める存在でもあるという。 また、放送局側からは安く使える局アナを避けて、あえてフリーアナウンサーを番組のメインに起用することについて、「番組内で不祥事があった時にそのメインであるフリーアナウンサーの責任にして局側は上手く逃げやすい」というメリットがあるとされる。 自前の人材を持たないのニュース・スポーツ専門チャンネルやなどが増加したことで、テレビ・ラジオ以外でもフリーアナウンサーの需要が高くなってきているが、そのほとんどがに拠点を持っていることもあることから地方局のアナウンサーがを目指すケースも多くあり、競争は激しい。 また、結果的に生活のため転職を迫られるケースも少なくない。 早いうちから他業種に転身するケースも多くあるが、ベテランアナウンサーの多くは放送以外の司会業やナレーションなどをこなしたりアナウンサー志望者への教育などで生活の糧を得ている人物も多い。 アナウンサーは、およびではなくであるため、NHKを退職しても、とは言えない。 それは、NHKが外局ではなく、(総務省所管)だからである。 フリーアナウンサーになる経緯 [ ] 大別して3種類ある。 局アナが放送局を退職して、フリーアナウンサーになる。 男性の場合は主に30代後半から40代にかけて転じることが多い(理由としても管理職になることで現場から遠ざかることを良しとしない場合や自局では成功しているが他局でも挑戦してみたいといった上昇志向といった場合など)が、(または定年後一定期間の嘱託職・役員待遇を2~3年勤めた後も含め)退職後にフリーとなる者もいる。 女性の場合は結婚に伴い夫の仕事上での転勤や、出産、育児に専念する時間を確保するため等の理由が多い。 地方局の局アナを退職後、フリーアナウンサーを経験してから、別の放送局の局アナ・キャスター・記者に転職するケースも見られる(例:)。 その他、局の男性プロデューサーから受けるが原因との向きもある。 放送局退職の場合、古巣局への義理立ての意味もあり、フリー転身直後は一定期間(通常は半年から1年)他局への出演を控えるという慣例がある(明確に一定期間他局に出演しないと古巣局と取り決めを持つ場合もある。 系列局制作番組や企業のコマーシャル、テレビ単営局の場合はラジオ番組への出演はフリー転身直後でも可能の場合あり)。 その一方で、、、、のようにフリー転身の翌月から他局でレギュラー番組を持つという例外もある。 特に小倉は東京12チャンネル(現:)を退職した翌日に、『』の総合司会に就任した(小倉をフリーアナウンサーにスカウトしたの尽力があった)。 また羽鳥はを2011年3月31日に退職し、同年4月4日にでレギュラーでのを開始させる形であった(この時は日本テレビ・テレビ朝日両社上層部との話し合いがあったという)。 羽鳥のこの離れ業でフリー転身後の身でも他局からの仕事を請けやすくなったという向きもある。 また、フリー転身後も他局ではほとんど仕事をせず、古巣局制作番組しかほぼ出演しないという人物も存在する(例:一時期の・・、ラジオ局の元アナウンサーなど)。 他の職業から転職して、フリーアナウンサーになる。 最初から、フリーアナウンサーになる。 例:()所属。 男性・女性を問わず、フリーになる時期も様々だが、得意・専門分野での活動ができなくなったり、放送局内での人員配置転換などで管理職やアナウンサーとは別の部署へ異動するケース、キー局でのアナウンサー試験に失敗し結果地方局で契約職のアナウンサーとして活動したのち東京に転機を求めるなど、自身のアナウンサーとしての職業意識のモチベーションなどにより、芸能事務所や制作プロダクションなどに自らオファーをしたり、ヘッドハンティング的にスカウトされたりしてフリーアナウンサーになる場合も少なくない。 (TBS)• (TBS定年)• (定年)• (ラジオ関西)• (テレビ朝日)• (TBS)• (日本テレビ)• (文化放送)• (フジテレビ)• (NHK)• (テレビ東京定年)• (TBS)• (関西テレビ定年)• (CBCテレビ定年) さ• (フジテレビ定年)• (日本テレビ)• (NHK定年)• (関西テレビ定年)• (TBS定年)• (フジテレビ役員待遇満了)• (NHK)• (ニッポン放送)• () た• (ニッポン放送定年)• (CBCテレビ定年)• (テレビ朝日)• (フジテレビ役員待遇満了)• (文化放送)• (日本テレビ)• (テレビ東京) な• (ラジオたんぱ)• (文化放送定年)• (NHK)• (RKB定年)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (文化放送)• (仙台放送)• (フジテレビ定年)• (日本テレビ)• (日本テレビ)• (テレビ朝日)• (NHK) ま• (フジテレビ定年)• (ニッポン放送)• (文化放送)• (朝日放送)• (NHK)• (瀬戸内海放送)• (文化放送)• (フジテレビ)• (ラジオたんぱ)• (関西テレビ)• (文化放送)• (定年)• () ら• () 女性 [ ] あ• (朝日放送)• (TBS)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• (テレビ朝日)• (TBS)• (CBC)• (フジテレビ)• (NHK)• (NHK)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (秋田放送)• (フジテレビ)• (テレビ東京)• (文化放送)• 小川綾乃• (テレビ朝日) か• (フジテレビ)• (読売テレビ)• (NHK)• (フジテレビ)• (琉球放送)• (テレビ朝日)• (日本テレビ)• (NHK)• (フジテレビ)• (ニッポン放送)• (TBS)• (フジテレビ) さ• 坂本安代()• (テレビ朝日)• (中京テレビ)• (テレビ朝日)• (フジテレビ)• (ニッポン放送)• (TBS)• (テレビ東京)• (NHK)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (NHK)• (フジテレビ)• (TBS)• (フジテレビ)• (テレビ愛媛)• (フジテレビ)• (新潟放送)• (フジテレビ) な• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (日本テレビ)• (東海テレビ)• (日本テレビ)• () は• (福岡放送)• (静岡放送)• (静岡放送)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (朝日放送)• (中京テレビ)• (フジテレビ) ま• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (東海テレビ)• (TBS)• (テレビ朝日)• (日本テレビ)• (フジテレビ)• (テレビ長崎)• (日本テレビ) や• (フジテレビ)• (毎日放送)• (テレビ東京)• (テレビ朝日)• (TBS定年)• (TBS)• (毎日放送) ら• 引退・転職したフリーアナウンサー [ ] 男性• 2012年入社)• 榎本猛 えもと・たけし (NHK)• 奥田博之 おくだ・ひろゆき (元)• かしむら・たけあき ()• 川原恵輔 かわはら・けいすけ (NHK) 女性• こうの・けいこ (フジテレビ)• さいとう・ようこ ()• たなか・あや• 松任谷國子 まつとうや・くにこ• やまもと・もな (朝日放送) 故人 [ ] 放送局在職中に死去した人などは除く。 (元)• (朝日放送)• (TBS)• (フジテレビ)• (NHK)• (NHK)• (日本テレビ)• (NHK)• (文化放送)• (NHK)• (NHK)• (ニッポン放送)• (TBS)• (NHK)• (NHK)• (TBS)• (TBS) 女性• (フジテレビ)• (NHK)• (ニッポン放送)• (TBS)• (NHK)• (フジテレビ)• (日本テレビ) 主なフリーアナウンサー事務所 [ ]• フリーアナウンサー・リポーター専業ではない場合もある。 ウィキペディア内に記事のある企業・団体については を参照のこと 脚注 [ ] [].

次の

第16回 好きな女性アナウンサーランキング

アナウンサー 女性 フリー

12月になり、今年1年を振り返るシーンも増えてくる頃。 ORICON NEWSでは、年末の恒例企画『好きなアナウンサーランキング』を今年も発表。 16回目を迎える<女性アナウンサー編>では、昨年初ランクインでTOP3入りしたテレビ朝日の【弘中綾香】アナが、さらに順位を上げ、テレビ朝日のアナウンサーとして初めて首位に輝いた。 視聴者だけでなく大物タレント、制作者側からも信頼される話術で初首位• 昨年2位からトップへに躍り出た弘中綾香アナウンサー(C テレビ朝日 昨年初登場で2位だったテレビ朝日の 【】アナが同局初の首位を戴冠。 昨年の同ランキング順位に触れた1月26日放送の『GOMI IS MONEY』で、本人は「お給料は変わらないんで、意味ないんですって」とバッサリ言い切った潔さも話題に。 その後、4月には研究助手として出演の『激レアさんを連れてきた。 』が土曜22時枠に昇格。 その宣伝も兼ねて公式Instagramを開設し日々の情報発信もスタートさせた。 4月20日にはテレ朝アナとして異例の『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にゲスト出演。 そこで「ラジオをやりたい」と話したことから、2019年7月に『ひろなかラジオ』(AbemaTV)を開始。 すっぴんからギャルメイクになる過程を見せるなど新たな一面を披露。 そんな個性を発揮した弘中アナについて「可愛らしく、頭の回転も早いので」(東京都/10代・女性)、「面白い。 身近にいるとへこみそうだが、テレビで見るうえでは最高のキャラクター」(愛媛県/30代・男性)、「天然なのかあざといのか判らない、ちょっと奥が深そうなところ」(愛媛県/50代・女性)と老若男女から絶賛の声が集まった。 一般ユーザーからだけではなく、制作者側からの信頼も厚く、『アメトーーク! 』の加地倫三プロデューサーは採用面接時から「フリートークは、図抜けてすごかった」と称賛。 『お願い!ランキング』内の企画「太田松之丞」では進行役を務める弘中アナ。 今回のテレ朝アナから初の1位を飾り、彼女がどんなコメントを残すのかも期待したい。 支持層の男女比率が逆転!? 昨年10位から大幅ランクアップしたフリーの 【】アナ。 TBSアナから2014年のフリー転身後は、バラエティが中心だったが、今年は大胆に女優業を開始したことでも注目された。 デビュー作となったドラマ『絶対正義』(フジテレビ系)でいきなりベッドシーンに挑戦。 Webドラマ『奪い愛、夏』(AbemaTV)に続き、現在放送中の『モトカレマニア』(同局系)にも出演して華を添えている。 多方面で活躍する姿に「なんでも挑戦して努力をしているのが凄いと思います」(埼玉県/30代・女性)、「タレント活動も多くなり美を追求しているのに、本職のアナウンサーとしての力量を維持しているから。 またストイックな姿に女の私も惚れました」(青森県/20代・女性)など女性からも支持が増え、これまでの支持層の男女比率が逆転しているかのようだ。 11月25日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)では毎日水を3リットル飲み、「顔の保湿をする時に顔、デコルテ、おっぱいまで一緒にケアします。 おっぱいまでが顔です」と徹頭徹尾のこだわりを明かした。 「ぶりっ子キャラから脱却して、今、凄くいい感じなので」(千葉県/30代・男性)とかねてから獲得していた男性ファンも引き続き増やしている。 飾らない素の姿とアナウンス技術の安定感に支持• 視聴者の期待に見事応えた有働由美子アナ 昨年首位を飾ったフリーの 【】アナが3位に。 2018年3月31日、27年間在職したNHKを退職し、2018年10月から『news zero』(日本テレビ系)のメインキャスターを務めて1年が経過。 その一方、安定したトーク力も評価されており、2019年11月9日 天皇陛下のご即位を祝う「国民祭典」の祝賀式典の司会を俳優・谷原章介と共に務めた。 目の前の職務に合わせて硬軟自在に才能を発揮する有働アナに「聴きやすい。 決める時は決めるし感情も上手く出している」(神奈川県/50代・女性)というように、彼女の飾らない人柄と、NHK時代に培ったアナウンス力を支持する声が集まった。 人気情報番組のキャスター&アシスタントが続々ランクイン 今年は、情報番組のキャスターやアシスタントを務めるアナウンサーが並ぶ結果に。 昨年はフジテレビのアナウンサーのTOP10入りがなかったが、今年はフジテレビ 【】アナが6位に登場。 今年4月より『Mr. サンデー』の第3代アシスタントキャスターを担当している三田アナ。 「綺麗で話が上手い、自分の意見をしっかり持ってる」(栃木県/50代・男性)、「言葉の発信力の重みを知っているアナウンサー」(埼玉県/40代・女性)と、キャスターとしての姿勢を評価する声が高かった。 『ヒルナンデス! 』視聴者から支持集中、初登場の滝菜月アナ(C 日本テレビ 初登場は、日本テレビの 【】アナ(9位)。 水卜麻美アナの後継として、わずか入社2年目にして2017年10月より『ヒルナンデス!』のアシスタントに抜擢。 北海道出身らしいおっとりとした雰囲気での進行も好感がある。 「飾らない性格が何となく好感」(東京都/20代・女性)と、20代からの支持で2位となり、女性視聴者からの支持が寄せられた。 上記2人以外にも、4位に『大下容子ワイド! スクランブル』(テレビ朝日)の冠番組を持つ 【】アナ、5位に『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京)の 【】アナらも堂々のランクイン。 バラエティ方面ではなく、アナウンサー業を中心にキャリアを積んできた面々がTOP10内に並んだ。 今回のTOP10のうち8名がオフィシャルでSNSアカウントを持ち、情報発信を行なっている。 局アナであっても、番組以外の部分で趣味やこだわり、個性を自己発信していくことで、共感を呼び、人気を獲得する流れが今後も続きそうだ。

次の

読者モデル出身のフリーアナウンサーXを特定?薬物疑惑の噂

アナウンサー 女性 フリー

フリーアナウンサーFの候補• T・M• A・E 「T・M」 「 T・M」は ぶりっ子キャラで有名なフリーアナウンサー。 大学時代にはミスコンのファイナルにも残っています。 現在はフリーアナウンサーというよりは女性タレントとしてのイメージが強いですね。 美意識が高くストイックである事から、生放送前日に夜遊びするという事はあまり考えられませんが。 そのため、薬物を使用している可能性は全くないかと。 「A・E」 「 A・E」は タレント出演本数ランキングで上位にランクした事もある美人アナウンサー。 大学在学中にはミスグランプリを獲得した事も。 事務所は美人フリーアナウンサーが集まる事で有名な「S」です。 また、 2019年には上半期タレント番組出演本数ランキング女性部門で1位に。 現在も朝の番組にレギュラー出演されています。 ただ、大学卒業後からフリーアナウンサーだったので転身ではないため違うかもしれません。 その他のフリーアナウンサーF 「T・A」 「 T・A」は ある民法のテレビ局で長年人気を博したアナウンサー。 大学在学中にはミスコンのファイナルに進出。 現在は結婚しており、ニュース番組のMCを担当されています。 フリーアナウンサーなった今でも多くの番組に出演していますが、薬物のイメージはないですね。 結婚もしているため夜遅くまで遊ぶ事もありえないかと。 「U・M」 「 U・M」は 最近フリーアナウンサーに転身したばかりの女子アナです。 大学時代にはミスコンのグランプリにも。 人気アナウンサーランキングでもランクインした事がり、可愛さランキングでも上位に。 また、見た目の可愛いさとは裏腹に闇を抱えている事でも注目を集めました。 ただ、フリーに転身後はメディアでの露出機会は一気に激減しており、テレビのレギュラー番組もないため、現在も人気であるとは言い難いかと。 また、以前「」が報じた フリーアナウンサーとお天気キャスターの薬物疑惑の記事内容が、今回NEWSポストセブンと報じた内容と一致していますの気になる方はどうぞ。

次の