コストコ 牛 タン 切り 方。 コストコの牛肉!ブロックやステーキはどれがお買い得なの?徹底調査!

コストコ「アメリカ産牛肉厚切りタン焼肉用」硬いと感じる方はひと手間で解決!

コストコ 牛 タン 切り 方

牛タンとは牛の舌の部分のことで焼肉屋さんメニューだとちょっとお高い部位ではありますが、コストコでは安く買うことができまして、とっても人気があるんですよねー。 塊とこちらのカットされたものはいつも隣同士で並んでいまして、価格を見るとグラム100円位の差がありますので、お値段的には絶対に塊の方がお得なのですが・・・今回は下処理をする時間が無くてですね。。 また、塊で購入するとどうしてもタン先の硬い部分が入ってきちゃいますからね・・・。 焼肉用に特化したこちらであれば、焼肉でも食べやすい柔らかい部分だけが詰めてあります。 それを考えると、少々お値段が高くてもまぁ納得できるかなぁーと。 まぁ、いずれにせよお肉屋さんや焼肉屋さんの牛タンと比べれば圧倒的に安いんですけどね。 1パックはおおよそ600g〜800gといった感じでして、内容量によって価格が違います。 20枚ほどのスライスの中には2、3枚ほど若干脂のりがあまいかも?というものも混じっていましたが、この程度ならば全くの許容範囲内でしょう。 じゅうぶんに「上タン」と呼んでも差し支えの無い質の良さだと思います。 断面を見た感じだと、タン自体は塊で売っているものと同じものだと思われます。 でお話したように、タンは裏側(舌でいう下側)に、ところどころスジっぽいところがありまして、私は下処理の段階でこの部分を取り除くのですが、こちらのスライス牛タンも明らかにスジっぽい部分はあらかじめカットしてあるように思いました。 部位的にはタンの中央から根元側に続くタン元と呼ばれる部分でしょうか。 スライス1枚1枚がとても大きいです!直径でいうとおおよそ8cm位はありますね〜。 塩胡椒で焼いただけの牛タンです!ここにレモンを絞っていただきます!焼いたことによって多少のお肉の縮みはありますが、そんなこと全く問題ないと思えるほどめっちゃ贅沢な厚みです! 仙台で食べた牛タン専門店の牛タンを思い出すなぁ〜値段は全く違うけど! その辺の焼肉屋さんで牛タンを注文してもなかなかこうはいきませんよねぇ。 普通は1分も焼けば炭になっちゃうんじゃないかというペラペラのものが多いのですが、こちらのスライスはしっかり厚みがあります。 本当に、一人で食べていたら泣くかもってレベルで美味しい! ちょっとだけ気になったのは、真ん中らへんにちょっとだけ筋張ったところが残っていまして、その部分だけがどうにも噛み切るのが難しかったです。 気になる方は取り除いておくといいかもしれませんね。 仮に1人前あたりの牛タンを100gとすると、1パックあたりおおよそ7人前ということになるので、1人前は500円程。 この価格でこのレベルの牛たんが堪能できると思うとめちゃくちゃコスパ良すぎですー。 焼肉屋さんで注文するのが本当にもったいなく感じます。 もちろんBBQでもめちゃくちゃ評判が良く一同大絶賛でした!!網一面に牛タンを敷きつめるという普段じゃ考えられない贅沢を楽しめましたし、なにより網焼きで若干焼きすぎたとしても全く問題ない柔らかさだったので、やはり焼肉用は焼肉用と言うだけあって、焼肉として食べやすい部位をしっかり選んであるんだなーと思いました。 まとめ コストコの牛タンは本当に最高!人気があるのも超〜納得の商品です。 塊で購入できる皮むきタンと今回のスライスに関しては品質的には同じものだと思うので用途に合わせて選ぶのが良さそうです。 スライスタイプは焼肉で牛タンをたっぷり食べたい!という方に絶賛オススメ!下処理やカットの手間を省くことができますし、スライスされているほとんどが脂が乗った、いわゆる「上タン」の部分でしっかりした厚みがあるので満足度が高いと思います。 一方、塊タイプは焼肉以外にカレーやシチューなどの煮込み料理でも使いたいという方にオススメです。 下処理の手間はかかりますが、グラム単価はこちらの方がお得なので、なるべく安く買いたい!という方にはこちらの方が良いと思います。 いずれにせよ、コストコの牛タンは美味しくてお得なのは間違いありません。

次の

コストコ「アメリカ産牛肉厚切りタン焼肉用」硬いと感じる方はひと手間で解決!

コストコ 牛 タン 切り 方

今まで塊の牛たんを切り分ける機会なんて全くありませんでしたので、初めての時はどう扱えば良いのかめっちゃ戸惑ってしまったんですよねー。 コストコの牛たんは皮むき済みで比較的取り扱いが楽とはいえ、適当にカットして思い通りにならなかった!ということは避けたいですし。。 その後、何度かコストコの牛たんを購入し、自分で切り分けてみたことで、だんだんとやり方というかコツみたいなものを掴むことができまして・・・最近ようやく自分なりのコストコ牛たんの切り方を確立させることができました。 これで、自宅でも簡単に焼肉屋メニューの牛たんが作れる! ・・・とは言っても、正しい切り方を知っているわけではないので、この切り方が本当に正しいのかどうかは正直分かりません。 が、少なくとも我が家ではこの方法で切り分け、美味しく食べることができています。 特別な道具なども必要なく、誰でも簡単にマネできる方法なので、もしもコストコの牛たんが気になっているけど自分でカットする自信が無い、という方は参考にして頂ければなぁと思います。 そんなわけで今回は、我が家の コストコ牛たんの切り分け方をご紹介!! ・・・・すみません、今回はタン(舌)の切り分け方なので、写真が若干グロテスクになります・・・そういう感じが苦手な方は、そっと画面を閉じてください。。 ・・・・。 ・・・・・・・・はい。 それでは、先に進めたいと思います。 準備は良いですか~?? 牛たんの切り分け方 こちらが、真空パックの状態から袋を外したものです。 向かって左側がタン先、右側がタン元(根っこの方)ということになりますね。 もっとも肉質が硬いと言われている舌の先っぽは下処理の時点ですでにカットされてあります。 表面の皮が処理されているとはいえ、こう見るとめっちゃリアルな舌ですよねぇ。。 袋を取り除いた時点で結構血(ドリップ?)が出ていますので、キッチンペーパー等を使って綺麗にしておいてください。 ちなみに今回購入したものは 正味量0. 2,510円で購入したものです。 焼肉用の厚切りと薄切りを作っていこうと思います。 全体をクルッとひっくりかえしたらこんな感じ。 見ての通り、裏側(舌でいう下側)の方は結構筋っぽい所が多いんですよね。 この箇所を無視してそのままタンを輪切りにしてしまうと、切りにくい上に身が崩れやすく、焼いて食べた時に硬い所が口に残るようになってしまうんですよ。 なので、もったいないようですが筋っぽい部分は思い切ってカットしてしまいます。 まずは表面に見える筋の部分を簡単にカットしたらこんな感じになります。 この工程を先にやっておけば、その後の作業がわりと楽になりますよ~! 硬い部分を切り取る 白い部分を取り除いた後、よーく裏側のお肉の付き方を観察すればわかると思うのですが、タン元の方からタン先に向かって両サイドに2本のお肉の塊がくっついているように見えます。 この2つの塊の周囲が特に筋が多い部分なので、まずはこの部分を2箇所外していきます! おそらく、ペティナイフのような小さい包丁を使った方がやりやすいかと思います。 切るというよりはお肉を剥ぎ取る、といった感覚ですかねー。 このお肉とお肉の間の部分が特に筋が沢山ある箇所なので、この時に筋も一緒に取り除いていくと良いかも。 2本のお肉を外した後に、真ん中の方に白っぽい部分が沢山残っていたら、こちらもカットしておいた方が見た目がとっても美しいです。 こんな感じで綺麗になりました。 白い部分は少々残っていますが、まぁ自分たちで食べるものだし、ということで私はあまり気にしていません。 切り取った部分はもちろん捨てませんよー。 こちらは タンシチューなど煮込み用として残しておきます。 この時点でお肉の重量はおおよそ 600gでした。 元々が約900gの塊だったので、煮込み用として300g取り除いたことになりますね。 整形して冷凍する 綺麗にラップで包みます。 ラップを使ってクルクルと巻きながら、なるべく 綺麗な丸になるように成形します。 巻き寿司を作る感覚でラップを使ってギュッ!ギュッ!と押しこむように丸めていく感じですね。 この辺は、を作る工程と同じです。 写真じゃなかなかサイズ感が伝わらないのですが、この塊もなかなかのボリュームですよ。 直径はおおよそ6cm、長さは23cmの円筒形で、コストコで販売されていると同じ位の大きさです。 すごい量! この状態にしたらそのまま冷凍庫へ! 必ず3時間以上は入れておき、お肉を凍らせます。 理由は後ほど。。 切る 冷凍して固まった牛たんの塊を、5分ほど常温に出しておき、包丁の刃が入る程度になったところでカットしていきます。 「塊のお肉を一度凍らせてからカットする」というテクニックは、牛たんに限らず他の塊肉でも時々行うのですが、やはり冷蔵の状態だとグニグニして綺麗にカットできないんですよね。 成形したお肉を凍らせておくと、厚みの調整がしやすい上、カットした断面も美しくなり、まるで焼肉屋さんの牛たんのようになるんです。 溶けるのは意外と早いので、切れるタイミングが来たらさっさと切っていきます。 脂身の部分から解けていく為、 タン先よりもタン元の方が柔らかくなるのが早いです。 なので タン元側から切って行った方が失敗が少ないと思います。 私はいつも、先に2~3mm位の薄切りを先に切り分け、後で8~10mm位の厚切りを作っていきます。 はい、切り終わりました。 すみません、今回は写真を撮りながら作業を進めていった為、途中で凍ったお肉が溶けて柔らかくなってしまい形が微妙に崩れたものもありますが、なんとか最後までやり切りました。 こちら、全体像を撮るのにかなり引きの写真になってしまっていますが、おおよそ600gを全て焼肉用にカットしております。 半分が薄切り、半分が厚切りといった感じです。 牛たんだけでお腹いっぱいになりそうだなぁ。。 お肉をよく見れば、右上の方にあるタン先に近い部分と、左下の部分にあるタン元の部分じゃお肉の色が全然違いますよね。 白っぽくなっているものほど脂が乗っていまして、厚切りで食べてもサクサク噛みきれるのですが、タン先の方はあまり脂が乗っておらず、火をいれるとちょっと固い食感になります。 我が家では、あえて硬い部分も焼肉用としてスライスしているのですが、牛たんの硬い食感が嫌だという方はこの部分も煮込み用に回すことをオススメします。 スライスしている時の断面の色というか脂のノリ具合で、焼肉用にするか、煮込み用にするかを判断するのが良いかもしれませんね。 厚切り牛たんをアップで撮影。 牛たんを好きなだけ食べられるのってとっても贅沢ですよね! 我が家では薄切りにカットしたものを1人前ずつ(80~100g位?)に取り分けて、プレスンシールでシールしジップロックに入れて再び冷凍保存するようにしています。 凍った状態で切り分け、手早く包んで冷凍庫へ戻したら再冷凍にもならずお肉の品質低下につながらないのでオススメですよ。 食べたい分量だけを解凍しながら調理すれば、いつでも好きな時に牛たんを楽しむことができます! コストコの牛たんの選び方 コストコで販売されている牛たんは100gあたりの重量で価格が決まっています。 牛たんのサイズはバラバラで小さいものだと1,500円台から、大きい物だと3,000円を超えるものなどもありますので、食べる人数や予算などに合わせて選ぶことができるのですが 何度か牛たんを買った私の経験ですと、やはり 小さいサイズのものよりも大きい物(というか太いもの)を選んだ方が良いと思います。 というのも、小さくて細身のものだとやはり脂ノリがイマイチで全体的に少し固めの食感になるんですよねー。 太い方が脂ノリが良く、厚切りでも柔らかく食べることができ、結果的に満足感が高いんです。 同じ牛たんでもサイズによって販売価格が全然違うので、ついつい小さくて安いものを選びがちになりますが、100gの値段は同じなので、それならば、脂がのって食感も柔らかく、美味しいものを買った方がお得だと思いませんか?? 特に煮込み用としての用途ではなく、焼肉用で食べたい!という方は大きいものがオススメです!是非探してみてくださいね。 というわけですごく長くなってしまいましたが、コストコの牛たんの切り分け方でした!食べてみたいけどカットの仕方がわからなくて買いにくい・・・という方がいましたら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の

コストコの肩ロースカタマリを切り分ける方法!

コストコ 牛 タン 切り 方

にはさまざまなお肉が売られていますが、なかでも『USAチルドビーフ カワムキタンVP』は気になりますよね。 牛タンのかたまりがどーんと約900g! でも、焼肉店でも薄切り状態のものしか見たことがないのに、どうやって調理すれば…と躊躇する人も多いのでは? そこで今回、切り分け方や焼き方、さらに保存方法までをご紹介。 「VP」は真空パックのことですね。 お値段は100gで389円(税込)。 購入したものは0. 84kgで2,368円(税込)です。 ちなみに近所のスーパーでは、アメリカ牛のタンスライスは100gで通常時734円(税込)、特売時441円(税込)でした。 それに比べて、コストコのものはコスパが高いと言えますね。 こちらが開封した状態。 きれいに皮むき処理がされており、全部食べられます。 調理の手間が軽く済むのはありがたいですね。 ちなみに、タンの先端部分(歯ごたえがあって、煮込みなどに使われる)もカットされています。 気になる方は、最初に血抜きをしておきましょう。 塊のまま、水につけて30分を3〜4回繰り返します。 とはいえ、本品はそこまでやらなくても大丈夫っぽい。 それでは、この牛タンを「焼肉」としておいしくいただくために、切り分け方から紹介していきましょう。 牛タンの切り分けかた まず、裏側にあるスジ(青色の四角で囲った部分)を、包丁で切り分けましょう。 この部分だけ特に硬いので、取り除いたほうが食感がよくなります。 スジを切ったところです。 このスジは、あとでスープの具にしますよ。 本体の方は、ラップで固く巻いて冷凍庫へ。 3時間ほど待って半冷凍状態にすることで、包丁で切りやすくなります。 ちょっと凍った状態になったので、ラップを外して準備OK。 いよいよ切っていきます! 大まかに3分割してみましたが、脂の入り具合がぜんぜん違いますね。 右側がタン元側、左側がタン先側です。 脂がたっぷりのったタン元は、厚めに切りましょう。 その際、断面の表と裏に、網目状に切り込みを入れておくと、火の通りがよくなり、うまく焼き上がるようになります。 タン先のほうは、薄切りにしましょう。 一切れを大きく取りたい場合は、上の写真のように、1枚めは切り離さず、2枚めを切り落とすことで、観音開き状態にします。 というわけで、1本の牛タン塊から、これだけのスライスが取れました。 右がタン元側、左がタン先側になっています。 最後に、30cmくらいの高さから塩をふりかけます。 裏返して、同様に塩を振ります。 あとは焼くだけ! 焼くだけでうまい! 部位ごとの食感の違いも楽しめる! 熱したフライパンに、油は引かず牛タンを並べていきます。 タン元は特に脂が出るので、キッチンペーパーなどで吸い取りながら調理していきましょう。 表裏とも、1〜2分ずつ焼けばできあがり。 焼き上がったタン元を、包丁で食べやすい大きさに切ってみると…中はほんのりピンク色で、完璧な仕上がり! みずからの脂によって揚げ焼きされた状態になっていて、外はカリカリとこうばしい食感。 しかし、中はふんわりやわらかく、簡単に噛み切れます。 そして肉のうまみが口の中にひろがってきて、味付けは塩だけなのに極上のおいしさ! こちらはタン先側の焼き上がり。 歯ごたえがシャキシャキとしていて、これぞ牛タンという感じですね〜。 脂が少ない分、肉々しさを楽しめます。 今回、付け合せに白菜の浅漬けを添えたのですが、このチョイスは正解ですね。 濃厚な肉の脂をさっぱりとリセットしてくれました。 これはとことんご飯が進む組み合わせですよ! スジはコマ切れにしてスープに 先ほど取り除いたスジは、スープにしていきます。 なにしろ噛みごたえがあるので、食べやすい大きさに切っておくのが肝心です。 お湯を沸かしたら、中華スープの素、生姜を入れ、コマ切れにしたスジを投入。 煮立たせるとアクが出るので取りましょう。 仕上げに刻んだネギ、ごま、こしょうを入れてできあがり。 いただいてみますと、やはりけっこう歯ごたえがありますね〜。 ただ、噛みしめると肉の味わいが出てきて、満足感は高め。 ネギのさわやかさがアクセントとしていい感じです。 食べきれない分はラップを使って冷凍保存 一度に食べきれない場合は、冷凍保存するとよいでしょう。 あとで使いやすい包み方として、以下の方法があります。 ラップを台の上に長めに敷いて、スライスした牛タンを3切れほど並べます。 ラップを手前にくるっと返して、その上にさらに牛タンを並べていきます。 どんどん重ねていくと、写真のようにコンパクトにまとまりました。 これをフリーザーバッグに入れて冷凍庫へ。 使うときは、ラップをペリペリと剥がしていけば、必要な分だけ取り出せます。 ちなみに、解凍は「前日から冷蔵庫でゆっくりと」がおすすめです。 凍ったまま焼いてしまうとおいしく仕上がらないのでご注意を!商品情報正味量|0. また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。 あらかじめご了承ください。 外部サイト.

次の