南海トラフ 予言 2020。 【南海トラフ巨大地震】いつ発生するのか?予言と予測

【予言】史上最高の予言者と名高い『ジュセリーノ』氏が6月に日本で強い地震・強い台風・新型コロナについて予言!強い地震だと『南海トラフ地震』・『首都直下型地震』・『千島海溝沿い超巨大地震』辺り!?

南海トラフ 予言 2020

南海トラフとは?場所は? フィリピン海プレートと、ユーラシアプレートが接する区域を「南海トラフ」といい、 場所は、駿河湾から遠州灘、熊野灘、紀伊半島の南側の海域及び高知・土佐湾を経て日向灘沖あたりまでで、 分かりやすくいうと、だいたい静岡県・浜松から南へ宮崎県・日向灘あたりまでの近畿・四国あたりです。 具体的には、 和歌山や三重、徳島、高知あたりが一番影響の大きそうな地域です。 (気象庁HPより) その発生も不規則で、発生過程に多様性があると言われています。 被害想定は死者32万人と言われています。 被害が大きなことは理解しているつもりですが、 改めて数字にしてみると、すごくないですか・・・・。 多くの人の命を、一瞬で飲み込んでしまう程の大きさですね。 自然の美しさと同じく、恐ろしさというのは、はかり知れません。 南海トラフはいつくる?最新予測! 一番気になるのは、 「南海トラフは、いつくるのか?」 ということですよね。 最新の予測を調べてみました。 今まで多くの地震予測を当ててきた台湾地震予測研究所所長の林湧森さんが30日以内に日本でM8から9の地震が起こると予測。 コロナに大地震だと立ち直れない。 ここで気になるのが、 台湾地震予測研究所です。 どんなところか調べてみました。 台湾地震予測研究所 所長の林湧森さんと言う方が、これまで過去に数々の地震予測を的中してきたということで、台湾では有名な方だったんですね。 大気電圧の観測によって、地震予測を行っているようです。 4、深さ16. 7kmが発生。 台南市で16階建てのマンションが倒壊するなど、犠牲者114、行方不明3、負傷者550人の被害。 2016年2月8日:「房総半島が大きく動いているため2週間前後でマグニチュード6前後の地震発生が予測される」と予測。 2の地震が発生。 5)が発生。 3)が発生。 予測回数が多いという意見の方もいるようですが、 場所と時間の予想が何度も当たっているのをみると ただあてずっぽうに言っているわけではなく、根拠に基づき発信しているように感じられ、 全てが当たらずとも、ひとつの予測として緊張を持つには十分な実績ではないかと思います。 そしてこの方が、近日中の地震発生を予測しているようです。 blogspot.

次の

【2020最新版】最近地震が多い!南海トラフ地震はいつくる?予言と避難グッズに必要なものまとめ!

南海トラフ 予言 2020

画像引用:気象庁HP 数年前から、「 南海トラフが30年以内に70%の確率で発生する」といった予言めいた情報が出回っていますが、全国ではその前兆とも取れる不可解な出来事が頻発していました。 死骸はナガスクジラ科で体長約12メートル — エキサイトニュース ExciteJapan 2020年5月21日、福井県美浜町の海岸に、 体長約12mのナガスクジラが漂着していたのが発見されました。 発見時既にクジラは死亡していましたが、海岸に打ち上げられるというのは、かなり珍しいですね。 とは思いますが、福岡県古賀市辺りでリュウグウノツカイがあがっていたらしいですので念のため要注意。 ちなみに5. 11の茨城県沖の地震の2日ほど前にも同様に海岸に泳いでいるのが発見されております。 — TESLA 地震予測研究者 te2020sla 2020年5月24日、福岡県古賀市の海岸に リュウグウノツカイが打ち上げられていたのが発見されています。 前述したクジラの打ち上げから わずか3日後の事です。 11の茨城県沖の地震前にも、リュウグウノツカイが海岸に漂着していたのが発見されていましたので、こちらも地震の前兆なのではなのかもしれません。。 2mのイルカが打ち上げられていました。 イルカは生存していたため、水族館スタッフの尽力で海へ返されています。 しかし、このイルカの打ち上げの2日前には、静岡県下田でも 体長約2. 35mのイルカが打ち上がっていました。 江ノ島水族館前にイルカが打ち上がった…二日前には静岡県下田にも。 最近は地震が頻発してるから大地震の予兆か?鵠沼は津波で壊滅する地域だから心配でもう。 — ビーチ大好き@湘南 gladgraduate こちらのイルカは、下田海中水族館で保護されています。 青空と雲が綺麗に割れてます!! 何かの予兆かな。。 最近東京湾でマグニチュード2などの地震が沢山起こってます。 そろそろ巨大地震が来ると思います。 1928年11月~2011年3月の間• 発見から30日以内• 発見場所から半径100キロ以内が震源地• マグニチュード6以上の大規模地震 という条件に当てはまる例を調べていました。 すると、条件に当てはまる地震は、 2007年7月の新潟・中越沖地震の1件のみという結果に。 また、クジラやイルカの座礁と、大地震の発生の関連について研究したでは、相関関係が見いだせないとし、「 前兆を捉えていないとは言い切れないが、防災に役立てるのは難しい」と学会で発表しています。 クジラやイルカの集団座礁と大地震の発生には相関関係が見いだせないとの分析結果を、織原(おりはら)義明・東海大特任准教授(固体地球物理学)らのチームが福島県郡山市で開かれた日本地震学会で発表した。 東日本大震災の発生7日前に茨城県鹿嶋市の海岸にイルカの仲間が集団座礁し、両者の関連が騒がれたこともあるが、織原さんは「前兆を捉えていないとまでは言い切れないが、集団座礁を防災に役立てるのは難しい」と指摘する。

次の

【2054年の未来人XYH】南海トラフ巨大地震は2022年7月4日に発生する? │ 防災の種

南海トラフ 予言 2020

南海トラフとは?場所は? フィリピン海プレートと、ユーラシアプレートが接する区域を「南海トラフ」といい、 場所は、駿河湾から遠州灘、熊野灘、紀伊半島の南側の海域及び高知・土佐湾を経て日向灘沖あたりまでで、 分かりやすくいうと、だいたい静岡県・浜松から南へ宮崎県・日向灘あたりまでの近畿・四国あたりです。 具体的には、 和歌山や三重、徳島、高知あたりが一番影響の大きそうな地域です。 (気象庁HPより) その発生も不規則で、発生過程に多様性があると言われています。 被害想定は死者32万人と言われています。 被害が大きなことは理解しているつもりですが、 改めて数字にしてみると、すごくないですか・・・・。 多くの人の命を、一瞬で飲み込んでしまう程の大きさですね。 自然の美しさと同じく、恐ろしさというのは、はかり知れません。 南海トラフはいつくる?最新予測! 一番気になるのは、 「南海トラフは、いつくるのか?」 ということですよね。 最新の予測を調べてみました。 今まで多くの地震予測を当ててきた台湾地震予測研究所所長の林湧森さんが30日以内に日本でM8から9の地震が起こると予測。 コロナに大地震だと立ち直れない。 ここで気になるのが、 台湾地震予測研究所です。 どんなところか調べてみました。 台湾地震予測研究所 所長の林湧森さんと言う方が、これまで過去に数々の地震予測を的中してきたということで、台湾では有名な方だったんですね。 大気電圧の観測によって、地震予測を行っているようです。 4、深さ16. 7kmが発生。 台南市で16階建てのマンションが倒壊するなど、犠牲者114、行方不明3、負傷者550人の被害。 2016年2月8日:「房総半島が大きく動いているため2週間前後でマグニチュード6前後の地震発生が予測される」と予測。 2の地震が発生。 5)が発生。 3)が発生。 予測回数が多いという意見の方もいるようですが、 場所と時間の予想が何度も当たっているのをみると ただあてずっぽうに言っているわけではなく、根拠に基づき発信しているように感じられ、 全てが当たらずとも、ひとつの予測として緊張を持つには十分な実績ではないかと思います。 そしてこの方が、近日中の地震発生を予測しているようです。 blogspot.

次の