ポケモン むし 弱点。 【ポケモンGO】ナッシーの弱点と対策ポケモン|倒し方を徹底解説!

【ポケモンGO】レシラム対策!弱点・討伐人数、個体値100%(CP2307)をレイドアワーでゲットだ!

ポケモン むし 弱点

でんき約0. 244倍 かくとう約0. 244倍 どく約0. 244倍 じめん約0. 244倍 ゴースト約0. 244倍 ドラゴン約0. 244倍 ダメージ耐性表 相性補正 倍率 2つのタイプのどちらにも 「こうかはばつぐんだ」 約2. 56倍 「こうかはばつぐんだ」 約1. 6倍 相性なし 1倍 等倍 「こうかはいまひとつ」 約0. 625倍 2つのタイプのどちらにも 「こうかはいまひとつ」 約0. 39倍 原作での「こうかがないようだ」 約0. 39倍 原作での「こうかがないようだ」 +「こうかはいまひとつ」 約0. 244倍 2重弱点と効果抜群はダメージ量が違う 2重弱点と効果抜群は、ゲームでの表記が「こうかばつぐん」で統一されている。 しかし、実際は攻撃倍率が2重弱点の場合は、単なるこうかばつぐんよりもダメージが大きくなる。 2重弱点があるポケモン 2重弱点を突かれるポケモンを、タイプ毎に一覧にして掲載!より効果的にダメージを与えたいと思っている方は参考にしてみよう。 39倍になる「こうかがない」を一つ持っているポケモンも掲載しています。

次の

【ポケモンGO】むしタイプ最強アタッカーランキング6選!【ジム・レイドバトル】|ポケらく

ポケモン むし 弱点

でんき約0. 244倍 かくとう約0. 244倍 どく約0. 244倍 じめん約0. 244倍 ゴースト約0. 244倍 ドラゴン約0. 244倍 ダメージ耐性表 相性補正 倍率 2つのタイプのどちらにも 「こうかはばつぐんだ」 約2. 56倍 「こうかはばつぐんだ」 約1. 6倍 相性なし 1倍 等倍 「こうかはいまひとつ」 約0. 625倍 2つのタイプのどちらにも 「こうかはいまひとつ」 約0. 39倍 原作での「こうかがないようだ」 約0. 39倍 原作での「こうかがないようだ」 +「こうかはいまひとつ」 約0. 244倍 2重弱点と効果抜群はダメージ量が違う 2重弱点と効果抜群は、ゲームでの表記が「こうかばつぐん」で統一されている。 しかし、実際は攻撃倍率が2重弱点の場合は、単なるこうかばつぐんよりもダメージが大きくなる。 2重弱点があるポケモン 2重弱点を突かれるポケモンを、タイプ毎に一覧にして掲載!より効果的にダメージを与えたいと思っている方は参考にしてみよう。 39倍になる「こうかがない」を一つ持っているポケモンも掲載しています。

次の

【ポケモンGO】むしタイプ最強アタッカーランキング6選!【ジム・レイドバトル】|ポケらく

ポケモン むし 弱点

概要 むしタイプのポケモンは現実で昆虫類に属する生物をモチーフにしたものが多い。 一般的に成長が早いこともあってストーリー序盤の戦力となる。 また、ほとんどの世代では序盤のジムリーダーが使うタイプとされる。 や耐性の多くがくさタイプと共通している。 森のマップに出現しやすい点も同様である。 そういった経緯もあってかではタイプに分類される。 ポケモンとしてのむしタイプ このタイプを持つポケモンについてはを参照。 ・・タイプの技は、効果が抜群となる。 ・・タイプの技は、効果が今一つとなる。 関係する• とくせいがのポケモンがを持つとむしタイプになる。 とくせいがのポケモンがを持つとむしタイプになる。 過去の仕様• ではどくタイプの技との相性は効果が抜群であった。 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• (くさきのミノ)• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• (ゴミのミノ)• 00 初出: 一覧• むしタイプの歴史 においては出番が少ないタイプである。 全体的に能力が低い傾向があり、特になど耐久面は脆い。 第七世代でが登場するまではHP種族値が100を超えているポケモンはいなかった。 メジャーな弱点も抱えており、複合タイプのものはのダメージが厳しい。 さらにまではのレパートリーも少なかった。 で威力80のや90のなどが登場し、ようやく扱いやすくなったと言える。 物理型のむしタイプは、特殊型のむしタイプはを使えるものが多い。 加えて、やの、やのと、を駆使することができ、対戦の中でも成長しながら戦うのが得意なタイプと言えるだろう。 また、むしタイプの技にはやなど、相手の能力を下げられるものが多い。 むしタイプの攻撃技で弱点を突ける相手は・・のみと少なく、反対に・・を筆頭に多数のタイプで半減されてしまう。 そのためむしタイプ以外のポケモンが使うサブ技としての出番は少ないが、攻撃と交代を兼ねたは多くのポケモンに使われている。 第一世代 タイプに最初から弱点を突けるタイプとして登場。 しかし、当時のむし技はや程度の威力が貧弱なものしかなく、そのタイプ一致の使い手はよりによって、エスパーに弱いと複合タイプののみだった(他はが不一致ミサイルばりを覚えていた)。 むしタイプの中でも攻撃が高かったやはというと、覚えるのはタイプの技ばかりで、肝心のむしタイプの技は何故か覚えなかった。 もっとも、覚えたところで威力が威力だったので全くと言ってよいほど意味はなかったのだが。 ともかく、この世代のむしは存在価値さえ疑われる始末だったのだという。 第二世代 当時強力な固有技だったを覚える優秀な新勢力のが登場。 狙いにくいが、も追加され、ようやく存在価値が見出せるようになり少しは改善された。 しかし、当時の環境で強ポケと呼べるのはヘラクロスかくらいで、全体ではまだ弱い部類。 ハッサムもアタッカーというよりは、の要員やサポートとしての評価だった。 第三世代 新規で目立つのはと。 テッカニンは通常レギュレーションのポケモンの中では最速であるうえに強力な特性のを持ち、バトンタッチ要員としての役割が与えられた。 ヌケニンはを活かしてを完封するポケモンとしての個性を帯びた。 ハッサムは特性はという平凡なものだが、念願の技であるを獲得。 しかし真骨頂はがを獲得したことで強化されたことだろう。 そのためオフ会の環境では対策必須のポケモンとなった。 とはいえヘラクロスを除けばせいぜいやが要員として使われた程度であり、全体で言えば不遇であった。 第四世代 、などようやく汎用ウエポンが登場。 この世代の新規はからの、高い特攻と低くない耐久を持つが強力で、期では対策をすることでメガヤンマをどうにかしないと対戦で勝てないとまで言われた。 以降はさいみんじゅつの弱体化によってメガヤンマの勢いが収束し、かわりにテクニシャンを手に入れたが台頭。 、で攻め、でサイクルを回す姿は、それまでのサポーターとしての印象を一新するものであった。 一方、の登場によって、のポケモンが多いむしタイプ全体としてはますます動きづらくなり、総合的に見ると不遇は続いた。 それでも、GSダブルではヌケニンが強力無比な雨パ対策として結果を残した。 第五世代 この世代に登場したを引っ提げて登場したのは、むしの特攻の最大値を更新する。 、を問わず大活躍し、この世代の環境の顔となった。 これ以外にも新規は粒揃いで、ハッサムを凌ぐ火力を持つ鈍足物理アタッカーの、ラティオスを上回る素早さからメガホーンを放てる、テッカニンに次ぐと低くない特攻が売りの、俊足とを活かしたアタッカーとしての個性を持つなどが登場した。 前世代までの不遇が嘘のような厚遇ぶりであった。 最もむしタイプが輝いていた世代といえる。 第六世代 むしを半減にするフェアリーの追加、の登場とそれに伴う役割対象であったの激減など、前世代で優遇され過ぎたためか弱体化調整と思われる変更が多々為された。 ステルスロックもファイアロー対策としてますます増えたため動きづらいという傾向が加速し、、の技の見直しによってエスパーが減ったことで弱点を突きづらい環境になった。 ここに来て第四世代以前の不遇ポジションに戻ってしまった。 とはいえ環境ではを獲得したと以外のむしが使用率30位以内と無縁となり、大幅強化された他のに対抗できない状況にあった。 第七世代 ファイアローの弱体化、スカイスキンの弱体化など、むしにとっては救済となる出来事があった。 オニシズクモはダブルバトルで活躍し、グソクムシャは独特の動きから愛好家筋からの需要があった。 フェローチェはサイクル戦全盛のこの世代においては珍しい対面向けのポケモンとしての味を出した。 むしタイプ中最大の特攻を更新したクワガノン、素早さの種族値124から一致ウエポンでを叩くなど、序盤むしポケモンにも強力なものが目立った。 しかし、個性あるポケモンが多く追加されたからといってむしの立場が良くなったわけではなく、、の台頭が進むなか、シングルバトル使用率ベスト30の常連としてはが孤軍奮闘する不毛な状況。 ハッサムですら使用率ベスト30に恵まれなくなり、その立場は第六世代よりも悪くなった。 ダブルバトルでも使用率ベスト30に入ることがまったくない有様であり、タイプと並ぶ最弱のタイプとなってしまった。 ただ、制限ルールであるWCS2017(アローラダブル)で、、ら新ポケモンが活躍している。 第八世代 、などの主力級むしポケモンが削除されてさらに地味な存在となった ウルガモスに関しては後日配信予定のダウンロードコンテンツで登場することが発表されている。 環境には抜群を取れるやのポケモンがほとんどおらず、攻撃面では非常に冷遇された存在となった。 そんな中、では技面での強化、の獲得によってが飛躍している。 言い換えるとこの世代のシングルバトルではアイアントがむし枠としての活躍を一手に引き受けている状況であり、特にダウンロードコンテンツ解禁前で統計データ使用率シーズン別最終順位ベスト30にランクインしたポケモンがアイアントを除いて皆無という状況となっている。 ではダウンロードコンテンツ解禁前の時点で唯一となる持ち、不在であるに代わるほぼ確定ヒットの技使い、による凶悪な妨害性能、といった個性によりバタフリーが注目されるに至った。 わざとしてのむしタイプ このタイプを持つわざについてはを参照。 ・・タイプを持つポケモンに対しては、効果が抜群。 ・・・・・・タイプを持つポケモンに対しては、効果が今一つ。 関係する• むしわざの威力を上げるもちものとして、・・がある。 むしわざの威力を下げるもちものとして、がある。 関係する• 5倍に上がる。 とくせいがのポケモンは、むし・ゴースト・あくタイプの技を受けるとが上がる。 過去の仕様• ではどくタイプとの相性は効果が抜群であった。 までは全てだった。 むしタイプを好むポケモントレーナー• でのタイプ変化を除いた場合、 まではこのタイプを持つならびにまではこのタイプを持つは存在しなかった。 までは、このタイプにおいての種族値が100を超えているポケモンは存在しなかった。 むしタイプの技があくタイプに効果抜群であるのは一見すると意味不明だが、これには(むし)が(あく)を成敗するイメージに由来するという説がある。 脚の本数が現実の虫と同じものもいれば、違うものもいるなど、安定していない。 例えば、、はモチーフになったテントウムシと同じ6本だが、カマキリをモチーフにしたストライク、カブトムシをモチーフにしたヘラクロスは4本しかない。

次の