アイビスペイント 線画抽出。 ibisPaint 無料お絵かきアプリ「アイビスペイント」とは

無料のお絵かきアプリのおすすめ!「アイビスペイント」の魅力を紹介│もめの部屋

アイビスペイント 線画抽出

こんにちは、きよせむ です。 あなたは、手描き アナログ で絵を描いていますか?デジタルで描いたこともありますか? 私もアナログで描いていますが、アナログは毎回制作のために時間とお金がかかります。 一方、デジタルで描くとほぼ初期費用のみで描けて修正もすぐできるので便利です。 アナログを活かしつつ、デジタルも描いてみたい。 タブレット端末もない、パソコンもスペックが足りない• お金もない というデジタルイラスト初心者のあなたには、 アイビスペイントのアプリを使ってスマートフォンで描くことを強くおすすめします。 アイビスペイントとはお絵かきツールのひとつで、ブラウザ版とアプリ版があります。 私のようなデジタルイラスト初心者でもこのアプリを使ってさっくり描くことができています。 1.アイビスペイントの良いところ 無料で始められる アイビスペイントはスマートフォンさえあればアプリが無料でインストールできます。 無料の「アイビスペイント X」と有料の「アイビスペイント」がありますが、初めてやるなら無料の「アイビスペイントX」でも十分です。 デジタルイラストを描こうと思ったときに、熟練のイラストレーターさんは何十万もするようなタブレットやモニターを紹介していますが、初めてならまず無料でサクッと挑戦してみたほうが手ごたえをつかみやすいです。 アイビスペイントXで始めてみて、もっとデジタルで描いてみたいと思えばいろんなソフトや機器を検討したらいいですし、ちょっとした資料やブログのカットに必要なだけであればアイビスペイントのみで大丈夫です。 ペイントやExcelでやってきたことが活かせる あなたはWindowsのペイントやExcelでイラストを描いたことがありますか? アイビスペイントは、WindowsのペイントやExcelで出来なかったことがExcelなどと同じ簡単さで出来るところが魅力です。 たとえばお絵かきツールで重要なレイヤー機能などがあります。 私は接客系事務でちょっとしたカットやPOPを頼まれたときに、会社の複合コピー機のスキャナーでアナログ絵を取込み、 さほど使ったことのない ペイントを駆使しながら作っていましたが、やはり濃度調整など、余分と感じる手間がたくさんありました。 アイビスペイントではペイントの塗りつぶしと同じ感覚でレイヤーや範囲選択もできるので、これまでの操作よりもぐっとラクに描くことができます。 アナログ線画抽出機能 アイビスペイントの一番の魅力が、アナログ線を線画として抽出できるところです。 自分で描いたアナログ線画をスマホのカメラで撮影し、アイビスペイントアプリを起動して線画抽出ツールを使うことで、とっても簡単に線画をデジタルに取り込むことができます。 アナログ線を取り込むときによくある線のがたつきやかすれも、ブラシや消しゴムで修正したり線画レイヤーを複製して重ねることである程度カバーができます。 また、アナログ線のがたつきをそのまま活かして描いても味わいある作品に仕上がります。 2.アイビスペイントの有料版と無料版の違い アイビスペイントには、有料版の「アイビスペイント」と無料版の「アイビスペイントX」があります。 有料版と無料版の違いは3つです。 広告の有無• ブラシの選択肢• プレミアム会員 有料版ユーザー 限定素材とフォント 「2. ブラシの選択肢」についてですが、アイビスペイントはブラシの種類も豊富で、その数は無料より有料のほうがやはり多いです。 でも、有料ブラシを無料でも使うことができます。 無料でブラシを選択しブラシ一覧に表示されるアイコンをタップし動画を視聴すると、18時間限定で有料含む全てのブラシが使えるようになります。 1日に描く時間が18時間以内であれば有料無料の差はありません。 実際私は無料のみで有料ブラシを使っていますが、特に不便と感じたことはないです。 動画も流している間にトイレ行ったり雑用をすれば時間の無駄になりません。 3.アイビスペイントXでつくるアイキャッチ用画像 参考までに、私はこんな感じで簡単に作ってますというデモンストレーションをダイジェストでお送りします。 使うもの:iPhone7と指、アイビスペイントX 1. キャンバスサイズに合わせてアナログ画像を縮小するほうが消耗しないんですが、その場合線のガタツキがかなり目立つので画風に合わせて操作手順を入れ替えると良いと思います。 画面が小さいので肩が凝る スマホの小さな画面で髪の線など細かな部分や色合いを描いていくので、ものすごく肩が凝ります。 冷え症や肩こりがよくあるのなら、適度に休憩をはさみながら制作しましょう。 5.『スマホでイラストならアイビスペイント一択』のまとめ アイビスペイントの魅力が伝わったでしょうか。 デジタルイラストを描いてみたいけど資金不足という人にとって、すぐインストールできてアナログとデジタルの併用もしやすいアイビスペイントはまさにうってつけです。 あなたもインストールしてお手軽にデジタルイラストを描いてみましょう。 線画を抽出する以前にアナログ絵を上達させたい!というときは『』の記事もおすすめです。 クロッキーもやって、アナログとデジタル、どちらも楽しんで描いてみませんか? 今回使用したアナログ画材はこちら。

次の

スマホで絵を描く無料アプリ”アイビスペイント”初心者でも超簡単!

アイビスペイント 線画抽出

下書きは濃くはっきりと描こう まずはじめに、アナログで下書きを描く際に重要なポイントは 「線を濃くはっきりと描く」 ことです。 というのも、デジタルでは鉛筆で描くときに比べてシャープな線になるので、もしアナログの時点で線が曖昧なままだと、 デジタルで清書して線をなぞるときに、 「複数ある線から使う線のみを選んでなぞる」という手間が生じてしまうからです。 これをすると、デジタルで線画を描くのに必要以上に時間がかかってしまいます。 でも、 アナログの時点で余分な線を減らしておけば、デジタルで線画を描く時間が短縮できます。 具体的には、下の手順を踏むことで デジタルでの作業時間を大幅に減らすことができるのでおススメです。 はじめに全体的に薄く大まかにラフを描く• 最後にデジタルで使う線だけを濃く描く 下の画像を見比べてみてください。 おそらく左の方が線画が見やすいかと思います。 右の画像は薄いラフ、左の画像はそこから必要な線だけを再度なぞったものになります。 このように、 「清書で使う線をなぞる」というひと手間をとるだけで、視認性が大きく変わるのが分かると思います。 なぞる分、 下書きで2,3分余計にかかってしまいますが、この作業が結果的にデジタルでの作業時間を数十分減らすことにつながります よ。 スマホで撮影するときは影が映りこまないようにしよう 次に大事なポイントが 「影が入らないように線画を撮影する」 ことです。 下書きを濃くはっきりと描いても、スマホで撮影するときに撮り方が悪いと、せっかく描いた下書きが見えにくいということになりかねません…。 そうならないよう、 以下に大事なポイントをまとめておきました。 撮影時の2つの注意点 写真を撮るときは主に下の二点を満たすようにしましょう。 光が均等に当たるようにする• できるだけ正面から撮るようにする 光が均等に当たるようにする 撮った時に、影などが生じて光の当たり方に偏りができると 線画を抽出しにくくなります。 例えば、紙に影ができて紙の一部に光が当たらない場合、 「明るい部分の線画の黒さ<暗い部分の白紙部分の黒さ」になってしまうと、線画を上手く抽出できません。 なので、「強い照明」や「太陽光などの平行光線」を光源にして 光の当たり方をできるだけ均一にしましょう。 できるだけ正面から撮るようにする 下書きを斜めから撮ると、下書きが歪んで映ってしまいます。 そうすると、後でその歪みを取り除く必要が出てきてしまいます。 これは、 正面から歪みなく撮っておくことで防ぐことができます。 綺麗に下書きを撮るための方法 撮影時の注意点が分かったところで、次は… 学習机は光源が二つあり、明るさも十分なので特におススメです。 窓に紙を張り付けてスマホで撮る こちらは 裏面が白紙で陽射しがある場合限定でおススメです。 テープで貼ったりすれば、簡単に綺麗な写真が撮れると思います。 画像をキャンバスに取りこもう 0. アプリをインストールする Androidの方はGoogleプレイストアから、appleの方はApp Storeからインストールしてください。 ここは、ほとんどの方ができると思う上に説明が長くなるので割愛します。 アイビスペイントを立ち上げる では、アイビスペイントを立ち上げていきましょう。 立ち上げると上の画面になると思いますので、一番左の マイギャラリーを押してください。 画像を選んだら、キャンバス内に綺麗に下書きが入るよう 画像を変形させましょう。 画像の拡大・縮小、回転の操作方法 平行移動 画像を移動させたいときは 1本の指で上下左右に指をスライドさせてください。 拡大・縮小 画像を拡大・縮小したいときは 2本の指でつまんだり拡げたりしてください。 回転移動 画像を回転させたいときは、ネジを回す要領で 2本の指を逆方向に動かしてください。 オンオフの切り替え が拡大・縮小、 が回転に対応しています。 上の図のように、マークが青く点灯していると操作が有効に、白色のままだと操作が無効になります。 サイズが調整出来たら右下の を押して変更を保存しましょう。 ここまで終わると、キャンバス上には上のように下書きが表示されると思います。 加工機能を使って、線画を見やすくしよう 1. 線画を抽出する 上のような画面が表示されると思うので、 OKをおしてください。 すると、上のような画面が表示されると思うので、 バーをスライドさせてコントラストを調整してください。 黒側を大きくすると黒が強く、白側を大きくすると白が強くなります。 ポイントは 「線画が白飛びしない程度にできるだけはっきりさせる」ことです。 完全に白黒にならなくても、線画が少しクリアになればそれで充分です。 調整ができたら 右下のチェックマークを押してください。 ここまで終わると上の画像のようになると思います。 下書きの色を変える 画面左下の筆の形をしたボタンを押して 「フィルター」をタップしてください。 次に 「線画色変更」をタップしてください。 ここで 色を調整してください。 個人的には 青色(画像参照)が見やすくていいかなって思います。 ここまで終わると上の画像のようになると思います。 下書きを薄くする このままだと下書きが濃くて清書したときに見づらいので 下書きを薄くしましょう。 右下の 「 2」と書かれたボタンをタップしてください。 下にあるバーをスライドさせて 「 50%」くらいにしましょう。 ここで表示されているのは不透明度と呼ばれるもので、数字が0%に近づくほど透明になります(= 薄くなります)。 左上の小窓をみながら調整しましょう。 ポイントは、 「描いた線がわかる範囲でできるだけ薄く」です。 こんな感じになると思います! 最後に 今回の作業でここまで進みました。 どうでしょうか。 かなり見やすくなったのではないでしょうか。 この記事について分からないことがあれば、気軽にコメントやTwitterで聞いてください~ それでは。

次の

【クリスタ】CLIP STUDIO PAINTで線画を抽出する方法!写真からライン抽出!

アイビスペイント 線画抽出

注意線が薄すぎると上手く色がぬれません。 影やえんぴつ跡で黒い部分が多い時も難しくなります。 白い背景にハッキリ線だけが出るように 写真の撮り方を工夫してみましょう。 どうしても鉛筆画が綺麗に読み込めない! そんな時はペンでなぞって、 鉛筆を消してから線画抽出してください。 小さな汚れが気になる場合は 消しゴムツールで消してみましょう。 いよいよ色塗り! といきたいところですが、 綺麗に塗るために下準備をしましょう。 画面上のやじるしで 「線を描いた」「色を塗った」 ひとつ前の状態に戻ることができます。 戻りすぎてしまった時は、となりのボタンがすすむです。 画面下にあるボタンは書いてあるとおりです。 保存ボタンを押すと 前の状態にもどることができなくなるので 気をつけましょう。 この中の 「レイヤー」は 絵を描かない人には聞きなれない単語かもしれません。 しかしこれ、 とっても重要です! デジタルで絵を描くときに 絶対必要な「レイヤー」について説明します。 レイヤーって何? レイヤーは透明のお絵かき用シートを 何枚も重ねることができる機能です。 下書き• ペン入れ• 髪の毛の色 アナログの場合は全てを1枚の紙に描きます。 デジタルではこれが1枚ずつ 独立して描けるようになるのです。 修正したり色を塗るのが アナログに比べてとても簡単にできます。 実際に画面を見てみましょう。 レイヤーボタンを押すと 今書いてるレイヤーが表示されます。 丸で囲んだプラスボタンで レイヤーを増やしてみましょう。 2のレイヤーが増えました。 選択してから長押しで下に ひっぱってください。 これで下にあるレイヤーに色を塗っても 上のレイヤーに描かれた線画は 塗りつぶされません。 ここからスマホで線を引いていきます。 絵を描く作業は指で大丈夫です。 選択したい範囲を線で囲む 色塗りには「ぬりつぶしツール」を使います。 ただ、ツールを使うためには ぬりたい場所がすき間無く 線で囲まれている必要があります。 簡単・キレイに色を塗るために ひと手間かけてみましょう。 ブラシツールをタッチ 基本のペンだけしか使わないので、キャンセルを選択します。 ペンの種類を選んで、太さを変えます。 今回は5. 0が使いやすいと思うので 数字を変えてみてください。 イラストの線を描きたい時は 2. 5にしてみたり、好みで変更します。 ブラシの設定ツールをとじて、カラーをタッチ。 濃い青を選びましょう。 線を書き始める前に レイヤー1を選んでいるか確認しましょう。 注意イラストと同じレイヤーに描かないように気をつけてください 指で顔・髪の毛・洋服とパーツごとに分かれるように、線を引いてみます。 画面をズームしながら、少しずつ線をひいていきます。 すき間があると色が上手く塗れないので、線でしっかり囲むことを意識しましょう。 スマホで絵を描くのは指でOK! いよいよ色塗りです。 ここまでの作業は指だけで作業できたと思います。 色ぬりも簡単に出来上がります。 自動選択機能をつかう ツールボタンから自動選択ツールを選びます。 ぬりたい場所をタッチすると 線で囲んだ部分が選択された状態になります。 色を塗りたい場所をタッチすると 囲まれた範囲が選択された状態になります。 塗りつぶし機能で色塗り カラーボタンから好きな色を選びます。 カラーパレットに好きな色がない時は カラーチャートから選んだり、 スポイトツールで色を選択します。 塗りつぶしツールで 塗りたいところをタッチ。 一部がはみ出てしまっています。 青い線がうまくひけていなかったようです。 細かく見てみましょう。 スマホのズームと同じ感覚で 2本のを画面につけたまま 拡げるとイラストを拡大できます。 塗りつぶし用の線を書き足す まず選択している部分を解除します。 つぎに塗りつぶしを取り消します。 レイヤーボタンから レイヤー1(青い線のレイヤー)を選択。 ブラシツール(ペン)を使って 青い線を書き足します。 線を書いたら レイヤー2を選択。 一つ前の 「塗りつぶし機能で色塗り」と 同じやり方で 髪の毛と洋服の色を塗ります。 ぬり終わったらレイヤー1の 目のマークをタッチします。 青色で書いた線が消えて キレイに塗れました!.

次の