竹田 恒 泰 チャンネル 2。 竹田研究会とは

楽天ブックス: 面白いけど笑えない中国の話

竹田 恒 泰 チャンネル 2

明治天皇の玄孫として知られる、作家でタレントの竹田恒泰(たけだつねやす)氏が4月19日放送の読売テレビ「そこまで言って委員会NP」の番組内でのコメントと自身のWEBサイトにて、結婚したことを発表しました。 お相手は一般の方とのことで、能年玲奈さん似の20代の女性という以外公表されていません。 竹田恒泰氏は1975年生れで今年40歳ですので、10歳以上歳の離れた夫婦ということになります。 同番組パネリストの長谷川幸洋(はせがわゆきひろ)氏によると、お嬢様で清楚な人で、若い頃の吉永小百合に似ているそうです。 竹田家は旧竹田宮家の流れを汲む名家ですから、やはりお相手の方も皇族か旧華族の流れを汲む名門のご出身で、出会ったきっかけはお見合いってところでしょうか。 あるいは、昨年3月まで自身の出身校である慶応義塾大学大学院で非常勤講師を務めてられていましたので、案外教え子の女性という線も考えられますね。 竹田恒泰氏の家系図 旧竹田宮家は明治後期に北白川宮能久親王(きたしらかわのみや よしひさ しんのう)と側室の間に生まれた第1王子、恒久王により創設された宮家で、1906年に明治天皇より「竹田宮」の宮号を賜りました。 その2年後の1908年に明治天皇の第六皇女・昌子内親王(まさこないしんのう)が降嫁され、恒久王と結婚します。 二人の間には、竹田宮恒徳王(たけだのみやよしつねおう)と禮子女王(あやこじょうおう)が誕生し、2代目当主にあたる恒徳王は三条公輝公爵の女子・光子と結婚、3男2女を設けています。 この三男が竹田恒和氏で、竹田恒泰氏の父親にあたります。 竹田恒泰氏の母親は東京小平市にある精神科病院・松見病院の創設者の孫で、昌子氏。 竹田恒和氏に嫁ぎ、現在は離婚しています。 現在、この母方の実家にあたる病院の実質的な経営権は竹田恒泰にあるようですが、経営不振が伝えられ、現在母方の親族とも複雑な関係にあるようです。 五十鈴川で禊をしました。 100人で禊をすると、すごい迫力です。 これから内宮を参拝します。 — 竹田恒泰 takenoma.

次の

君が代の意味知ってますか??

竹田 恒 泰 チャンネル 2

明治天皇の玄孫として知られる、作家でタレントの竹田恒泰(たけだつねやす)氏が4月19日放送の読売テレビ「そこまで言って委員会NP」の番組内でのコメントと自身のWEBサイトにて、結婚したことを発表しました。 お相手は一般の方とのことで、能年玲奈さん似の20代の女性という以外公表されていません。 竹田恒泰氏は1975年生れで今年40歳ですので、10歳以上歳の離れた夫婦ということになります。 同番組パネリストの長谷川幸洋(はせがわゆきひろ)氏によると、お嬢様で清楚な人で、若い頃の吉永小百合に似ているそうです。 竹田家は旧竹田宮家の流れを汲む名家ですから、やはりお相手の方も皇族か旧華族の流れを汲む名門のご出身で、出会ったきっかけはお見合いってところでしょうか。 あるいは、昨年3月まで自身の出身校である慶応義塾大学大学院で非常勤講師を務めてられていましたので、案外教え子の女性という線も考えられますね。 竹田恒泰氏の家系図 旧竹田宮家は明治後期に北白川宮能久親王(きたしらかわのみや よしひさ しんのう)と側室の間に生まれた第1王子、恒久王により創設された宮家で、1906年に明治天皇より「竹田宮」の宮号を賜りました。 その2年後の1908年に明治天皇の第六皇女・昌子内親王(まさこないしんのう)が降嫁され、恒久王と結婚します。 二人の間には、竹田宮恒徳王(たけだのみやよしつねおう)と禮子女王(あやこじょうおう)が誕生し、2代目当主にあたる恒徳王は三条公輝公爵の女子・光子と結婚、3男2女を設けています。 この三男が竹田恒和氏で、竹田恒泰氏の父親にあたります。 竹田恒泰氏の母親は東京小平市にある精神科病院・松見病院の創設者の孫で、昌子氏。 竹田恒和氏に嫁ぎ、現在は離婚しています。 現在、この母方の実家にあたる病院の実質的な経営権は竹田恒泰にあるようですが、経営不振が伝えられ、現在母方の親族とも複雑な関係にあるようです。 五十鈴川で禊をしました。 100人で禊をすると、すごい迫力です。 これから内宮を参拝します。 — 竹田恒泰 takenoma.

次の

プロフィール

竹田 恒 泰 チャンネル 2

第76回竹田恒泰チャンネルにて君が代の解説が簡単にあったので皆さんに知ってもらいたく情報を共有します。 君が代=国家ですが皆さんは大人になって歌うことってないですが学生のころ歌ってましたか?? 自分は歌ってませんでした 笑 なぜなら君が代=国歌=戦争の歌 みたいに教育されていたからです。 今となっては恥ずかしい限りですが、多くの日本人はこんな考えじゃないですかね? まあ日本に対して誇りや愛国心がないとそんな気持ちにはなりませんよ。 だから日本の良さ、すばらしさを再認識しないといけないと思います。 まあそれはさておき 今回の教育基本法改定で音楽教科書に君が代が特別紙で記載されたそうです。 そこには『君が代は日本の国家です、日本が平和で栄えるようにとの願いが込められています。 』 しかし、竹田氏はこう述べます。 主語は日本ではない、いつまでも平和で栄えるようには正しいが 主語は日本ではなく。 天皇陛下が生きていらっしゃるこの御世がということらしいです。 君が代はもともと古今和歌集のお祝いのところにのっていた歌だそうで長寿を祝う和歌として色々な人が色々な人に歌っていたものらしいです。 それが明治時代に国歌となったのですが 君 とは 自分にとって尊い人、両親や先生など を意味します。 なのでここでの君は天皇陛下を示します。 天皇陛下が、いつまでも長生きできますように・・・という意味なんですよ なんで天皇陛下?関係ないよ~~~ とはなりません。 なぜなら君主を抱えた国、国王がいる国やイギリスなどの国歌では、君主の長寿を祝う歌であり、国際標準なんです。 天皇にとって国民全員は子供であり、天皇陛下は毎日国民のために祈りをささげているのです。 その天皇陛下を敬い、長寿を祝うための歌が 君が代 なのです。 まったく戦争と関係ないことがわかりますよね。 これも戦後教育がいかにダメダメだったかがわかります。 この教育基本法改革、第一次安倍内閣の時に決定してたやつで今になってやっと種が芽吹いたんですよ!ほんと良かったですね。 竹田研究会で本格的な君が代講座があるらしいのでいってみたいですね 笑.

次の