バットマン。 『バットマン:アーカム・コレクション』が4月14日まで半額!

映画「バットマン」の実写シリーズ一覧 初心者はこの順番がオススメ!

バットマン

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』のマット・リーヴス監督がメガホンをとる新『バットマン』映画。 主人公のバットマンこと、ブルース・ウェインを演じる俳優ロバート・パティンソンのバットマン姿が解禁になった。 リーブス監督がカメラテストとしてTwitterでも公開した動画では、どこか不穏感のある音楽に乗って、暗闇の中から徐々に赤い影が浮かんでくる。 ピントが合ってくると、コウモリのシンボルが見え、それがスーツの胸元についていることが分かるように。 カメラが徐々に上方へと移動していくと、肩のマントがちらっと見えて、マスクをつけたバットマンがいる。 — Matt Reeves mattreevesLA 新『バットマン』の音楽は、リーブス監督と映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』でタッグ済みのマイケル・ジアッキノが作曲する。 ロバートは以前、Varietyとのインタビューで、子どもの頃から『バットマン』映画のファンだったことを明かしたという。 オーディションを突き進んだロバートは最後の段階で、オーディション用のバットスーツを身に着けたそうで、「変身したという実感がすごく湧く」とリーブス監督に言ったことを覚えていたそうだ。 オーディションの時のバットスーツがそのまま採用になったかは不明だが、ロバートはバットスーツが板に着いていて、風格たっぷりだ。 タイトル未定の新『バットマン』映画は現地時間2021年6月25日より全米公開予定。 引用:「マット・リーヴス」ツイッター(@mattreevesLA).

次の

バットマンとは (バットマンとは) [単語記事]

バットマン

(1966年) 出版の情報 出版者 初登場 Detective Comics 27 5月 クリエイター (デベロッパー) ()(コンセプト) 作中の情報 本名 ブルース・ウェイン 所属チーム ウェイン・エンタープライズ バットマン・オブ・オール・ネイション パートナー ジェームズ・ゴードン 著名な別名 Matches Malone Lefty Knox Minuteman 能力• 天才レベルの知性• 限界まで鍛えた肉体および精神• 優れた• のエキスパート• ハイテク機器や武器を利用 バットマン(: Batman)は、の出版するに登場する架空の。 およびコミック、映画、ドラマ、アニメ作品のタイトル。 概要 [ ] アーティストのと作家の ()によって創造され、1939年にナショナル・アライド(のちのDCコミックス)が出版した1939年5月の"Detective Comics #27"で初登場した。 契約の問題でケインのみ原作者として報酬が支払われていたが、2015年9月にDCエンターテイメントはフィンガーがバットマンを創造した報酬を受け取ることを明らかにした。 フィンガーの遺族とDCは交渉し、『』と『』の第2シーズンの報酬を初めてバットマンの作成者として受け取った。 コミックブックには「ビルフィンガーとボブ・ケインによって作成されたバットマン」と表記された。 詳細は「」を参照 レン・ウェイン、ジョン・カルナンによって創造され、"Batman" 307(1979年)で初登場した。 作中として明確に描かれた初のメインキャラクター。 ブルース・ウェインのビジネスマネージャーとしてウェイン・エンタープライズで働く。 技術の専門家で、雇用主の秘密を知っている。 バットマンの兵器の資金調達だけでなく、必要な事業利益も回収する。 エース・ザ・バットハウンド ビル・フィンガー、シェルドン・モードッフによって創造され、"Batman" 92(1955年6月)で初登場した。 バットマンが飼っている犬。 犬種は。 バットカウ グラント・モリソン、クリス・バーナムによって創造され、"Batman Incorporated Vol. 2" 1(2012年7月)で初登場した。 ある事件をきっかけにバットケイブで飼われ始めた牛。 のスラム街でワニの遺伝子を持って生まれる。 そして、ウェイロン・ジョーンズは危険で動物的な犯罪者に成長する。 彼とワニの類似点の範囲は、単に皮膚の硬化した大柄な男性からワニの擬人化まで大きく変化する。 しばしば人食いの傾向が描写される。 ブラックマスク 本名:ローマン・シオニス ドッグ・モンクとトム・マンドリックに創造され、"Batman" 386(1985年8月)で初登場した。 父親は実業家で裕福な家庭に育つ。 父親のチャールズ・シオニスはトーマス・ウェインとコネクションを結ぶために、ローマンにブルース・ウェインと友人になることを強制した。 ローマンの両親は内心ではトーマスと妻のマーサを嫌っていたが、社会的地位を高めるために交流を続けていた。 両親の偽善は彼に深い影響を与えた。 高校卒業後に父の所有する "Janus Cosmetics" (ヤヌス・コスメティックス)で重役の地位を与えられる。 そこで、彼はキルケ(の)と恋に落ちた。 彼の両親はその関係を快く思わず、交際を止めるよう言った。 激怒したローマンは彼の家族の邸宅を焼き払い、両親を殺し、その財産とビジネスを受け継いだ。 しかし、キルケはすべてのスタッフの前でローマンと別れた。 事業に失敗して会社を傾け、ブルース・ウェイン(ウェイン・エンタープライズの取締役)は、彼が業界を支配することを諦めて、取締役会に任命することを条件に会社の救済を申し出た。 ローマンは合意したが、自身の受けた屈辱に激怒した。 人生における失敗を責める者はおらず、両親が葬られた墓地に侵入する。 地下室に入り、父親の黒い檀を石で壊して粉砕された部分から、ローマンは新しいアイデンティティを象徴したマスクを刻んだ。 彼は犯罪の支配者「ブラックマスク」になり、独自のマスクを被って自身の犯罪帝国を作り始める。 レッドフード 詳細は「」を参照 正体:ジョーカー・ジェイソントッド 複数の犯罪組織が正体を隠すために作り上げた架空の人物。 現在はがレッドフードのアイデンティティを用いている。 "Detective Comics" 168(1951年2月)で初登場した。 レッドフードはバットマンに追い詰められて化学薬品のタンクに飛び込んだ。 彼は化学薬品の中をヘルメットに内蔵されている特殊な呼吸装置で自由に泳ぐ。 化学薬品の影響で、永久的に白い肌、赤い唇、緑の髪になり、に変貌してバットマンの最大の敵になる。 "Batman:A Death in the Family" でロビンであったジェイソン・トッドが死亡する。 しかし、"Batman:Under the Hood" でタリア・アル・グールによってラザラス・ピットを用いて蘇生され、新しいレッドフードになる。 レッドフードは様々なギャングの制御を前提として、ブラックマスクの犯罪帝国に対してひとりで戦争を開始する。 積極的に街の腐敗を浄化しようと違法な麻薬取引やギャングなどを暴力的でヒーローの資質に欠ける方法で鎮圧する。 最終的に、、オニキス、そしてなどバットマンを含む他のヒーローにも攻撃を初める。 ハッシュ 正体:トーマス・エリオット ジェフ・ローブとジム・リーによって創造され、トーマスとして "Batman" 609(2003年1月)、ハッシュとして "Batman" 619(2003年9月)に初登場した。 ブルース・ウェインの幼馴染で、裕福な家庭に生まれた。 2人はしばしば ()で遊び、ブルースはトーマスに一度も勝てなかった。 トーマスはブルースに「勝つためには、敵のように考えて、それらに対して自分の能力を使用する」と教えた。 この考え方はブルースがしばしば利用するようになった。 幼いころに自身を虐待する両親の殺害を企み、車のブレーキに細工を施して事故を起こしたが、医者だったトーマス・ウェインに母親を救われたことでブルースを恨む。 ハーバード大学で成功を収め外科医になったあとも、トーマスはブルースに非合理的な恨みを抱き続けていた。 癌と診断されたリドラーは、治療するためにラーズ・アル・グールのラザラス・ピットを用いる。 この神秘的な治療から、彼は予想外のひらめきを経験し、ブルース・ウェインがバットマンだったことに気づく。 その後、リドラーは現金と引き換えに発見した秘密を販売しようとする。 トーマスはリドラーの犯罪歴を見て、現金を支払う代わりにブルースを殺すことを申し出る。 彼らはウェインに共通の憎悪を共有し、トーマスとリドラーはバットマンを倒すために人員を集める。 この目的を達成するために、エリオットは「ハッシュ」のペルソナを作成する。 彼の名前は「 ()」から名付けられた。 バットマンを破壊する試みから、ジョーカー、ハーレークイン、トゥーフェイス、ポイズンアイビー、スケアクロウ、キラークロックとクレイフェイスを含むヴィランを自身の駒として操作する。 バットマンに協力する、エンハントレス、をポイズンアイビーのフェロモンで洗脳してバットマンと戦わせる。 クレイフェイスの変身能力を使い、トーマスの死体を作りジョーカーがトーマスを殺害したように見せかけ、死んだジェイソン・トッドのデコイを作り、バットマンのトラウマを刺激する。 アズラエル 本名:ジャン・ポール・ヴァレー・ジュニア デニー・オニールとジョー・ケサーダによって創造され、アズラエルとして "Batman: Sword of Azrael" 1(1992年10月)、バットマンとして "Batman" 489(1993年2月)に初登場した。 父親のジャン・ポール・ヴァレー・シニアの死により、アズラエルの役割を引き継いだ。 深いレベルで洗脳されている。 普段はゴッサムシティのコンピューターサイエンスの大学院生。 父親の死の真相を調査していた際に、バットマンと出会う。 "Knightfall"、"Knightquest"、"KnightsEnd" でバットマンの役割を引き継ぐ。 "Knightfall" でバットマンはベインに背骨を折られて、アズラエルを後継者に指名する。 "Knightquest" でアズラエルはベインを倒すが、残忍になり、犯罪者を殺すことを厭わなくなる。 "KnightsEnd" でアズラエルは背骨を治療したブルース・ウェインに倒され、ブルースはバットマンの活動を再開する。 彼は1993年から1994年までバットマンを務める。 名前の由来はイスラム教における死を司る天使。 キラーモス 本名:バン・クリア ビル・フィンガー、ディック・スプラング、ルー・シュワルツによって創造され、"Batman" 63(1951年2月)に初登場した。 キラーモスはオレンジ色のケープや蛾のようなマスクで、紫と緑のストライプの派手なコスチュームを身に着けている。 キラーモスは刑務所で番号234026として識別される囚人だった。 刑務所でバットマンに関する新聞記事を読んで "anti-Batman" として自分自身を売り込むことに決める。 そして、彼らが警察による逮捕を避けるために、ゴッサムシティの犯人に自分自身を雇わせる。 彼の解放と同時に、犯罪の収入をモスケイブを造るために使う。 それは、彼が読んだ新聞記事で見たケイブの写真に習って作っている。 キラーモスは慈善家のキャメロン・バン・クリアのアイデンティティを確立する。 このアイデンティティで、彼はブルース・ウェインの友人になる。 "Detective Comics" 173(1951年7月)でブルース・ウェインの正体を知るが、ほかの犯罪者によって撃たれる。 そして、頭蓋骨の怪我により記憶喪失が起きて正体を忘れる。 キラーモスは "Detective Comics" 359まで、定期的に登場するバットマンのヴィランだった。 マッドハッター 正体:ジャービス・テッチ ビル・フィンガー、ルーセイヤー・シュワルツによって創造され、"Batman" 49(1948年10月)に初登場した。 ジャービス・テッチはすべての帽子、の小説であるとに魅了され、とくに「マッドティーパーティー」の章を好む。 マッドハッターは技術を発明する科学者として描かれており、人の心を操るデバイスで犠牲者の心を操作する。 そのデバイスを収容するために、通常より少し大きい緑色の帽子を被っている。 ほかのバットマンのヴィランのように、マッドハッターはもともとかなり気まぐれな方法で描かれており、長年の連載で暗いキャラクターに変化した。 マンバット 正体:カーク・ラングストーム フランク・ロビンスとニール・アダムスによって創造され、"Detective Comics" 400(1970年6月)に初登場した。 マンバットは1975年から1976年に自身の名を冠したシリーズの主役だった。 動物学者の研究に特化し、人間にコウモリのの感覚を与える薬品を作り、である自分自身でテストする。 血清の効果には副作用があり、人間を蝙蝠に変化させた。 血清は知性を奪うため、凶暴化して暴れまわっていた。 彼の妻、フランシーヌ・ラングストームも薬品を飲んでコウモリになる。 いくつかの場面では、ラングストームは薬品を飲んでも十分な知性を保持している。 カークとフランシーヌには、娘のベッキーと息子のアーロンがいる。 血清はアーロンのDNAに影響を与えたため、彼は致命的な病気を持って生まれた。 フランシーヌは彼の命を救うためにマンバットに変化させる。 ソロモン・グランディ 正体:サイラス・ゴールド アルフレッド・ベスターとポール・レインマンによって創造され、"All-American Comics" 61(1944年10月)で初登場した。 19世紀後半にサイラス・ゴールドという名前の裕福な商人が殺害されて、死体はゴッサムシティの沼に処分される。 五十年後、死体は数十年に渡って体の周りに蓄積された湿地の物質で構成される巨大な姿で蘇った。 過去のほとんどの記憶を失い、彼が思い出すことのできるひとつは「月曜日に生まれた」という言葉だった。 ホーボーキャンプで彼の名前を尋ねた男性のひとりはの童謡に言及して、ソロモングランディ(月曜日に生まれた)だと指摘した。 そして、ゴールドはその名前を採用した。 グランディはグリーンランタンのヴィランとして導入されたが、スーパーマンとバットマンの著名なヴィランになった。 名前は19世紀の童話から名付けられた。 ベントリロクエスト ) 正体:アーノルド・ウェスカー アラン・グラント、ジョン・ワグナー、ノーム・ブレイフォーグルによって創造され、"Detective Comics" 583(1988年2月)に初登場した。 アーノルド・ウェスカーは多重人格の腹話術師。 大人しい穏やかな男性。 ピンストライプのスーツ、葉巻とトミーガンを完備した1920年代のギャングのペルソナとスカーフェイスという人形の人格を通して犯罪を実行する。 人形の名前はのニックネームから名付けられた。 強力なマフィアのファミリーに生まれる。 ウェスカーは彼の両親が敵対するファミリーによって暗殺されるのを見て、を発症する。 両親の死を目撃したショックは、ウェスカーのすべての感情を抑制することを余儀なくし、長年にわたって怒りや敵意をため続けた。 抑制された怒りをバーで激しく発散したあいだに人を殺し、ウェスカーはブラックゲート刑務所に投獄される。 同房者のドネガンは前の絞首台から刻んで人形を作る。 そして、その人形からスカーフェイスの人格が誕生し、ドネガンは逃げ出し、スカーフェイスはウェスカーにドネガンを殺すことを提案する。 ウェスカーは「ベントリロクエスト」になり、人形を通して人を殺す殺人鬼になる。 ミスター・ザーズ 正体:ヴィクター・ザーズ アラン・グラントとノーム・ブレイフォーグルによって創造され、"Batman: Shadow of the Bat" 1(1992年4月)に初登場した。 シリアルキラーであり、殺した被害者の数だけ自分の身体にナイフでタリーマークを刻む。 ビクター・ザーズは国際的な企業の重役であり、25歳の時に両親がボートの事故で死亡したことで、家族の富に加えて膨大な財産を蓄積していた。 のちにギャンブラーになり、世界中の大会で金を失った。 ある夜、ペンギンのアイスバーグ・ラウンジとして知られているカジノで、自身が所有しているすべてを賭け、それらをすべて失った。 その後、ゴッサムの橋から飛び降り自殺をしようとしたときに、ホームレスの男性に金を要求される。 金を与えることを拒否したところ、ホームレスの男性はナイフで彼を脅した。 本能的にナイフをつかんだザーズは、すべての人生は無意味であり、誰もが重要ではないことを悟った。 その後、自分の人生を守るための「贈り物」として、人を殺して前に進んだ。 そのときから、自分を無意味な存在から解放するために、他人に自分自身を捧げている。 殺人事件に対して何も良心の呵責を感じていない。 犠牲者の喉を切り裂き、自分自身に必ずタリーマークを刻み付ける。 精神異常者と診断されて、バットマンのルールによりに定期的に投獄される。 そして、殺害を続けられる機会に脱走する。 漫画 [ ] () 1937年に創刊された月刊誌。 1939年にバットマンは初登場した。 2011年に881号で終了。 2011年からvol. 2がスタート。 () vol. 1 1940年 - 2011年、全715号 vol. 2 2011年 - 2016年、全57号 vol. 3 2016年 - 単行本 [ ] Batman: Year One() 1987年の "Batman" 404-407に掲載された。 Batman: The Dark Knight Returns() 1986年に出版されたによるミニシリーズ。 Batman: War on Crime() 1999年に出版された。 脚本ポール・ディニ、作画アレックス・ロスによる「犯罪の連鎖」を題材にした作品。 Batman: The Dark Knight Strikes Again() 2001年に出版されたミニシリーズ。 『バットマン: ダークナイト・リターンズ』の続編。 Batman: The Dark Knight Master Race() 2015年に出版されたミニシリーズ。 『バットマン: ダークナイト・ストライクス・アゲイン』の続編。 Dark Nights: Metal() スピンオフ [ ] 1966年のドラマ『バットマン』でバットマンを演じたとコミックの設定を組み合わせたシリーズ。 バットマン 1966 による作品。 『』と『』(ともに刊)にて連載。 海外ではとして出版された。 による作品。 『』(刊)にて連載。 単行本は全2巻(講談社刊)。 DCコミックスと正式に契約したもので英語版も出版された。 BATMAN DEATH MASK による作品。 による作品。 『』(刊)にて連載。 による作品。 『』(刊)にて連載。 日本語訳 [ ] BATMANオリジナル・コミック日本語版(、) 刊。 80年代まで代表的なエピソードを収録。 バットマンの英会話(、) ジャパンミックス刊。 『』を下にした英会話教材。 バットマンvsプレデター(、) ビクターエンタテインメント刊。 『』とのクロスオーバー。 マーベル・コミックのと競演した。 3(、) 小学館プロダクション刊。 誕生秘話のリメイクを収録。 スーパーマンの誕生秘話『』はすべて収録。 1、2には『』、3には『イヤーツー』前半部のみ収録。 と競演。 キャラクター紹介の「シークレットファイル」を収録。 (1998年、) 小学館プロダクション刊。 多数のアーティストが参加して、モノクロで制作された。 日本からはが参加した。 との競演、マイク・ミニョーラの手がけたバットマンを二編収録。 (、) 小学館プロダクション刊。 アーカムを舞台にした。 (2000年、) 小学館プロダクション刊。 バットマン:マッドラブ(2000年、) 小学館プロダクション刊。 『』のコミックブック。 が主役の表題作とクリスマスエピソード集。 同タイトルの続編。 アラン・ムーア DCユニバース・ストーリーズ(、) 刊。 バットマン:HUSH 1(2004年、)、バットマン:HUSH 2(2004年、) ジャイブ刊。 『』のコミックブック。 ラーズ・アル・グールのエピソードを収録。 (2005年、) ジャイブ刊。 『ダークナイト・リターンズ』の続編。 (2005年、) ジャイブ刊。 バットマン:テイルズ・オブ・デーモン(2005年、) ジャイブ刊。 バットマン:パーフェクト・ガイド(2005年、) 小学館プロダクション刊。 バットマンの解説本。 キャラクターの歴史などが載っている。 バットマン:ロング・ハロウィーン Vol. 1(、) バットマン:ロング・ハロウィーン Vol. 2(2009年、) 刊。 『イヤーワン』の続編として製作された。 マフィアの連続殺人事件を扱っている。 トゥーフェイスの誕生秘話のリメイクでもある。 DARK KNIGHT バットマン:ダークナイト(2009年、) 小学館集英社プロダクション刊。 エルスワールド作品『ダークナイト・リターンズ』と『ダークナイト・ストライクス・アゲイン』の合本。 『イヤーワン』と『イヤーツー』を収録。 バットマン:キリングジョーク 完全版(、) 小学館集英社プロダクション刊。 『キリングジョーク』の全ページを再びカラーリングして収録した。 バットマン:ザ・ラスト・エピソード(2010年、) 小学館集英社プロダクション刊。 『』()と同時発売。 バットマン:ダークビクトリー Vol. 1(2010年、)、バットマン:ダークビクトリー Vol. 2(2010年、) ヴィレッジブックス刊。 『ロング・ハロウィーン』の続編。 ジョーカーの誕生秘話。 ジョーカー バットマン (2011年、) 小学館集英社プロダクション刊。 バットマン:ノエル(2011年、) 小学館集英社プロダクション刊。 のを題材としている。 DCスーパーヒーローズ(2011年、) 小学館集英社プロダクション刊。 『バットマン:ウォー・オン・クライム』を再録。 バットマン・アンド・サン(、) 小学館集英社プロダクション刊。 バットマンの息子であるダミアンが登場する。 初登場した『バットマン:テイルズ・オブ・デーモン』も収録した。 バットマン:ラーズ・アル・グールの復活(2012年、) 小学館集英社プロダクション刊。 『アンド・サン』の続編。 死亡していたラーズ・アル・グールが復活する。 バットマン:ブラックグローブ(2012年、) 小学館集英社プロダクション刊。 『ラーズ・アル・グールの復活』の続編。 『黒の事件簿』の前半も収録。 バットマン:R. (2012年、) 小学館集英社プロダクション刊。 『黒の事件簿』の後半を収録。 キャットウーマン:ホエン・イン・ローマ(2012年、) 小学館集英社プロダクション刊。 『ダーク・ビクトリー』で失踪していたキャットウーマンの動向を描く。 『ダークナイト・リターンズ』の前日談。 フランク・ミラーとジム・リーのコンビが、バットマンとロビンがダイナミック・デュオになったかを描く。 バットマンvs. ベイン(2012年、) 小学館集英社プロダクション刊。 ベインの誕生秘話。 バットマン:笑う男(2012年、) 小学館集英社プロダクション刊。 バットマンとジョーカーが初めて出会う。 初代グリーンランタンとの競演作も収録。 フラッシュポイント:バットマン(2012年、) ヴィレッジブックス刊。 『フラッシュポイント』におけるバットマンとジョーカーの死闘を描く。 その他『フラッシュポイント』のクロスオーバータイトルを2作収録。 バットマン:デス・イン・ザ・ファミリー(2012年、) 小学館集英社プロダクション刊。 ロビンが死ぬ衝撃作。 新しいロビンが登場する『ロンリー・プレイス・オブ・ダイイング』も収録。 バットマン:梟の法廷(、) 小学館集英社プロダクション刊。 バットマン:梟の街(2013年、) 小学館集英社プロダクション刊。 秘密結社「梟の法廷」との最終決戦を描く。 バットマン:梟の夜(2013年、) 小学館集英社プロダクション刊。 『梟の街』の裏側で起きた戦いを収録したクロスオーバー作品。 バットマン:姿なき恐怖(2013年、) 小学館集英社プロダクション刊。 バットマン:HUSH 完全版(2013年、) 小学館集英社プロダクション刊。 『HUSH』全話収録に加え、巻末に設定資料・スケッチ集を付記。 バットマン:アースワン(2013年、) 小学館集英社プロダクション刊。 アースワンにおけるバットマンを描いた作品。 バットマン:アンダー・ザ・レッドフード(2013年、 ) 小学館集英社プロダクション刊。 バットマン:ゲート・オブ・ゴッサム(、) 小学館集英社プロダクション刊。 橋爆破事件を契機に紐解かれるゴッサムシティの年代史。 ディックとダミアンの冒険。 バットマン:ブルース・ウェインの帰還(2014年、 小学館集英社プロダクション刊。 バットマン:ブルース・ウェインの選択(2014年、 小学館集英社プロダクション刊。 ブルースが現代のゴッサムに帰還を果たす。 バットマン:喪われた絆(2014年、) 小学館集英社プロダクション刊。 ジョーカー:喪われた絆 上 (2014年、)、ジョーカー:喪われた絆 下 (2014年、) 小学館集英社プロダクション刊。 『バットマン:喪われた絆』におけるジョーカーの暗躍をめぐるクロスオーバー。 バットマン:ノーマンズ・ランド 1(2014年、)、バットマン:ノーマンズ・ランド 2(2015年、)、バットマン:ノーマンズ・ランド 3(2017年、)、バットマン:ノーマンズ・ランド 4(2018年、) 小学館集英社プロダクション刊。 大震災によって無政府状態になったゴッサムシティに法と秩序を取り戻すべくバットマンが戦う。 バットマン アンソロジー(2014年、) 刊。 バットマン・インコーポレイテッド(2014年、) 小学館集英社プロダクション刊。 世界各国からバットマンをスカウトするべく、ブルースが会社を設立する。 バットマン・インコーポレイテッド:デーモンスターの曙光(2014年、) 小学館集英社プロダクション刊。 バットマンと犯罪結社「リバイアサン」の抗争が激化する。 バットマン・インコーポレイテッド:ゴッサムの黄昏(2014年、) 小学館集英社プロダクション刊。 バットマン:リル・ゴッサム 1(2014年、) バットマン:リル・ゴッサム 2(2015年、) 小学館集英社プロダクション刊。 バットマン関連のキャラクターが三頭身になったシリーズ。 バットマン:ゼロイヤー 陰謀の街(2015年、) バットマン:ゼロイヤー 暗黒の街(2015年、) 小学館集英社プロダクション刊。 バットマン VS. スーパーマン:ベストバウト 2016年、 小学館集英社プロダクション刊。 バットマン:真夜中の事件簿(2016年、) 小学館集英社プロダクション刊。 バットマン:エンドゲーム(2016年、) 小学館集英社プロダクション刊。 バットマン:エターナル<上>(2017年、)、バットマン:エターナル<下>(2017年、) 小学館集英社プロダクション刊。 オールスター・バットマン:ワースト・エネミー(2017年、)、オールスター・バットマン:エンド・オブ・アース(2018年、)、オールスター・バットマン ファースト・アライ 2019年、 小学館集英社プロダクション刊。 バットマン:スーパーヘヴィ(2017年、) 小学館集英社プロダクション刊。 バットマン:ブルーム(2017年、) 小学館集英社プロダクション刊。 バットマン:アイ・アム・ゴッサム(2017年、) 小学館集英社プロダクション刊。 バットマン:アイ・アム・スーサイド(2017年、) 小学館集英社プロダクション刊。 バットマン:アイ・アム・ベイン(2018年、) 小学館集英社プロダクション刊。 バットマン ウォー・オブ・ジョーク&リドル 2018年、 小学館集英社プロダクション刊。 バットマン ノエル[新装版] 2018年、 小学館集英社プロダクション刊。 ジョーカー ラスト・ラフ 2019年、 小学館集英社プロダクション刊。 バットマン イヤー100 2019年、 小学館集英社プロダクション刊。 小説 [ ]• バットマン ジョーカーの逆襲(クレイグ・ショー・ガードナー、、)• バットマン スペクターを追え(サイモン・ホーク、竹書房、)• バットマン サンダーバードの恐怖(ジョー・R・ランズデイル、竹書房、)• バットマン 究極の悪(、、)• バットマン デッドホワイト(ジョン・シャーリー、、)• バットマンの冒険1(M・H・グリーンバーグ編、、)• バットマンの冒険2(M・H・グリーンバーグ編、社会思想社、)• バットマン(クレイグ・ショー・ガードナー、竹書房、):映画第1作のノベライズ• バットマン リターンズ(クレイグ・ショー・ガードナー、竹書房、):映画第2作のノベライズ• フリーズの逆襲(マイケル・J・フリードマン、、):映画第4作のノベライズ• バットマンやロビンが悪人をパンチすると原作コミックのような擬音が画面に合成されるのが特徴的。 日本では1966年から1967年にのほか、とで放送された、テレビ放送時の配給は(現在はに移行)、提供はだった。 本放送時のエンディングでは「バットマンのテーマ」としてが起用された。 フジテレビ版とWOWOW版は内容が異なっており、フジテレビ版にはバットガールは登場しない(WOWOW版は第3シーズン)。 WOWOW版のプロデューサーは、ディレクターは。 なおフジテレビ版放送中に合わせて、『』()の1966年6月号から1967年4月号まで、および『』(同じく少年画報社)の1966年23号から1967年15号まで、それぞれによって漫画版が連載された。 2002年には、本作のキャストが登場する『』 が放送された。 毎回潜入するときに高層ビルの壁をワイヤーでをよじ登る際、スターたちがゲストで窓を開けて話しかけるのが通例で、シーズン2のエピソード7では『』が演じるカトーとともに登場している。 配役 役名 フジテレビ版 WOWOW版 バットマン ロビン バットガール 登場せず ゴードン警視総監 ニール・ハミルトン アルフレッド オハラ署長 ミセス・クーパー (ハリエット叔母さん) ジョーカー リドラー (日本語版ではナゾラー) ペンギン キャットウーマン (日本語版ではミス・キャット) ミスター・フリーズ (日本語版ではアイスマン、冷凍人間) 本虫 マッドハッター (日本語版ではいかれシャッポ) 百面相 ママ・パーカー ナレーション 放送リスト 話数 タイトル 原題 シーズン1 1 怪盗ナゾラー 前編 "Hi Diddle Riddle" 2 怪盗ナゾラー 後編 "Smack in the Middle" 3 怪人ペンギン 前編 "Fine Feathered Finks" 4 怪人ペンギン 後編 "The Penguin s a Jinx" 5 謎のジョーカー 前編 "The Joker is Wild" 6 謎のジョーカー 後編 "Batman Is Riles" 7 冷凍人間 前編 "Instant Freeze" 8 冷凍人間 後編 "Rats Like Cheeze" 9 女魔術師ゼルダ 前編 "Zelda the Great" 10 女魔術師ゼルダ 後編 "A Death Worse Than Fate" 11 死んだはずだよバットマン 前編 "A Riddle a Day Keeps the Riddler Away" 12 死んだはずだよバットマン 後編 "When the Rat s Away, the Mice Will Play" 13 誘拐魔シャッポー 前編 "The Thirteenth Hat" 14 誘拐魔シャッポー 後編 "Batman Stands Pat" 15 かわいい悪人志願 "The Joker Goes to Schoold" 16 正しい道をあるけ "He Meets His Match, the Grisly Ghoul" 17 怪人百面相 前編 "True or False Face" 18 怪人百面相 後編 "Holy Rat Race" 19 女賊ミス・キャット 前編 "The Purr-fect Crime" 20 女賊ミス・キャット 後編 "Better Luck Next Time" 21 まじめペンギン "The Penguin Goes Straight" 22 雨ふり結婚式 "Not Yet, He Ain't" 23 ナゾラークイズを当てまショー "The Ring of Wax" 24 ナゾラーのあわれな敗北 "Give 'Em the Axe" 25 煙突のぼりはつらかろう 前編 "The Joker Trumps Ace" 26 煙突のぼりはつらかろう 後編 "Batman Sets the Pace" 27 束の間の夢物語 前編 "The Curse of Tut" 28 束の間の夢物語 後編 "The Pharoah's in a Rut" 29 秀才の為に鐘は鳴る 前編 "The Bookworm Turms" 30 秀才の為に鐘は鳴る 後編 "While Gotham City Burns" 31 ナゾラーの映画狂時代 "Death in Slow Motion" 32 ナゾラーの計算ちがい "The Riddler's False Notion" 33 消えたアルフレッド "Fine Finny Fiends" 34 ペンギンガスを吸いこむな "Batman Makes the Scenes" シーズン2 35 ロビンバット出現 "Shoot a Crooked Arrow" 36 バットボート登場 "Walk the Straight and Narrow" 37 熱い床の上のミス・キャット "Hot Off the Griddle" 38 ミス・キャット・ロケット発進せず "The Cat and the Fiddle" 39 バットマンバーベキュー "The Minstrel's Shakedown" 40 天才が地震を生む "Barbecued Batman? " 41 カブト虫には毒がある "The Spell of Tut" 42 ゴードン総監の裏切り "Tut's Case Is Shut" 43 ママと四人の子供達 "The Greatest Mother of Them All" 44 ママの日の贈りもの "Ma Parker" 45 時計魔王の砂時計 "The Clock King's Crazy Crimes" 46 時計台への行進 "The Clock King Gets Crowned" 47 一つ・アライ熊の毛皮九枚也 "An Egg Grows in Gotham" 48 さらばゴッタムシティ "The Yegg Foes in Gotham" 49 夢みるハリエット "The Devil s Fingers" 50 悪魔交響曲最終楽章 "The Dead Ringers" 51 市長選挙の黒い霧 "Hizzonner the Penguin" 52 箱詰めペンギン "Dissoner the Penguin" 53 全員プールで氷づけ "Green Ice" 54 子供の夢をこわすな "Deep Freeze" 55 ガイ骨とロウ人形 "The Impractical Joker" 56 ジョーカーボックスの謎 "The Joker's Provokers" 57 バットダイヤを盗み出せ "Marsha, Queen of Diamonds" 58 蛙にされたバットマン "Marsh's Scheme of Diamonds" 59 西部のガンマン・シェーム "Come Back, Shame" 60 KO牧場の決闘 "It's How You Play the Game" 61 高級レストラン・ペンギン亭 "The Penguin's Nest" 62 ペンギン最後に泣く "The Bird's Last Jest" 63 ミス・キャット忍法声取りの術 "The Cat's Meow" 64 盗んだ声を売りまショー "The Bat's Kow Tow" 65 恐怖の風船旅行 "The Puzzles are Coming" 66 赤い矢号を盗め "The Duo is Slumming" 67 ザ・サンドマン "The Sandman Cometh" 68 入口あれば出口あり "The Catwoman Goeth" 69 バットマスクの色が変った "The Contaminated Cowl" 70 バーガマの仏像 "The Mad Hatter Runs Afoul" 71 J・P連合対バットマン "The Zodiac Crimes" 72 ジョーカークレーンで魚釣り "The Joker's Hard Times" 73 J・Pはバット洞窟を見た、然し… "The Penguin Declines" 74 悪の味方 "That Darn Catwoman" 75 ミス・キャットの死 "Scat! Darn Catwoman" 76 ペンギン映画プロダクション "Penguin Is a Girl's Best Friend" 77 バットマンの空中サーカス "Penguin Sets a Trend" 78 金色のペンギンタンク "Pengin's Disastrous End" 79 ナゾラー景気でケーキ漬け "Batman's Anniversary" 80 原子破壊銃を追え "A Riddling Controversy" 81 破滅のブルース "The Joker's Last Laugh" 82 恐怖のジョーカーロボット "The Joker's Epitaph" 83 消えた銅像 "Catwoman Goes to College" 84 コーヒーポットの熱いお湯 "Batman Displays His Knowledge" 85 グリーンが町にやって来た "A Piece of the Action" 86 アルファベットは26文字か? "Batman's Satisfaction" 87 王様はショックがお好き "King Tut's Coup" 88 ロビン油揚げ新発売 "Batman's Waterloo" 89 黒婦人と毒グモ "Black Widow Strikes Again" 90 黒衣の野望 "Caught in the Spider's Den" 91 ジョーカー先生大もうけ "Pop Goes the Joker" 92 黒衣の野望 "Caught in the Spider's Den" 93 アルフレッドの迷画 "Flop Goes the Joker" 94 アイス・スパイ "Ice Spy" 95 第五氷河期来る "The Duo Defy" 系 日曜18:00 - 18:30(1967年1月8日-最終回) 前番組 番組名 次番組 詳細は「」を参照 の活躍を描いた作品。 日本では - にで放送された、またこれ以前に1969年頃でも東京12チャンネルで放送している。 (1973年-1986年) 製作。 の活躍を描いた作品で、十数シーズン制作された。 同時期に放送されていた同じくハンナ・バーベラ・プロダクション製作のアニメ『』 にバットマンとロビンがゲスト出演した。 電光石火バットマン (1977年-1981年) 全16話。 日本では、に日本テレビ系で放送された。 日本仕様にオリジナルのオープニングとエンディングが付け加えられた。 歌唱はが担当した(オープング「BAT MAN 〜crescent night story〜」、エンディング「I LOVE バットマン」)。 にはキャストを変更し、1月23日から 3月13日まで 、テレビ東京系で『アミューズシアター・バットマン』として放送された。 テレビ東京版では著名芸能人を多数声優に起用している。 主題歌はが担当した(オープング「クリミナル・ファイター」、エンディング「SHERRY reason for tears 」)。 下記の『バットマン・ザ・フューチャー』、『』、および『』とリンクした世界設定を持っており、と呼ばれている。 Batman Beyond (1999年-2001年) 『バットマン』よりあとの未来時代を描いた作品。 バットマンは老いたブルースからテリー・マクギニスに代わっている。 The Batman (2004年-2008年) ブルースがバットマンになって3年目の時代から始まる。 Batman: The Brave and the Bold (2008年-2011年) コミカルな作風が特徴。 で展開されている一連のシリーズ『』をベースにしている。 () Beware the Batman (2013年-2014年) フルアニメ。 () Batman Unlimited (2015年-2016年) 公式チャンネルで配信しているウェブアニメ。 テクノロジーの進んだ近未来を舞台に、バットマンが多彩なビークルやロボットなどを駆使して活躍する。 Justice League Action (2016年-2018年) 木曜19:25 - 19:55枠 前番組 番組名 次番組 ゲスト出演アニメ [ ]• (2004年-2006年)• (2010年-現在)• ()(2013年-現在) 長編アニメ [ ]• (1993年)• (1998年)• (2000年)• () (2003年) 上記作品についてはの項を参照。 ()(2005年) 上記作品についてはの項を参照。 (2009年)• (2008年) 6本の短編アニメーションを集めたオムニバス。 、、がアニメーション制作を担当している。 (2010年)• (2010年)• ()(2011年)• (2012年、2013年)• 2014年• 2015年• 2016年• () 2016年• 2016年• 2017年• () 2017年• () 2018年• () 2018年• () 2019年• () 2019年 ゲーム [ ]• , , , 1994• 1998• 2003• 2003• Xbox,GC,PS2,, Mobile Phones 2005 - EAより発売された映画『バットマン・ビギンズ』のゲーム化作品。 2006• 2010• 2010• 2016 アーカムシリーズ [ ]• バットマン リターン・トゥ・アーカム PS4・ 2016 対戦型格闘ゲーム [ ]• PS3・Xbox 360 2008• PS3・Wii U・iOS・Android 2013• PS4・Xbox One・iOS・Android 2017 脚注 [ ]• Batman 242 June 1972• Detective Comics 846 Sept. 2008• Silver Age 80-Page Giant 1 July 2000• 2014年4月10日閲覧。 Batman vol. 3 32• 2013年7月1日閲覧。 『』1990年1月23日朝刊第32面(『読売新聞』1990年1月号、1080頁)および夕刊第16面(同前1100頁)テレビ番組表。 『読売新聞』1990年3月13日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1990年3月号、672頁)および夕刊第20面(同前696頁)テレビ番組表。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - ワーナー公式 (日本語)• - DCコミックス公式 (英語).

次の

バットマン映画はこの順番で見よう:最新作までの時系列を徹底解説【ダークナイト・トリロジー、ジャスティス・リーグ、GOTHAM/ゴッサム】

バットマン

『バットマン vs スーパーマン』は最低映画を選ぶラジー賞に最多ノミネートされ、続く『』(2017)の結果も芳しいものではなかった。 また、降板までの間にベンは、2015年に破局していた元妻と正式に離婚。 アルコール依存症の治療のため再びリハビリ施設に入るなど、私生活も波乱続きだった。 長年アルコールの問題を抱えているベンは、ジェニファーとの破局から酒量が増えていったといい、離婚については「人生最大の後悔だ」と同サイトに語っている。 結果的に、この悩みがバットマン役からの降板につながったようだ。 ベンは、周囲に自分が手掛ける予定だった「バットマン」の脚本を見せた時を振り返り「彼らに『脚本はいいと思う。 でも同時に、もし君が同じ体験を繰り返すなら、死ぬまで酒を飲み続けることになるとも思うよ』って言われたよ」と明かしている。 ベン版のバットマン映画については、撮影監督を務めるはずだったが、ゲスト出演したpodcast番組内で「もっと狂気の側に入り込んでいた。 僕らが知っている過去シリーズよりも、少しダークで、バットマンの中にいる個人に迫る作品を観れたはずだ」と語っていた。 が新たなバットマン=ブルース・ウェイン役を務め、バットマンになってから2年が経った、若いころのブルースを描くという。 先日には、スーツを身に着けたロバートのカメラテスト映像が公開された。 『』(2016)でベンとタッグを組んだ監督がメガホンを取った。 (編集部・入倉功一).

次の