西成 区 火事。 大阪市西成区の火事・火災情報

【火災】大阪府大阪市西成区太子付近で火事が発生・・・現地の状況がtwitterで拡散される

西成 区 火事

特に大きなニュースなどにもなっていないようです。 西成区の一時の光景はかなり消防車などが止まっていて騒然としていた光景が写真などで上がっていました。 逆に言えばこれだけ素早い対応をしていればかなり早く日が消されたと思いますね。 先日新潟でかなり大きな火災が起きたので、おそらくそれの影響を受けて早急の対応となったのかもしれないですね。 対策が取れているというのはいいですよね。 冬は火事がおおい 冬はやはり火事が多くなってしまいますよね。 ストーブなどが洗濯物に引火して火事の原因になるということも多いのですが、最近頻繁に起こっている火事の原因というのはそういう暖房器具が原因というわけではないんですよね。 乾燥してしまう冬はどうしても火事が多くなってしまいます。 今回は火事が起きたことによって、近隣がかなり大騒ぎになっていたようです。 意見的に聞かれるのがおそらく新潟の火事の影響だろうということです。 冬の時期はどうしても火事の原因となるものが多くなってしまいますし、それが広がるスピードも他の季節に比べて段違いに早9なってしまいます。 みなさん火の元には十分気をつけて風邪をひかずに元気に今年を過ごしてください。

次の

【火事】大阪府大阪市西成区太子1丁目付近で火災・・・現地の情報がtwitterで拡散される

西成 区 火事

概要 [ ] 暴動の現場となっているあいりん地区は、のとともに()として有名な地域である。 日雇いの労働条件は決して良くはなく、及びそれらを束ねるなどにピンハネされるなど、鬱積した感情が高まっており、暴動発生の温床となっていた。 はに発生している。 その頃の暴動は、ある意味「 自然発生的」な暴動事件であった。 そしてに入ると、 がを掲げてドヤ街に乗り込み、日雇い労働者を煽動するようになった。 からまでの13件の暴動は70年代前半に集中している。 その頃になると扇動者による計画的な暴動になってきている。 6月の第21次暴動を最後に17年間の空白があったが、にが発生した。 に入ってで起きた最初の暴動事件であった。 のから16年経った、が発生した。 各暴動一覧 [ ] 1960年代 [ ]• (1961年8月1日-8月5日) 日雇い労働者がに轢かれたの処理を巡って発生した暴動。 最初の西成暴動である。 (1963年5月17日-5月19日) 夜間作業のが意外に少なかったことに端を発する暴動。 (1963年12月31日-1964年1月5日) 求人が思ったよりも少なかった事に端を発する暴動。 (1966年3月15日) 立ち飲み屋の支払いを巡るで、日雇い労働者がに連行されたことに端を発する暴動。 (1966年5月28日-5月30日) の現場にいた野次馬が暴徒化した事件。 (1966年6月21日-6月23日) 屋の店員と日雇い労働者が喧嘩したことに端を発する暴動。 (1966年8月26日) 屋でのトラブルに端を発する暴動。 (1967年6月2日-6月8日) で支払った代金を巡るトラブルに端を発する暴動。 店の備品のほとんどを破壊した。 1970年代 [ ]• (1970年12月30日) 年末で求人が激減したことに端を発する暴動。 ちなみに活動家によるが始まるのは、この後からである。 (1971年5月25日-5月30日) 夜間作業の求人に来ていた業者とのトラブルに端を発する暴動。 新左翼活動家がこの暴動に介入し騒ぎを大きくした。 (1971年6月13日-6月17日) の管理人が玄関に寝ていた日雇い労働者をどかそうとしたことに端を発する暴動。 (1971年9月11日-9月15日) 果物屋の店員が酔っ払っていた日雇い労働者を転倒させたことに端を発する暴動。 果物屋が焼打ちされた。 (1972年5月1日-5月2日) 釜ヶ崎メーデーでされたのを求めた暴動。 新左翼活動家がこの暴動に介入し騒ぎを大きくした。 (1972年5月28日-5月31日) 労働組合員と手配師との喧嘩に端を発する暴動。 (1972年6月28日-7月3日) 第14次暴動の検挙者の釈放を求めた新左翼活動家とそれに煽動された日雇い労働者による暴動。 (1972年8月13日-8月16日) (釜共闘)ととのトラブルに端を発する暴動。 (1972年9月11日-9月15日) 新装開店したパチンコ屋が、の故障でただちに閉店したことに端を発する暴動。 (1972年10月3日-10月4日) 職員と日雇い労働者とのトラブルに端を発する暴動。 (1972年10月10日-10月11日) 釜共闘と手配師とのトラブルに端を発する暴動。 (1973年4月30日-5月1日) 中の求人減に不満を抱く日雇い労働者が釜共闘に煽動されて起こした暴動。 (1973年6月14日-6月30日) 酔っ払い同士の喧嘩に端を発する暴動。 1990年代 [ ]• (1990年10月2日-10月7日) あいりん地区を管轄するの署員が、暴力団から賄賂を貰ったことが発覚したことに端を発する暴動。 (1992年10月1日-10月3日) が行っていた資金貸付を、資金が尽きたことを理由に中止したことに端を発する暴動。 2000年代 [ ]• (2008年6月13日-6月17日) 飲食店の支払いを巡るトラブルで、日雇い労働者が警察に連行されたことに端を発する暴動。 参考文献 [ ]• 大阪府警察史編集委員会編『 大阪府警察40年の記録』大阪府警察本部、1998年 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

動画 浦上病院付近で火事が今日発生(大阪市西成区天下茶屋北)Twitter速報画像10月31日

西成 区 火事

事件の概要 この事件について、MBSなどが報道しています。 峰本容疑者らは5月20日夜西成区玉出中の路上でバイクに乗った19歳の男性を木の棒で殴り、頭部に打撲などのけがを負わせた疑いがもたれています。 警察によりますと被害者の男性はバイクで交差点を走行していた際突然襲われたということです。 警察の調べに対し峰本容疑者は容疑を否認していますが、長山容疑者は「マフラー音がうるさくて襲った」などと供述しているということです。 5月2日にも同じ玉出中の路上でバイクに乗った男性二人組が棒で襲われる事件があり警察が関連を調べています。 yahoo. なかなかの、カオスな街だと思います。 なんでもあり……みたいな。 逮捕容疑となった事件はそこで起きました。 カオスな街を、爆音轟かせてバイクで走り回る方も方です。 そしてそれを、私設警察なのか力の見せつけなのか、、棒でなぎ倒してしまう、というのですから。 不穏な空気の漂う街の、強烈なコントラストを感じるようです。 悪を制する、そのうえのワル、、みたいな。 で、思わず投稿記事を書いている次第です。 ただ、この2人、いま、、、余罪が追及されているようです。 同様の事件が5月初め、5月2日にもあったと言い、関連が調べられているのです。 バイクがうるさかった……、と、そこまではいいのかもしれません。 でも、、やっぱり、その先は問題ですね。 ネット&SNSの反応 私は幹線道路沿いに住んでいますが、やはらバイクの音はかなり気になります。 無駄にふかしたり…。 いきなり木材はダメだと思いますが、被害者の方にも、非はあったのではないかと、私は考えます。 大通り沿いに住んでいるので気持ちは分かる。 でも棒で殴らない。 何秒かで通過するし。 警察に通報してもなんもしてくれんから自分達で教育的指導せなあかんねんな 騒音でストレス溜まるのはわかるけど。 難しいなあ バイク車関係なく、うるさい時には誰でも放水可能にしたらどうかな? 殴ることは悪いけど 殴られるようなことしてる奴も悪い。 まあ ようやってくれたと思ってる人も多いんちがう? なんで棒を持ってるの?都合よく転がってないでしょ。 バイクが悪いと思います。 やったらやり返されて然るべきです。 棒で殴られただけで済んで加害者?に感謝しましょう。 てかブンブンバイクの音を鳴らしてイキってるくせに殴られたら警察に泣きつくってダサすぎん??とりあえず車検通らない車やバイクが公道を走る事自体おかしいわ。 検問して改造車を取り締まるべき。 で、1発免停+その車はバイクをいじった工場を摘発!夜中に爆音で子供起こされたらたまらん。 最近、暴走族とまでは言えませんが、うるさくて迷惑なバイクが多い様な気がします 引用 Yahoo!news SNSから編集.

次の