何卒 ご 自愛 ください。 【知らないと失礼】「ご自愛ください」 の正しい意味と使い方と例文

体調が悪い人に言うのはNG「ご自愛ください」の正しい使い方

何卒 ご 自愛 ください

「ご自愛ください」は体調を気遣う言葉ですから、今体調がかんばしくない相手に対してかける言葉としては不適切なのです。 こういった場合は 早期の回復を願う言葉をかけるようにするといいでしょう。 「ご自愛」の類語・別の言い方・言い換え 手紙やメールの結びの言葉として「ご自愛ください」という言葉が選ばれるのは「何と言ってもあなたの身体がいちばん大切です、あなたの身を案じています」という気持ちを表すものだからです。 そのため「ご自愛ください」という一文の受け取り方には個人差があります。 「身体のことを気にかけてくれてありがたい」という人もいれば「決まり文句だな」と受け取る人もいます。 そこで「ご自愛ください」に 言い換えを知っておくことで、結びの言葉にバリエーションを加えることができます。 「何卒ご自愛専一になさってください」 これは「ご自愛」を具体的に伝える言い方の一つで「ごじあいせんいつ」と読みます。 「専一」とは「何をおいても、そのことを最優先に」という意味ですので、「ご自愛されることを最優先にしてください」と伝えているのです。 ご高齢の方や、病気はしていないけど身体が比較的弱い方などに 「本当に気を付けてほしい」という気持ちを伝えることができます。 「おいといください」 これも「身体をいたわってください」という意味の言葉で、「厭(いと)う」こと、つまり「厭(いや)なことを避けるために気を付けてください」という気持ちを表します。 古風な言い方ですので、相手が年配の方であったり、言葉に長けている方へ伝えると喜ばれます。 「御身お大切になさってください」 「ご自愛ください」と意味は同じですが、「身」という文字が入っていることで「ご自愛」よりも具体的な印象を持ってもらうことができます。 また「お大切に」という言葉の音とリズムがやわらかく、優しく親切な印象を持ってもらいやすいでしょう。 体調を崩している方への「ご自愛」の言い換え 「現状元気ではない人」への「ご自愛」は使わない、というのはご紹介しました。 では、体調を崩されている方への手紙やメールでの結び文は何が相応しいのでしょうか。 「何か回復をしなければならない体調」を持っている方へは「一日も早い回復を願っております」という一文で結ぶと良いでしょう。 「早く元気になってほしい」 「早く回復してくださいね」という気持ちを込めることができますし 「今もあなたの体調を案じています」 という気持ちも伝えることができます。 「ご自愛」よりもライトに結びたい場合の言い換え 手紙やメールの相手によっては「ご自愛」という言葉が決まり文句であったとしても固く感じて躊躇する場合があります。 そんな時は 季節と絡めた気遣いの一文で結んでみましょう。 「暑い日が続いておりますので、体調にはお気をつけください」• 「寒くなって参りましたのでお、お風邪など召されませんようお気をつけください」 などとすれば、相手も「そうだな、そんな季節だな」と季節を感じることもできますし、体調についての気遣いもすんなりと受け取ることができます。

次の

【ビジネス用語辞典】「ご自愛ください」と言う時は!? スマートな使い方も教えます!

何卒 ご 自愛 ください

「改まった手紙」に適した結びの挨拶• 梅雨冷えの厳しき折、お風邪など召されませぬようご自愛ください。 時候不順の折、どうかご自愛専一に、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。 長雨の折、くれぐれもご自愛下さい。 梅雨入り前でございます。 体調を崩されませぬよう、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 梅雨明けまで今しばらくの辛抱です。 何卒ご自愛の上、ご活躍ください。 爽やかな初夏のみぎり、皆様のますますのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。 時節柄、ご自愛専一にてお願い申し上げます。 季節の変わり目でございます。 何卒お身体おいといください。 梅雨の晴れ間の美しい青空に夏らしさを覚える昨今、どうぞお健やかにお過ごしください。 梅雨寒の時節柄、お身体を崩されませぬよう、どうかご自愛専一にお過ごしください。 「親しい人への手紙」に適した結びの挨拶• 梅雨空が続きますが、健康には十分ご留意ください。 長雨のうっとうしい季節ですが、雨に映える紫陽花など眺めながら、心穏やかに過ごしましょう。 梅雨冷えの肌寒い日もありますが、風邪など引かれませんように。 梅雨入りのニュースが気になる頃です。 くれぐれもお身体を大切に。 夏本番まであとわずか。 楽しい計画をお立てください。 季節の変わり目に、体調を崩されませんよう願っています。 梅雨の合間の青空に心浮き立つこの頃ですが、天候不順の時節柄、風邪など引かれませんようお気をつけください。 日増しに暑くなってきますが、お互い元気に爽快な夏を迎えましょう。 蒸し暑い毎日ですが、どうかお体大切に。 スポンサーリンク.

次の

結びの挨拶(6月・水無月)

何卒 ご 自愛 ください

皆さんは「ご自愛くださいませ」をどのようなシーンで使うことが多いですか。 そもそも「ご自愛くださいませ」とは、自分を大切にする・自分の健康を気遣うという意味です。 一般的に、手紙やメールで結びの挨拶としてよく使われるでしょう。 文の末尾に「ご自愛くださいませ」が入っていたら気持ちがよく、相手の気遣いを感じることができます。 使い方としては、健康を気遣う一文となりますから、体調を崩しやすい季節の変わり目などに使うことをお薦めします。 ビジネスにおいての使い方 年齢や性別を問わず使う事ができ、特に目上の方に対する丁寧な言葉なのでビジネスにおいて、メールの末尾などに添えると相手に良い印象を与えます。 また、取引先の人が体調を崩して休暇をとっていたり、入院していたりするとお見舞いのメールを相手を元気付けるという意味でした方が良いでしょう。 そのような時は、体調を気遣うために「ご自愛くださいませ」という言葉を用いるのは不適切です。 なぜならば「ご自愛くださいませ」は、健康である人に使うのであり、病気や怪我に悩まされている時に使うのは好ましくないです。 入院や病気の時に「ご自愛くださいませ」というメールが届いたら、常識がない人だと捉えられてしまうので、マナーとしておさえておくべきポイントです。 そのような場合には「一日もはやいご回復をお祈り申し上げます」や、シンプルに「お大事になさってくださいませ」というのでも良いでしょう。 また、かしこまった言い方が良い場合には「ご無理をなさらず、十分にご静養なされますよう、願っております」と目上の方に使う場合や、大切な取引先の方に送る場合は、こちらの方が適切です。 仕事の用件のみで済ませるのではなく、相手の事を思いやった一文を添えることによって、取引先や上司に与える印象アップに繋がることもあり、良い関係性を築けるでしょう。 ご自愛くださいませの例文 季節にふれながら「ご自愛くださいませ」を使うのが一般的であり、使用している人も多いので気軽に使いやすいです。 目にすることが少ない「花冷えの時期柄、ご自愛くださいませ」「朝夕の寒暖の差が激しい時期柄、ご自愛くださいませ」など、美しい季語を入れて一工夫してみると、また印象がぐっと変わります。 お体ご自愛くださいませ 「お体をご自愛くださいませ」は、一見するとすごく丁寧な言いまわしのように考えられますが、「お体」の表現の重複を意味します。 分かりやすく言うと、腹痛が痛いと同じことになり、お体お体を大切にしてくださいという意味になりかねません。 これは、よくある誤りなのでビジネスにおける取引先や上司の方や、目上の方に使うメールや手紙を書くときには十分に注意が必要ですし、常識がないと感じられたり、不快になってしまうことも考えられるので、気を付けるポイントです。 くれぐれもご自愛くださいませ.

次の