テレビ電話 無料。 LINEのビデオ通話方法!無料テレビ電話のやり方を解説!

フリー・無料のテレビ会議ソフトでZoomをおすすめする3つの理由

テレビ電話 無料

家族や友人とテレビ電話をしたいけどどのアプリが使いやすいの?• テレビ電話に料金はかかるの? そんなあなたの悩みに答えます。 今回はテレビ電話(ビデオ通話)ができるアプリであるLINEとSkypeについてです。 離れた家族や友人と話をしたいとき、電話でも用件は伝えられますが、できればお互いの顔を見ながら会話したいですよね。 私も妻が出産のために里帰りしたときに重宝しましたし、今でも実家の両親とよくテレビ電話をします。 テレビ電話なら実家の両親も孫の姿が見られてすごく嬉しそうです。 今回はテレビ電話ができる代表的なSNSアプリであるLINEとSkypeについて、その特徴と私が利用してみて感じたメリットやデメリットについてまとめてみました。 2~3分でサッと読めるのでぜひ読んでみてください。 LINE(ライン)でのテレビ電話(ビデオ通話)のメリット・デメリット LINE(ライン)テレビ電話の特徴・メリット LINEのメリットは、 ほとんどの人が利用しているアプリであるということです。 スマホを持っている人であればほぼすべての人が利用しており、最近はメールではなくほとんどの人がLINEで連絡を取り合っていますね。 そのため、家族や友人の連絡先が既に入っているので、テレビ電話をかけようと思ったときに特に新しい設定なども必要なく簡単にかけることができます。 かけ方も簡単で、かけたい相手とのトーク画面で電話のマークを押すと「無料通話」か「ビデオ通話」を選ぶタブが出てくるのでビデオ通話を選択すればよいだけです。 接続も早く相手が電話を取ればすぐに通話を開始することができます。 LINE(ライン)テレビ電話のデメリット LINEでのテレビ電話を利用してみて私が感じたデメリットとしては、 通信環境が悪いと映像がカクカクとして滑らかに動かなくなってしまうといったことです。 環境によっては数秒間止まって少し動き、また数秒間止まるといったように結構カクカクします。 スマホでのテレビ電話はまだましなのですが、 パソコンで利用したときは映像の動きが重すぎてとても実用に耐えうるものではありませんでした。 パソコンでのLINEテレビ電話はおすすめしません。 スポンサーリンク Skype(スカイプ)でのテレビ電話(ビデオ通話)のメリット・デメリット Skype(スカイプ)テレビ電話の特徴・メリット SkypeのメリットはLINEに比べるとテレビ電話の映像が滑らかに動くことです。 カクカク感があまりないのでストレスなくテレビ電話をすることができます。 実際に私もLINEでカクカクしている通信環境でSkypeを使ってみたことがありますが、動画の動きがかなり改善されました。 音声通話ではなくわざわざテレビ電話をするので、映像の滑らかさは大事ですよね。 また、パソコンで利用する場合でも滑らかな映像でテレビ電話することができます。 他のウィンドウを開いても映像は右上に小さなウィンドウで開かれるので、 パソコンの作業をしながらテレビ電話することもできます。 Skypeテレビ電話のデメリット Skypeのデメリットとしては接続までに時間がかかるということです。 通信環境の問題もあるかもしれませんが、相手がとっても通信が始まるまでに時間がかかったり、接続が切れることがあります。 また、もう1つのデメリットとしては、LINEと比べると利用しているユーザーが少ないということです。 もし相手がSkypeのアカウントを持っていない場合はアプリをインストールしたり連絡先を登録するのが必要になります。 SNSでのテレビ電話(ビデオ通話)は無料?有料? LINEやSkypeは通話は無料ですが、テレビ電話には料金がかからないのか気になる人も多いと思います。 結論から言うと、テレビ電話を利用しても通話と同じく料金がかかることはありません。 料金が発生することはありませんが、1つ気を付ける必要があります。 パケット通信料がかかるのには注意が必要 LINEやSkypeの基本的な利用には料金はかかりませんが、 パケット通信料がかかるので注意が必要です。 通話のときもパケット通信料はかかっているのですが、これがテレビ電話になると通話のみのときと比べて何倍ものパケット通信料が発生します。 契約している通信料の上限が3GBや5GB程度だと長時間の利用ですぐに上限に到達してしまいます。 Wi-Fi環境下で利用すればパケット通信料は発生しないため、テレビ電話はできるだけWi-Fi環境のある場所だけで利用するようにしましょう。 また、LINEモバイルを契約すればSNS使い放題のプランもあるため、どこでもテレビ電話やSNSが使いたいという場合はLINEモバイルに乗り換えるのもおすすめです。 私のおすすめはスマホならLINE、パソコンならSkype 今回はLINEとSkypeでのテレビ電話について特徴やメリット・デメリットを紹介しました。 それぞれによいところ、悪いところがありますが、私はパソコンでのSkypeテレビ電話が気に入っています。 その理由としては、画面が大きいこととテレビ電話しながらパソコン作業もできるからです。 ただ、スマホからであればLINEでも動画がそれなりに動くので、誰とでも繋がりやすいLINEの方が便利だと思います。 スマホ操作が苦手なお年寄りには「まごチャンネル」がおすすめ まごチャンネルは厳密にはテレビ電話ではありませんが、子供がいる家庭におすすめの商品です。 実家のご両親に孫の成長を見せたいけれど、両親がスマホを持っていないもしくは操作が苦手でテレビ電話ができないというケースも少なくないと思います。 最初に少し紹介しましたが、そんなときに大活躍してくれるのがこの 「まごチャンネル」です。 仕組みとしてはあなたがスマホの専用アプリから送った動画をがまごチャンネルの本体(受信ボックス)に届き、テレビでその動画が見られるというものです。 まごチャンネルのメリット• 両親へのプレゼントに最適(出産祝いのお返しや父の日、母の日、誕生日、還暦祝いなどなんにでもマッチします)• 一度設置してしまえばあとは 簡単操作で見られる(不安な方には設置サービスもあり)• 撮影した動画をアプリで送るだけなので手間いらず• テレビの大画面で孫の動画が見られるのでおじいちゃん、おばあちゃんも大喜び• 動画を見たことがスマホに通知されるのでご両親が元気にしているかがわかる• 受診ボックスがインターネット回線を内蔵しているので実家に インターネット環境が無くても問題なし 実家になかなか帰れないあなたにこそおすすめ 他にも、 孫を見せに実家に帰る頻度が少なくてもよくなるということもメリットとして挙げられます。 私は今住んでいるところが義父母の実家から離れており、帰るのにもそれなりのお金と時間がかかるため、なかなか帰ることができません。 孫を見せに帰れないということもあって少し負い目を感じることもありましたが、 まごチャンネルを送ってからは孫の動画を見てすごく喜んでくれるようになったため気持ちも楽になりました。 自分の両親にも義父母にもプレゼントとして送りましたが、どちらも喜んでくれて 親孝行できてよかったという気持ちになりました。 また、以前はことあるごとに次はいつ帰ってくるのかというプレッシャーがすごかったですが、まごチャンネルを送ってからはそのプレッシャーも減ったように感じます(笑) 本体価格は19,800円とコスパがよい 価格は19,800円と若干高めですが、 親孝行にもなるし、実家にしょっちゅう帰らなくてよくなるということを考えるとコストパフォーマンスとしては非常に優れていると思います。 また、特別なプレゼントとして価格帯的にちょうどよいのもグッドです。 購入した後でもマイページから決済情報を変更で支払う人を変更することができるので、まずはサプライズでプレゼントしてその後支払い者を変更ということができます。 もし自分達で支払うという場合でも、ご両親にスマホをプレゼントする代わりにまごチャンネルをプレゼントしたと考えれば、スマホの料金よりはかなり安いため、負担としてはごくごくわずかと思います。 孫の成長をおじいちゃん、おばあちゃんに見せてあげたいという方にはおすすめですので、ぜひご検討ください。

次の

テレビ電話

テレビ電話 無料

「会議ソフトのコストを抑えたい」 そういう気持ちもあって、あなたは今この記事を読まれているかもしれません。 会議ソフトは通常の会社だけにかぎらず、個人事業やベンチャーなどでも広く使われることがあり、リアルタイムに遠く離れた相手や支店間のメンバーとミーティングができるのが魅力です。 ただ、固定費がかかるとバカになりませんし、維持管理が面倒だと、会議を始める時にも一苦労! 申し送りなんかが必要になってしまって時間的なコストがかかってしまうのも問題点になると思います。 実際、私もそういう悩みもあり、有料でありながら若干利便性に劣るところがどうしても納得できなかったので色々調べてみたわけですが、そんな中で「Zoom」というソフトが一番使いやすく、かつ無料でもかなり使い勝手がいいことに気が付いた!というわけです。 そこで今回、フリーの通話ソフトとしてオススメなZoomについて、 「そもそもなぜZoomをここまで推すのか?」 という所の根拠や理由についても紹介して行きたいと思います。 スポンサーリンク フリー・無料会議ソフトでZoomをオススメする理由 無料の会議ソフト。 日本でもいくつかありますし、有名ドコロではスカイプやハングアウトなどが存在するでしょう。 ただ、それらにはデメリットも相応にあるわけです。 たとえば• お金はかからないが通話は安定している• 難しい設定や操作が必要になる• 会議のとき、SEさんがいないとまともに始められない• フリーでも機能面で制約がおおく使いづらい などなど…。 システム運用者の方であれば、こういったご経験を1度や2度、されたことがあるはずです。 実際、私も今までいた会社などでテレビ電話や会議ソフトのセッティングや立ち上げをかなり苦労してやられていた上司のことを覚えています。 ソフトの設定からマイクやスピーカーの立ち上げ等々……。 やることは覚えれば簡単なのかもしれませんが、知らない人からしてみれば「宇宙と交信しているような感覚」に近いのです。 ほかにも、ビジネス現場専用の会議ソフトでもフリーのものを謳っているものは数多く存在するものの、「初月のみ無料」といったものが多く、導入に月額8000円もかかるようなものも数多く存在しているのがネックでもあるでしょう。 ならば、メジャーなネット通話ソフトなどを会議目的で使う方法などもあるでしょう。 フリー会議ソフトにも使えるものは、たとえばスカイプなどがありますが、たくさんのアカウント管理をしなければならなくなる為、ビジネスユースには不向きな部分も多々あります。 会社で保守管理しなければならない手間が増えるのはなんとしても避けたいですし、 そこから情報漏えいするリスクなんかは切っても切り離せない存在ではあると思いますので。 そこでオススメしたいのが、冒頭から出てきている「Zoom」というわけです。 Zoomはフリーのソフトでありながらにして、他の通話ソフトの問題点を全てクリアしてしまっているようなソフトです。 今までいろんなビジネス目的の通話ソフトを使いつづけていた人からしてみれば、 「まさかこんなものが無料だなんて!!」 と、きっと驚いてしまうのではないかと思います。 私も仕事の一貫でZoomを使用していますが、通話目的で使用するのであれば、明らかに使いやすく音質もいいです。 他にもオススメできるポイントはいくつもあるので、続いてフリーソフトでZoomを一番オススメする理由を紹介していきますね。 スポンサーリンク Zoomと他の無料テレビ会議ソフトとの比較 ここまでずっとZoomを推してきたわけですが、 オススメするにはそれなりの理由がなければいけません。 実際、ここまでオススメするのは、 私が実際に使ってみて、他の会議ツールよりも圧倒的に便利だと思ったのが一つの動機としてあります。 また、機能面を下記にまとめてみましたが、こうやって他の無料会議ソフトと比較してみても有利な点がいくつかあるのをご理解いただけるのではないかと思いますね。 通話の接続可能人数はスカイプが結構大めのようにも感じますが、実際のところは接続人数が増えると一気に不安定になるという特徴もあります。 しかもスカイプの場合、通信が一定時間不安定になると切断されてしまうので、その人は何度も参加しなければいけない羽目にもなりかねません。 ほかの会議ソフトも、一応の性能は取り揃えているものの、アカウントが必要であったり、有料のものになってもそこまで機能が増強されなかったり、そもそもビジネスをすることを前提として作られているものがなかったりという問題が存在します。 かといってビジネス目的の会議ソフトは運用コストが高かったり、ソフトのアップデートをしなければいけなかったりと、SEさんの手間がかかるような要因が多数存在するわけです。 反面、Zoomは通信量がほかのソフトよりも簡単に管理できる上、費用も有料(月額14ドル~)のものにすればこれ一つで事足りるような状態になるのです。 関連記事: では、続いてZoomだけにしかない特徴や強みを紹介していきますね。 [ad ad-1] セキュリティ性や維持管理のコストが優秀 まず、ここはフリーの会議ソフトでも注目しておきたい所でしょう。 たとえばですが、• パスワードをアカウント分、管理する必要がある• ソフトウェアの更新が必要なときがある• 使用者が情報漏えいするリスクがある などなどの問題が、各セキュリティソフトには存在します。 反面、Zoomは非常に便利で、アカウントが一つあれば、通話に招待する人がアカウントを持っていなくても簡単に通話に参加できます。 さらに、クラウド型のソフトなのでアップデートの必要もなく、社内での保守管理がパスワードやIDの管理だけで済むというのも一つの魅力でしょう。 (それでもパスワードを定期的に変更することが望ましいですが) 関連記事: 難しい設定が不要 これもユーザー目線のやさしい設計ですね。 Zoomの場合、アカウントの設定など、通常の通話ソフトでは当たり前な作業などもなく、 「このURLをクリックしてください」 と、Zoomの招待URLをクリックするだけなので非常に便利だと言えるでしょう。 イヤホンやマイクの設定も簡単で、基本的には接続しているイヤホンやマイク、ヘッドセットなど最適なものを自動的に検出してくれるので、「マイクの設定はここからこうやって…」みたいな小難しいことをやる必要がありません。 そのまま通話やビデオを録画して議事録を収録できる これも、ほかの会議ソフトと違う魅力なのではないのでしょうか? そのまま通話やビデオを録画して議事録を収録できる、というのは一つの魅力ではないかと思います。 これがほかのソフトやサービスだと、• Googleハングアウト: ブラウザのアドオン(Sowmore)などの準備が必要• スカイプ: カムタジアなどの動画キャプチャの並行起動が必要• チャットワーク: 同じく録画するソフトが必要 といった問題が存在し、「別で何かのソフトを用意しなければいけない」というのは一つのネックになるのではないかと思います。 ところがZoomの場合はその必要もなく、動画データを録画ボタン一つで収録することができます。 つまり何の別ソフトも必要なく、好きなときに録画をはじめられるんですね。 録画が終了したら自動的にエンコードしてくれますし、 データも自動的にMp4に変換してくれます。 これが有料版だとクラウド上で録画&自動データ保存してくれるので、YoutubeやVimeoなど別媒体のサービスを使うことなくスマートに保管できるのも魅力でしょう。 有料版にすればほぼ向かう所敵なし ここまで紹介した特徴は全て無料版のZoomで使用することができる機能であり、 有料版にはこれに対して、上で紹介したようにクラウド録画ができるようになったり、3人グループ以上での通話時間の制限が無制限になるような特典があります。 (2人までは通話無制限) フリーの会議ソフトとしても性能面は非常に重要ですが、有料版を手にしたら非の打ち所がないソフトになるのではないか?と思いますね。 まとめ Zoomはフリーの会議ソフトとして、無料でありながら多くの機能を使うことができる!ということを紹介していきました。

次の

LINEビデオ通話|テレビ電話(無料)の仕方やSNOWのやり方など

テレビ電話 無料

(1対1)とのビデオ通話• ( 500人まで)でのビデオ通話• 画面同時表示は 6人まで。 グループ内のみんなで 画面共有ができます。 グループ内のみんなで YouTubeを見れます。 ビデオ通話(テレビ電話)は、画面から簡単に始められるので、お互いの顔・みんなの顔を見ながら会話を楽しんでいきましょう。 当記事では、 LINEのビデオ通話(テレビ電話)のやり方を紹介します。 スポンサーリンク LINE ビデオ通話(テレビ電話)のやり方 LINEの無料ビデオ通話(テレビ電話)を始めるには、トークリストからビデオ通話をしたい 友だちまたは グループを選択し、トーク画面を開きます。 画面上部の 電話のアイコンをタップ。 ビデオ通話とあるのでタップすると呼び出しが行われます。 ビデオ電話(テレビ電話)が相手と繋がったら、画面を見ながら会話を始めます。 画面構成 1相手の画面が表示されます。 タップすると相手と自分の画面を切り替えられます。 2フロントカメラ(前面)とリアカメラ(背面)を切り替えます。 リアカメラを使うと、物を表示したり景色を表示したり、周りの状況を伝えられます。 4自分の顔に フェイスエフェクトを付けられます。 5プチゲームができます。 6自分の カメラをオフにできます。 再びタップするとオンになります。 7自分の マイクをオフにできます。 再びタップするとオンになります。 8ビデオ通話(テレビ電話)から退出(終了)できます。 なお、LINEビデオ通話をやってる 途中でも他のアプリを使う事ができます。 他の事をし始めてもビデオ通話(テレビ電話)は続いているので、 やめる時はしっかりと退出ボタンをタップする事をお忘れなく! フェイスエフェクト LINEのビデオ通話(テレビ電話)は、自分の顔に フェイスエフェクトを付けられます。 種類が豊富に用意されているので好みのフェイスエフェクトを付けたら面白がられるし、自分の顔を出したくない方は隠す事ができます。 グループビデオ通話 LINEグループのビデオ通話は 500人まで参加できます。 ただ、 画面表示は6人まで。 しゃべってる方が優先的に表示されます。 無料通話だけじゃ伝えられない事をビデオ通話で伝えやすくできるので活用していきましょう! データ容量の消費には注意が必要! LINEのビデオ通話(テレビ電話)をする時は、 ギガ(データ容量)が消費されます! ビデオ通話は通信状況により最適な画質に最適化されているとはいえ大きいので、データ通信だと契約したプランのギガ(データ容量)をすぐ超過してしまう可能性があります。 超過したら速度制限を適用されて、月末まで低速でインターネットをしていく事になります。 ビデオ通話で、長電話は特に禁物! ビデオ通話をする時は、できるだけ自宅のWiFiや公共施設のWifiスポットに接続しましょう! WiFi接続時は高画質になります。 ラインモバイルだとギガの消費はありません! LINEが提供しているに乗り換えると、ビデオ通話を カウントフリー(データ容量消費無し)で使えます! キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から乗り換える事で、 月々の通信代を大幅に節約できるので、LINEをよく使ってる方はラインモバイルに乗り換える事をおすすめします! 我が家では、毎週のように我が子とじいじ・ばあばがLINEのビデオ通話(テレビ電話)でおしゃべりしています。 なお、ビデオ通話は、PC(パソコン)版LINEでも利用できます。 関連 関連 以上、 LINEのビデオ通話(テレビ電話)のやり方の紹介でした。

次の