光 デジタル ケーブル。 無法地帯のHDMI規格と光デジタルケーブルの安定感

デジタルケーブルの音質などの比較 B級オーディオファン

光 デジタル ケーブル

ケーブル類は何十メートルもの長尺物を切断して製造しているので、5メートルでも50メートルでも、長さに関しては、製作コストとは無関係でしょう。 ただ、あまり需要の見込まれない商品をラインナップに入れること自体は無駄なことでしょう。 売れない50メートルを製作するにも、設備や人間やエネルギーを使うわけですから、メーカーにとっては利益の出ない(売れない)ものに対して経費はかけないでしょう。 5メートル超えが無いのは、5メートル超えは、一部の人の稀な環境と、メーカーが判断してるのでしょうね。 特注、受注生産というのは、あらかじめ作って準備はしていないけど、受注されたなら作りますよ、というスタンスなのでしょうね。 特注、受注生産の方向も、一つの選択肢として探してみるのはいかがでしょうか。 A ベストアンサー 高価な製品は、一般に光ケーブル故に折ることはできませんが、曲げる(湾曲させる)ときにその耐久性が高いものが存在します。 ケーブルの外側に補助用の多層シールドがされているケースがあり、折れ難く、形状記憶するような仕組みがしっかりしているものもあります。 音質への影響については、基本的にはさほどないです。 よほど粗悪なら別ですけど。 ちなみに、如何にデジタルデータであってもある程度の距離を通信すれば減衰は発生します。 それを補うためにエラー訂正(前後のパリティビットからデータ符号を訂正したり補正する)が登載されています。 それに対して、持続的にエラーが生じる場合は、再生不能となります。 要は、音声なら音飛び(または信号途絶が発生)します。 内部のファイバー線が断線したり、粗悪なケーブルや、接合部の処理が不完全(特に抜き差しが多いなら3番目は大きいかもしれません)はなものなら、この傾向があります。 ただし、高安が必ず影響するわけではありません。 初期不良によるケースが多いです。 高価な製品は、一般に光ケーブル故に折ることはできませんが、曲げる(湾曲させる)ときにその耐久性が高いものが存在します。 ケーブルの外側に補助用の多層シールドがされているケースがあり、折れ難く、形状記憶するような仕組みがしっかりしているものもあります。 音質への影響については、基本的にはさほどないです。 よほど粗悪なら別ですけど。 ちなみに、如何にデジタルデータであってもある程度の距離を通信すれば減衰は発生します。 それを補うためにエラー訂正(前後のパリティビットからデータ符号を訂... 1ch等を聴こうと思いました。 後者の場合、初期不良交換一週間という時間の制約があるため急いでおります。 どうかご教授ください。 ecat. sony. cfm? sony. shopping. yahoo. jvc-victor. 1ch等を聴こうと思いました。 semicon. toshiba. html の光送受信モジュールで、伝送距離が最大10mです(電気・光学的特性)。 ですから、規格上は、これよりは短い距離と推測できます。 geocities. pdf 伝送距離は5mです。 ということで、 規格上は、5mではなかろうかと思います。 (少なくとも使われている送受信モジュールはそれしか想定していない) A ベストアンサー MIFUNEBASI さま 主として補足の質問に付いて解答します。 1、OpticalとCoaxialの違い Opticalとは光ファイバーコードを利用して機器間の接続をするものですが、この欠点は電気信号を光信号に、光信号を電気信号に変換するEO-OE変換器(回路)が必要になります。 一方利点は、光信号はケーブルが受ける電気的なノイズに関しては無関係になりますから、ノイズ環境の悪い所では効果を発揮します。 因って、使用環境が外来ノイズの多い所ではOptical、問題なければCoaxialのような使い分けが出来ます。 例えば参考URLで販売している4C-XEW同軸ケーブルが該当します。 その理由は音声帯域の20Hz~20kHzのような低周波ではケーブルの特性インピーダンスは大きく変動する為にインピーダンスマッチングと言う考え方が無い、出来ない、する必要が無い世界だからです。 この当たりの事を詳しくお知りに成りたければ、これも参考URLに記載があります。 御参考まで。 MIFUNEBASI さま 主として補足の質問に付いて解答します。 1、OpticalとCoaxialの違い Opticalとは光ファイバーコードを利用して機器間の接続をするものですが、この欠点は電気信号を光信号に、光信号を電気信号に変換するEO-OE変換器(回路)が必要になります。 一方利点は、光信号はケーブルが受ける電気的なノイズに関しては無関係になりますから、ノイズ環境の悪い所では効果を発揮します。 因って、使用環境が外来ノイズの多い所ではOptical、問題なければCoaxialのような使い分けが出来ま... A ベストアンサー まず長さですが、皆さんがお答えしているように100mまでは大丈夫です。 大きなビルなどでは軽く100mを超えますのですべて光ケーブルです 光ケーブルでうけて100BASE-Tで分配します それよりもケーブルを設置する環境を考慮することが大事ですも所謂施工方法ですね まず一般家庭とかいてありますが、これではまったくわかりません 1 ケーブルをはるのは屋内なのか屋外なのか 屋外に配管なしではるのであれば屋外用のケーブルが必要です 2 ケーブルの配線はどうしてとめるのか? 例えば配管の中をとおすのか、それともなにかにのせるのか、それとも空中にピーんとはるのか、 配管の中をとおすのであれば問題はありませんがピーンとはるのでしたらスタルペスケーブルか吊り線 鋼線 にケーブルハンガーが必要です 3 それとノイズが多い場所を通るのか、もしそれであればシールド付ケーブルが必要です Q 【パナソニックTVの光デジタル音声出力端子にスピーカーを接続したい】 ・TH-L32DT3型番のTVの光デジタル音声出力端子にスピーカーを取り付ける場合、 どんなスピーカーが取付け可能でしょうか。 商品の選択と注意することを教えて 下さい。 TVのテーブルにスピーカー付きがあるようですが、収納の関係で購入 ができません。 [アドバイスをお願いしたい背景] ・パソコンにミニジャックでアンプ内蔵スピーカー接続の経験はありますが、TV で接続した経験がありません。。 ・光デジタル音声出力端子への接続ですが、アンプ内蔵のスピーカーを選択するの かどうか分かりません。 ・オンキョーのホームページを見てみますと、PCスピーカーの紹介はあるのです が、TVのスピーカーの記載はないようです。 TVにPCスピーカーは使えるの か分かりません。 ・光デジタル音声出力端子ですが規格は何種類かあるのでしょうか。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー まず、光デジタル端子付きのスピーカーで、アンプを内蔵していない製品はあり得ませんから、必ずアンプ内蔵となります。 なお、光デジタル端子付きのスピーカーでありさえすれば、つなぐ相手は選びません。 オンキヨーのスピーカーがPC用になっているのは、PCの周辺機器として売り出しているからであって、PCにしかつながらないという意味ではありません。 なのでテレビ用やオーディオ用に使っても何ら問題ないです。 光デジタル端子の種類ですが、角型と丸形の2つがあります。 日本国内ではほとんどが角型で、丸形は探さないとありませんが、コネクタの形が違うだけで、中の信号は同じです。 よって片方が角型、もう片方が丸形の光ケーブルさえ用意すれば問題なく接続できるため、そう気にする必要もないでしょう。 光丸形コネクタは、コネクタを並べる余裕がない機器でステレオプラグと兼用として用意されていることが多いようです。 純粋な光丸形コネクタもあるにはあるんですが、個人的には過去に一度しか見たことがありません。 非常にレア物ですね。 ただしデジタル接続の場合は、コネクタの形よりも中の信号形式の方がはるかに大きな問題となります。 単純なステレオ2chから5. 1chまでと幅広い形式の信号が通る可能性があり、また5. 1chもドルビーサラウンドやDTSといった複数のフォーマットがあり得るなど、とにかく全然違う信号が通ります。 なので、スピーカー側がどの形式の信号に対応しているのか、またテレビ側がスピーカー側の対応する信号で出せるのか、そこを確認しておくことが非常に重要です。 もしこの対応が合わないと、全く音が出なくなってしまうので。 難しいことを考えたくなければ、アナログの赤白ケーブルでつなぐのが最も間違いないでしょう。 しかもその方が、下手な光接続よりも音が良い可能性だってありますから。 いろいろ考える要素があって難しいですが、基本はそれなりに高い物だと、デジタルでもアナログでも間違いのない結果が得られやすいとは言えると思いますね。 まず、光デジタル端子付きのスピーカーで、アンプを内蔵していない製品はあり得ませんから、必ずアンプ内蔵となります。 なお、光デジタル端子付きのスピーカーでありさえすれば、つなぐ相手は選びません。 オンキヨーのスピーカーがPC用になっているのは、PCの周辺機器として売り出しているからであって、PCにしかつながらないという意味ではありません。 なのでテレビ用やオーディオ用に使っても何ら問題ないです。 Q 私は、アンプの場所の関係で7mほどのスピーカーケーブルを使用しています。 でも、パワーアンプをスピーカーの間に持っていくと、スピーカーケーブルは、 2mくらいですみそうなので、そのようにしようかな。 っと思いました。 今は、ベルデンの8470を使用しています。 スピーカーケーブルは短ければ短いほど良い。 っと思っております。 しかしスピーカーケーブルを色々と検索していくと、 「ケーブルの長さで音質調整して音のピントをあわせる」ような 内容もありました。 私は、ケーブルで音は変わると思っています。 でも、長さで音を調整しようとは考えたことがないです。 あとケーブルに方向性がある。 っというのもちょっと信じがたいです。 メーカーによっては方向を示していますが・・・。 スピーカーケーブルで、音質を調整する、ピントを合わせる。 っということがもし本当なら、使っているアンプとスピーカーによって、 全然長さが代わると思いますので、大変な作業だと思います。 私はやっぱり短ければ短いほどよい。 っと思ってますが、 みなさんはどう思われているでしょうか。 私が書き込んだ後にも多くの方々の書き込みがあって、ざっくりとは意見させていただきました。 あれれ?って思う部分もチョットは有りましたが、皆さんのご発言、基本的にどれも良いので、とっても安心しました。 ラインケーブルの質と言う問題も有るとは思いますが、延長するための、受け渡し相互の回路前提という部分もチョイト考慮した方が良いと思います。 業務用機器とは違って、民生用の場合はアンバランス伝送(標準伝送)ですから、接点が多く成り過ぎたり、延長の距離が長過ぎたりすると不利な面が有ります(10mくらいはおおむね問題無し、個人的には15mのRCAケーブルも所有しています。 ) 基本として、出力インピーダンスが低く、入力インピーダンスが高い。 ロー出し/ハイ受け という事が基本なので、伝送系のケーブルによる直流抵抗が無視出来るくらいの範囲であれば理論的には問題無しです。 スピーカーケーブルの部分は、アンプの出力側で0. スピーカーケーブルで1mあたり0. 一桁ほど極端な例で。 ) 影響度の違いが割合とか%で考えますと、スピーカーケーブルが短く成る方が良さそうだ、という化が得方に至るのです。 ただ、同じスピーカーケーブルで「1m」の時はうんぬん、 「2m」だとあれこれ、最適なのは1. 2mの時が、、、、 なんて言うのは、他の人にも同じ事が感じられるか? 大いに疑問ですよ。 追伸:私も一時期、ケーブルに拘ってみましたが、今は気にしないようにしています。 スピーカーケーブルは電源用のケーブルで気に入った物を、マイクケーブルやPA等のバランス伝送にはカナレを(200mのリール買いしちゃったから、、) なお、過去のイベントで、かなり電力容量が大きい電線を、100m以上延長してサブスピーカーへ、200m以上に成って居たかもしれませんが、とにかく、想像以上に音量も音質もプアで、驚いた経験が有ります。 家庭内ではあり得ない事ですし、とても極端な事例ですが、ケーブルの直流抵抗値だけでは考えられない程の影響が出た、と感じました。 PA屋さんの常識範囲が「スピーカーケーブルは40mまで、いろいろ妥協した場合で80m程度、100mを越すなら、放送用のハイインピーダンス伝送」と言うのを、実感したんですよ(爆笑) そんな体験をしますと、「実用上での使い安さをジャマしない限り、スピーカーケーブルは短い程よい」と言う、先人の知恵は正しいと思うんです。 PA機材を用いた、バランス伝送であれば、マイクケーブルもラインケーブルも、100m以上なんて、ケーブル延長も3本、5本、8本なんて、まぁ常識的な範囲のようです。 大規模なアリーナコンサートなんかは、ケーブルだけでも大型トラックで何台も運ぶそうです、何トンあるんだ?総延長はなんKmなんだろ?? 恐ろしい世界です。 私が書き込んだ後にも多くの方々の書き込みがあって、ざっくりとは意見させていただきました。 あれれ?って思う部分もチョットは有りましたが、皆さんのご発言、基本的にどれも良いので、とっても安心しました。 Q 今日、music streemerIIっというちょっと前のUSB-DACを購入しました。 パソコンの中に入れている音源(非圧縮)やインターネットラジオを聴くときの ために購入しました。 予想以上に素晴らしい音で驚いています。 手持ちのCDをあっさりと超えてしまって戸惑っております。 ちなみに、中古で買ったせいかどうかわからないですが、 USBケーブルがついてませんでした。 なので外付けDVD-Driveのケーブルが形状が同じだったので、 一応これを使用していますが、外付けDVD-Driveも使用したいため、 ケーブルを購入しなければいけません。 USBケーブルで音は変わりますか? それとも、パソコンとオーディオ機器とは別ものなのでしょうか。 スピーカーケーブルやRCAケーブル等で音が変わることは経験しています。 だとしたら、USBケーブルを変える意味はあるでしょうか。 A ベストアンサー USB DACにもよりますが外部からのノイズの影響や信号の劣化、減衰が関係します。 USB DACがUSBの信号や電力からのノイズをカットする機能を備えていればケーブルの影響は少なくなります。 また、専用のドライバーを用いて使用する場合(アシンクロナスモード)も同様です。 そういった対策などがないUSB DACだと左右されることがあります。 厳密にはUSBポートにも左右されます。 USB DACが出始めのころに買ったものはそういった対策されれていないのが普通だったので 大きなコンデンサーの付いた出力電源のノイズが少ないUSBカードを入れたりシールドが高くノイズカットを謳うUSBケーブルを使ってノイズを低減させたことがあります。 それでも僅かなノイズはありました。 今は専用のドライバーを使うUSB DDCに変更しさらに音質が向上しました。 また、ノイズが聞こえる聞こえないはアンプやスピーカーにも左右されます。 スピーカーの能率やアンプのSN比両方が高い組み合わせだと僅かなノイズでも音として聞こえてしまいます。 USB DACにもよりますが外部からのノイズの影響や信号の劣化、減衰が関係します。 USB DACがUSBの信号や電力からのノイズをカットする機能を備えていればケーブルの影響は少なくなります。 また、専用のドライバーを用いて使用する場合(アシンクロナスモード)も同様です。 そういった対策などがないUSB DACだと左右されることがあります。 厳密にはUSBポートにも左右されます。 USB DACが出始めのころに買ったものはそういった対策されれていないのが普通だったので 大きなコンデンサーの付いた出力電源のノイズ... A ベストアンサー 音質を決める要素として端子は確かに重要ですが、ある意味では必ず最優先で重要な要素ではありません。 まず、音質とは何かというと音がどれだけ忠実に聞こえるか、もしくは綺麗に聞こえるか、心地よく聞こえるかを表す物で、人によって感じ方に差がある物です。 忠実という点で音質を考えると音の質を決めるのはアンプの性能に対して十分なスピーカーの性能があるかどうかが音質を最大限決める要素となります。 それを、D90内のコンバータとメインアンプが音情報に変換し出力するのです。 そのため、D90のアンプおよびコンバータの性能がそのまま使われます。 それに対して、デジタルの音をパソコン(またはその他のオーディオ機器)からアナログで出力した場合は、まず外部の機器(パソコンやオーディオ)でデジタルデータをアナログに変換する作業が生じます。 音の基本はそこで生まれるのです。 この精度がD90の回路より高く高品質なら後は、その他の回路やケーブルを経由する間に受けるノイズが少なければ、音質はD90内で処理するよりよく感じるかもしれません。 あまり、変わらなければ差がないでしょう。 後は人の耳の感性の違いもあるでしょう。 光デジタルだから音が良くなるのではない。 確かに届くものに劣化が生じにくいのがデジタル転送ですが、それをいかに料理するかが音を決めます。 結局そこの精度の違いで外部であろうが関係なく音質は変わります。 その上で、端子の重要性を述べると特にアナログ接続では僅かでも高音質にするには、純度が高くノイズを受けにくいケーブルを使うことで音質が向上します。 そのため、大きな意味があります。 デジタルやアナログといった別の要素になるとそれは、処理する機器の性能がどちらが優れているかに依存すると言えます。 音質を決める要素として端子は確かに重要ですが、ある意味では必ず最優先で重要な要素ではありません。 まず、音質とは何かというと音がどれだけ忠実に聞こえるか、もしくは綺麗に聞こえるか、心地よく聞こえるかを表す物で、人によって感じ方に差がある物です。 忠実という点で音質を考えると音の質を決めるのはアンプの性能に対して十分なスピーカーの性能があるかどうかが音質を最大限決める要素となります。 どういう意味かというと、デジタルで繋げば当然ですがD90と繋いでいるパソコンやオーディオ機器...

次の

無法地帯のHDMI規格と光デジタルケーブルの安定感

光 デジタル ケーブル

高価な製品は、一般に光ケーブル故に折ることはできませんが、曲げる(湾曲させる)ときにその耐久性が高いものが存在します。 ケーブルの外側に補助用の多層シールドがされているケースがあり、折れ難く、形状記憶するような仕組みがしっかりしているものもあります。 音質への影響については、基本的にはさほどないです。 よほど粗悪なら別ですけど。 ちなみに、如何にデジタルデータであってもある程度の距離を通信すれば減衰は発生します。 それを補うためにエラー訂正(前後のパリティビットからデータ符号を訂正したり補正する)が登載されています。 それに対して、持続的にエラーが生じる場合は、再生不能となります。 要は、音声なら音飛び(または信号途絶が発生)します。 内部のファイバー線が断線したり、粗悪なケーブルや、接合部の処理が不完全(特に抜き差しが多いなら3番目は大きいかもしれません)はなものなら、この傾向があります。 ただし、高安が必ず影響するわけではありません。 初期不良によるケースが多いです。 ・・・音が悪かった原因は Amplifier の光入力 Receiver Chip に設計不良があったせいであることが後に判明し、光入力信号を打ち直して同軸出力に変更する Adapter を入れて Amplifier の同軸入力に導いたのですが、その際も Quartz Cable と Plastics Cable との音質の違いは判りませんでした 笑 ・・・勿体ないので Quartz Cable を使っていましたが 汗 ・・・。 耐久性の違いはあるだろうと思います。 知られている事実としては Cable Plug Jack と 3 箇所の境界面を通過する光が屈折や反射を起こすと光伝送に乱れが生じる結果、Digital 信号受信に Error が生じることで、音質劣化と言うよりも不規則で Pulsive な Noise や歪みといった現象が生じることから、高額のものほど接続個所の研磨及び接触状況に気が遣われています。 Computer Data 通信は音楽 Data 通信とは違って Error が生じれば Error のない Data を得られるまで何度も再送させることから結果的に Data 伝送速度が低下することになります。 >光デジタルケーブルの値段による音質の差はある? 音質の差はありません。 ・・・あくまでも Error Rate の差であり、Digital Error は Cable のみならず Receiver Chip や Interface Chip、DAC Chip でも生じているものですので、よほど酷い Cable でもなければ違いは出ない筈です。 ただ、あまり需要の見込まれない商品をラインナップに入れること自体は無駄なことでしょう。 売れない50メートルを製作するにも、設備や人間やエネルギーを使うわけですから、メーカーにとっては利益の出ない(売れない)ものに対して経費はかけないでしょう。 5メートル超えが無いのは、5メートル超えは、一部の人の稀な環境と、メーカーが判断してるのでしょうね。 特注、受注生産というのは、あらかじめ作って準備はしていないけど、受注されたなら作りますよ、というスタンスなのでしょうね。 特注、受注生産の方向も、一つの選択肢として探してみるのはいかがでしょうか。 A ベストアンサー 500円程度の有名メーカーであれば十分です。 私もUSBケーブルを何本も購入して聴きましたが、若干音が変わります。 ケーブルで音が変わる。 っという人でも「USBケーブル」では音が変わらない。 っという人がいますが、実験してみれば変わります。 しかし、それが好みの音になったかならないかの問題ですが、 正直、若干違うっという程度です。 私は一時期ケーブルにハマりましたが、「高価」になればなるほどクセがあります。 USBケーブルも一聴して「音が良くなった」っと思うものは危険です。 むしろ、しっかりとつくられいれば、通常の500円程度の物のほうが個性は少ないと思います。

次の

HDMIケーブル?光デジタルケーブル?

光 デジタル ケーブル

こんにちは、 TVはほぼ見るだけでDVD再生、録画などやりません、若い頃ビデオは見ましたけど。 実家のTVとDVDプレーヤーを繋ぐケーブルですが、写真はTV側の端子です。 デジタル音声出力(光)とあります。 もちろんDVD側にもあります。 調子が悪いと言われ私が見た時はケーブルのTV側が破損していて、 ケーブルのピンの部分が途中で折れて(完全に破断)TVを移動した時にぶつけた感じ。 ですからスカスカですぐ抜けて、で破損した先がTVに埋め込まれたままでペンチで抜きました。 ケーブルは下記の物を購入しましたが上手く挿せません、 ヘボな質問ですがこんな端子見たこともないし、手加減、さじ加減が解りません。 この蓋のようなものは開くのでしょうか?この蓋を押し込んで挿す? では宜しくお願い致します。 画像の光端子は「音声」の「出力」です。 DVDプレーヤー側の光端子も「音声」の「出力」のはずです。 これらを光ケーブルで繋いでも何もできませんので繋がないで無視してください。 そもそも、ですが「調子が悪い」のはどういった症状なのでしょうか? TV側光出力端子が壊れたところでTV本体の受信、映像放映に関しては問題なく機能します。 DVDプレーヤーからの映像・音声も出力端子からTV側の入力端子へ繋いであればTVで視聴できます。 どこかにぶつけたとありますがその際に TVの基本性能にかかわる箇所が損壊した、 アンテナケーブルが破損したか抜けた、 TVとDVDプレーヤーを繋ぐRCAケーブル(HDMIケーブル)が破損したか抜けた、 で確認してください。 とにもかくにも「調子が悪い」こととこの光出力端子破損に関係はありません。 その項目の「音声」が{TV(内臓スピーカー)}に選択されているか確認してください。 {外部スピーカー}になっていたらカーソル移動かスライダーで{TV}を選択、決定を押してください。 {外部スピーカー}が選択されたままではTVからは音声が出なくなります。 というのも以下のような可能性を推測しました。 リモコンの普段触れないボタンを誤って押してしまい見慣れない画面が表示されてしまった。 元の画面に戻そうと色々なボタンを押しているうちに間違った設定にしてしまった。 そうこうするうちに画面は元に戻ったがDVDからの音声が出なくなっていた。 基本操作しかしない婦女子は時として間違えてしまうからです。 我妻も同様) TVのこの端子に光ケーブルが繋いであったのならば 設置した{どなたか}が事情も分からないままに「とりあえず繋いでおけ」と光ケーブルを装着したのでしょう。 繋いだところで弊害もなかったのでそのまま看過されてきたと推察します。 光ケーブルのTOSリンク端子は丈夫なので横方向に無茶苦茶な力が掛けられたとしか思えません。 TV本体が無事であったことが奇跡といえます。 HDMIケーブルはRCAケーブルの赤白黄が一本にまとまったようなものでこれは仰せの通りです。 録画が出来ない? 実家に設置してあるのはDVDプレーヤー(再生専用機)では? 実はDVDレコーダー(録画再生機)の間違いだった? それならばDVDレコーダー裏面に繋ぐはずのアンテナ線が外れていませんか? ちょっと特殊な事情がありそうであなたがすべてを把握しているわけではなさそうです。 そのため他の問題があっても気が付かず説明しきれないようです。 PC画面越しでは埒があかず現地現物で確認したいところですが無理ですので 近くの電気店に相談してください。 訪問修理を受けたほうが解決は早いはずです。

次の