クイック ペイ ポイント 還元。 ApplePayでのQUICPayの使い方や両者の違い、お得なポイント還元についてを徹底解説 | キャッシュレス決済(スマホ決済)ニュース「キャッシュレスPay」

クレカで決まる?そこの電子マネーQuickPay(クイックペイ)!正直メリットあるの?

クイック ペイ ポイント 還元

【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー QUICPayの基本スペック QUICPayは、クレジットカードを紐付けて利用する後払い制の電子マネーです。 前払い制の電子マネーでは、利用金額に応じて独自のポイントが貯まりますが、QUICPayでは利用金額に応じて、クレジットカード独自のポイントが貯まります。 QUICPayではクレジットカードの利用限度額がそのまま適用され、支払いもクレジットカードとまとめて請求されます。 会計時のサインは必要ありませんが、 1度の会計で2万円までしか利用できないという制限もあります。 まずはQUICPayでポイント2重取りをしよう! 電子マネーを利用する上で、1番気になる所は、ポイント還元率という方は多いのではないでしょうか? ポイント還元率を重視するので、チャージの際と支払いの際に、2重にポイントをゲットできる前払い制の電子マネーを選ぶ方が多いと思います。 しかし、後払い制の電子マネーだからと言って、ポイントの2重取りができないという事はありません。 前払い制の電子マネーと比べると少し工夫が必要ですが、 QUICPayでもポイントの2重取りができます。 QUICPayでポイントを2重取りするには、QUICPay nanaco を使用する必要があります。 QUICPay nanaco とは、セブン-イレブンでおなじみのにQUICPayの機能が付帯したカードです。 セブン-イレブンで、このQUICPay nanaco を使うと支払い時にも利用金額に応じてnanacoポイントも貯まるため、ポイントを2重取りすることができるのです。 また、利用できる場所が増えるというメリットもあります。 ポイント還元率は、nanaco加盟店でnanacoで支払いをした場合は 100円 税込 に付き1ポイント、QUICPay加盟店でQUICPayを使って支払いをした場合は 200円 税込 につき1ポイントが貯まります。 このように、 QUICPay nanaco を使用するのが、ポイントをお得に貯める上で重要となります。 QUICPay nanaco QUICPay nanaco チャージ 不要 必要 不要 サイン 不要 不要 不要 nanacoポイント 無し 有り 有り クレジットカードのポイント 有り 有り クレジットチャージに限り 有り QUICPayでポイントを3重取りするには? では次に、いよいよQUICPayでポイントを3重取りする方法について解説します。 上述したQUICPay nanaco は各クレジットカードと紐付けることで使用できますが、このときにクレジットカードをうまく選ぶことでポイントの3重取りが可能になります。 JCBには、 JCB ORIGINAL SERIESパートナーというサービスがあり、加盟店でJCBカードを利用して支払いをするとポイント還元率がアップするのですが、 JCBカードで紐付けを行ったQUICPayを利用してもこの還元率が適用されます。 そして、セブン-イレブンもJCB ORIGINAL SERIESパートナーの加盟店なので、JCB一般カードで登録したQUICPayで支払いをするとポイント還元率が高くなるというわけです。 さらに、セブン-イレブンはJCB ORIGINAL SERIESパートナーであると同時にANAカードマイルプラスの加盟店でもあります。 そのため、対象クレジットカードでお買物をすると通常のクレジットカードのポイントに加えも貯まります。 これは、紐付けをしたQUICPayを利用した際も同じです。 この方法を使用することで、非常に効率よくポイントを貯めることができるでしょう。 セブン-イレブンで買い物をする方は、コンビニで貯めたマイルで旅行に行くことも夢ではありませんよ。 年会費は 1,250円 税別 ですが、WEB明細サービスの利用もしくは年間合計50万円 税込 以上のショッピング利用で 年会費無料とすることができます。 また、JCBカードで貯められるOki DokiポイントもJCB一般カードの 2倍の還元率であり、ポイントの面でも強いカードです。 付帯保険も充実しており、国内・海外の旅行傷害保険は 最大3,000万円まで補償されます。 JCB CARD W 【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー 最後に紹介するのは、JCBのプロパーカードの中でも最もメジャーな、です。 年会費は 1,250円 税別 ですが、WEB明細サービスの使用もしくは年間50万円 税込 以上のショッピング利用で 年会費無料にすることができます。 付帯保険も充実しており、国内・海外旅行傷害保険は 最大3,000万円まで補償されます。 また、上位のゴールドカードなどへのインビテーションも期待できるため、 よりステータス性の高いクレジットカードを手にしたいという方にはおすすめのカードです。 QUICPay nanaco の注意点 ポイントを貯めるうえでとても便利なQUICPay nanaco ですが、使用する上でいくつか注意点があります。 使う際には、これらの点に気をつけて使うとよいでしょう。 「支払いはQUICPayで」と伝えよう QUICPay nanaco は見た目だけではnanacoと区別が付きません。 そのため、支払いの際にカードだけを出していると、店員さんがnanacoで支払いをすると勘違いしてしまう事があるようです。 支払いの際は、しっかり「QUICPayで」と伝えるようにしましょう。 登録できるクレジットカードが少ない QUICPay nanaco に登録できるクレジットカードは限られており、現在登録できるのは JCBカードが中心です。 QUICPay nanaco に紐付けが出来るクレジットカード QUICPayに紐付けが出来るクレジットカードを発行している会社 ・JCBカード ・セブンカードプラス ・セディナカード ・JCB ・トヨタファイナンス ・オリコ ・セディナ ・日専連 ・UCSカード ・アプラス キャンペーンでポイント・優待をゲット また、QUICPayではポイントや優待をゲットできるキャンペーンを盛んに行っています。 こういったキャンペーンは、自ら応募をしなくてはいけない事が多いのですが、 QUICPayは応募不要のキャンペーンも多数開催されているため、知らない内に得をしているケースもあるかもしれません。 こちらは、現在開催されている応募不要のキャンペーンを紹介します。 ハワイ旅行やドトールバリューカードが当たる! ドトールコーヒーのQUICPay導入記念として、現在ドトールに関するさまざまなキャンペーンが開催されています。 ひとつめのキャンペーンは、 ハワイ旅行もしくはドトールコーヒー関西工場見学ツアーが抽選で当たるというものです。 抽選に参加するにはTwitterでQUICPay公式アカウントをフォローし、希望の商品を選んで特定のツイートをする必要があります。 もうひとつのキャンペーンは、 抽選でドトールバリューカード1万円分が当たるというものです。 抽選に参加するにはQUICPayを合計2,000円 税込 以上使用するだけでよく、参加申込みなどは必要ありません。 これらのキャンペーンも2019年10月31日までとなっているので、早めに参加するとよいでしょう。 オンラインで入会申し込みの場合は初年度年会費無料。 本会員の方が対象です。 資料請求でお申し込みの方、もしくはお切り替えの方は対象となりません。 目的別にクレジットカードを探す•

次の

「キャッシュレス・ポイント還元事業」ってなに? 10月から最大5%還元

クイック ペイ ポイント 還元

そもそもQUICPay(クイックペイ)とは、クレジットカードのメジャーブランドの1つである JCBが提供・管理する電子マネー・自動決済サービスです。 店頭のカードリーダーにスマホをかざすだけで買い物ができるという次世代のお買い物ツールとして、今後の普及が大いに期待されています。 利用できる店舗数は増加傾向にあり、主要な コンビニ・スーパーを始め、飲食店・ドラッグストア・ファミレス・百貨店でも利用できる店舗が増えています。 QUICPay(クイックペイ)の最大の特徴は、スマホなどによる「ワンタッチ決済」です。 基本的にクレジットカード決済を利用するシステムですが、通常のクレジットカードの利用手順は、買い物の際に店頭にカードを預け、店員がカード処理を行って、必要であれば暗証番号の入力を求められて、決済が完了します。 それに対してQUICPay(クイックペイ)は、店員に一言、支払いにQUICPay(クイックペイ)を利用することを告げて、カードリーダーにスマホをかざすだけでスマホ決済が終了します。 請求は毎月のクレジットカードの請求にまとめられます。 次に、iPhoneのWalletアプリを使って、Apple PayにQUICPay(クイックペイ)を設定する手順を説明します。 まず、iPhoneのWalletアプリを立上げて、 「カードを追加」もしくは「+」マークをタップして手順に従ってQUICPay(クイックペイ)対応のクレジットカードを登録します。 iTunesアカウントに登録しているクレジットカードを選択する場合は、カードのセキュリティコードを入力すれば簡単に登録できます。 QUICPay(クイックペイ)対応のクレジットカードはWalletアプリで自動認識されるので、Walletアプリにカードを登録するだけでiPhoneでQUICPay(クイックペイ)を利用するための準備は完了です。 iPhoneで実際にQUICPay(クイックペイ)を利用する際は、 Touch IDもしくはFace IDで本人認証を行って決済します。 買い物の際に 店頭で一言、支払いにQUICPay(クイックペイ)を利用することを告げ、iPhone7・iPhone8であればTouch IDとしてホームボタンに指をのせたまま、iPhoneXであればFace IDとしてサイドボタンを2回押して、レジに設置してある カードリーダーにiPhoneをかざすだけで決済が完了します。 その際、iPhoneでWalletアプリを立ち上げたり、スリープ状態を解除したりする必要はありません。 そのままかざすだけで処理できます。 iPhoneをカードリーダーにかざすと 緑色のランプが点灯し、「クイックペイ」という決済音がなると無事に決済が完了します。 請求は毎月のクレジットカードの請求に加算されます。 iPhoneでQUICPay(クイックペイ)を利用する際は注意するべき点があります。 iPhoneをカードリーダーにかざした際、 iPhoneの画面上で「完了」と表示されても決済が完了していない場合があるということです。 目安になるのは、カードリーダーの緑色のランプの点灯と「クイックペイ」という決済音です。 「クイックペイ」という決済音が鳴った時点で決済が完了するので、この決済音が鳴るまではiPhoneをカードリーダーにかざし続けましょう。 場合によってはiPhoneの画面上に「Touch IDで支払う」と再度メッセージが表示されることもあります。 その場合は再度指をのせ直しましょう。 「クイックペイ」という決済音が鳴るまでiPhoneをカードリーダーにかざし続けるという点を留意しておけば、トラブルを回避できます。 QUICPay(クイックペイ)を利用できる店舗はコンビニを始め多数存在し、現在増加傾向にあります。 コンビニでは、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンなどの大手コンビニに加え、デイリーヤマザキ・ポプラ・生活彩花・スリーエイトなどの人気コンビニでも利用できます。 スマホ決済はコンビニのような普段よく使う店舗で利用が拡大していくことが予想されるので、今後もQUICPay(クイックペイ)を利用できるコンビニは増えていくでしょう。 スーパーでは、イオン・イトーヨーカドー・ダイエーをはじめ、マイナーなスーパーも多く利用できるようになっています。 ドラッグストアでは、マツモトキヨシ・ツルハドラッグ・ココカラファイン・ウェルシア薬局などの大手に加え、多くの店舗で利用できます。 iPhoneにおけるQUICPay(クイックペイ)の設定方法・使い方をマスターして、Walletアプリを使ったスマホ電子決済サービスを活用しましょう。 コンビニなどのよく使う店舗ではスマホ決済は便利で利用価値があります。 大手コンビニはもちろん、比較的マイナーなコンビニでもQUICPay(クイックペイ)は利用できます。 自分が普段良く使うコンビニでも利用できる可能性は高いので確認してみましょう。 Walletアプリは「Apple Paly」を管理するアプリです。 「Apple Paly」はAppleデバイスにスマホ電子決済サービスを設定するためのプラットフォーム機能の名称で、実際の電子決済サービスの名称ではないので混同しないように気を付けましょう。 iPhoneにおける QUICPay(クイックペイ)の設定は、Walletアプリを通して行います。 設定方法は簡単です。 WalletアプリにQUICPay(クイックペイ)対応のクレジットカードを登録するだけで設定は完了します。 iPhoneにおけるQUICPay(クイックペイ)の利用方法・ 使い方は、店頭でQUICPay(クイックペイ)を使用することを告げて、Touch ID・Face IDを使ってiPhoneをカードリーダーにかざすだけです。 その際、利用方法・使い方として注意するべき点は、 「クイックペイ」という決済音が鳴るまでiPhoneをかざし続けるということです。 iPhoneの画面上「完了」と表示されても「クイックペイ」という決済音が鳴らないと決済が完了していないので気を付けましょう。

次の

キャッシュレス・消費者還元事業でご利用額の最大5%が還元されます!|クレジットカードなら、JCBカード

クイック ペイ ポイント 還元

QUICPay(クイックペイ)の概要 QUICPay(クイックペイ)はFelicaを利用したキャッシュレス決済サービスの一つです。 基本的に決済金額は1回あたり 2万円という制限があるため、コンビニやスーパーなどでの手軽な小額決済に向いているサービスです。 もちろん利用料は 無料でお金は掛かりません。 また魅力的な電子マネー決済音ランキングBEST5では 堂々の1位に輝いています…ランキングを認定したのは 私ですが。 クイックペイの5つの特徴 Felica対応でスマホワンタッチ決済 最近のQRコードを利用した決済サービスとの大きな違いは Felicaを利用した決済サービスであることです。 Felicaを利用したキャッシュレス決済はバーコード等を使わず、 スマホをタッチするだけで簡単に決済することができます。 QRコード決済は確かに還元率でお得な面もありますが、アプリを起動して見せて…というのはちょっと面倒です。 その点クイックペイなら「クイックペイで」と告げてタッチすれば「 グイッグベェェイッ!」で終わります。 魅力的な電子マネー決済音ランキングBEST5では(以下略) 多様な利用形態(ただしモバイルがオススメ) クイックペイには多様な利用形態があります。 専用カード• nanacoカード一体型• 電子マネー一体型• クレジットカード一体型• QUICPayモバイル という5種類がありますが、 QUICPayモバイルを強くオススメします。 それはなぜかと言えば財布の中にカードをゴチャゴチャと増やすのはストレスにしかならず、モバイル端末に機能を搭載するのが合理的だからです。 そのためこのページでは QUICPayモバイルの利用を前提に説明します。 クレカ連携でチャージ不要、使った分だけ後日請求 クレジットカードとクイックペイを連携することで店舗でクイックペイの決済が使えるようになります。 事前の チャージは不要でタッチするだけでピッタリの金額で決済されます。 その金額は後日、カード決済利用料として請求が来ます。 QRコード決済の多くは事前にチャージした残高を使って決済していく仕組みとなりますが、 事前にチャージするのは面倒な時もあります。 それに比べてクイックペイは チャージ金額を気にすることなくタッチするだけなので楽ですね。 カワイイ決済音 クイックペイで忘れてはならないのが決済音です。 「 グイッグベェェイッ!」という決済音があるだけに、多少還元率が低くても愛着が湧いてしまいます。 ポイント還元率はちょっと低め クイックペイのデメリットは ポイント還元率が低いことです。 上記の画像は楽天カード+楽天ペイのQRコード決済サービスと楽天カードを利用したクイックペイの還元率を比較したイメージ画像です。 クイックペイ自体には残念ながらポイント還元がないので、 還元はクレジットカード部分のみになります。 これはクイックペイの唯一の デメリットと言えるでしょう。 対応店舗 クイックペイは 対応店舗が多くいろいろな日常サービスでかなり利用できます。 一例として紹介すると• 東京ディズニーランド・シー• タリーズコーヒー• ユニクロ• マクドナルド• 大手コンビニチェーン• イオングループ• ウエルシア薬局• ドラッグセイムス• 海鮮三崎港• かっぱ寿司• ガスト• CoCo壱番屋• TSUTAYA• ジョーシン• ビックカメラ などなど他にも多くの店舗が対応してます。 彼女と ディズニーランドに行って颯爽と「クイックペイで」と言って「 グイッグベェェイッ!」と鳴らせば彼女もきっと 色めきだつはずです。 還元率の高いクレジットカードを使おう クイックペイなら基本的に 還元率の高いカードを使うのがオススメです。 還元率の高いカードと言えば還元率 1. 2%のでしょう。 他にもこのブログでは多数のクレジットカードを紹介しているので自分に合いそうなカードを探してみてくださいね。 QUICPayモバイルを使うには クイックペイはiPhoneにもAndroidにも対応しています。 しかしカードによって使えるか使えないかが変わってくるので、まずはで発行会社一覧より自分の発行会社が対応しているか確認します。 対応している場合には 各カード会社の申込み方法を読みながら進めましょう。 Apple PayがiPhone、Google PayがAndroidです。 厳密に言うとQUICPayモバイルはおサイフケータイを指す? これは余談なので 読み飛ばしても良い話です。 QUICPayモバイルと聞くとスマホ向けのクイックペイだと聞こえますが、厳密には「おサイフケータイの利用が可能なAndroidスマートフォン・フィーチャーフォン向けサービス」とあります。 つまりiPhoneの場合にはQUICPayモバイルとは 言いません。 さらに言えばAndroidでもQUICPayモバイルはおそらく「クイックペイアプリを用いた決済方法」を指すので、Google Payを利用する決済方法ではQUICPayモバイルとは 言わないんじゃないかなと思います。 まあ普段使う分には割とどっちでもいい議論なんですが、暇があったら問い合わせて聞いてみようかと思います(笑) スマートなタッチ決済派にオススメのクイックペイ QRコード決済と比べてスマートにタッチ一つで決済できるのが Felicaを用いたキャッシュレス決済の強みです。 私個人はクイックペイを長く使っているし、決済音がカワイイこともあって愛着が湧いてちょくちょく使っています。 またGoogle PayとApple Payに対応したことで 使える店舗は体感的にもかなり増えているように思います。 また万が一、現金の持ち合わせがなくてSuicaもクレジットカードも使えない…というときのために 第三の選択肢としてスマホに入れておいて損のないサービスでしょう。

次の