ドライフルーツ パイナップル 効果。 ドライパイナップルと生パイナップルの効果の違い

ドライフルーツの効果・効能は?無添加のおすすめドライフルーツをご紹介

ドライフルーツ パイナップル 効果

マンゴー、バナナ、イチジク、プルーン……。 今やスーパーで手軽に購入できるようになったドライフルーツ。 美容と健康に欠かせない成分がたっぷり含まれ、調理の手間も要らないのが嬉しいですよね。 その種類も急増し、棚の前で目移りしてしまうほど。 あまりに数が多すぎて、何を食べたら何に効くのか分からない……と、いつも伸ばした指を引っ込める。 でも興味はすごくある!そんな方もいらっしゃるのでは? そんなあなたのために、今回はドライフルーツを効能から選べるように厳選しました! 「美肌になりたい」 「貧血に効くのはどれ?」 「ダイエットに効果的なのは?」 目的に合わせて気になる項目だけを読めば、何を食べればいいのかが分かります。 さらに簡単なアレンジおやつもご紹介。 ドライフルーツを上手に取り入れ、手軽で美味しいヘルシー生活、始めましょう! ドライフルーツは自然が生んだサプリメント ドライフルーツとはその名の通り、果物を乾燥させたもの。 その起源は、木になった果物が熟成して自然に乾燥し、甘みが増したものと言われます。 大自然が生み出したドライフルーツ。 種類に関わらず、全てにこんな特徴があります。 栄養素を効率よく摂取できる• 噛みごたえがあるのでダイエット時にお役立ち• 疲れたときのエネルギーチャージが手早くできる• 携帯しやすくバッグや机のお供に最適 果物にはもともと数えきれないほどの栄養素が含まれます。 それがギュッと閉じ込められたドライフルーツは、いわば 天然のサプリメント。 特に食物繊維や鉄分は、生のフルーツより豊富なことだって多いのです。 またある程度の固さがあるためよく噛まないと飲み込めず、 早食い・ドカ食いを自然と予防してくれます。 栄養価が高いため、 疲れた時のエネルギーチャージにもぴったり。 長期間保存でき、小さなスペースにもひょいっと放り込めるので、普段持ち歩く バッグやオフィスの机などに常備しておくと便利です。 生の果物よりお得?ドライフルーツだけの長所 ドライフルーツには、生の果物より優れている点がたくさんあります。 少量で効率的に栄養素を摂取できる 鉄分、食物繊維、カルシウム、カリウム……他にもたくさんの栄養素がギュッと凝縮されています。 同じ体積で比較すると、 生の果物の3〜10倍とも言われます。 これは果物の水分を蒸発させてもほとんどの栄養素が残り、小さく凝縮されるため。 ビタミン類に関しては乾燥の過程で消滅してしまうものもありますが、他の栄養素は生の果物よりむしろ豊富な場合が多いのです。 身体を冷やさない ほとんどの果物には、およそ80〜90%の水分が含まれます。 水分の摂り過ぎは女性の大敵、冷え性のもとです。 生の果物は総じて身体を冷やしがち。 ドライフルーツならその心配はありません。 乾燥させたドライフルーツは水分が少なく身体を冷やす効果もないため、冷え性の方でも食べやすいのです。 腹持ちがよく、ダイエットにぴったり ある程度の固さがあることで噛む回数が増え、腹持ちがよくなります。 またたくさん噛むことで脳の満腹中枢が刺激され、お腹がいっぱいになったよ!という信号が発信されて食べ過ぎを防いでくれるのです。 ダイエット中に小腹が空いた際には、チョコやクッキーよりお腹にたまり、美容効果もずっとアップするドライフルーツがオススメです。 バナナ、リンゴ、プルーン、チェリー、イチジク、アプリコット、マンゴー 便秘解消といえば食物繊維。 ドライフルーツは食物繊維を豊富に含むものが多いですが、中でもこれらはピカイチの実力者たちです。 水溶性・不溶性両方の食物繊維が豊富なバナナは、• 脂肪 の吸収を抑制し、便のかさを増やしてスムーズな排便を促します。 プルーンは水溶性食物繊維が豊富なほか、便秘改善薬にも使用されるソルビトールという成分を多く含みます。 便秘解消効果は抜群。 食べ過ぎると下痢を引き起こす可能性があるので、くれぐれもご注意を! 腸内環境を整えるビフィズス菌。 それを増加させるフラクトオリゴ糖は、様々なフルーツに含まれます。 このためドライフルーツ全般に整腸作用が期待できます。 ヨーグルトと一緒に食べれば効果倍増! 目的5. 疲労を回復したい アプリコット、イチジク、バナナ 糖質が少なく、エネルギー代謝を促進させるビタミンB群が豊富。 ダイエットの味方とも言えるドライフルーツが、アプリコットとイチジクです。 食物繊維豊富なドライバナナと組み合わせましょう。 ただしドライフルーツはエネルギーチャージに適した食べ物。 見た目よりも高カロリーです。 食べ過ぎに充分注意し(1日30g程度が適量です)、食べた当日エネルギーとして消費するには午前中に摂るのがよいでしょう。 飽きが来ないように工夫しよう!ドライフルーツのお手軽アレンジ そのままでも美味しいドライフルーツですが、簡単なひと工夫で更に美味しく頂くことができます。 本当に簡単ですぐにでも出来そうなアレンジ例をご紹介します。 ヨーグルトに混ぜる ドライフルーツをヨーグルトに混ぜ、夜寝る前に冷蔵庫に入れておきます。 朝起きる頃には水分を吸ってちょうどよい柔らかさになり、朝食に最適なデザートの出来上がりです。 クリームチーズやバターに練り込む 常温に戻したクリームチーズやバターに、刻んだドライフルーツを練り込みます。 ラップに包んで棒状に伸ばし、冷蔵庫で2〜3時間。 冷えたら完成。 クラッカーなどに乗せて食べると美味しいです。 アイスに混ぜる バニラアイスに刻んだドライフルーツを混ぜれば、オリジナルデザートの出来上がり。 面倒ならアイスの上にトッピングするだけでも美味しく頂けます。 紅茶に入れてフルーツティーに 刻んだドライフルーツを紅茶の茶葉と一緒に入れて、お湯を注げば簡単フルーツティーの完成。 栄養素もたっぷり溶け込み、香りも引き立ちます。 お菓子に混ぜ込む カップケーキやクッキーなどを手作りするなら、刻んで生地に混ぜるだけで味も見た目も華やかになります。 ドライフルーツの注意点「過ぎたるは及ばざるが如し」 美容効果は満点、栄養面でもいいことずくめのドライフルーツ。 しかし、食べ過ぎにはご注意を。 ドライフルーツは食物繊維が多いため、便秘解消の強い味方になります。 しかし 食べ過ぎるとお腹を壊す恐れもあります。 特に身体が疲れているときは要注意です。 また少量で効率的にたくさんの栄養素を摂取することができますが、カロリー自体は決して低くありません。 ダイエットを目指すなら、一度湯通しして表面のオイルコートや糖分を洗い落とし、少量をよく噛んで食べるのがよいでしょう。 どんなに身体に良い食べ物でも、食べ過ぎればかえって毒になってしまいます。 ドライフルーツももちろん同じで、生と同量では食べ過ぎなのです。 1日に食べる適量は、大さじ2〜3杯程度(片手ですくって一杯分くらい)と言われます。 活用の仕方で毒にも薬にもなる自然のサプリメント。 上手に取り入れ、ヘルシー美人を目指しましょう!.

次の

パイナップル/パインと栄養価・効果効能

ドライフルーツ パイナップル 効果

身近な存在でもあるドライフルーツについては、よく知られていますが、より詳しく解説していきましょう。 ドライフルーツって具体的にどんなものか? ドライフルーツとはその名の通り、乾燥した果物のことです。 天日干しして水分を飛ばしたり砂糖漬けにして乾燥させた果物で、日本に昔からある干し柿や(果物ではありませんが)干し芋などでもわかるように、もともとは 冬を越すための保存食として使われていたものです。 少し前までは干し柿やレーズン、あんずくらいしか目にすることしかなかったですが、最近ではありとあらゆる果物や一部野菜がドライフルーツとして販売されています。 どうやって作られているの? ドライフルーツは、干し柿などでもわかるように天日に干して作られるというものでしたが、販売されているものに関しては熱風乾燥ができる専用のマシンに入れて作られます。 栄養価は? 水分が蒸発した果物であるドライフルーツは栄養も飛んでいってしまっているのでは?と思われがちですが、実は飛んでいっているのは水分だけで 栄養価が減っているということはないのです。 鉄分や食物繊維やカリウムなどなど他にもいろいろな栄養素が含まれる果物は、水分を蒸発させてもほとんどの栄養素が残ると言われています。 それどころか水分が飛び小さく凝縮されることで、 生の時よりも栄養素が多くて10倍にもUPするものもあります。 そしてまた、普段は捨ててしまう皮の部分もドライフルーツになることで食べやすくなっていることが多いので、 栄養が豊富と言われる皮の部分含めまるごと食べられるので、栄養価はむしろ高くなっていると考えられます。 食べ方と適量は? そのままおやつ感覚で食べてもいいですし、シリアルや無糖のヨーグルトに混ぜたり紅茶やハーブティ、ソーダ水などに浮かべてなどいろいろな食べ方ができます。 お菓子作りの具材にもいいですね。 ヨーグルトに入れて一晩置くと、しっとりして食べやすくなりますよ。 果物は基本的にはヘルシーですが果糖という糖分が含まれていますし、砂糖漬けにされているものも多いので摂り過ぎはNGです。 ドライフルーツの摂取量は、1日あたり片手に一杯分くらいが最適です。 ドライフルーツによく使われているフルーツ果物本来のパワー 生よりも効率よく果物を摂取できるドライフルーツ。 皮も含めまるごと食べられるということで様々な果物がドライフルーツになって販売されています。 レモン ビタミンCの代表のような位置づけのレモン。 生のレモンはそのまま食べるという方もいらっしゃいますが、多くがその果汁が使われるということがほとんどですよね。 レモン1個 100g相当 にビタミンCが100mg含まれているというので、基本的なビタミン補給や含まれているクエン酸が血液をサラサラにしてくれますし、美白対策などにも有効的です。 ですが含まれる 100mgのビタミンCのうちは果実に含まれるのは50mgなのです。 それ以外の50mgは皮に含まれているのです。 レモンの果実は酸味が強いのでそのまま食べるのもちょっと難しいですが、それ以上に皮の部分なんて苦味が強くて食べるのは難しいものです。 ですが、水分を飛ばしてドライフルーツにすることで苦みが少なくなりますし、砂糖漬けにすることで酸味と程よい苦味を楽しみながらレモンの栄養をまるごと楽しむことができます。 輪切りの状態や、レモンピールとして皮のみの状態で販売されています。 ゆず ゆずもまたビタミンCが豊富な果物です。 1個(100g相当)で皮と果実合わせて150mgものビタミンCが含まれています。 果実は酸味が強く、皮も苦味があるということで、レモンと同じく一般的にはそのままで食べるというよりも果汁が使われることが多く、皮は蜂蜜漬けでゆず茶として使われることが多く、寒い時期にはホッと体を温めてくれます。 香りづけに使われることも多いですね。 そんなゆずはレモンと同じく皮の部分がドライフルーツとして販売されていることが多いです。 オレンジ・みかん 程よい酸味もあり甘さもあり食べやすくおいしいオレンジやみかん。 ビタミンCも比較的多く含まれており、 免疫力を高めてくれるという効果がありますので風邪対策にもいいとされていますね。 そのままでも食べやすいオレンジやみかんも、ドライフルーツがあります。 オレンジは皮付きの状態で、みかんは薄皮付きの状態になっていることが多く、皮に含まれる栄養をあますところなく摂取できます。 ここまで紹介してきたビタミンCが豊富な果物ですが、ビタミンCは熱に弱いという特徴があります。 ドライフルーツは作られる際に熱処理をしますので、ビタミンが減ってしまうのです。 なので、まるごとの相当量を食べても実際に含まれる量の摂取は難しいという注意点もあります。 キウイフルーツ ビタミンCや食物繊維を豊富に含むキウイフルーツ。 甘酸っぱくておいしい果物で食べやすいだけでなく、 腸をきれいにしてくれて低カロリーでポリフェノールが含まれていることから美容や健康に効果的な果物で女性にピッタリと言われています。 キウイフルーツは皮を向いて輪切りの状態でドライフルーツになっているものが多いです。 柿 元祖!日本のドライフルーツですね。 「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われているほど健康にいいと言われる栄養が豊富な果物である柿。 高血圧やむくみを予防してくれるカリウムや食物繊維、ビタミンCが豊富です。 干し柿は、保存食として使われていたのはもちろんですが、渋くて食べにくい柿は干して水分を飛ばすと甘さが引き出されおいしく食べられるようになるという生活の知恵から生まれたものだと言われています。 ドライフルーツにするとビタミンCは熱に弱いので減少してしまう、と言うお話を先ほどしましたが、干し柿に至ってはビタミンCの減少の代わりにビタミンAが増加します。 これによって食物繊維やカロテンの量が増えます。 りんご 「1日1個で医者いらず」と昔から言われているりんご。 食物繊維やポリフェノール、ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいる果物です。 シミの原因になるメラニン色素の生成を抑えるという働きもあり、健康にも美肌にもダイエットにも最適な果物で有名ですよね。 普通に甘くておいしく食べることができるりんごですが、ドライフルーツになることによって栄養価が最大10倍にもなると言われています。 プルーン ドライフルーツと言っても半生の状態のプルーン。 鉄分が豊富で、鉄分が多い食品の代表のような存在ですよね。 生の時よりも鉄分量はUPしますし、種を抜いてある状態なので食べやすくなっていますし、食物繊維も豊富。 貧血対策やダイエット時に効果的です。 バナナ 「朝バナナダイエット」と言うのが話題になったのを覚えている方は多くいらっしゃると思います。 バナナは腹持ちがいいと言うだけでなく、 食物繊維やカリウムが豊富な果物で、便秘解消やむくみ予防に効果的。 そしてバナナに含まれる糖類は、果糖をはじめブドウ糖やショ糖など人が生きていくうえでのエネルギーを作り出してくれるのに必要な糖類が含まれているのです。 輪切りの状態やちょっと長めにカットされてドライフルーツになっているものが多いです。 ちなみにバナナチップスと言うものもありますが、バナナチップスは油で揚げてあるものになるので、ドライフルーツとは別ものですね。 マンゴー 高級品と言うイメージの強いマンゴー。 特にビタミンAの含有量は果物でもトップクラスと言われています。 パイナップル 最近ではカットフルーツがスーパーはもちろんコンビニでも普通に販売されるようになり、そんな中でよく見かけるパイナップル。 甘みとさわやかな酸味、そして香りも楽しめるトロピカルフルーツですね。 私は果物の中でもパイナップルが大好きでしょっちゅう食べているのです。 パイナップルには、食物繊維やビタミンA・B1・B2・C・Gを豊富に含んでおり、ブロメニンと言うタンパク質の分解酵素が含まれています。 好きな人もいれば嫌だという人もおり賛否両論の「酢豚にパイナップルが入っている」というのは甘酸っぱさを出しておいしさを引き立てるためだけではなく、このブロメリンの働きでお肉の消化を助けるという目的もあるのです。 なので「ちょっと食べすぎちゃったかな」という時にパイナップルを摂ることで消化を助けてくれるという効果も期待できます。 また、パイナップルはドライフルーツにすることによって食物繊維やカルシウム量がUPします。 あんず(アプリコット) あんずも干しあんずとして、わりと昔からあるドライフルーツですよね。 程よい甘みと酸味があるあんずは、もちろん生でもOKですが、アプリコットジャムやシロップ漬けなどに加工されていたり、あんず酒になっていたりします。 栄養価としてはビタミンAが多く含まれており、リンや鉄分などのミネラルも豊富に含まれています。 そしてドライフルーツになることによってそのミネラル量がUPします。 また、冷え性に効果的と言われており干しあんずを毎日摂ることで冷え性の改善が期待できるといいます。 いちじく いちじくと言うと中にツブツブのようなものがあるというイメージだと思いますが、あのツブツブは実はあれは花だそうです。 いちじくを漢字で書くと「無花果」・・・字の通り花がないと思いきや中に無数の花があるのですね。 そのいちじくは 食物繊維やカルシウムや鉄分、ビタミンやポリフェノールが豊富に含まれています。 便秘解消や美肌、エイジングケアや貧血対策に効果的で、まさに女性にぴったりの果物と言えます。 そしてパイナップルにも含まれている言うタンパク質分解酵素のブロメニンも含まれているので食後のデザートに最適です。 ですが、いちじくって他の果物に比べると、どこにでも売ってるわけでもないことが多いです。 やはり他の果物同様に栄養価が増すドライフルーツでの摂取が効果的です。 特に鉄分やカルシウムは生の時に比べて倍以上にUPしますし、生の状態でも食物繊維量はバナナやリンゴよりも多いと言われておりドライフルーツになると約10倍になると言われています。 イチゴ 甘くておいしいイチゴは好きな人も多い人気の果物ですよね。 イチゴはビタミンCが豊富で風邪の予防や美肌に効果的で、その量は100g中に50~100mg含まれているので、5粒ほどで必要ビタミン量を摂取することができます。 他にも食物繊維やペクチン、クエン酸が豊富でカリウムとナトリウムがバランスよく含まれており、ドライフルーツになることでそれらが凝縮されて効果的に摂取ができます。 ほしい効果別に最適なドライフルーツ• オーブンなどで水分を飛ばして作る• 昔ながらのように天日で干して作る• ドライフルーツメーカーで作る 特におすすめなのが ドライフルーツメーカーです。 カットしたフルーツを並べてスイッチオンで簡単にドライフルーツができてしまう優れモノ! できあがるまでにかかる時間は素材によって違ってきますが、4~24時間放っておくだけでできるという点では手軽ですし、好きな果物で好きな量を作れるというのはコストダウンになりますね。 まとめ ここまでお話ししてきたようにドライフルーツには食物繊維や鉄分、カリウムやカルシウム、ビタミンなどの様々な栄養素が生の果物の時よりも何倍にも濃縮されているものがほとんどです。 天然のサプリメントとして簡単においしく栄養を摂ることができるというお手軽さと言うのが魅力です。 1つの果物だけで摂るもよし、ミックスタイプになったもので摂るもよし、手作りするもよしとさまざまな方法で楽しめます。 今回お話しさせていただいたことで、いきいきと健康的に過ごす為や美肌のため、そしてダイエットのためやただ単におやつ代わりに…ともっとドライフルーツを身近に楽しんでいただけるきっかけになったらうれしいです。

次の

パイナップルのドライフルーツ、栄養素やタンパク質分解酵素などの効果は?

ドライフルーツ パイナップル 効果

食品に使われる漂白剤は洗剤と一緒? そもそも漂白剤と聞くと、なんだか恐ろしくなってしまうのはなぜでしょう?それは、色を白くしたり滅菌するために使う、洗剤の漂白剤を思い浮かべてしまうからですね。 でも、食品添加物として使われる漂白剤は別の種類の薬品で、色を落とすためではなく発色をよくするために使われています。 呼び方は同じでも、目的も種類も違うということを理解しておく必要があります。 ドライフルーツに漂白剤が使われる理由 食品添加物としての漂白剤の目的のひとつは、食品の発色をよくすること。 変色を防ぎ、色をキレイに見せることによって、消費者に美味しそうなイメージを与えることを目的として使用されます。 ドライフルーツに漂白剤が使われる理由も、まさしくそれです。 美味しそうなフルーツの色を出すために使われるのです。 また漂白剤には、酸化防止、保存性を高める効果もあります。 発色の良さと保存性の良さ。 この2つが漂白剤が使われる理由と言えそうです。 ドライフルーツに使われる漂白剤の添加物表示 ドライフルーツに漂白剤としてよく使用されているものは、亜硫酸塩といいます。 そして亜硫酸塩には、さらに細かく分類された別名称がいくつもあるので要注意です。 以下がその細かい別名称です。 二酸化硫黄、ピロ亜硫酸ナトリウム、亜硫酸Na、次亜硫酸Na、ピロ亜硫酸Kなどです。 これらの表示の1つでも含まれていたら、その製品に漂白剤が使われていることを意味します。 食品添加物の漂白剤の危険性 食品用の漂白剤である亜硫酸塩には、人体への悪い影響が考えられます。 報告されているだけでも、神経炎、骨髄萎縮、ビタミンB1欠乏症などがあります。 特に、小さなお子さんや妊婦さんなどが食べる場合は、添加物表示をしっかりチェックしてから、選ぶようにしたいですね。 色がキレイすぎるドライフルーツは危険? 自分でドライフルーツを作ってみたことがある人なら分かると思いますが、本来ドライフルーツというのはあまりキレイな色に出来上がりません。 天日で干した場合でも、オーブンや乾燥機で作った場合でも、黒ずんでくすんだ色に仕上がるのが普通です。 ところが市販されているドライフルーツの中には、まるでフルーツキャンディのような鮮やかな色をしているものもあります。 そういう場合は漂白剤が使われてしまっている可能性が大きいと言えます。 添加物表示を読んで判断する以外にも、自然な色か不自然な色かを判断できる目を養うことも大切です。 漂白剤をつかっていないドライフルーツを買う 神経質になる必要はありませんが、消費者が出来るだけ天然のもの、添加物不使用のものを選ぶ努力をすることが大切です。 漂白剤を使っていないドライフルーツは使っているものに比べて、色が悪くて美味しそうに見えないかもしれません。 保存性も良くないかもしれません。 でも添加物不使用のドライフルーツをたくさんの人が選んでいけば、少しづつ安心できる製品が増えていき、漂白剤入りのドライフルーツが減っていくかもしれません。

次の