沖縄 スペイン 旅行。 スペイン旅行から成田空港に帰国した沖縄在住の女性が成田空港でコロナウィ...

沖縄で10代女性がコロナに感染!高校や年齢は?スペインで大流行中?

沖縄 スペイン 旅行

もくじ• 沖縄県在住の6人家族が休校中にスペイン旅行でコロナ感染 今回、新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、沖縄本島中部に住み、県内の学校に通う10代の女性。 沖縄県が出したいる情報によると、10代女性は家族や親戚を含め6人で3月13日からスペインを旅行へ出かけ、3月20日に帰国し、成田空港でコロナウイルスの検査を受けていました。 しかし、結果が出るまで空港で待機するよう要請されていたのにも関わらず、要請を無視して20日のうちに沖縄の自宅に戻っていたとされています。 その翌日3月21日には、厚生労働省から感染が確認されたと連絡がありコロナウイルス陽性が判明しました。 現在まで症状は出ていない無症状の感染者であるとされるものの、感染症の指定医療機関に入院する予定とされています。 また、ほかの家族などの5人は検査は陰性だったとされていますが、再度の検査で陽性となることも多く、警戒がもたれます。 ・成田空港内 ・成田空港-羽田空港(高速バス) ・羽田空港内 ・羽田空港-自宅(自家用車) スペインから帰国したのは成田空港とされとり、成田空港から羽田空港間は、バスを利用して移動したとされています。 このバスには運転手と家族以外に乗客はいなかったとされていますが、感染者が座っていたりした座席などからの感染もありますが、その後にバスを利用した客がいなかったかに関しては情報が出ていません。 また、羽田空港を経由して那覇空港に移動したあと、自家用車で帰宅したということですが、家族や飛行機の機内で近くに座っていた人など少なくとも9人を濃厚接触者として健康観察を行うことしています。 上記以外にもスペイン-成田間の飛行機内での感染や空港内でも感染が広まった可能性は否定できず、かなり大規模に感染を広めてしまった可能性が考えられます。 スポンサーリンク コロナ検査要請無視で帰宅した家族と少女の情報は? 今回のスペイン旅行帰りの家族について、現在までに詳しい情報は出ていないため、名前や画像などは不明となっています。 ただ、感染が確認された10代少女については10代前半の学生(高校生以下)であるといった情報があります。 -コロナウイルス発覚の10代少女- 名前:不明 年齢:10代前半 職業:学生 住所:沖縄県中部 ただ、今回の件でいえばこの少女が悪いというよりも、今回の件でいえば家族(親)に問題があったと思われます。 全国的に学校が休校となったのは遊びに行くためではなく、感染拡大をくい止めるために行われたのですが、それを理解することができなかったようです。 もし何かしらの事情で海外に出なければいけないとしても、これだけ連日感染に対しての対応などが報道されている状況で、「知らなかった」というのはありえず故意の行動であることは明白でしょう。 スポンサーリンク スペイン旅行後の検査を無視して帰宅した理由は?罪になる? 家族が検査結果が出る前に帰宅した理由として、帰りの予約をしていた飛行機のチケットなどにあったとされています。 これは、検査結果が出るまでの待機にかかるチケットの再取得や、宿泊に関する各種費用に関しては自腹負担となることにあり、それを嫌って結果が出る前に帰宅したと思われます。 今回の件に関して、厚生労働省は3月23日に検査中に成田空港を離れた一行の行動については 「検査自体を拒んだとも解釈できる」として、検疫法に抵触する可能性があるといったコメントをしています。 これにより、検査中は強制力のある待機が求められる状況だったとした一方、「実際にどういうやりとりをしていたかは調査中」とし、移動した背景や事情も含めて総合的に判断するといった見解を述べています。 厚生労働省は、自己負担が生じることについては「こういうこと(検査)になるのは事前にご存じだと思う」と述べており、現段階では支援策を検討していないとしています。 検査中に空港を離れた事例は今回が初めてとのことで(検査拒否は以前にも発生)、今後のことも考えると検疫法違反となる可能性はありそうですね。

次の

沖縄でスペイン帰りの10代女性が新型コロナ感染→悪質極まりない。

沖縄 スペイン 旅行

もくじ• 沖縄県在住の6人家族が休校中にスペイン旅行でコロナ感染 今回、新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、沖縄本島中部に住み、県内の学校に通う10代の女性。 沖縄県が出したいる情報によると、10代女性は家族や親戚を含め6人で3月13日からスペインを旅行へ出かけ、3月20日に帰国し、成田空港でコロナウイルスの検査を受けていました。 しかし、結果が出るまで空港で待機するよう要請されていたのにも関わらず、要請を無視して20日のうちに沖縄の自宅に戻っていたとされています。 その翌日3月21日には、厚生労働省から感染が確認されたと連絡がありコロナウイルス陽性が判明しました。 現在まで症状は出ていない無症状の感染者であるとされるものの、感染症の指定医療機関に入院する予定とされています。 また、ほかの家族などの5人は検査は陰性だったとされていますが、再度の検査で陽性となることも多く、警戒がもたれます。 ・成田空港内 ・成田空港-羽田空港(高速バス) ・羽田空港内 ・羽田空港-自宅(自家用車) スペインから帰国したのは成田空港とされとり、成田空港から羽田空港間は、バスを利用して移動したとされています。 このバスには運転手と家族以外に乗客はいなかったとされていますが、感染者が座っていたりした座席などからの感染もありますが、その後にバスを利用した客がいなかったかに関しては情報が出ていません。 また、羽田空港を経由して那覇空港に移動したあと、自家用車で帰宅したということですが、家族や飛行機の機内で近くに座っていた人など少なくとも9人を濃厚接触者として健康観察を行うことしています。 上記以外にもスペイン-成田間の飛行機内での感染や空港内でも感染が広まった可能性は否定できず、かなり大規模に感染を広めてしまった可能性が考えられます。 スポンサーリンク コロナ検査要請無視で帰宅した家族と少女の情報は? 今回のスペイン旅行帰りの家族について、現在までに詳しい情報は出ていないため、名前や画像などは不明となっています。 ただ、感染が確認された10代少女については10代前半の学生(高校生以下)であるといった情報があります。 -コロナウイルス発覚の10代少女- 名前:不明 年齢:10代前半 職業:学生 住所:沖縄県中部 ただ、今回の件でいえばこの少女が悪いというよりも、今回の件でいえば家族(親)に問題があったと思われます。 全国的に学校が休校となったのは遊びに行くためではなく、感染拡大をくい止めるために行われたのですが、それを理解することができなかったようです。 もし何かしらの事情で海外に出なければいけないとしても、これだけ連日感染に対しての対応などが報道されている状況で、「知らなかった」というのはありえず故意の行動であることは明白でしょう。 スポンサーリンク スペイン旅行後の検査を無視して帰宅した理由は?罪になる? 家族が検査結果が出る前に帰宅した理由として、帰りの予約をしていた飛行機のチケットなどにあったとされています。 これは、検査結果が出るまでの待機にかかるチケットの再取得や、宿泊に関する各種費用に関しては自腹負担となることにあり、それを嫌って結果が出る前に帰宅したと思われます。 今回の件に関して、厚生労働省は3月23日に検査中に成田空港を離れた一行の行動については 「検査自体を拒んだとも解釈できる」として、検疫法に抵触する可能性があるといったコメントをしています。 これにより、検査中は強制力のある待機が求められる状況だったとした一方、「実際にどういうやりとりをしていたかは調査中」とし、移動した背景や事情も含めて総合的に判断するといった見解を述べています。 厚生労働省は、自己負担が生じることについては「こういうこと(検査)になるのは事前にご存じだと思う」と述べており、現段階では支援策を検討していないとしています。 検査中に空港を離れた事例は今回が初めてとのことで(検査拒否は以前にも発生)、今後のことも考えると検疫法違反となる可能性はありそうですね。

次の

スペイン旅行・ツアー・観光は格安価格で予約!【HIS】

沖縄 スペイン 旅行

写真:長坂 ヒロ 続いて、気になるスペインのベストシーズンですが、春(5・6月)か秋(9・10月)がスペインのベストシーズンと言えるでしょう。 「え、ヨーロッパのベストシーズンって夏じゃないの?」とお思いになるかもしれませんが、ヨーロッパの中でも特に暑さの厳しいスペイン。 夏場の観光はかなり体力的にもこたえます。 また、夏の7・8月はスペインの夏休みとかぶるため、スペイン人の観光客はもちろん、ヨーロッパ各国からのバカンス観光客も多く見られます。 そのため、ホテルの値段が一番高くなる時期でもあり、場合によっては観光施設も値上がりします。 体力的にも経済的にも、夏のスペインは負担が大きくなると思ったほうが良いかもしれません。 提供元:Pixabay <トマト祭り(トマティーナ)> 毎年8月末に行われる、トマトを投げ合うお祭り。 バレンシアに程近いブニョルという街で行われます。 どこからともなくトマトが飛んできて、全身真っ赤になること間違いなしの、かなり激しいイベントです。 汚れてもいい格好で参加するようにしましょう。 多様性溢れる国スペインの魅力 いかがでしたでしょうか?天気だけでなく、祭りに食文化と、それぞれの地域によって多様性を感じることのできる国スペイン。 その一部を体感したら、きっと他の地域にも行きたくなって、何度も何度もリピートしてしまうことでしょう。

次の