ペイペイ 加盟 店。 ペイペイとは?使い始め(登録)から支払いまでの流れ

統一QR、足並み乱れ PayPayが手数料で独自路線 :日本経済新聞

ペイペイ 加盟 店

PayPay ペイペイ は、「 QRコードを設置するだけで導入できる手軽さ」「 決済手数料 =加盟店手数料 が無料で使える」ことから個人店でも使えるお店を見かける機会が増えました。 「100億円あげちゃうキャンペーン」をはじめ、利用者にとってもお得な還元キャンペーンを行っております。 こういった加盟店・利用者双方にとってメリットのある普及促進を行ったことで、MMD研究所が2020年1月に行った「スマートフォン決済利用動向調査」では、QRコード決済の中でも 「認知度・利用者ともにダントツ1位」という結果でした。 しかし、 PayPay ペイペイ の決済手数料 =加盟店手数料 が無料が使えるのは2021年9月末まで。 サービスリリース開始から3年後である2021年10月以降は、決済手数料 =加盟店手数料 が有料化される可能性があります。 この記事では、 決済代行サービス経由でPayPay ペイペイ 利用時は「既に決済手数料 =加盟店手数料 が有料」 PayPay ペイペイ の決済手数料 =加盟店手数料 は、 公式サイトから直接契約をした場合のみ無料で利用することができます。 他社の決済代行サービスで PayPay ペイペイ の決済を行った場合は、 約3%決済手数料が掛かります。 具体的なサービスを挙げると以下の通り。 PayPay ペイペイ の決済手数料 Airペイ エアペイ 3. 24% TakeMe Pay テイクミーペイ 3. 3% 他社サービスの場合、カード決済や電子マネー決済など他の決済方法と手数料と横並びの水準です。 しかし、キャッシュレス化しないお店の多くがネックとしているのは決済手数料。 無料期間終了後に、他の決済サービスと同水準にしてしまった場合、 PayPay ペイペイ の利用を辞めてしまうお店も多いのではないでしょうか。 せっかく、決済手数料負担をせずに拡大した加盟店が使わなくなるような料率設定にするとは少し考えにくいでしょう。 提携している外国人向けQRコード決済は、先行して決済手数料 =加盟店手数料 が有料化! PayPay ペイペイ では中国のALIPAYと提携しており、希望店舗は ALIPAY系列の外国人向けQRコード決済の利用が可能です。 これらのQR決済も無料で利用可能ですが、 PayPay ペイペイ より1年先である 2020年9月末を持ってに無料期間が終了予定です。 2020年10月以降の決済手数料は、「1. 98%」です。 2020年9月末まで 2020年10月以降 ALIPAY 中国 無料 1. 98% ALIPAY HK 香港 KakaoPay 韓国 これらの決済方法の手数料相場は「3. 24%」です。 PayPay ペイペイ の「1. 98%」という決済手数料は、業界最低水準です。 個人店など売上規模が小さいお店で「2%」を切る決済手数料というのは、 国内キャッシュレス決済の相場としては前例がないほど低料率と言えます。 上述から PayPay ペイペイ)の決済手数料が有料化された際の料率は、他の決済手数料相場より1%以上安く設定されることが予想されます。 総務省主導の統一QR「JPQR」経由でのPayPay ペイペイ 利用は決済手数料が掛かる 「JPQR」普及事業とは…? 総務省では経済産業省とも連携して、一般社団法人キャッシュレス推進協議会が策定した決済用統一QRコード・バーコード「JPQR」の普及に向けた実証事業を実施しています。 2020年度事業においては、全国の店舗(事業者)さまを対象に6月22日より、WEBサイトからのJPQR申込みを受付ける予定です。 「JPQR」は乱立するQRコード決済を一つのQRコードで決済できる政府主導の決済サービスです。 2020年6月時点では、以下のような決済サービスの参画が決定しております。 一つのQRコードで様々な決済サービスを導入できる点は魅力的ですが、 PayPay ペイペイ など一部のサービスでは直接申し込みを行った場合と決済手数料が異なります。 PayPay ペイペイ の場合は以下の通り。 現在のところ公式での具体的な手数料詳細は無し!ただし「悪いようにはしない」 2021年10月以降の明確な手数料について、現状では公式からの発表はありません。 しかし、2019年の「ITmedia」の取材記事によるとPayPay株式会社の馬場副社長が以下のような発言をしております。 『悪いようにはしません』というのが回答です。 常に競争していますし、三方(加盟店、ユーザー、PayPay)がよくなる方向を考えています。 実際のところ、決済手数料でこの事業を成り立たせることは難しいと考えていますし、それ以外の方法でのマネタイズを考えています。 上述の通り、カード決済や電子マネー決済のように 決済手数料からの収益拡大は考えていないようです。 そのため、2021年10月以降も決済手数料が無料で使える可能性も考えられますし、有料化する場合でも他のキャッシュレス決済よりも低料率で設定されることが予想されます。 PayPay ペイペイ の決済手数料は、今後のサービス展開次第 では、具体的にどういった方法で収益を上げていくのかというと以下のようなものが挙げられます・• 支払い情報などによる信用情報のスコアリング化• リボ払いの導入による利用者から手数料をもらう• PayPay ペイペイ を通しての広告・プロモーション 支払い情報などによる信用スコアリング化 信用スコアリングの活用が進んでいる 中国では「ALIPAY」と連携したスコアリングサービス「芝麻信用(ジーマクレジット)」が社会全体に大きな影響をもたらしております。 日本で信用スコアリングが利用されるのは、住宅ローンや融資時の審査などに限られますが、中国では「芝麻信用(ジーマクレジット)」の信用スコアリングに応じて、 さまざまな優遇措置を受けることができます。 例えば、レンタカーやホテル予約の際の保証料が免除されたり、金融ローンの金利が優遇されるなど、身近なシーンに関わる多くに影響があります。 また、信用スコアリングを行うことで、企業がサービスを提供する対象をスコアが高い人のみに限定することで、無駄な経費削減や金銭トラブルを避けることが出来るため、質の高いサービスをより安定して供給することができるわけです。 こうした社会に影響を与えるサービスとしての基盤を気づくことが出来れば、決済手数料など比べ物にならない収益が期待できるでしょう。 金融サービスの拡大で利用者から手数料をもらう 2020年5月28日 木 より、ジャパンネット銀行のカードローンを PayPay ペイペイ アプリ内から利用できるようになりました。 PayPay ペイペイ ではこうした利用者側への金融サービス拡大による収益アップを図っているようです。 現在、 PayPay ペイペイ では銀行口座やクレジットカードを紐づけてチャージを行う形で利用します。 今後は、 クレジットカードのように利用状況に応じた枠を提供し、月1回の支払いといったサービスの提供も検討しているようです。 カード決済のようなサービスができれば、リボ払いや分割払い利用時の手数料での収益拡大ができるわけです。 PayPay ペイペイ を通しての広告・プロモーション PayPay ペイペイ 利用者の購買情報を基に、 趣向やニーズにマッチした広告配信を提供することでも収益拡大は可能です。 例えば、そば屋であれば、不特定多数ではなく「週2回以上、そば屋で PayPay ペイペイ を行っている利用者」に対して、広告配信を行った方が効果的ですよね。 こうしたターゲティング広告はグーグルやSNS上でも配信可能ですが、購買情報に紐づくことで より的確なユーザーに対して広告配信が可能になります。 店舗にとっての新たなデジタルマーティングツールとして使われることでの収益拡大もできるわけです。 【まとめ】他の決済サービスより低料率に設定される可能性が高い カード決済や電子マネーより、後発組のQRコード決済であるため、同じ料率では加盟店側の導入や継続的利用が見込めません。 また、収益拡大のアイデアも豊富であり、馬場副社長の発言からも、サービスリリース開始から3年後の 2021年10月以降も決済手数料は安価な料率で提供されることが予想されます。 確定情報は公式からのアナウンス待ちですが、 有償化された決済手数料 =加盟店手数料 が納得できなければ、利用を辞めるという選択肢も取れます。 各決済サービスが行う還元キャンペーンは加盟店側の負担無く行える集客促進のため、導入を迷っているお店は無料で使える今だからこそ、導入することをおすすめします。 PayPay ペイペイ 以外にもKDDIが提供する「 auPAY」も2021年7月末まで決済手数料 =加盟店手数料 が無料で導入できるため、併せてチェックしてみてください。 このサイトを運営しているHIRAKU ヒラク です。 東京在住のWEBマーケター・アフィリエイター。 10代から飲食店アルバイトを経験し、飲食法人にて広告・WEB運用。 その後、知人の地方飲食法人立ち上げに参加し、WEBを活用した集客を行う。 現在は、個人で飲食店向けのWEBコンサル・アフィリエイトをメインに気ままに生きてます。 サイトアフィリエイトがメインだったので、2019年5月に飲食店のWEB集客を始めとした情報発信兼、個人ブログとして当サイトを立ち上げました。 グルメサイトの運用歴は7年ほど。 掲載している情報ソースは各メディアの公式情報及び、担当者にヒアリングしています。 グルメサイトの基本的な情報や攻略テクニック、裏側など怒られない程度に執筆していきます。。。

次の

PayPay(ペイペイ)を導入して加盟店になる方法とは?メリット・デメリットや導入実績についても解説!

ペイペイ 加盟 店

PayPay ペイペイ は、「 QRコードを設置するだけで導入できる手軽さ」「 決済手数料 =加盟店手数料 が無料で使える」ことから個人店でも使えるお店を見かける機会が増えました。 「100億円あげちゃうキャンペーン」をはじめ、利用者にとってもお得な還元キャンペーンを行っております。 こういった加盟店・利用者双方にとってメリットのある普及促進を行ったことで、MMD研究所が2020年1月に行った「スマートフォン決済利用動向調査」では、QRコード決済の中でも 「認知度・利用者ともにダントツ1位」という結果でした。 しかし、 PayPay ペイペイ の決済手数料 =加盟店手数料 が無料が使えるのは2021年9月末まで。 サービスリリース開始から3年後である2021年10月以降は、決済手数料 =加盟店手数料 が有料化される可能性があります。 この記事では、 決済代行サービス経由でPayPay ペイペイ 利用時は「既に決済手数料 =加盟店手数料 が有料」 PayPay ペイペイ の決済手数料 =加盟店手数料 は、 公式サイトから直接契約をした場合のみ無料で利用することができます。 他社の決済代行サービスで PayPay ペイペイ の決済を行った場合は、 約3%決済手数料が掛かります。 具体的なサービスを挙げると以下の通り。 PayPay ペイペイ の決済手数料 Airペイ エアペイ 3. 24% TakeMe Pay テイクミーペイ 3. 3% 他社サービスの場合、カード決済や電子マネー決済など他の決済方法と手数料と横並びの水準です。 しかし、キャッシュレス化しないお店の多くがネックとしているのは決済手数料。 無料期間終了後に、他の決済サービスと同水準にしてしまった場合、 PayPay ペイペイ の利用を辞めてしまうお店も多いのではないでしょうか。 せっかく、決済手数料負担をせずに拡大した加盟店が使わなくなるような料率設定にするとは少し考えにくいでしょう。 提携している外国人向けQRコード決済は、先行して決済手数料 =加盟店手数料 が有料化! PayPay ペイペイ では中国のALIPAYと提携しており、希望店舗は ALIPAY系列の外国人向けQRコード決済の利用が可能です。 これらのQR決済も無料で利用可能ですが、 PayPay ペイペイ より1年先である 2020年9月末を持ってに無料期間が終了予定です。 2020年10月以降の決済手数料は、「1. 98%」です。 2020年9月末まで 2020年10月以降 ALIPAY 中国 無料 1. 98% ALIPAY HK 香港 KakaoPay 韓国 これらの決済方法の手数料相場は「3. 24%」です。 PayPay ペイペイ の「1. 98%」という決済手数料は、業界最低水準です。 個人店など売上規模が小さいお店で「2%」を切る決済手数料というのは、 国内キャッシュレス決済の相場としては前例がないほど低料率と言えます。 上述から PayPay ペイペイ)の決済手数料が有料化された際の料率は、他の決済手数料相場より1%以上安く設定されることが予想されます。 総務省主導の統一QR「JPQR」経由でのPayPay ペイペイ 利用は決済手数料が掛かる 「JPQR」普及事業とは…? 総務省では経済産業省とも連携して、一般社団法人キャッシュレス推進協議会が策定した決済用統一QRコード・バーコード「JPQR」の普及に向けた実証事業を実施しています。 2020年度事業においては、全国の店舗(事業者)さまを対象に6月22日より、WEBサイトからのJPQR申込みを受付ける予定です。 「JPQR」は乱立するQRコード決済を一つのQRコードで決済できる政府主導の決済サービスです。 2020年6月時点では、以下のような決済サービスの参画が決定しております。 一つのQRコードで様々な決済サービスを導入できる点は魅力的ですが、 PayPay ペイペイ など一部のサービスでは直接申し込みを行った場合と決済手数料が異なります。 PayPay ペイペイ の場合は以下の通り。 現在のところ公式での具体的な手数料詳細は無し!ただし「悪いようにはしない」 2021年10月以降の明確な手数料について、現状では公式からの発表はありません。 しかし、2019年の「ITmedia」の取材記事によるとPayPay株式会社の馬場副社長が以下のような発言をしております。 『悪いようにはしません』というのが回答です。 常に競争していますし、三方(加盟店、ユーザー、PayPay)がよくなる方向を考えています。 実際のところ、決済手数料でこの事業を成り立たせることは難しいと考えていますし、それ以外の方法でのマネタイズを考えています。 上述の通り、カード決済や電子マネー決済のように 決済手数料からの収益拡大は考えていないようです。 そのため、2021年10月以降も決済手数料が無料で使える可能性も考えられますし、有料化する場合でも他のキャッシュレス決済よりも低料率で設定されることが予想されます。 PayPay ペイペイ の決済手数料は、今後のサービス展開次第 では、具体的にどういった方法で収益を上げていくのかというと以下のようなものが挙げられます・• 支払い情報などによる信用情報のスコアリング化• リボ払いの導入による利用者から手数料をもらう• PayPay ペイペイ を通しての広告・プロモーション 支払い情報などによる信用スコアリング化 信用スコアリングの活用が進んでいる 中国では「ALIPAY」と連携したスコアリングサービス「芝麻信用(ジーマクレジット)」が社会全体に大きな影響をもたらしております。 日本で信用スコアリングが利用されるのは、住宅ローンや融資時の審査などに限られますが、中国では「芝麻信用(ジーマクレジット)」の信用スコアリングに応じて、 さまざまな優遇措置を受けることができます。 例えば、レンタカーやホテル予約の際の保証料が免除されたり、金融ローンの金利が優遇されるなど、身近なシーンに関わる多くに影響があります。 また、信用スコアリングを行うことで、企業がサービスを提供する対象をスコアが高い人のみに限定することで、無駄な経費削減や金銭トラブルを避けることが出来るため、質の高いサービスをより安定して供給することができるわけです。 こうした社会に影響を与えるサービスとしての基盤を気づくことが出来れば、決済手数料など比べ物にならない収益が期待できるでしょう。 金融サービスの拡大で利用者から手数料をもらう 2020年5月28日 木 より、ジャパンネット銀行のカードローンを PayPay ペイペイ アプリ内から利用できるようになりました。 PayPay ペイペイ ではこうした利用者側への金融サービス拡大による収益アップを図っているようです。 現在、 PayPay ペイペイ では銀行口座やクレジットカードを紐づけてチャージを行う形で利用します。 今後は、 クレジットカードのように利用状況に応じた枠を提供し、月1回の支払いといったサービスの提供も検討しているようです。 カード決済のようなサービスができれば、リボ払いや分割払い利用時の手数料での収益拡大ができるわけです。 PayPay ペイペイ を通しての広告・プロモーション PayPay ペイペイ 利用者の購買情報を基に、 趣向やニーズにマッチした広告配信を提供することでも収益拡大は可能です。 例えば、そば屋であれば、不特定多数ではなく「週2回以上、そば屋で PayPay ペイペイ を行っている利用者」に対して、広告配信を行った方が効果的ですよね。 こうしたターゲティング広告はグーグルやSNS上でも配信可能ですが、購買情報に紐づくことで より的確なユーザーに対して広告配信が可能になります。 店舗にとっての新たなデジタルマーティングツールとして使われることでの収益拡大もできるわけです。 【まとめ】他の決済サービスより低料率に設定される可能性が高い カード決済や電子マネーより、後発組のQRコード決済であるため、同じ料率では加盟店側の導入や継続的利用が見込めません。 また、収益拡大のアイデアも豊富であり、馬場副社長の発言からも、サービスリリース開始から3年後の 2021年10月以降も決済手数料は安価な料率で提供されることが予想されます。 確定情報は公式からのアナウンス待ちですが、 有償化された決済手数料 =加盟店手数料 が納得できなければ、利用を辞めるという選択肢も取れます。 各決済サービスが行う還元キャンペーンは加盟店側の負担無く行える集客促進のため、導入を迷っているお店は無料で使える今だからこそ、導入することをおすすめします。 PayPay ペイペイ 以外にもKDDIが提供する「 auPAY」も2021年7月末まで決済手数料 =加盟店手数料 が無料で導入できるため、併せてチェックしてみてください。 このサイトを運営しているHIRAKU ヒラク です。 東京在住のWEBマーケター・アフィリエイター。 10代から飲食店アルバイトを経験し、飲食法人にて広告・WEB運用。 その後、知人の地方飲食法人立ち上げに参加し、WEBを活用した集客を行う。 現在は、個人で飲食店向けのWEBコンサル・アフィリエイトをメインに気ままに生きてます。 サイトアフィリエイトがメインだったので、2019年5月に飲食店のWEB集客を始めとした情報発信兼、個人ブログとして当サイトを立ち上げました。 グルメサイトの運用歴は7年ほど。 掲載している情報ソースは各メディアの公式情報及び、担当者にヒアリングしています。 グルメサイトの基本的な情報や攻略テクニック、裏側など怒られない程度に執筆していきます。。。

次の

PayPay(ペイペイ)の評判!注意点や加盟店のメリット・デメリット等

ペイペイ 加盟 店

この記事の目次• PayPayの「やたら当たるくじ」の破壊力が凄い! PayPay(ペイペイ)が第2弾の100億円キャンペーンとして実施しているやたら 「当たるくじ」だとなんと 5回に1回の買い物で最大1000円相当のポイントバックがあります。 この当選確率がかなりえげつないです。 最大1000円と聞くと前回の大型キャンペーンに比べるとインパクトは薄いですが、ところがどっこい当選率はかなりの確率で、息が長いキャンペーンになります。 コンビニや日常生活の買い物を『ヤフープレミアム会員 』で 「5回に1回」の確率で当選してたらこれかなりお得ですよ。 さらに 『ヤフーカード』ならば、PayPayに残高チャージすることができこのキャンペーンの恩恵を最大限にすることができます。 今後、スマホ決済が本格的に導入されることを考えるとこの機会にカードを作っておくことをおすすめします。 ペイペイが使える飲食店• デニーズ• ガスト• すき家• POZZA LITTLE PARTY• 吉野家• とんかつ松のや• しゃぶしゃぶ温野菜• 幸楽苑• 壱鵠堂• ステーキ宮• 本棚珈琲• 上島珈琲• ストロベリーコーンズ• ピザーラ• ピザクック• キッチンオリジン• れんげ食堂• ふっくら• アロハテーブル• kocoro ya• なか卯• 菜べくら• 華屋与兵衛• 薄利多賣半兵ヱ• かっぱ寿司• はま寿司• 瀬戸うどん• シカゴピザ• ナポリの窯• 京都勝牛• フレッシュネスバーガー• カラオケ歌之助• 白木屋• 坐・和民• 千年の宴• 寿司魚銀• お好み焼き みつえちゃん• にくスタ• 月の宴• 月の花• 268円厨房うちくる• 農後 高田どり酒場• おいでホルモン• カラオケ歌之介• 築地 魚銀• めでた家• BigBoy• 串かつ黒田めでた家• くろまる• kokoroya• 海鮮楽屋福福屋• 目利きの銀次• 鶏のGeorge• モンテカフェ• モンテビア• 金の蔵• 山内農場• オリーブチキンカフェ• ITALIAN GOHAN• GranDiner• TEXMEX FACTORY• 鳥メロ• 銀天街1923• かんてきや• 餃子いち五郎• 餃子トラ五郎• 手羽先唐揚げ鳥良• TGI FRIDAYS• ニッポンまぐろ• ミライザカ• WANGS GARDEN• 一軒め酒場• 博多再生酒場• 大衆炉端フジヤマ桜• 炭火居酒屋炎• DELIS• だんま水産• 養老乃瀧• 太陽のグリル• ピザポケット• ファーストキッチン• かつ庵• 築地銀だこ• 和食よへい• 麹町珈琲• モリバコーヒー• 白ヤギ珈琲店• たもん庵• 天下一• 伝丸 すかいらーく系のファミレス(ガスト、バーミヤン、ジョナサン、夢庵、藍屋、魚屋路)は6月6日より宅配サービスが利用できる全1030店において利用可能に。 今後は宅配サービスだけでなく、実店舗でも使える予定になってます。 ペイペイが使えるアパレルショップ• ユニクロ• FIT HOUSE• ライトオン• マックハウス• OUTDOOR• アース・ミュージックエコロジー• koe• Mac-House• OUTDOOR• ジーンズメイト• ラコステ• アメリカンホリック• グリーンパークス• E hyphen world gallery• ジーンズメイト• DIESEL• タカキュー• セカンドストリート• 洋服の青山• 杏林堂• マツモトキヨシ• ココカラファイン• ライフォート• コダマ• セイジョー• セガミ• コクミン• ジップドラッグ• スーパードラッグアサヒ• ドラッグストアセキ• ひまわり• ツルハドラッグ• くすりの福太郎• ドラッグ&ファーマシー西日本• くすりのレデイ• レデイ薬局• 杏林堂薬局• ドラッグストアウェルネス• ウォンツ• ビックドラック• コジマドラック• サンドラッグ• ドラッグインキムラヤ• GENKY• ドラッグ新生堂 くすりのハッピー• ドラッグイレブン• ゴダイドラッグ• ウエルシア• ハックドラッグ• ゲンキー• クスリのアオキ• アインズ&トルペ• アインズ• ドラッグイン キムラヤ• LIPS and HIPS• Welcia ダックス• マルエドラッグ• サツドラ• 富士薬品グループセイムス• Tomads• ドラッグイレブン• 薬王堂• スギ薬局• ジャパン• クスリ岩崎チェーン• イトーヨーカドー• ビッグ・エー• ヨークマート• フクハラ• ワイズマート• コノミヤ• ハローフーズ• ベルク• フレッシュマーケット ワンダー• スーパー海長• ジョイフーズ• ヤマグチ• 相鉄ローゼン• マルヤ• ベニーマート• スーパーマーケットKINSHO• 食品専門館ハーベス• サミット• スーパーおっ母さん• スーパベルク• スーマーケットポシェット• スーパーマーケットSunplaza• サニー• ベイシア• NARUS• かねひで• とりせん• 東急ストア• 万惣:MANSO• アルゾ:aizo• 大黒屋• スーパーマーケットyaoyoshi• 食品館Bon Visage• ナカムラヤ ダイニング• アスタラビスタ• やまや• フードマーケットマム• GooDay:グッディ• サンプラザ• 生鮮食品館ヒダカヤ• セキチュー• 多慶屋• スーパーマルハチ• Max• リカーマウンテン• ロピア• シマホ• ai賃貸• アート引っ越しセンター• HIS• ステップ• セキチュー• バイク王• イエローハット• オートバックス• Hankyu• Hankyu MENS• FUJI タイヤホイール• 駿河屋:ホビー系• 赤ちゃん本舗•

次の