ウィルスミス 映画。 映画『ジェミニマン』ウィル・スミス主演×アン・リー監督の近未来アクションエンターテイメント

ウィルスミス映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』あらすじとキャスト。公開日は2020年1月31日で予告編も解禁!

ウィルスミス 映画

今回の絶対おすすめ映画は『ハンコック』です。 映画『ハンコック』はウィルスミス主演シャーリーズセロンも出演の豪華キャストの映画ですが、公開当時僕は映画館で鑑賞していません。 記憶は定かではありませんが、たぶんポスターを見て『ハンコック』というタイトルから内容もいまいち想像できなくて、「劇場で見なくていいかなぁ」という心持ちになってしまってたのではないかと思います。 自宅で鑑賞する直前までどんな話か分からずに鑑賞したぐらいです。 悪人から人々を守るヒーローでありながら、その際にいろいろと破壊してしまうことから人々から嫌われてしまっている不老不死のヒーローをウィルスミスが演じています。 後ほど感想で詳しく書きますが、僕は非常に楽しませてもらいました。 それでは映画『ハンコック』の映画紹介です。 映画『ハンコック』は2008年に日本公開されたアメリカ映画です。 上映時間は92分。 監督は ピーターバーグ監督。 『ローンサバイバー』などを監督していて、俳優としても活躍しています。 キャストは ジョンハンコック・・・ウィルスミス メアリーエンブリー・・・シャーリーズセロン レイエンブリー・・・ジェイソンベイトマン アーロンエンブリー・・・ジェイヘッド ケネスレッドパーカー・・・エディマーサン ホッティ・・・ヘイリーマリーノーマン ミッシェル・・・ダエグフェアーク ベンチの少年・・・アッティカスシェイファー マイク・・・トーマスレノン ジェレミー・・・ジョニーガレッキ 巡査・・・ダレルフォスター 警察署長・・・グレッグダニエル 女性警官・・・リズウィッカー リポーター・・・チャーカルビン 重役・・・ブラッドリーランド 重役・・・マイケルマン 重役・・・アキヴァゴールズマン ナンシーグレイス・・・ナンシーグレイス 本人役 囚人・・・ドナルドギブ、マトリックスフィトン、アランハーヴィー、ジャックアクセルロッド、エディJフェルナンデス、アンソニーレデスマ、ドミニスプランピン、マーズクレイン ほか。 映画『ハンコック』あらすじ・ネタバレ ジョンハンコック ウィルスミス は銃弾も跳ね返す鋼の身体を持ち、自由自在に空を飛び、車を片手で持ち上げて放り投げてしまう怪力で市民を救うヒーロー。 に違いないのですが、実際を救助に向かう際に空を飛ぶ前の踏み切りで毎回アスファルトを削ってしまい、着地の際も道路に穴を空けてしまったり、ものすごい勢いで飛行するので鳥なども吹き飛ばしてしまったり、悪人と戦う際に周囲のものを破壊してしまって多くの人に迷惑をかけることも多く、善い行いをしていることに間違いはないのですが、几帳面じゃない性格が災いしてか、ハンコックは人々から煙たがられる存在になってしまっていました。 レイエンブリー ジェイソンベイトマン は広告会社で働く男性です。 結婚していて一人の息子に恵まれています。 ある時レイは車に乗っていて渋滞に巻き込まれ踏切の線路の上で立ち往生してしまいます。 電車がやってきてしまい前の車と後ろの車に自分の車をぶつけ脱出を試みるレイでしたが、スペースはできずにすぐそこまで列車が来てしまい万事休すの状態になります。 レイがもうだめだと思わず目をつぶったところにハンコックが現れます。 ハンコックは車の前方を持ち上げて軽々とひっくり返し、踏切から移動させました。 そこへ列車が突っ込んできてハンコックに衝突しますが、ハンコックは不死身の身体のため、列車の先頭部分が破壊された形になり、列車も急停止しました。 レイは車内で逆さまになりながらもなんとか一命を取り留めました。 必死に車から抜け出すレイ。 人々はハンコックに向かって野次を飛ばしています。 「違う方法があるだろうが」「ただ単に車を上にあげれば済む話だろう」と好き勝手なことを言います。 ハンコックは人助けをしてもいつもこのような扱いを受けていました。 しかしレイは命の恩人のハンコックに心から感謝をしていて、しきりにお礼を言い、自宅の食事にハンコックを招きました。 レイはハンコックに壊れた車を空を飛んで運んでもらい自分も乗って帰宅しました。 ハンコックはここでも派手にレイの家の前でアスファルトを壊して着地してしまいます。 ハンコックがレイの自宅に入ると、レイの妻のメアリーエンブリー シャーリーズセロン と息子のアーロンエンブリー ジェイヘッド が迎えてくれました。 ハンコックはメアリーの作ったパスタを絶賛しながら食べています。 アーロンともコミュニケーションを取り、レイの家を去ろうとするハンコック。 メアリーは終始ハンコックを警戒している様子でした。 レイはまだまだお礼がし足りないとハンコックに言い、自身が広告会社に勤めていることを話し、ハンコックのイメージアップの手伝いをしたいと提案しました。 レイはハンコックのイメージアップのための計画を立ててハンコックはこれに従う事にします。 ハンコックは記者会見を開いて、これまでの自分自身の良くなかった部分を反省したいと述べ、自ら刑務所に入りました。 とは言ってもハンコックは自由自在に空を飛べるのでいつでも脱獄できるのですが・・・。 刑務所の中はハンコックによって逮捕されて投獄された人間ばかりでハンコックに恨みを持っていました。 いきなり絡まれるハンコックでしたが、一般人が敵うはずもなくすぐに返り討ちにしました。 ハンコックはレイの指示通り刑務所でおとなしく過ごしていました。 レイが面接に訪れて計画をハンコックに説明していきます。 ハンコックは面会のガラスの壁を指でくりぬいてしまったりその程度のことはやりたい放題でした。 ハンコックが刑務所に入ってから、街では犯罪が急増していました。 レイの狙いはこれでした。 警察の方からハンコックに助けを求めてくる時が必ずあるとレイはハンコックに話していました。 そんな中、大規模な銀行強盗事件が起き、ついにハンコックは警察から協力を要請されます。 ハンコックは現場に駆け付けると、警察署長 グレッグダニエル や警官たちに「よくやった」とねぎらいの言葉をかけました。 これは印象を良くするためにレイから言うように指示されている言葉でした。 また現場で重傷を負っている女性警官 リズウィッカー もハンコックはこれまでと違い丁寧に救出しました。 女性警官を安全な場所に連れていきまたしても警察署長に「よくやった」というハンコック。 警察署長は「さっき聞いたよ」と言い現場を収束してくれるようにハンコックに頼みます。 ハンコックは人質を取って立て籠もっている犯人の元へ行きました。 犯人はビルごと吹っ飛ばす爆弾を仕掛けていて、起爆装置のスイッチをすでに親指で押していて、指を離すと爆発が起こるとハンコックに告げます。 犯人はハンコックのことを「クズ」と何度も言ってしまい、これがハンコックを怒らせてしまいます。 ハンコックは「クズ」と言われるのが大嫌いで、子供でも容赦しません。 キレたハンコックは犯人の手首から上を切断し、爆弾のスイッチを押している状態の犯人の手だけと起爆機を警察署長の元に持っていき、「親指を離さないように」と言い渡しました。 ハンコックはまたしても警察署長にレイから教わった「よくやった」を言います。 警察署長は「よくやったのは君だ」とハンコックに言いました。 これまでと違い、救出の際にいろいろな思いやりを見せたハンコックに、群衆はありがとう!と声を掛け、大きな拍手が起こります。 テレビでもこの様子は放送されていて、レイはガッツポーズをして喜びました。 レイとハンコックとメアリーは食事に行きました。 そこでハンコックはレイとメアリーの馴れ初めを聞き、自分の過去も話しました。 レイとメアリーは再婚で、アーロンはレイの前妻との子供でした。 ハンコックは80年も前に頭を大けがしたとのことで、その前の記憶が一切ないことを話しました。 レイは80年という年月を聞いて驚きました。 レイが酔ってしまったのでハンコックは自宅まで送ります。 ハンコックはメアリーに惹かれていて、思わずキスをしてしまいます。 すると突然信じられない力でハンコックは吹き飛び、家を破壊して外に放り出されてしまいました。 メアリーもハンコックと同じ能力を持つ者だったのです。 メアリーはこの能力のことをレイに話したら殺すとハンコックに言い、その晩は終わりました。 しかしハンコックは同じ能力を持つメアリーと出会えたことが嬉しいのかすぐに次の日にメアリーのもとを訪れました。 レイにバレたくないメアリーは必死に隠しています。 レイが出かけた後にハンコックとメアリーは場所を変えて話をします。 ハンコックとメアリーは同じ一族でもともと他にも仲間がいたものの、みんな死に絶えてしまったことをメアリーは話しました。 男女で引かれるようにできているらしく、メアリーとハンコックが近づいたのは必然とも言えるとのことでした。 メアリーは今の暮らしが幸せだから放っておいて欲しいと話します。 ハンコックは記憶を失っているのでメアリーの言っていることがにわかに信じられず、2人は喧嘩を始めてしまいます。 ただ超人的能力を持った2人なので、非常に派手な喧嘩になってしまいます。 一族の者同士が近くいると、不死身の身体ではなくなることをメアリーは知っていました。 メアリーとハンコックは昔夫婦でしたが、80年前にハンコックが大けがをした時にメアリーはハンコックを助けるためにハンコックから離れたのでした。 離れていれば不死身の身体になるので、傷も回復します。 ハンコックの不死身の能力は消えかけていましたがハンコックは気が付いていません。 ハンコックは買い物に入った酒屋でたまたま強盗に出くわし店主を助けます。 しかし強盗が発砲した銃弾でハンコックは血を流し倒れてしまいます。 ハンコック自身も驚いていましたが、テレビのニュースでもハンコックが病院に運びこまれて重体となっている報道が流れ、その際になぜハンコックが傷を負ったのかは不明ですとキャスターは言っていました。 ハンコックが病院に担ぎ込まれてメアリーが様子を見に病院を訪れますが、病院にはハンコックに恨みを持つ囚人たちが脱獄して来てハンコックを狙っていました。 メアリーはハンコックを庇って怪我を負います。 ハンコックは脱獄犯たちと戦いますが、これまでと違いどんどん傷を負ってしまいます。 レイもアーロンを連れて病院に駆けつけていました。 メアリーから事情をすでに聞いています。 ハンコックがこれまでかと思った瞬間、レイが脱獄犯を思いっきり武器で殴り気絶させました。 メアリーとハンコックは一心同体のような形になっていて、ハンコックがダメージを食らうたびにメアリーも苦しんでいました。 ハンコックはメアリーを救うためにその場を離れました。 一か月後。 レイとメアリーとアーロンが親子三人で、と夜道を楽しく歩いています。 そこにハンコックからレイに電話が入ります。 メアリーもハンコックも傷はしっかり癒えています。 ハンコックはレイに空を見るように言います。 レイが見上げた先には月があり、月にはレイが慈善活動で行っているハートのロゴがでかでかと記されていました。 ハンコックはレイに君は世界を変えるよと言い、また悪人と戦う日々に戻るのでした。 ハンコックはレイに着るように用意されたヒーローのコスチュームを着ていました。 映画『ハンコック』感想・評価 映画『ハンコック』はタイトルでなんだかそそられないなぁと勝手に思ってしまっていた映画だったのですが、観てみたらとても面白かったです! いい意味で軽く観られる映画ですし、やはりウィルスミスは非常に魅力的で軽快なテンポとシリアスなシーンとの差も相変わらず素晴らしいのでまったく飽きることなく鑑賞させてもらいました。 シャーリーズセロンも言うまでもなく綺麗だし、さらにシャーリーズセロン演じるメアリーがいきなり怪力を披露するシーンはまったく知らずに見ていたので『おお!』!と思わず驚いてしまいました。 後になって思うとメアリーとハンコックの出会いのシーンのシャーリーズセロンは結構わかりやすい演技をしているのですが、最初は特に気にもしていませんでした 笑 ヒーローものって街を破壊してあの後ってどうなるんだろうとか、もっと被害を食い止めるやり方ありそうなのになという疑問を持つことも多いですよね。 そんなところに目をつけているところがまず面白い映画です。 意外とどんな映画かを知らない人も多いのではないかと勝手に思っています。 一度は観て頂きたい映画です。 きっと楽しんでいただけると思います。 おすすめ映画です。 映画『ハンコック』 スーパーヒーロー、始めるぜ。

次の

映画『素晴らしきかな、人生』ウィル・スミス主演「プラダを着た悪魔」監督最新作

ウィルスミス 映画

1億 『 アイ・アム・レジェンド』( I Am Legend)は、に製作された、配給のである。 の小説(日本語版は映画化に合わせて『地球最後の男』から『アイ・アム・レジェンド』に改題された)の3度目の映画化作品。 、日米同時公開された。 日本での興行収入は43億円。 あらすじ [ ] 、廃墟と化した。 元でありの ロバート・ネビルは、3年もの間の 愛犬サムだけを家族として、から逃げ出したを狩り、公園でを収穫する生活を送り、1日も欠かさず生存者を求めてメッセージを発信し続けていた。 ネビルは感染により、世界人口60億人のほとんどが絶滅していく中で生き残った、ニューヨークでたった1人の生存者なのである。 発端となったのは、3年前のに女性科学者 アリス・クリピン博士がウイルスを元にの治療薬を開発したことから始まる。 治療薬は1万9人のガン患者に試験投与され、全員が治癒したが、試験投与された1万9人のうち5,000人からのような症状が出始め、治療薬のウイルスが人間を死に至らしめる K. V(クリピン・ウイルス)に突然変異していることがわかる。 ニューヨークがK. Vの感染源になったことで、大統領は軍を出動させニューヨークを封鎖したが、K. Vは空気感染によって世界中へと拡散していった。 Vの致死率は90%。 60億人の内54億人が命を落としてしまう。 残りの10%はを持っており死は免れたものの、6億人の内98%は全身の体毛と()への耐性を失い、常人を遥かに上回る身体能力を得て、他の人間を襲って捕食する 「ダーク・シーカー」に変貌してしまった。 Vに免疫があり、なおかつダーク・シーカー化を免れたネビルは、家族を失いながらも人気が絶え廃墟と化したニューヨークで生き残っていた。 別れ際にネビルの娘がネビルを護るよう言いつけた子犬のサムも成長し、ネビルとともに昼間は野生動物を狩り、夜になると活動を始めるダーク・シーカーの群れを警戒しながら寄り添って暮らしていた。 一方でネビルは自宅地下の研究室でK. Vの研究を続け、ダーク・シーカーを人間に戻す血清のテストのために、マウスや生け捕りにしたダーク・シーカーをサンプルにした実験を繰り返していた。 研究に見込みが出てきたある日、臨床実験のために1人の女性ダーク・シーカーを生け捕りにしたことで、ネビルは群れを率いるダーク・シーカーのボス 「アルファメイル」から執拗に狙われるようになる。 その後ネビルは逆にダーク・シーカーの仕掛けた罠にかかってしまい襲われ、からがら逃げ出すもサムがK. Vに感染、ダーク・シーカー化しかけるのを飼い主として涙ながらに殺す。 ネビルはやけになりダーク・シーカーに復讐するために罠を仕掛け、車で多数をひき殺すが、数で押され自身も殺されそうになる。 しかし、3年間無線で送り続けたメッセージを聞いてやって来た アナとその子供の イーサンによって間一髪のところで救われるのだった。 自分以外の生存者と久しぶりに遭遇したネビルだったが、「生存者達が暮らしている北部のコロニーがある」というアナの荒唐無稽な話を聞かされ、怒りながら自分はあくまでK. Vの感染源となったニューヨークに残ると言い放ち、アナの北部への旅立ちの誘いを拒絶する。 しかし、ネビルを救った際のアナの不注意な行動が災いして、この時すでにネビルの家はダーク・シーカーの群れに突き止められてしまっていた。 夜になるとダーク・シーカーの群れが、ネビルの家へ襲撃を開始する。 必死に防戦するネビルだったが、アルファメイルが屋内へ侵入するのを許してしまう。 アナとイーサンを連れて地下の研究室に逃れたネビルが見たものは、血清をテスト投与したダーク・シーカーの女性が人間へ戻りつつある姿だった。 ネビルはそのダーク・シーカーから血液を採取すると、それをアナに託す。 明らかに単なる捕食目的や復讐からではなく女性を奪い返そうと捨て身の攻撃を続けるアルファメイルと対峙して死を覚悟したネビルは、を抱えて捨て身で攻撃し、研究室をなだれ込んできたダーク・シーカーの群れを道連れに爆死した。 その後、ネビルの捨て身の余波を免れたアナたちはコロニーに到着し、ネビルの採取した血液を届けた。 そしてネビルは、ダーク・シーカーを人間に戻す血清を開発した人物として「伝説」となったのだった。 ソフト版吹き替え - ・収録 演出 - 高田浩光、翻訳 - アンゼたかし、制作 - プロセンスタジオ• テレビ朝日版吹き替え - 初回放送2010年4月18日『』 演出 - 、翻訳 - アンゼたかし、調整 - 阿部直子、制作 - 日本テレビ『』、TBS『』でも、この吹き替えを放送。 スタッフ [ ]• 監督:• 脚本:、• 撮影:• 音楽:• 製作:アキヴァ・ゴールズマン、、ジェームズ・ラシター、、アーウィン・ストッフ• プロダクションデザイン:ナオミ・ショーハン• 衣装デザイン:マイケル・キャプラン• VFX: 作品解説 [ ] 撮影風景 には監督に、主演にを据えての映画化企画があった が、高額な制作費のため1998年にキャンセルとなった。 オリジナル版である『』における「集団でゆっくりと歩く吸血鬼と、家に立て篭もる主人公」という描写は、監督の『』に大きな影響を与えたとされる。 本作に登場する「ダーク・シーカー」は一見すると理性を持たないモンスターのようだが、「群れで行動する」「猟犬(ダーク・シーカー化している)を用いる」「ネビルの執着を理解して囮を用いた罠を仕掛ける」「特定の個体への執着を見せる」など、劇中ではその行動からある程度の知能を有し、独自の共同体を築いていることが示唆されている。 しかしダーク・シーカーへの憎悪と偏見を持ち、彼らを強く敵視しているネビルはその事に気付いていない。 過去の物語を描く続編の製作が決定している。 配役 [ ] ネビルの娘マーリーは、ウィル・スミスの実の娘であり、当時7歳のウィロー・スミスが演じた。 またネビルの愛犬であるサム役のは、合計3匹使われた。 本作に登場する米軍兵士はすべて現役で、撮影の10か月前にから帰国したばかりである。 スタッフロールには「U. ARMY」や「NEWYORKCITY」、「UNITED STATES」などと記されている。 撮影 [ ] 舞台であるニューヨークの撮影にあたって、で200日の区画封鎖を行った。 無人の街を表現するために、生活活動による影響を徹底的に排除しており、加えて全体的にCG処理が施されている。 ネビルとサムがゴルフに興じるシーンはで撮影された。 ダーク・シーカー [ ] 旧作では吸血鬼とされており、行動こそはゾンビのように鈍いが喋ることはできた存在であったが、今作ではダーク・シーカーは俊敏で喋ることはできず、全身の体毛及び太陽光(紫外線)への耐性を失っており、太陽光の中では数秒で死亡する。 街中がダーク・シーカーで溢れていない理由として、ダーク・シーカーとなった者の多くが太陽光により死滅しているものと考えられる。 なおネビルはダーク・シーカーとなった者は全世界で一億二千万人。 54億人余りは死亡し、人類の生存者は1200万人と推定している。 身体能力は人間を遥かに超えるもので、言葉を発することはなく凶暴な為、知能はないと思われていた。 劇場公開版では曖昧だったが、実際には彼らにも知能はあり、感情も存在した。 劇場版では、マネキンを移動させて人間をおびき寄せ、自動車にワイヤーを取り付けてトラップを作っていた。 ネビルがダーク・シーカーを捕える為に使用したトラップを模倣したものと思われる。 ネビルの家を襲撃した理由も劇場公開版では曖昧だったが、群れのボスが、ネビルに捕らわれた女性ダーク・シーカー(ボスの恋人、あるいは妻)を助けるためであった。 彼らへの価値観を改めたネビルが、人間へ戻りかけていた女性ダーク・シーカーに注射し、元のダーク・シーカーに戻して大人しく群れのボスに返すと、ボスはネビルを殺そうとする仲間を諌め、不本意ながらネビルと和解のような形で去っていく、という別のエンディングが存在する(そのエンディングではネビルは死なず、ネビルはアナ、イーサンの3人で北部のコロニーへ無事に向かう)。 劇中では感染者及びダーク・シーカーと呼ばれている。 ゾンビと思われがちだが、性質上は吸血鬼に近い。 ネビルにとって、彼らは怪物であったが、また彼らにとってもネビルは「 伝説の」怪物だった。 代替エンディング [ ] 劇場で公開されたは、公開1か月前のスクリーンテストの結果、差し替えられたものであり、いくつかの設定や伏線が明らかにされていない。 差換え前のエンディングが特典映像として収録されているのは、次の3種類である。 用DVDの「2枚組」として販売されているもの• セル用• レンタル用Blu-ray Disc セル用DVDで2枚組でないものは「特別版」であっても未収録である。 その他、定額制動画配信サイトで配信されている場合もある。 には4K ULTRA HDがリリース。 Blu-ray Disc• もうひとつのエンディングや、メイキングなどのコンテンツを収めている。 2008年にワーナー・ホーム・ビデオが一部のBlu-rayを値上げをした事により品番も変更された為、Blu-ray版は旧品番と新品番の2種類存在する。 DVD• UMD• 4K ULTRA HD• リブート [ ] 近年に本作をする動きがあるが、は出演しないとのこと。 脚注 [ ]• 2010年6月29日閲覧。 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年6月29日閲覧。 Anita M. Busch 1997年7月2日. Variety. 2007年5月2日閲覧。 Chicago Tribune. 1998年3月16日• MovieFix 2008年9月26日. 2008年10月25日時点の [ ]よりアーカイブ。 2008年10月7日閲覧。 UPI 2008年9月26日. 2008年10月7日閲覧。 『』(ワークスコーポレーション)2008年3月号・5月号。 外部リンク [ ]• (英語)• (日本語)• Movie Review Query Engine:• - (英語)• - (英語).

次の

アラジン実写版の俳優の踊りは何ダンス?ウィルスミスやナオミスコットが上手い理由も

ウィルスミス 映画

今回の絶対おすすめ映画は『ハンコック』です。 映画『ハンコック』はウィルスミス主演シャーリーズセロンも出演の豪華キャストの映画ですが、公開当時僕は映画館で鑑賞していません。 記憶は定かではありませんが、たぶんポスターを見て『ハンコック』というタイトルから内容もいまいち想像できなくて、「劇場で見なくていいかなぁ」という心持ちになってしまってたのではないかと思います。 自宅で鑑賞する直前までどんな話か分からずに鑑賞したぐらいです。 悪人から人々を守るヒーローでありながら、その際にいろいろと破壊してしまうことから人々から嫌われてしまっている不老不死のヒーローをウィルスミスが演じています。 後ほど感想で詳しく書きますが、僕は非常に楽しませてもらいました。 それでは映画『ハンコック』の映画紹介です。 映画『ハンコック』は2008年に日本公開されたアメリカ映画です。 上映時間は92分。 監督は ピーターバーグ監督。 『ローンサバイバー』などを監督していて、俳優としても活躍しています。 キャストは ジョンハンコック・・・ウィルスミス メアリーエンブリー・・・シャーリーズセロン レイエンブリー・・・ジェイソンベイトマン アーロンエンブリー・・・ジェイヘッド ケネスレッドパーカー・・・エディマーサン ホッティ・・・ヘイリーマリーノーマン ミッシェル・・・ダエグフェアーク ベンチの少年・・・アッティカスシェイファー マイク・・・トーマスレノン ジェレミー・・・ジョニーガレッキ 巡査・・・ダレルフォスター 警察署長・・・グレッグダニエル 女性警官・・・リズウィッカー リポーター・・・チャーカルビン 重役・・・ブラッドリーランド 重役・・・マイケルマン 重役・・・アキヴァゴールズマン ナンシーグレイス・・・ナンシーグレイス 本人役 囚人・・・ドナルドギブ、マトリックスフィトン、アランハーヴィー、ジャックアクセルロッド、エディJフェルナンデス、アンソニーレデスマ、ドミニスプランピン、マーズクレイン ほか。 映画『ハンコック』あらすじ・ネタバレ ジョンハンコック ウィルスミス は銃弾も跳ね返す鋼の身体を持ち、自由自在に空を飛び、車を片手で持ち上げて放り投げてしまう怪力で市民を救うヒーロー。 に違いないのですが、実際を救助に向かう際に空を飛ぶ前の踏み切りで毎回アスファルトを削ってしまい、着地の際も道路に穴を空けてしまったり、ものすごい勢いで飛行するので鳥なども吹き飛ばしてしまったり、悪人と戦う際に周囲のものを破壊してしまって多くの人に迷惑をかけることも多く、善い行いをしていることに間違いはないのですが、几帳面じゃない性格が災いしてか、ハンコックは人々から煙たがられる存在になってしまっていました。 レイエンブリー ジェイソンベイトマン は広告会社で働く男性です。 結婚していて一人の息子に恵まれています。 ある時レイは車に乗っていて渋滞に巻き込まれ踏切の線路の上で立ち往生してしまいます。 電車がやってきてしまい前の車と後ろの車に自分の車をぶつけ脱出を試みるレイでしたが、スペースはできずにすぐそこまで列車が来てしまい万事休すの状態になります。 レイがもうだめだと思わず目をつぶったところにハンコックが現れます。 ハンコックは車の前方を持ち上げて軽々とひっくり返し、踏切から移動させました。 そこへ列車が突っ込んできてハンコックに衝突しますが、ハンコックは不死身の身体のため、列車の先頭部分が破壊された形になり、列車も急停止しました。 レイは車内で逆さまになりながらもなんとか一命を取り留めました。 必死に車から抜け出すレイ。 人々はハンコックに向かって野次を飛ばしています。 「違う方法があるだろうが」「ただ単に車を上にあげれば済む話だろう」と好き勝手なことを言います。 ハンコックは人助けをしてもいつもこのような扱いを受けていました。 しかしレイは命の恩人のハンコックに心から感謝をしていて、しきりにお礼を言い、自宅の食事にハンコックを招きました。 レイはハンコックに壊れた車を空を飛んで運んでもらい自分も乗って帰宅しました。 ハンコックはここでも派手にレイの家の前でアスファルトを壊して着地してしまいます。 ハンコックがレイの自宅に入ると、レイの妻のメアリーエンブリー シャーリーズセロン と息子のアーロンエンブリー ジェイヘッド が迎えてくれました。 ハンコックはメアリーの作ったパスタを絶賛しながら食べています。 アーロンともコミュニケーションを取り、レイの家を去ろうとするハンコック。 メアリーは終始ハンコックを警戒している様子でした。 レイはまだまだお礼がし足りないとハンコックに言い、自身が広告会社に勤めていることを話し、ハンコックのイメージアップの手伝いをしたいと提案しました。 レイはハンコックのイメージアップのための計画を立ててハンコックはこれに従う事にします。 ハンコックは記者会見を開いて、これまでの自分自身の良くなかった部分を反省したいと述べ、自ら刑務所に入りました。 とは言ってもハンコックは自由自在に空を飛べるのでいつでも脱獄できるのですが・・・。 刑務所の中はハンコックによって逮捕されて投獄された人間ばかりでハンコックに恨みを持っていました。 いきなり絡まれるハンコックでしたが、一般人が敵うはずもなくすぐに返り討ちにしました。 ハンコックはレイの指示通り刑務所でおとなしく過ごしていました。 レイが面接に訪れて計画をハンコックに説明していきます。 ハンコックは面会のガラスの壁を指でくりぬいてしまったりその程度のことはやりたい放題でした。 ハンコックが刑務所に入ってから、街では犯罪が急増していました。 レイの狙いはこれでした。 警察の方からハンコックに助けを求めてくる時が必ずあるとレイはハンコックに話していました。 そんな中、大規模な銀行強盗事件が起き、ついにハンコックは警察から協力を要請されます。 ハンコックは現場に駆け付けると、警察署長 グレッグダニエル や警官たちに「よくやった」とねぎらいの言葉をかけました。 これは印象を良くするためにレイから言うように指示されている言葉でした。 また現場で重傷を負っている女性警官 リズウィッカー もハンコックはこれまでと違い丁寧に救出しました。 女性警官を安全な場所に連れていきまたしても警察署長に「よくやった」というハンコック。 警察署長は「さっき聞いたよ」と言い現場を収束してくれるようにハンコックに頼みます。 ハンコックは人質を取って立て籠もっている犯人の元へ行きました。 犯人はビルごと吹っ飛ばす爆弾を仕掛けていて、起爆装置のスイッチをすでに親指で押していて、指を離すと爆発が起こるとハンコックに告げます。 犯人はハンコックのことを「クズ」と何度も言ってしまい、これがハンコックを怒らせてしまいます。 ハンコックは「クズ」と言われるのが大嫌いで、子供でも容赦しません。 キレたハンコックは犯人の手首から上を切断し、爆弾のスイッチを押している状態の犯人の手だけと起爆機を警察署長の元に持っていき、「親指を離さないように」と言い渡しました。 ハンコックはまたしても警察署長にレイから教わった「よくやった」を言います。 警察署長は「よくやったのは君だ」とハンコックに言いました。 これまでと違い、救出の際にいろいろな思いやりを見せたハンコックに、群衆はありがとう!と声を掛け、大きな拍手が起こります。 テレビでもこの様子は放送されていて、レイはガッツポーズをして喜びました。 レイとハンコックとメアリーは食事に行きました。 そこでハンコックはレイとメアリーの馴れ初めを聞き、自分の過去も話しました。 レイとメアリーは再婚で、アーロンはレイの前妻との子供でした。 ハンコックは80年も前に頭を大けがしたとのことで、その前の記憶が一切ないことを話しました。 レイは80年という年月を聞いて驚きました。 レイが酔ってしまったのでハンコックは自宅まで送ります。 ハンコックはメアリーに惹かれていて、思わずキスをしてしまいます。 すると突然信じられない力でハンコックは吹き飛び、家を破壊して外に放り出されてしまいました。 メアリーもハンコックと同じ能力を持つ者だったのです。 メアリーはこの能力のことをレイに話したら殺すとハンコックに言い、その晩は終わりました。 しかしハンコックは同じ能力を持つメアリーと出会えたことが嬉しいのかすぐに次の日にメアリーのもとを訪れました。 レイにバレたくないメアリーは必死に隠しています。 レイが出かけた後にハンコックとメアリーは場所を変えて話をします。 ハンコックとメアリーは同じ一族でもともと他にも仲間がいたものの、みんな死に絶えてしまったことをメアリーは話しました。 男女で引かれるようにできているらしく、メアリーとハンコックが近づいたのは必然とも言えるとのことでした。 メアリーは今の暮らしが幸せだから放っておいて欲しいと話します。 ハンコックは記憶を失っているのでメアリーの言っていることがにわかに信じられず、2人は喧嘩を始めてしまいます。 ただ超人的能力を持った2人なので、非常に派手な喧嘩になってしまいます。 一族の者同士が近くいると、不死身の身体ではなくなることをメアリーは知っていました。 メアリーとハンコックは昔夫婦でしたが、80年前にハンコックが大けがをした時にメアリーはハンコックを助けるためにハンコックから離れたのでした。 離れていれば不死身の身体になるので、傷も回復します。 ハンコックの不死身の能力は消えかけていましたがハンコックは気が付いていません。 ハンコックは買い物に入った酒屋でたまたま強盗に出くわし店主を助けます。 しかし強盗が発砲した銃弾でハンコックは血を流し倒れてしまいます。 ハンコック自身も驚いていましたが、テレビのニュースでもハンコックが病院に運びこまれて重体となっている報道が流れ、その際になぜハンコックが傷を負ったのかは不明ですとキャスターは言っていました。 ハンコックが病院に担ぎ込まれてメアリーが様子を見に病院を訪れますが、病院にはハンコックに恨みを持つ囚人たちが脱獄して来てハンコックを狙っていました。 メアリーはハンコックを庇って怪我を負います。 ハンコックは脱獄犯たちと戦いますが、これまでと違いどんどん傷を負ってしまいます。 レイもアーロンを連れて病院に駆けつけていました。 メアリーから事情をすでに聞いています。 ハンコックがこれまでかと思った瞬間、レイが脱獄犯を思いっきり武器で殴り気絶させました。 メアリーとハンコックは一心同体のような形になっていて、ハンコックがダメージを食らうたびにメアリーも苦しんでいました。 ハンコックはメアリーを救うためにその場を離れました。 一か月後。 レイとメアリーとアーロンが親子三人で、と夜道を楽しく歩いています。 そこにハンコックからレイに電話が入ります。 メアリーもハンコックも傷はしっかり癒えています。 ハンコックはレイに空を見るように言います。 レイが見上げた先には月があり、月にはレイが慈善活動で行っているハートのロゴがでかでかと記されていました。 ハンコックはレイに君は世界を変えるよと言い、また悪人と戦う日々に戻るのでした。 ハンコックはレイに着るように用意されたヒーローのコスチュームを着ていました。 映画『ハンコック』感想・評価 映画『ハンコック』はタイトルでなんだかそそられないなぁと勝手に思ってしまっていた映画だったのですが、観てみたらとても面白かったです! いい意味で軽く観られる映画ですし、やはりウィルスミスは非常に魅力的で軽快なテンポとシリアスなシーンとの差も相変わらず素晴らしいのでまったく飽きることなく鑑賞させてもらいました。 シャーリーズセロンも言うまでもなく綺麗だし、さらにシャーリーズセロン演じるメアリーがいきなり怪力を披露するシーンはまったく知らずに見ていたので『おお!』!と思わず驚いてしまいました。 後になって思うとメアリーとハンコックの出会いのシーンのシャーリーズセロンは結構わかりやすい演技をしているのですが、最初は特に気にもしていませんでした 笑 ヒーローものって街を破壊してあの後ってどうなるんだろうとか、もっと被害を食い止めるやり方ありそうなのになという疑問を持つことも多いですよね。 そんなところに目をつけているところがまず面白い映画です。 意外とどんな映画かを知らない人も多いのではないかと勝手に思っています。 一度は観て頂きたい映画です。 きっと楽しんでいただけると思います。 おすすめ映画です。 映画『ハンコック』 スーパーヒーロー、始めるぜ。

次の