帝国 データ バンク 調査。 信用調査とは

全国・後継者不在企業動向調査(2019年)

帝国 データ バンク 調査

信用調査とは 信用調査とは、企業と企業が取引する際に、取引相手のことを知るために行う調査です。 たとえば、A社がB社と新規で取引をする場合、B社に支払い能力はあるか、債務超過に陥っていないか・・・などといったB社の情報は非常に気になるところです。 しかし、A社がB社に対して、いきなりあれこれ聞いたりするのは、なかなか難しいことです。 そこで、私たち帝国データバンクがA社の代わりにB社にうかがって、B社の経済状況に関する情報をはじめ、B社の長所や技術力など「信用」を裏付ける情報を集めます。 B社の経営上の課題を把握すると同時に、それを乗り越えるための施策や将来の展望についてもヒアリングさせていただきます。 また、調査を受けていただくB社に対して、帝国データバンクがお役に立てることがあれば、ご相談相手としてお話をうかがわせていただきます。 こうして、A社とB社の取引がスムーズに進むためのお手伝いをするのが帝国データバンクの信用調査です。 信用調査に関する疑問にお答えします。 Q1 「帝国データバンク」とは、どのような組織ですか? 1900年(明治33年)の創業以来100余年にわたって、企業活動に役立つ情報の提供を続けている純民間の株式会社です。 株式上場はしていませんが、全国83カ所の拠点で約3,200人が活動し、年売上高約493億円(2015年9月期)の企業情報提供サービス会社で、そのデータは、全国の金融機関をはじめ、商社・メーカーなどの大企業から中小企業まで幅広くご利用いただいています。 Q2 「信用調査」とは、どのようなものですか? 取引相手の経済状況を把握するために行う調査です。 対象は個人の場合と企業の場合がありますが、帝国データバンクでは個人の信用調査は行っておらず、「企業信用調査」のみを実施しています。 Q3 「企業信用調査」とは、どのようなものですか? 新規取引先候補に対しては「取引可否判断のため」、既存取引先に対しては「継続的に取引を行うため」の情報を入手するための調査であり、情報がないため取引できないことや、不必要に厳しい支払条件を課したりすることを防いで、商取引の円滑化をはかるものです。 Q4 なぜ、当社を調べているのですか? 原則として、弊社のお客さまからの依頼指示によって企業信用調査を行っています。 ただし、弊社データベースに登録させていただいた企業の情報は随時、信用調査目的等で閲覧利用するお客さまがいらっしゃるため、なるべく新しい情報をお届けするよう、定期的に更新取材をさせていただいています。 このような依頼者・利用者と貴社が円滑に商取引を行っていただくことを目的としています。 Q5 調査の費用はかかるのですか? 企業信用調査の費用は依頼者および利用者側に全額負担していただく制度となっていますので、調査をさせていただく企業側のご負担はまったくありません。 Q6 聞かれたことはすべて話さないといけないのですか? 弊社は民間の企業ですから、調査へのご対応についてはあくまでも任意でお願いをしております。 一部回答できない情報がある場合は、その旨弊社調査担当スタッフにご相談ください。 Q7 ほかの企業は調査に協力しているのですか? ほとんどの企業のみなさまに、調査へご協力いただいています。 なかには情報を開示することへの不安をお持ちで、はじめは協力いただけない場合もあります。 そうした場合でも、その後の弊社調査スタッフによる調査を受けるメリットなどの説明でご理解いただき、調査にご協力いただくケースがほとんどです。 Q8 依頼者は教えてもらえるのですか? 弊社のお客さまは、銀行・保険会社などの金融機関や大手商社などを含めた卸売業の企業が多いため、この方面からの依頼が大多数です。 しかし、依頼者はデータベース利用者を含めると複数のお客さまになることが多く、特定の依頼者のみを意識した情報としないよう、依頼者はお知らせしていません。 このため弊社調査担当スタッフも依頼者名は通知されておらず、お答えできませんのでご了承ください。 Q9 企業信用調査は、どのように行われるのですか? 調査の方法は、弊社調査担当スタッフが貴社に訪問し、経営責任者の方などから直接お話をお聞きすることをベースに取引先等への裏付け取材を行います。 商業・不動産登記簿、入札業者登録といった公的情報の確認や、ホームページなどで広く一般に公表されている情報の収集・確認なども行っています。 Q10 本当に帝国データバンクの調査・取材なのですか? 弊社と無関係な者が、弊社の名前を騙って電話連絡や訪問営業などをするケースがあるようなので、不審に思われた場合は、最寄りの弊社事業所までお問い合わせください。 Q11 調査訪問の際、商品を売りつけるようなことはありませんか? 弊社は、調査に絡めた強制的営業は一切行っておりませんので、不審に思われた場合は、最寄りの弊社事業所までお問い合わせください。 貴社からお話をお聞きした中で、貴社の経営改善、売上拡大などに役立つ商品・サービスの提案をさせていただく場合がございますのでご了承ください。 Q12 評点とはなんですか? 評点とはTDBが企業を評価している点数です。

次の

帝国データバンクから信用調査されて結局自分がやっちゃった話。その他日常生活における信用情報調査について

帝国 データ バンク 調査

帝国データバンクと東京商工リサーチの正式商号、略称、呼ばれ方 帝国データバンク• 正式商号:株式会社帝国データバンク• 略称:TDB• 呼称:帝国、データバンク 東京商工リサーチ• 正式商号:株式会社東京商工リサーチ• 略称:TSR• 呼称:東京商工、商工、商工リサーチ、リサーチ、東商(とうしょう) 両社とも前株で、さん付け(帝国さん、リサーチさん)で呼ばれることが多い。 大手信用調査会社に似ている会社 繰り返しになりますが、他意はありません。 こんな会社あるんだなあと見てもらえればと思います。 日本商工リサーチ 名前から推察するに、東京商工リサーチの親会社ですか?略称もNSRですね。 ロゴも東京商工リサーチのものに酷似。。 「日本商工リサーチ」で検索をかけると迷惑電話サイトが上位表示されており、「横暴な態度で電話が来た」「要件を言わず社長を指名し、断るとガチャ切り」などの口コミで溢れています。 nissyo-r. 全くの別会社です。 伊藤忠グループ、JRグループなど超のつく大手企業と取引実績があるようですが、売上高は非公表。 本当であれば数十億あっておかしくないかなと。 tosho-links. 総合探偵社と謳っており、信用調査会社ではありません。 teikokuweb. 「帝国です!」「リサーチです!」とか電話かかってきたら、きちんと対応してしまいそう。 佐賀県の会社とのこと。 area9. 資本金4,500万円、従業員数325名(うち取材部門として200名)を抱える同社の 大阪本社、東京本社はなんと共にバーチャルオフィス。 従業員はどこにいるのか。。 t-keizai.

次の

帝国データバンクからの調査を拒否しました・・・。

帝国 データ バンク 調査

2%、2年連続低下 〜 全年代で不在率低下、「60代」は初めて5割を下回る 〜 はじめに 地域の経済や雇用を支える中小企業。 しかし、近年は後継者が見つからないことで、事業が黒字でも廃業を選択する企業は多いと見られている。 日本政策金融公庫によれば、60歳以上の経営者のうち50%超が将来的な廃業を予定。 このうち「後継者難」を理由とする廃業が全体の約3割に迫る。 経済産業省の試算では、後継者問題が解決しない場合、2025年頃までに最大約650万人の雇用と約22兆円分のGDP(国内総生産)が喪失されるとしている。 地域経済の衰退や雇用喪失のインパクトが大きいことから、後継者問題は喫緊の課題として国や県、地域金融機関などが中心となってプッシュ型の事業承継支援を積極的に推し進めている。 1 2019年における後継者不在率は65. 2%となった。 全ての年代で後継者不在率が低下したほか、「40代」以降で後継者不在率は調査開始以来最低を記録した点が特徴。 地域別では「北陸」は3年ぶりに、「関東」「中部」は2年連続で低下したが、「四国」・「九州」は4年連続、「東北」は3年連続で上昇した• 2 2019年の事業承継は「同族承継」により引き継いだ割合が34. 9%に達し、全項目中最も高かったが年々低下傾向で推移。 後継候補が判明する全国約9万5000社の後継者候補の属性を見ると、最も多いのは「子供」の40. 次いで「非同族」の33. 2%が続いた。 60代以降の社長では後継候補として「子供」を選定するケースが多い一方、50代以下の社長では「親族」や「非同族」を後継候補としている企業が多い.

次の