競馬 初心者 馬単。 競馬初心者が買うのにおすすめの馬券の組み合わせは?

【保存版】馬券の種類は?初心者向けに画像付きで徹底解説!

競馬 初心者 馬単

競馬の基本 競馬はやってみたいけど周りに知っている人がいない、馬券を買うのは初めてだと難しそう…という方は、実際には結構多いと思います。 まずここでは基本的に押さえておくべきことや馬券の買い方について、わかりやすく説明していきます。 競馬場へ行ってみよう 日本で開催される競馬には中央競馬と地方競馬の二つがあり、このページでは中央競馬について解説していきます。 中央競馬には全国に札幌(北海道札幌市)、函館(北海道函館市)、新潟(新潟県新潟市)、福島(福島県福島市)、中山(千葉県船橋市)、東京(東京都府中市)、中京(愛知県豊明市)、京都(京都府京都市)、阪神(兵庫県宝塚市)、小倉(福岡県北九州市)と10カ所の競馬場があり、主に土曜日と日曜日に開催が行われています。 ただし、各競馬場によって開催時期が異なりますので、中央競馬を運営するで確認してみてください。 競馬場では朝10時頃から夕方の16時頃まで、一日に通常12レース行われます。 3か所の競馬場で開催されているときは最大36レース行われます。 JRAのホームページを確認して、まずは開催している最寄りの競馬場へと行ってみましょう。 実際に馬券を買ってみよう 競馬場へ着いたら、いざ馬券を買ってみましょう。 馬券を買わなくても観戦できますが、実際に購入してレースを見た方がはるかに楽しめます。 まず買うレースを決めますが、その際に競馬新聞やスポーツ新聞があった方がスムーズに購入できると思います。 レースの馬券発売には締切時間(競馬場では発走2分前)があるので、注意して購入してください。 生でレースを観戦 それでは馬券を買ったレースが始まります。 スタンドに座って見るもよし、コースに近づいて見るもよし、競走馬が疾走するスピード感や競馬場全体の臨場感に驚くことでしょう。 買った馬券を片手に、お目当ての馬を応援してみましょう。 ゴール前まで興奮すること間違いなしです。 馬券の的中は大きな魅力 買っていた馬券が見事に的中したとします。 その際には競馬場に備え付けられている自動払戻機に入れて、払戻金を受け取ることができます。 実際に馬券を的中させることが競馬の大きな魅力のひとつです。 馬券の買い方 これまでは競馬場での馬券の購入〜払い戻しまでの大まかな流れを説明しましたが、ここでは実際の馬券の買い方を紹介します。 馬券を買う際には大きく2つの方法があり、発売されている場所へ買いに行く方法とインターネットでの購入があります。 競馬場で馬券を購入 競馬場には備え付けの自動発売機があり、現金で馬券を購入することができます。 実際に競馬が開催されていない競馬場でも購入可能です。 各フロアに置いてあるマークカードに記入し、自動発売機に入れることで馬券を受け取ることができます。 また、窓口でマークカードを係員に渡すことで馬券を購入できる場所もあります。 WINS(ウインズ)で馬券を購入 全国の各地区には馬券を購入できるWINS(ウインズ)と呼ばれる場外馬券発売所があります。 各地区のWINSやアクセス方法についてはJRAホームページのをご参照ください。 インターネットで馬券を購入 競馬場やWINSに行かなくてもインターネットによる馬券の購入方法があります。 パソコンやスマートフォンなどインターネット接続できる端末から気軽に馬券が買えます。 インターネット投票には、対応した銀行の口座が必要となりますが、詳細はJRAホームページのを参考にしていただければと思います。 馬券の種類・特徴を知ろう! ここでは馬券の種類やその特徴について簡単に説明します。 馬券は単勝、複勝、枠連、馬連、馬単、ワイド、3連複、3連単、WIN5(インターネット投票限定)というように多くの式別に分かれています。 では、それぞれの馬券について説明していきます。 単勝 単勝はもっともシンプルな馬券で、どの馬が勝つのかを当てる馬券です。 馬番号で指定します。 複勝 複勝は3着までに入る馬を当てる馬券です。 出走馬が5頭以上の場合に発売され、7頭以下の場合は2着までが的中となります。 こちらも馬番号で指定します。 枠連 出走馬が9頭以上の場合に発売され、1着と2着になる馬の枠番号の組合せを当てる馬券です。 1着と2着の着順は関係ありません。 馬連 出走馬が3頭以上の場合に発売され、1着と2着になる馬の馬番号の組合せを当てる馬券です。 1着と2着の着順は関係ありません。 馬単 出走馬が3頭以上の場合に発売され、1着と2着になる馬の馬番号を着順通りに当てる馬券です。 着順通りに当てる点で馬連よりも難易度が高い馬券です。 ワイド 出走馬が4頭以上の場合に発売され、3着までに入る2頭の組合せを馬番号で当てる馬券です。 1〜3着までの着順は関係ありませんが、3着同着の場合に3着どうしの組合せは的中とはなりません。 3連複 出走馬が4頭以上の場合に発売され、1着、2着、3着となる馬の組合せを馬番号で当てる馬券です。 1〜3着までの着順は関係ありません。 3着まで当てないといけない点で難易度は少し高めといえます。 3連単 出走馬が4頭以上の場合に発売され、1着、2着、3着となる馬の馬番号を着順通りに当てる馬券です。 3連複と違って3着までを着順通りに当てなくてはいけないため、難易度はかなり高めです。 しかし、高配当になりやすい傾向があります。 WIN5 JRAが指定する5つのレースすべての1着馬を当てる馬券です。 主に日曜日に実施され、各競馬場のメインあたりが対象レースになります。 難易度は非常に高いですが、払戻金は最高で6億円と夢のある馬券です。 的中者がいない場合は、次回へ繰り越しされる「キャリーオーバー」となります。 馬連ではそれぞれの馬番号の組合せなので、18頭立ての場合は最大で153通りとなります。 また、馬連とワイドの比較では、馬連が上位2着までの馬番号の組合せを当てるのに対し、ワイドは指定した2頭が3着までに入れば的中となる点で買いやすいといえるでしょう。 ただし、ワイドは的中しやすい分、オッズが低くなる傾向があります。 的中馬券の払戻方法 ここでは馬券が的中した際の払戻方法について説明してきます。 競馬場・WINSでの払戻方法 レースが確定し、自分が購入した馬券が的中していることを確認したら、競馬場・WINSに備え付けの自動払戻機の場所へ向かいましょう。 機械の前に立つと音声で案内してくれます。 それに従って、馬券を払戻機の中に投入すると自動的に配当が計算されて払戻金が出てきます。 なお、自動払戻機での払戻しは100万円未満の場合で、100万円以上の大口での払戻は専用窓口での払戻しとなります。 100万円の束にはそれぞれの競馬場・WINSの帯封がされており、高額払戻者のステータスともいえる代物です。 インターネットでの払戻方法 インターネット投票で馬券が的中した場合は、レース確定後すぐに「購入限度額」に反映されます。 まだレースが残っている場合は、増えた残高分で別のレースの馬券を購入することができます。 この章のまとめ 実際に馬券を買ってみると、当然ながら外れることもあります。 最初は比較的当たりやすい複勝やワイドを買って的中したうれしさを感じるのですが、1日トータルで見るとマイナスになるのはよくあることです。 競馬用語で購入金額よりも払戻金が少ないことを「トリガミ」と言います。 例えば1000円分馬券を買って的中したのに700円しか戻ってこない場合に使いますが、そういった場合はレース選択もしくは馬券の種類を間違っているケースが多いです。 馬券においては「オッズ」が非常に重要な要素で、自分で買う馬券がどのくらいの払戻しになるか、予測しなければいけません。 自分が買いたい馬の情報やオッズはどこで手に入れればよいか。 間違いや誤った情報が多い中で、正確で馬券を買うために役立つさまざまな情報を提供しているのがJRA-VANです。 JRA公式データを使った競馬ツールやスマートフォン向けのアプリなど多くの競馬ファンに愛用されています。 まずはをのぞいてみましょう! では、次からはそれぞれの馬券の特徴や実践的な買い方について説明していきます。

次の

【競馬初心者必見】知識0・初めての人でもわかる競馬のすべて|競馬講座入門!馬券の種類/買い方/予想方法まで徹底解説【うましる】|うましる

競馬 初心者 馬単

「馬券ってどれくらい種類があるの……?」 競馬初心者のうちは、馬券の種類を覚えるのも難しいですよね。 私もはじめたてのころはそれぞれの券種を理解するのに時間がかかりました>< しかし、 競馬をやるからには「馬券の種類」は覚えなければなりません。 この記事では、 初心者にもわかりやすいように画像付きで馬券の種類を解説していきます。 これさえ読めば馬券の種類はマスターできるので、ぜひ参考にしてみてください! そもそも馬券の値段って? 馬券は100円から買えます。 ただし 購入は100円単位となっているので、「110円分の馬券」というのはありません。 100円の次は「200円」「300円」のように100円単位で金額が増えていきます。 馬券の種類 馬券の種類は全部で 10種類あります。 ただ特殊な馬券?として、下の2つの「応援馬券」と「WIN5」というものがあります。 それぞれ詳しく解説していきますね! 単勝(たんしょう) 1着になる馬を当てる券種です。 選んだ馬が 1着になれば当たりです。 複勝(ふくしょう) 3着以内に入る馬を当てる券種です。 選んだ馬が 1着・2着・3着のどれかになれば当たりです。 ワイド 3着以内に入る2頭の馬を当てる券種です。 選んだ2頭の馬がともに 1着と2着・1着と3着・2着と3着のどれかになれば当たりです。 馬連(うまれん) 2着以内に入る2頭の馬を当てる券種です。 選んだ2頭の馬がともに 1着と2着になれば当たりです。 ワイドより少し難しくなりましたね。 枠連(わくれん) 1着と2着になる馬の枠番を当てる券種です。 騎手の帽子の色が枠番を表すカラーとなっています。 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠 白 黒 赤 青 黄 緑 橙 桃 この枠番を2つ選び、選んだ2つの枠番がともに 1着と2着になれば当たりです。 ここで「馬連と何が違うの?」って思いますよね。 1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠 1番 2番 3番 4番 5番 6番 7番 8番 9番 10番 11番 12番 13番 14番 15番 16番 17番 18番 例を見てみましょう。 例1 例2 例3 例4 1着 1番 1番 2番 2番 2着 11番 12番 11番 12番 「1番と11番が2着までに入るだろう」と思って、• 馬連 1・11• 馬単 1・11 を購入したとします。 このとき、 馬単が当たるのは例1の場合のみです。 馬連は例1・2のどちら場合でも的中となります。 例2を馬単で当てるなら、「11・1」を買わなければならないというわけです。 3連複(さんれんぷく) 3着までに入る3頭の馬を当てる券種です。 選んだ3頭の馬がともに 1着・2着・3着のになれば当たりです。 3連単(さんれんたん) 1着になる馬・2着になる馬・3着になる馬を当てる券種です。 3連複と異なる点は 着順まで決めなければならない点です。 馬連と馬単の違いと同じ感じ。 一番難易度が高い券種ですが、そのぶん配当も一番高いです。 応援馬券 単勝+複勝がセットになった券種です。 競馬場やウインズ・エクセルで販売している紙馬券でしか購入できない馬券となっています( インターネット不可)。 WIN5(ウィン5) 対象の5レース全ての1着になる馬を当てる券種です。 インターネットや一部の競馬場でしか購入できない馬券となっています( 紙馬券は原則不可)。 馬券の種類によって配当は違う!券種ごとの平均配当をチェック ここまで馬券の種類を紹介してきましたが、気になるのは「どれを買えば一番儲かるの??」ってところですよね。 馬券の中には配当が低いものももちろんあります。 基本的に 当たりやすい馬券の種類は配当も低く、当てるのが難しい馬券の種類は高配当となります。 例えば3着以内に入る馬を当てるだけで良い「複勝」は、一番当たりやすいため払戻金額は安いです。 逆に1着・2着・3着を順番通りに当てる「3連単」は一番難しいので、1,000万円以上の超高配当が出たこともあります。 参考までに、2013〜2017年までの5年間の 馬券の種類別平均配当をご紹介します。 (表準備中).

次の

競馬初心者でも安心!競馬の基本と馬券の買い方を解説!|競馬予想・競馬情報ならJRA

競馬 初心者 馬単

馬単とは? 馬単は1着馬と2着馬を、順番通りに当てることで的中となる馬券です。 馬連との違いは、馬連が1、2着の順番がどちらでもいいのに対し、馬単は1、2着の順位を当てる必要があります。 例えば下記のようなレースがあったとします。 馬連より的中率が低い分、馬単のほうが配当は高くなります。 馬単の歴代配当は? 馬単は1着と2着の馬を当てるというシンプルな馬券ですが、一撃100万円を超える大穴馬券が出現することもある、爆発力の高い券種です。 「1着馬と2着馬を順番通り当てる」のが馬単ですが、「混戦でハッキリとはわからない」という場合にはボックス買いも有力な買い方です。 なお、的中率は馬連と同じようになりますが、人気馬が1着に来ると配当は低くなり、人気薄が1着に来ると配当が高くなる、という特徴があります。 いわゆる流し馬券の延長戦上にある買い方と捉えるとわかりやすいでしょう。 2016年1年間の馬単平均配当が約1万1871円。 全通り購入した場合の回収率は59. 控除率よりも全通り買った場合の回収率が低いということは、勝っている人が多数存在するということ。 的中率と回収率の関係から考えると、予想力さえあれば勝てる馬券と考えられます。 馬単ボックスのメリット 基本的には勝ち馬が予想出来ている時に、そこから流して買うのがセオリーと言われる馬単ですが、混戦レースなどではボックス買いで配当期待値を追うのも有力な選択肢です。 基本的に単勝の延長線上にある馬券なので、穴馬が激走して1着になれば、断然の1番人気が2着に入ったとしても万馬券が出現する場合が多々あります。 馬単ボックスのデメリット 似たような性質の馬連と比較して、購入点数が2倍になる馬単。 ボックスの場合も同様です。 また、単純に不的中時のリスクが高くなる、というのがデメリットではあります。 ただ、結果的に馬連配当の2倍以上の払い戻しを受けられることも多くあるので、リスクよりもリターンを求める方にとってはそれほど大きなデメリットではないでしょう。 馬単フォーメーションのメリット ある程度勝ち馬を予想できている場合、そこから複数に流すだけでいいので、ボックスと比較して購入点数を少なくおさえることができます。 最小限のリスクで大きなリターンを狙えるという観点からは非常に有力な買い方と言っても差し支えないでしょう。 馬単フォーメーションのデメリット 購入点数をおさえることが出来る反面、勝ち馬を当てる能力も問われます。 レース中にアクシデントや不利があって、予想した馬が2着に敗れてしまった場合、逆転候補以外の馬が勝ち馬になることも、よくあります。 そういった時に「ボックスにしておけば良かった」なんてハズレ方をしてしまうことがあるのは、デメリットと言えるかもしれません。 初心者におすすめの馬単ボックス活用法 大混戦の様相を呈しているレースや、有力馬はハッキリしているけど難解な一戦と言える状況では、馬単ボックスが有効です。 波乱の決着になれば万馬券の的中も当然ありえます。 堅めの決着になったとしても、5〜6頭程度のボックスであれば、手痛い負けを喰う事も少ないでしょう。 初心者におすすめの馬単フォーメーション活用法 まずはハッキリと勝ち馬が予想できる場合。 この状況なら、相手に何頭か流して的中すれば、単勝を買うよりもお得になる場合が多いです。 次に、断然の1番人気馬が勝ち切れないタイプの場合。 この場合は、その馬以外の相手を1着に記入して、1番人気馬を2着に固定することで利益の最大化を狙うことが可能です。

次の