ボートレース 退会。 マイルクラブ大村24

退会できない競艇予想サイト(ボートレース予想サイト)

ボートレース 退会

第1条【名称】 本サービスの名称は、「びわこボートポイントカードサービス」と称する。 第2条【本サービスの目的】 本サービスは、モーターボート競走への関心と理解を深めることを目的とする。 第3条【事務局の所在地】 本サービスの事務局は、びわこボート内に置くものとする。 第4条【会員の資格】 会員は、入会時に成年に達している者であり、申込用紙の必須項目を明記のうえ、本人確認ができる者とする。 第5条【会員証の交付】 会員には、会員証としてびわこボートポイントカード「ビナポ」(以下、ビナポと言う。 )を交付する。 第6条【会費等】 入会金、年会費は無料とする。 第7条【会員の義務】 会員は、本サービスの目的を正しく理解し、アンケート調査、モニター依頼等、ボートレース場実施事業に対する協力依頼があった場合は、率先して協力するものとする。 第8条【会員の特典】 会員はビナポにより、次の特典を受けることができる。 別に定める基準によるポイントに応じたサービスの提供• その他 第9条【ポイントの付与】• 会員は、場内設置のカードリーダーからポイントの付与を受けるものとする。 ポイントの付与は会員本人のみが受けるものとする。 会員は、ボートレース三国、びわこボート、ボートレース住之江、ボートレース尼崎でポイントの付与を受けるものとする。 全てのポイントは、ボートレース三国、びわこボート、ボートレース住之江、ボートレース尼崎のいずれかで、ポイントの付与を受けた最後の日の翌日から1年間有効とする。 第10条【ポイントの還元】• ポイントの還元は、会員本人が行うものとする。 ポイントの還元の際は会員本人の身分証明書の提示を必要とする場合がある。 ポイントの還元は、ボートレース三国、びわこボート、ボートレース住之江、ボートレース尼崎で行えるものとする。 第11条【会員情報の変更届】 会員は、入会申込書に記載した事項に変更が生じたときは、速やかに事務局へ届け出るものとする。 第12条【カードの再発行】 ビナポを破損または紛失した場合は、ビナポの再発行を受けることができる。 ただし、この場合、会員は20ポイントの発行手数料を支払うものとする。 なお、有効ポイントは再発行されたビナポに引き継がれるものとする。 第13条【カードの貸与】 会員は、理由の如何を問わず、ビナポを他人に貸与、譲渡することができないものとする。 第14条【複数入会の禁止】• 会員は、びわこボート以外のボートレース三国、ボートレース住之江、ボートレース尼崎のポイントカードは保有できないものとする。 カード発行後の登録ボートレース場の変更は不可とし、変更する場合は退会扱いとしポイントは引き継がれないものとする。 第15条【退会】 会員は、退会する場合は、速やかに事務局へ届け出るものとし、同時にビナポを返却するものとする。 第16条【会員資格の喪失】 次に定める事項に該当したときは、直ちに会員資格が喪失するものとする。 その場合、ビナポに付与されているポイントは全て無効となる。 法令等に違反する行為が確認されたとき。 びわこボートに対し不利益な行為(ノミ行為等)が確認されたとき。 びわこボートからの郵便物および通信物が住所不明で返却されたとき。 その他、びわこボートが不適当と判断したとき。 第17条【個人情報】 びわこボートは、会員の個人情報をポイントカードサービスの提供以外の目的のためには利用しないものとする。 また、個人情報を本人の同意なく第三者へ開示、提供しないものとする。 ただし、以下の場合はこの限りではない。 法令により開示が要求される場合および法令に基づき提供する場合• あらかじめ本人に必要事項を明示または通知し、同意を得ている場合• 人(法人を含む)の生命、身体、財産等の利益を保護するために必要であって、本人の同意を得ることが困難な場合• 国もしくは地方公共団体の各機関、またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合• 個人情報漏えいやウェブ上のハッキングその他の損害を被る可能性がある事故(不正アクセス禁止法が禁止する一切の行為を含む)を未然に防止し、もしくは発生した事故に関して、迅速な救済を受けるために、当該不正行為をしている可能性が高いと判断し、個人情報を調査機関に提供する場合• 当方が損害賠償義務を負うべき事故が発生した場合であって、当方が加入している保険の適用を受けるために、当該保険会社に個人情報を提供する場合 第18条【終了・中止・変更等】 びわこボートは、予告なしに、いつでもビナポを終了もしくは中止し、または内容を変更できるものとする。 付則 この規約は、平成22年4月1日から適用する。

次の

ボートレース24場水面徹底攻略blog

ボートレース 退会

不正なページ移動 加入者番号 6桁もしくは8桁 例:12345678 メールアドレス PCまたはスマートフォンで受信できるメールアドレスをご入力下さい。 jp】からのメールを受信できるように設定をお願いします。 例:tokuyama boatrace-tokuyama. )は、ボートレース徳山の電話投票 インターネット投票及び携帯Web投票を含む。 以下「電話投票」という。 のご利用に際し、特典を提供する会員制のポイントサービスとして、Sunacchiポイントクラブを運営する。 第2条(定義) この規約において、次に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるとおりとする。 (1)「会員」とは、Sunacchiポイントクラブ入会申込みをしてボートレース徳山から入会を認められた個人のお客様をい う。 (2)「ポイント」とは、会員に対象のサービスの利用に応じて付与されるポイントをいう。 (3)「ボーナスポイント」とは、通常付与されるポイント以外に特別の条件下で付与されるポイントをいう。 使用に制限が課される場合もある。 (4)「ポイント口座」とは、付与されるポイントを蓄積しておく口座をいい、ボートレース電話投票会員 インターネット即 時投票会員を含む。 以下「テレボート会員」という。 一資格当たり一口座開設できる。 (5)「特典」とは、会員のポイントの利用申込みに応じてボートレース徳山から提供される商品又はサービスをいう。 第3条(入会資格) Sunacchiポイントクラブへ入会できる方は、次に掲げる方とする。 (1)この規約をご承諾した上で、これに従える方 (2)テレボート会員の方 第4条 入会の申込み Sunacchiポイントクラブへの入会を希望するテレボート会員は、この規約に承諾し、ID及びパスワード等の必要事項を記入の上、入会の申込みを行うものとする。 2 前項のID及びパスワードは、お一人様につき一つ設定するものとする。 3 Sunacchiポイントクラブへの入会申込みは、随時行うことができる。 第5条(会員資格の発効) ボートレース徳山は、前条の規定により入会申込みが適正になされたときは、審査を行い、適当と認めたときは、申込者のポイント口座を開設する。 2 会員資格は、前項の規定によりポイント口座が開設された時点で発効する。 3 テレボート会員に新規で入会した方のSunacchiポイントクラブへの入会は、ボートレース徳山での本人確認等の都合上、 2週間から45日間程度を要するものとする。 第6条(メール配信について) ボートレース徳山の判断に基づいて、Sunacchiポイントクラブの運営上の告知、情報の提供、または機能の一環として会員の登録アドレスに対してメールを送信する場合がある。 第7条(免責) パスワードを利用しての他人の成りすまし行為等による特典の詐取などについては、ボートレース徳山は一切責任を負わない。 第8条(ポイント取得対象) ポイントは、電話投票でボートレース徳山の舟券を購入した場合にのみ取得できるものとする。 2 前項に定めるほか、ボートレース徳山独自のサービスによってもポイントを取得できるものとする。 3 前2項に定めるポイント取得対象基準は、ボートレース徳山が随時、任意に見直すことができる。 第9条(ポイントの取得) ポイントは、電話投票でボートレース徳山の舟券購入額100円につき1ポイント取得できるものとする。 2 ポイントは、1つのポイント口座にのみ積算され、他のいかなるポイント口座にも積算されないものとする。 ボートレース徳山は、ポイントの二重登録が判明した場合は、正規のポイント数に訂正する権利を有する。 第10条(ポイントの登録) ポイントは、会員のポイント口座に登録されることで付与されるものとする。 会員はポイントが、ポイント口座に登録された後でなければそのポイントで特典を利用することはできない。 2 ポイントの登録は、電話投票でボートレース徳山の舟券を購入した日の翌月10日に行うものとする。 ただし、諸事情に より遅くなる場合もある。 3 会員は、ポイントが自動的にポイント口座に登録されなかった場合は、ボートレース徳山が定める方法に基づき、登録 を請求することができる。 ただし、次に掲げる場合は、この限りでない。 (1)請求対象となる日以前に当該会員のポイント口座開設が完了していない場合 (2)請求対象となる日から60日を経過した場合 4 会員は、ポイントの登録について異議がある場合は、異議の対象となる利用日から60日以内にボートレース徳山に異議 の申立てをしなければならない。 第11条(ポイントの合算) 積算されたポイントをポイント口座及び会員間で共有、合算又は譲渡することはできない。 第12条(ポイントの有効期限) ポイントの有効期限は、毎年12月31日までとする。 2 前項の有効期限については、ボートレース徳山にて随時、任意に見直すことができる。 第13条(ポイントの利用者) ポイントは会員本人のみが利用できる。 第14条(特典の申込み) 特典は月に1度更新をするものとし、月末までの応募とする。 2 ポイントの特典との引換えの申込みは、会員本人からのみ申し込むことができる。 3 特典の申込みをした場合は、いかなる場合においてもその変更はできないものとする。 第15条(特典の送付先等) 特典の送付先及び会員への必要事項連絡は、すべてテレボートに登録した前月末時点での住所に対して行うものとする。 第16条(特典の内容) ポイントにより引換え可能な特典は、予告なく変更することがある。 第17条(登録情報の変更) 会員は、入会後、登録情報に変更があった場合は、速やかに登録情報の変更手続きを行うものとする。 また、テレボート会員登録内容についても併せて変更手続きを行うものとする。 2 前項の変更手続きを怠ったために、ボートレース徳山からの通知又は送付物が延着し、又は到達しなかった場合は、通常 到達すべきときに到着したものとみなす。 会員は、このみなし到着に対して異議を申し立てることができないものとす る。 第18条(特典の紛失、盗難に対する措置) Sunacchiポイントクラブが会員に提供するすべての特典について、ボートレース徳山は、紛失・盗難等を理由とする再提供の義務を負わないものとする。 また、特典の発送以降、発送中に生じた遅延、紛失、損害等のあらゆる事故により会員が特典を利用出できない状況となった場合についても、ボートレース徳山は一切の責任を負わないものとする。 第19条(ポイントの払戻し) 特典が利用されなかった場合に、その特典に相当するポイントをポイント口座へ払い戻すことや他の特典に変更することはできないものとする。 この場合において、ボートレース徳山は利用できなかった特典を補償するいかなる責任も負わないものとする。 第20条(特定会員への提供) ボートレース徳山の舟券購入実績により、提供するボーナスポイント、特典、情報提供などに関して、ボートレース徳山は特定の会員のみに提供する場合がある。 第21条(会員資格の取り消し) ボートレース徳山は、入会後12か月以上経過して1年間ポイントの取得が無い会員については、会員資格を抹消あるいは取り消すことができるものとする。 第22条(退会) 会員が退会を希望する場合は、会員本人が退会の申込みを行い、申込みが完了した時点で退会となる。 2 会員がテレボート会員の資格を喪失したときは、2週間から45日程度を経過した後に、自動的にSunacchiポイントクラ ブを退会したものとして扱うものとする。 3 前2項の規定により、退会又は退会として扱われた時点で当該会員に係るすべてのポイントは失効する。 第23条(個人情報の管理) ボートレース徳山は、Sunacchiポイントクラブの運営に当たり、会員から提供された個人情報を重要なものと認識し、その取扱いについては、最新の注意を払い、コンピューターで厳重に管理し、ボートレース徳山事業及びSunacchiポイントクラブの運営、管理以外には一切使用しない。 第24条(事務局の設置) Sunacchiポイントクラブの事務局は、ボートレース徳山内に置くものとする。 第25条(サービスの終了) ボートレース徳山は、任意にSunacchiポイントクラブのサービスを終了することができるものとする。 その場合、未使用のポイントは無効となる。 第26条(会員資格の失効) ボートレース徳山は、次に各号に該当することが判明した場合又は該当する恐れがあると判明した場合は、予告なく会員資格を失効させることができるものとし、同時に失効時点における当該会員ポイント及び特典の利用について取り消すことができるものとする。 (1)会員登録及びポイント積算、特典利用等の際に虚偽の申告や通知がなされた場合 (2)本規約又はモーターボート競走法その他のボートレース関連法令に違反した場合 (3)その他ボートレース徳山との信頼関係を損なうとボートレース徳山が判断した行為を行った場合 第27条(本規約の改廃) ボートレース徳山は、本規約の一部又は全部を予告なく変更又は廃止することができるものとし、Sunacchiポイントクラブ内の適宜場所に掲示された時点から効力を生じるものとする。 2 会員は、前項の変更又は廃止について、すべて了承するものとする。 第28条(再入会) Sunacchiポイントクラブを一度退会した場合、退会以前に所有していたポイントの一切は復元されないものとする。 2 再入会時は、初回入会時のボーナスポイントの付与は行われないものとする。 第29条(その他) 本規約に定めのない事項で問題が発生した場合は、ボートレース徳山が決定権を有するものとする。 附則 この規約は、平成26年9月1日から適用する。 平成31年2月4日改定実施。

次の

Sunacchiポイントクラブ

ボートレース 退会

・ボートレース桐生とは? ・にある淡水のレース場です。 ・初めてナイター開催を行ったのがボートレース桐生で、通年ナイター開催を行っている。 ・水面特性とは? ・標高128mに位置する阿左美沼の1角を利用した競走水面で、標高が高いことから出足に影響が出ます。 ・夏の水面は比較的穏やかですが、冬は 「赤城おろし」と呼ばれる強い風が吹き水面が荒れることがあります。 ・パワーとスピードを兼ねそろえた選手が活躍する傾向にあります。 ・攻略法は? ・本日のまわり足情報の半周ラップタイムで、 1番時計をマークしていれば1着率が高いので頭で狙おう。 ・強い追い風が吹くと、1マークは波立つので、展示でしっかりターンができているか見極めよう。 ・夏は風も吹かず走りやすい水面になるので、気温が上がるに連れて、機力差が大きくなるので、 センター勢からの捲りを狙ってみよう。 ・冬場は風が強まると 水面が荒れるので波巧者を狙おう。 ・まとめ ・パワーとスピードを兼ねそろえた選手を狙え。 ・本日の周り足情報をチェックすべし。 ・冬は「赤城おろし」を警戒しよう。 への入会がお勧めです。 ・第1に大橋が隣接してあり、橋の上から1の攻防を眺めることができます。 ・水面特性とは? ・水面の横幅が全場で1番狭く、1マークを大きくホームストレッチ側に寄せているためにインが窮屈になり、 インの2連対率が全国で最も低いイン受難水面である。 ・上記のことから、 センター勢からのカド捲りが決まりやすい水面です。 ・チルト角度が最大0. 5までなので、6コースからの大外捲りは難しいです。 ・ 戸田の展示タイムは信頼して良いです。 ・攻略法は? ・4カドが展示1番時計なら、 4カド捲りの頭との紐を狙うべし。 ・戸田では インの大勝負は推奨できません。 ・ホーム強い追い風が吹いたときは、1マークのターンが流れやすいので2コースの差しを狙おう。 ・風が安定している時は、スタート展示で踏み込めている選手を狙おう。 ・まとめ ・イン受難水面なので、インからの大勝負は危険。 ・4カドが展示1番時計なら、4カドの捲りを狙おう。 ・強い追い風の時は2コース差し。 への入会がお勧めです。 ・全国で唯一、河川を使用した競走水面です。 ・水面特性は? ・川の流れの他、河口に近い所から上げ潮や下げ潮による水位の影響を受けやすく、の中でも屈指の難水面として知られています。 ・特異的な水面の為に、艇界トップクラスの選手でも旋回に苦労することがあります。 ・潮流と風向きがぶつかり合うと波長が長いうねりを伴う波水面となり、 波乗り技術の差が大きく出ることになります。 ・攻略法は? ・全国勝率は度外視で、 江戸川の勝率を重視しよう。 ・上げ潮の時の展示タイムが良い選手は、モーターの機力が相当良いので注意しよう。 ・夏場は気温が高くなり、ホーム追い風が強まるので、仮に下げ潮の時には波巧者のBOXなどで勝負してみよう。 ・春や秋は水面が穏やかな事が多い為に、内枠が主導権を握ってと2コース差しが増えるので、インから絞って勝負しよう。 ・まとめ ・江戸川の勝率や波巧者を軸にを組み立てよう。 ・上げ潮時の展示タイムに注意。 への入会がお勧めです。 ・立地条件および利用者数の観点から東のメッカと言われていた通り、SG競走開催数はに次ぐ2番目に多く開催されております。 ・水面特性とは? ・関東を代表するイン受難水面です。 ・マンション群に囲まれている事から、ビル風の影響を受けます。 ・1マークのスタンド側の幅が37mと狭くて、センター勢からの捲りと、マークした外枠勢の差しで穴が飛び出しやすい水面です。 ・は1マークを差した艇が内から伸びやすく、2マークでの逆転劇が多い水面です。 ・攻略法 ・無風の時は、スタートを決めやすくて、スリットが揃いやすいので、1&2コースの1着率が高くなるのでインから狙おう。 ・向い風時はがもっとも弱くなり、2~5コースの1着率がまんべんなくUPするので、インから大勝負するのは辞めた方が賢明です。 (特に冬場の強い向い風は大波乱になりやすいです。 ) ・2コースが展示1番時計を出した場合は、2コース差しを狙おう。 ・どのコースからでも3着入線のチャンスがあるので、は手広く流そう。 ・まとめ ・無風ではイン有利、向い風や追い風ではインは軽視しよ。 ・2コースの展示1番時計は、2コースの差し狙い。 ・は手広く流そう。 への入会がお勧めです。 ・海も山もないのど真ん中にある事から風の影響を受けにくい 日本一の静水面です。 ・水面特性は? ・以前は静水面なのでが握って回れるという言われてましたが、現在は 静水面なのでインがスタートを決めて全力で逃げ切ることができる水面です。 ・淡水プールで広さも十分なことから、スピードレースが展開されるので、モーターの良い選手が勝ち上がりやすいです。 ・インとセンターが全速で競い合う形も多く、2コースからの小回り差しが決まりやすいです。 ・攻略法 ・インが信頼できるなら素直にインから勝負。 インが信用できない時は2~4コースをアタマで狙うのが賢明。 ・ 選手のスタート勘を重視して、少しでもスリットが崩れそうな時は波乱を狙おう。 ・静水面と呼ばれるでも、向い風が吹いたらセンター勢から勝負してみよう。 ・まとめ ・選手のスタート勘やスリットの予想を重視しよう。 ・インが信頼できる時は、インから大勝負してみよう。 への入会がお勧めです。 ・晴れた日には場内から富士山を見ることができます。 ・水面特性 ・日本有数の広大な競走水面を誇ります。 ・ピットから2マークまでの距離が152. 8mと長い為に、ピット離れを決めて内コースを強く奪いに行けば、コースが取りやすいレイアウトです。 ・汽水で柔らかい水質の為に走りやすい水面です。 ・広いコースの為に、握って回る選手が多く、3~5コースのまくり、差し、と何でも飛び出します。 ・夏と冬で風向きが逆になるので、季節で傾向が変わります。 ・攻略法 ・5コースの選手が展示1番時計を出した場合は、思い切って1着固定で買ってみよう。 ・風速5m以上の追い風時は捲り、風速5m以上の向い風は差しorを狙おう。 ・センター勢からの捲り差しの上手い選手を狙おう。 ・まとめ ・5コースの展示1番時計には注意。 ・3~5コースの1着率は全国平均よりも高い。 ・風速5m以上の追い風時は捲りで、風速5m以上の向い風は差しor捲り。 への入会がお勧めです。 ・2006年度から全てのレースでナイター開催を行っています。 ・水面特性 ・塩分濃度が低く、潮の満ち引きの影響をほとんど受けません。 ・競走水面の広さは日本のレース場でも有数で、旋回する時に対岸にぶつかる危険性が少ない為に、スピードが保ちやすく全速戦が効きます。 ・ナイターではインが圧倒的に強いです。 ・で全力ターンができる1コースと全力勝負のできるセンター勢に挟まれる2コース差しは機力が必要です。 ・差しよりも思いっきりの良い捲りが決まりやすい水面です。 ・海の近くにありますが、風の影響はあまりありません。 ・攻略法 ・機力の弱い2コースは思い切ってから外そう。 ・ターンスピードのある選手を狙おう。 ・前半のデイレースはやや波乱を狙い、後半のナイースはインで勝負が賢明 ・秋は昼と夜の気温差が大きくなり、調整対応力が問われるので、展示を確認しよう。 ・まとめ ・潮や風の影響にあまり左右されません。 ・差しよりも捲りを狙おう。 ・機力の弱い2コースは度外視して良い。 への入会がお勧めです。

次の