ルーク キー クリー。 ルーク・キークリー(パンサーズLB)引退への、各選手のツイート

おかえりキークリー

ルーク キー クリー

セインツRB41アルビン・カマラはパンサーズLB59ルーク・キークリーは既に2度対済み。 いずれもカマラがTDを挙げ、セインツが制している。 プレーオフ進出はセインツが4年ぶり11回目、パンサーズが2年ぶり8回目となっている。 同じNFC南地区のセインツとパンサーズは、レギュラーシーズン中に二度対戦しているが今季は第3週が34対13、第13週が31対21でいずれもセインツが制している。 1試合あたりの総獲得ヤード391. 2ヤードで2位のセインツ攻撃陣をパンサーズがどう止めるかが鍵だ。 今季のセインツはRBアルビン・カマラとマーク・イングラムが中心。 2人のRBがどちらもラン、キャッチ併せて1500ヤード以上獲得したのは史上初めてだ。 勝利した試合ではランで平均151. 3ヤード、敗れた試合では平均僅か81. 2ヤードと、2人のランの成否が勝敗にそのまま関わってくる。 特にカマラはラン1回平均6. 2ヤードを獲得でリーグトップ。 また、ランが第1ダウン更新かタッチダウンになる確率は34. 2パーセントとRB中1位で、最優秀新人選手の候補にもなっている。 パンサーズは最高のILBの呼び声の高いルーク・キークリーを中心に、1試合あたり88. 1ヤードしか許さないラン守備を誇る。 キークリーは6年連続で100回以上のタックルを記録。 本人のタックル能力もさることながら、ビデオ研究と視野の広さで、運動能力の高いOLBトーマス・デイビスらを指揮し、守備全体に貢献できる選手だ。 キークリーをもってしてもカマラは、「動きが滑らかで、それが自然にできている。 滑るように動いているね。 素早く動くわけじゃないんだけど、タックルがしにくい選手だ」と手を焼いている。 事実、第3週の対戦時はキークリーのタックルをかわしてキャリア初のタッチダウンを記録。 第13週もゴールラインでキークリーを跳ね飛ばしタッチダウンを奪っている。 しかし、三度目の対戦ではキークリーも対策を講じてくるに違いない。 勢いに乗るルーキーが三度目の対決も制するか、ベテランLBが意地を見せるかに注目だ。

次の

4TH8:53

ルーク キー クリー

チーフスおめでとう 本日行われた 第54回スーパーボウル。 31-20でカンザスシティ・チーフスがサンフランシスコ・49ersをくだし、50年ぶり2回目の制覇となった。 チーフスのヘッドコーチアンディ・リードおめでとう!とても嬉しそうだった。 昨日の「 」にて表明したように、私はチーフスを応援していた。 第4クォーター(最終クォーター)に チーフスは、 レッドゾーン(敵陣20ヤード以内)付近まで攻め込みながら、マホームズからタイリーク・ヒルへの逆リード気味のパスをインターセプトされ、攻撃権を失った。 マホームズは、この試合2度目のインターセプトだった。 試合時間は残り11分57秒 、「 万事休す」かと思ってしまった。 チーフスデイフェンスごめんなさい。 この時点で、スコアは 20-10で49ersリード、残り時間は11分57秒。 49eraのオフェンスはランが強いので、きっちり時間を使いながら最低FGで終われば23-10となる。 その時、残り時間5分切っているかも…などと心配していたが、ここからチーフスディフェンスが大奮闘。 以降49ersにほとんど時間を使わせず、大逆転勝利を呼び込んだ。 久しぶりに、 大熱戦のスーパーボウルだった。 第4Q残り8分53秒 改めて驚かされたのは、プロ僅か3年目のチーフスQBパトリック・マホームズの精神力だ。 自身のインターセプトで失った攻撃権を、ディフェンス陣がすぐさま取り返した続くチーフスのオフェンスシリーズ。 残り時間8分53秒から始まった。 しかし、 マホームズはタイリーク・ヒルへおよそ40ヤードのパスを決め一気に敵陣25ヤードへ。 敵の反則もあったのち、ケルシーへのタッチダウンパスでドライブをしめくくった。 PATも決まりこれで20-17。 残り時間6分13秒。 再び、 チーフスディフェンスが素晴らしい働きをした。 49ersオフェンスに時間を使わせず、 残り時間5分10秒で再びチーフスのオフェンスとなる。 ここでもチーフスオフェンスが躍動し、タッチダウンでドライブを締めくくり24-10と逆転した。 そのあとのタッチダウンはおまけみたいなものだ。 最終スコアこそ開いたものの、締まったとても良いスーパーボウルだった。 シーズンの選手名鑑ど真ん中がスーパーボウルMVP 近年だとトム・ブレイディ出しとけばって感じだったけど いよいよ世代交代だね アメフト1試合見るのは長くて疲れちゃう。 ルール良くわからない。 色々な人がいると思うけど、良ければ 今回のスーパーボウルの第4Qだけでも見てみてね。 とても面白いよ。 スタジアムの雰囲気 チーフスが50年ぶりのスーパーボウル出場ということもあり、会場はチーフスファンが多かったかな。 入場から、チーフスへの声援がすさまじかった。 アイキャッチの画像のように、 両チームともチームカラーが赤なので、ファンの多くは 赤いジャージを着ていた。 ルーク・キークリー引退 カロライナ・パンサーズのLBルーク・キークリーが引退を発表した。 NFL在籍8シーズン28歳の若さ。 リーグ屈指のMLBとして知られ、今シーズンも リーグ5位のタックル数(144)を記録していたから少しビックリ。 燃え尽きたのかな。 少し前なら、 ライオンズのカルビン・ジョンソン。 近年では ペイトリオッツのロブ・グロンカウスキーや コルツのアンドリュー・ラックなど、早すぎる引退が話題になることが多い。 キークリーのような、 まさにハート&ソウルなLB大好きだ。 ありがとうね、キークリー。 趣味の釣りとか、楽しんでね。 発熱 昼飯後病院へ。 熱を測ったら 37. 私の平熱は34. どうりで顔がポカポカするわけだ。 インフルエンザの検査もしてくれた。 幸い、インフルエンザではなかった。 よかったよ。 検査は鼻から長い棒つっこまれて、凄く痛かった。 右側入れられたあと、左途中まで入れられて「こっち入らないや、もっかい右で」ともう一度来た2度目の右。 とても、とても痛かった。 薬を処方されたよ。 飲むと「 眠くなる可能性高い」とのこと。 明日、仕事中寝てしまったとしたら、ぺレックスのせいだね。

次の

【NFLトップ100】12位 ILBルーク・キークリー

ルーク キー クリー

セインツRB41アルビン・カマラはパンサーズLB59ルーク・キークリーは既に2度対済み。 いずれもカマラがTDを挙げ、セインツが制している。 プレーオフ進出はセインツが4年ぶり11回目、パンサーズが2年ぶり8回目となっている。 同じNFC南地区のセインツとパンサーズは、レギュラーシーズン中に二度対戦しているが今季は第3週が34対13、第13週が31対21でいずれもセインツが制している。 1試合あたりの総獲得ヤード391. 2ヤードで2位のセインツ攻撃陣をパンサーズがどう止めるかが鍵だ。 今季のセインツはRBアルビン・カマラとマーク・イングラムが中心。 2人のRBがどちらもラン、キャッチ併せて1500ヤード以上獲得したのは史上初めてだ。 勝利した試合ではランで平均151. 3ヤード、敗れた試合では平均僅か81. 2ヤードと、2人のランの成否が勝敗にそのまま関わってくる。 特にカマラはラン1回平均6. 2ヤードを獲得でリーグトップ。 また、ランが第1ダウン更新かタッチダウンになる確率は34. 2パーセントとRB中1位で、最優秀新人選手の候補にもなっている。 パンサーズは最高のILBの呼び声の高いルーク・キークリーを中心に、1試合あたり88. 1ヤードしか許さないラン守備を誇る。 キークリーは6年連続で100回以上のタックルを記録。 本人のタックル能力もさることながら、ビデオ研究と視野の広さで、運動能力の高いOLBトーマス・デイビスらを指揮し、守備全体に貢献できる選手だ。 キークリーをもってしてもカマラは、「動きが滑らかで、それが自然にできている。 滑るように動いているね。 素早く動くわけじゃないんだけど、タックルがしにくい選手だ」と手を焼いている。 事実、第3週の対戦時はキークリーのタックルをかわしてキャリア初のタッチダウンを記録。 第13週もゴールラインでキークリーを跳ね飛ばしタッチダウンを奪っている。 しかし、三度目の対戦ではキークリーも対策を講じてくるに違いない。 勢いに乗るルーキーが三度目の対決も制するか、ベテランLBが意地を見せるかに注目だ。

次の