へ その ゴマ 取る。 へそのゴマ、臍石?、へその病気、お手入れ法

へそ&へそのゴマ「へその奥はどうなっているの?」「へそのゴマには黒と白があった!」

へ その ゴマ 取る

「へそのごまを取るとお腹が痛くなるんだって」 寝る前に娘が言いました。 「へそのごまって言うけどごまじゃないからね」 「じゃあ何?」 へそのごまの正体を聞かれてもはっきり答えられませんでした ・・; ただの垢なのか? それとも何かの役割があるのでしょうか? へそのごまを取るとお腹が痛くなるって本当かしら? 今回は、• へそのごまの正体• へそのゴマの役割は?• へそのごまを取ると腹痛になる理由は?• へそのごまの簡単な取り方は?• へそのごまの正体は? へそのごまの正体は 「垢」です。 へそのごまは垢の塊で、不潔なものなので綺麗にしておく必要があります。 引用: へそのゴマの正体は 垢の塊・・・。 どうしてゴマって言われているんだろう? 普通にへその「垢」って言ったほうがわかりやすいですよね。 「垢」より「ごま」のほうが可愛らしくはありますが。 へそに垢がたまりやすいのは、窪んでいるので普通に洗っても汚れが取りにくいからです。 「へそのごまを放置すると?」 放置すると、 細菌が繁殖して炎症を起こす可能性があります。 「耳垢と同じような成分ならへそのごまにも何か役割があるんじゃないの?」 耳垢は、細菌の繁殖を抑えるなどの役割を持っています。 へそのごまにも役割はあるのでしょうか? スポンサーリンク へそのゴマを取ると腹痛になるの?理由は? へそのごまを取っても腹痛になりませんが、 間違った取り方をした場合は腹痛になる可能性があります。 腹痛になる理由は、 腹膜を刺激するからです。 へその下には腹膜があるので、これが刺激を受けると痛みを感じます。 へそのゴマを取るとお腹が痛くなるのはこのためです。 引用: へその奥、うすい皮の下には腸などの内臓を包んでいる 「腹膜」があり、 痛みを感じる神経が集中しています。 腹膜を刺激するのがへそのごまを取ると腹痛になる原因だったなんて・・・。 では、へそのごまを取る時はどのようにすればいいのでしょうか? へそのごまの簡単な取り方は? 日常のケア お風呂に入った時に、濡れたタオルを指に巻いておへそをクルリと回しながら拭きましょう。 ナイロンタオルは刺激が強いので、綿のタオルやガーゼを使います。 なかなか取れない場合 タオルを使っても取れないへそのごまは、オイル(ベビーオイル・クレンジングオイル・オリーブオイル)に浸した綿棒で取ります。 お風呂に入った後の、へそのごまがふやけた状態の時がおすすめです。 それでも取れない場合は、クリームを塗ったおへそにラップをして一晩おいてください。 翌朝、クリームを拭き取ってからオイルをつけた綿棒で取りましょう。 へそのごまの正体は「垢」• へそのごまを取るとお腹が痛くなるのは腹膜を刺激するから• へそのごまは優しく取る(濡れタオルやオイルに浸した綿棒を使う)• きつい服やお腹周りの毛は、へそのごまが多くなる原因になる可能性がある 私は若くないけれど、へそのごまは見当たりませんでした。 ワンピース(締め付けない服)を着ることが多いからかもしれません。 そういえば、私は妊娠中に期間限定でおへそ周りが毛深くなっています。

次の

へそのごまの正体が判明!!その取り方と臭いの原因も徹底解説!! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

へ その ゴマ 取る

=目次=• おへそのゴマをキレイに取る方法 おへそのゴマと一般に呼ばれるものの正体は、おへその 汚れ です。 おへそはヘコんでいますので、どうしても衣服などのホコリや皮膚の脂・アカなどが溜まりやすくなっています。 これが黒ずんで見えたり、取れた塊がゴマのように見えた事から「おへそのゴマ」と言われるようになりました。 さて、 おへそのゴマを取る方法ですが、意外と簡単です。 用意するもの ・市販のベビーオイル (オリーブオイル等でも良いですが、お肌に優しい低刺激の物を選んで下さい。 お腹から垂れてしまいそうな場合は絆創膏やラップ等で塞いでもいいですよ。 以上です。 難しい技術などは必要ありません。 乱暴に擦らず、優しくゆっくり掃除するのがコツです。 綿棒は、深く入れ過ぎないよう注意して下さい。 (目安は、先の綿の部分が隠れるくらいまで。 ) 何度か掃除するうちに奥の汚れも浮いてきますので、一度にすべてを取り切る必要はありません。 おへそは、とてもデリケートな部分なんですよ。 おへその掃除を行うのは、 入浴後がおススメです。 水気をよく取り、おへそを清潔にしてから行いましょう。 最初は頑固な汚れがあって少し取りにくいかもしれませんが、続けるうちに難なく取れるようになります。 掃除し過ぎるのも良くありませんので、普段は入浴時、身体を洗う際に意識しておへその中も泡で洗うようして、1ヶ月に1度くらいの頻度でおへそチェックします。 汚れが溜まっているようならオイルを使って洗うようにすると、頻繁に行うことなくおへそをキレイに保つ事が出来ますよ。 おへその穴の臭い原因と対策は? たまに、おへその穴から嫌な臭いがすると言うお話を聞きます。 これは、前述したおへそのゴマ・・・汚れが長期間にわたって溜まり続ける事で発生する 雑菌などが原因である事が多いのですが、中には臍炎(さいえん)などのおへその病気である場合があります。 ・掃除しても臭い。 (臭いがきつい) ・かゆみや痛みがひどい ・しこりがあったり、膿(うみ)がでてくる などの場合は病院で診てもらいましょう。 といっても、病院へ行って「異常ありません。 掃除して下さい」と言われるのは恥ずかしいと思いますので、しこりや膿などの目に見える異常が見つからない場合は先におへそケアを行うことをおススメします。 スポンサーリンク おへそのゴマを取ってもお腹は痛くならない? おへそのゴマを取るとお腹が痛くなるって言われていますが、本当なのでしょうか? 結論を言いますと、 本当です。 ですが、これは 必ず痛くなる訳ではありません。 おへその掃除に夢中になり過ぎて、 無理に強く押したり擦ったり、引っ掻いたりすると痛くなります。 おへそはヘコんでいるため、内臓を保護する腹膜に近く、少しの刺激でも内臓に影響しやすいデリケートな場所なんです。 なので、おへそを掃除するときは刺激を少なくするために ベビーオイルを使用して、綿棒で撫でるように優しく取りましょう。 取りにくくても無理やり擦ったりする必要はありません。 何日かに分けて、何度か繰り返せば力を入れることなくキレイにすることが出来ますので、焦らなくても良いように余裕を持って行いましょう。 余談ですが、おへその穴は貫通していませんのでオイルや綿棒を入れても内臓には届きません。 ご安心を。 そもそもおへそは何のためにある? 妊娠中におへそ掃除して大丈夫?と言う声を聞きますが、お腹の中の胎児とお母さんのおへそは繋がっていませんので大丈夫です。 おへそは、あなたがお母さんのお腹の中にいた時に、お母さんから栄養や空気を受け取り、老廃物を排せつするために、へその緒で胎盤とつながっていた穴です。 お母さんのお腹の中から出てくると必要なくなりますので、へその緒は出産時に切られてお母さんへ渡され、あなたのおへその穴は塞がります。 つまりおへそは生まれる前に、あなたがお母さんとつながっていた「なごり」なんですね。 とはいえ、妊娠中はお腹に赤ちゃんが居ますので 普段よりさらに優しく、慎重に掃除しましょう。 また、お腹が大きくなってくるとおへそが出てくる事があります。 その時こそが、おへそ掃除の狙い目です。 笑 まとめ おへその掃除はした方が良い、しない方が良い、それぞれの意見もありますが、夏にへそ出しルックやビギニに挑戦したいとお考えならやはりお掃除される事をおススメします。 その際は必ずベビーオイル等を使用して、 日にちに余裕を持ってお掃除を始める事をおススメします。 翌日に海に行くからと無理してその日に取ろうと慌ててしまうと、取り方が乱暴になりお腹が痛くなることがあります。 優しくお掃除すると、お腹なんて痛くなりません。 実際私が看護師さんにキレイに掃除してもらった時は、全く痛くはなりませんでした。 (手術の際に掃除して頂きました。

次の

へそのゴマは取るべき?自然と取れる?取るとどうなる?

へ その ゴマ 取る

妊娠してお腹が大きくなるにつれ おへその中がでてきて「でへそ」になった。 その時のおへその中に意外にゴマがあることがわかった。 それからよく取るようになったそうだ。 ご主人のおへそのゴマも気になった時に綿棒で取ってあげるとか… 家族のおへそのゴマを取るようになり 他の人がどのようにおへその掃除をしているのか興味がわいたそうだ。 おへそは臍帯が枯れおちた傷跡にすぎない。 現在は何の機能も果たしていない。 大人のおへその奥はどうなっているの? 正常な過程を経たおへそは行き止まり。 ただ内側からもし仮にのぞいたとすると 下側へは細長い筋のような三本のヒダが認められるのが普通。 通常へそのゴマは黒。 へそのゴマが黒いのは垢や皮膚の老廃物が固まったため。 垢自体はあまり色を持たないが 乾燥ならびに埃の混入が色が黒くなる原因。 おへその洗い方は? おへその奥が行き止まりであればゴシゴシ洗ってしまってもいいの? おへそは他の壁の部分と違って筋肉や皮下脂肪がほとんどない。 厚くても数ミリ、2~3ミリとかの単位。 おへその奥はとってもデリケートな部分。 むやみいじると炎症になり腹膜炎を起こす可能性がある。 そういう人のへそのゴマは「白い」 おへその奥でつながっていたのは静脈や動脈の名残りだけではなかった。 「尿膜管遺残」 胎児のの時 膀胱からおへそを通して母体につながる 「尿膜管」が機能を失わず残っている。 総称して「尿膜管遺残」 その種類は3つ。 「尿膜管ろう」「尿膜管のう胞」「尿膜管洞」 始終ウェットな状態で 外気にさらされたおへその部分は 普通のばい菌、細菌が取り付いて繁殖しやすい状況が常にある。 傷つけないように手入れをしたほうが良い。 中には炎症を起こして手術をする方もいるそうだ。 どのように掃除すればよい? タオルかガーゼを指に巻きつけ おへそにあて2~3回やさしくまわす。 週に1~2度すればよい。

次の