ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で。 ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁(人質)生活を満喫する

ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁(人質)生活を満喫する

ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で

作者:@豆狸 / ジャンル:異世界〔恋愛〕 5位 幼馴染に裏切られ勇者に寝取られたので俺は仕返しに勇者パーティーの能力全てを奪い逃走をいたします。 作者:なっちゃん / ジャンル:ハイファンタジー〔ファンタジー〕 1位 8182pt 総 1. 7万pt 2. 1万文字 2位 7139pt 総 2. 6万pt 2. 4万文字 3位 5961pt 総 1. 6万pt 6. 3万文字 4位 3089pt 総 0. 9万pt 0. 6万pt 5.

次の

『ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁(人質)生活を満喫する』の詳細情報(N1784GA)

ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で

真珠はこのままでは「主人公」を陥れた罪で放逐の未来が待っている。 「主人公」にも攻略対象にも関わらなければよいのでは? と思っても、なぜか攻略者は真珠の身内や幼馴染ばかり。 関係を築かない、という最強の選択肢がとれないままに、彼等と関わることになるのだが? 恋愛未経験の彼女に翻弄される男性陣と、彼等からの好意に気づかず、ひたすら音楽に熱を傾ける彼女の恋物語。 大人パートは『追憶と葛藤』からになります。 アルファポリス様カクヨム様にも掲載。 71-5』 238話 『愛の歌』 *『夢のあとに』フォーレ。 夜想曲『シレーヌ』ドビュッシーは曲想が少な目のため曲名のみ。 24歳の私は会社の帰りに事故に遭って死んでしまった。 だけれど次の瞬間目が覚めると、プレイしたことのある乙女ゲームの世界の悪役令嬢になっていた。 「私はこの家の子ではありません」 それから自分を生かしておくと没落する可能性があると伝えた私を、両親はリーデアとして生かしてくれた。 だから私は侯爵令嬢のリーデア・リンドロースとして、リンドロース家のために自分の一生を捧げることを心に誓った。 長編にするにあたって、設定の変更等が行われていますので、ご了承ください。 ごく普通の女子高生、九條氷彗は夏休み中ずっと自室に引き籠もっていたら餓死してしまった。 故に転生することになったのだが、転生先の貴族の令嬢という地位を生かして再び自堕落スローライフを送ることにする。 前世での知識を生かして『料理』『農業』『 勉学』『魔法』etc、たくさんのことに挑戦しようと試みた。 しかし、一介の女子高生にそんな知識はなく、早々に断念。 礼儀作法の勉強から逃げ、社交界にも参加せず、自由気ままにニート生活! そんな夢の生活は、案の定長くは続かなかった。 気付いたら【怠惰な森の不動卿】という、不名誉な二つ名で呼ばれる駄娘の始末に両親が動き出したのだ。 そんな一人の少女が今日もどこかで惰眠を貪っています。 「エルドラド帝国皇太子ヴィンセント=シグルズ・ガルシアは、アイシャ=キャベンディッシュと本日をもって婚約破棄をここに表明いたします」 主人公アイシャは帝国皇太子からの悪役令嬢と罵られ、婚約破棄&廃嫡。 そして数年後には魔物大量発生なる原因を 作ったとされ《裏切りの大魔女》として絞首刑台に送られて死を迎える。 だが、死んだはずのアイシャは、運命の分かれ道となる十二歳にまで戻っていた。 絞首刑の未来をなんとしても阻止しようと考え、結果死ぬはずだった魔人族、皇帝、教皇たちを救うため、アイシャは死に戻りして得た能力を使いまくって奮闘する。 しかもこの世界が暇つぶしでやっていたアプリの乙女ゲームの世界、さ らには自分が転生したマヘリアは主人公をいじめる悪役令嬢、なおかつ目覚めたタイミングは婚約解消であることを理解する。 最悪なタイミングでの目覚め、もはや御家の没落は回避できない。 しかもこのままでは金で売られてしまう末路。 このままでは人生の破滅まっしぐら! そんなのはごめんと、何とか逃げ出したマヘリアがたどり着いたのは最底辺の墓場と揶揄される炭鉱。 一山当てる為、何より自分が生き残る為、元悪役令嬢は山を掘るのである。 「やっぱ、貧弱な生身の男よりもロボットよねぇ」 ある日の事、ノーザ・アンネリーゼ・アイランディは前世の記憶を思い出す。 それは、この世界が生前に自分がプレイしていた乙女ゲーム「聖光女アイリス~果てしなき愛のロンド~」だということ、そして自 分はゲームの主人公の恋路を邪魔する嫌味なライバルキャラだということ! しかもこのまま放っておいてしまったら、戦争に巻き込まれて死ぬ運命? そんなの絶対に嫌だ! だったら主人公たちと関わらないでひっそりと……それでも死亡フラグは消えない? しかも放っておいたら魔王まで復活して世界が滅びる! この先に待つ悲劇を回避するべく、ノーザが取った行動、それは……「ロボットのパイロットになって強くなるしかないじゃない!」だった!? そう、「聖光女アイリス」は乙女ゲームでありながら、ロボットが存在する世界。 そして、ノーザの前世は恋や愛よりも、ロボットを愛するロボットオタクだったからだ! カクヨムでも投稿を始めました 「この『天下ご免』の向こう傷! プレヴァルゴ家の退屈令嬢とはわたくしのことですわ!!」 今日もまた、高笑いとともに王都に響く声。 巷で評判の、弱きを助け強きを挫く、「退屈ですわ」が口癖の伯爵令嬢、メルツェデス・フォン・プレヴァルゴ。 国内で法律にも不文律にも縛られない『天下ご免』を国王から許された彼女は、その振る舞いから王都の名物となり、庶民から愛されていた。 だが、その裏で一人誰にも言えず抱えている悩み。 彼女には、前世の記憶があった。 それによれば、この世界は乙女ゲーム『エターナル・エレメンツ~光の聖女と精霊の騎士~』の世界。 もしくは、それに類似した世界。 そこに出てくるメルツェデスは、『高笑いバーサーカー』とあだ名を付けられる程の武闘派悪役令嬢。 実際、記憶の戻った十歳の時点で既に、突出した剣の腕を身につけているほどだった。 このまま行けば、将来的には破滅フラグ一直線、血まみれになりながら追っ手をバッタバッタと斬り伏せ、最後は高笑いをしながら討ち取られるという壮絶な最期を遂げることになってしまう! そんな危機感を覚えたメルツェデスは、何とか運命を回避しようと奔走する。 果たして彼女は、迫り来る運命から逃れることができるのか。 そしてその先に待つ未来はどんなものなのか。 少なくとも血塗れエンドだけは避けたい! と切に願いながら、彼女は今日も奮闘する。 旧題:愛され領主様と友人ヒロインのためにモブキャラの私は頑張ります! 【あらすじ】木に正面衝突をして前世の記憶を思い出した主人公セイレンは、ここが前世でプレイしてバッドエンドになった乙女ゲームの世界で、自分がモブキャラだと気づく。 バッドエン ドはヒロインの追放。 つまり今世唯一の友人の追放。 「友人との永久の別れなんて勘弁。 こうなったらバッドエンドにならないようにするしかないよね!」 また、時を同じくして攻略対象の1人である優しい領主様が悪逆非道であるという噂が流れていた。 「領主様、何かすごく勘違いされていませんか!?」 大好きな2人のために頑張るセイレンのメイド生活が幕を開ける。 少しでも楽しんでいただけたら幸いです。 完結しました。 旧題:乙女ゲームに転生したが既にシナリオは終わっていて、モブキャラの私は公爵夫人になっていた (題名変えました。 少し長すぎたので…) 【あらすじ】 お飾りの妻として公爵と結婚して1週間後、ベッドから落ちたことにより前世を思 い出したフィリア。 そのことにより、ここが前世で唯一やった乙女ゲームの世界だと気づくが… 「私は誰?名もないモブキャラ?なのに公爵夫人!?」 既にシナリオは終わっていた。 全く違う形で。 「シナリオは終わっちゃったけど、せっかく前世の知識があるんだからフル活用で立派な公爵夫人になろう!…あれ、これどうするんだっけ」 前世も今世も箱入り娘の公爵夫人のわちゃわちゃ生活。 【注意事項】 ノリと勢いで書いてます。 不定期更新です。 誤字脱字多いです。 「フィーナ、すまないが貴女との婚約を破棄させてもらう」 侯爵令嬢のフィーナ・アストリアがパーティー中に婚約者のクラウス王太子から告げられたのはそんな言葉だった。 その王太子は隣に寄り添う公爵令嬢に愛おしげな視線を向けていて、フィーナ が捨てられたのは明らかだった。 フィーナは失意してパーティー会場から逃げるように抜け出す。 そして、婚約破棄されてしまった自分のせいで家族に迷惑がかからないように侯爵家当主の父に勘当するようにお願いした。 そうして身分を捨てたフィーナは生活費を稼ぐために魔法技術が発達していない隣国に渡ろうとするも、道中で魔物に襲われて意識を失ってしまう。 侯爵家の次女の私、レシア・アレオスは初社交界で運悪く悪役令嬢のアーシャ様に目をつけられてしまった。 アーシャ様が一方的に想いを寄せる公爵令息のエルワード様に話しかけられたというだけで。 そして嵌められて、暴力を振るわれる……そんな散 々な目に遭わされた。 我儘で知られる公爵令嬢のアーシャ。 彼女に目をつけられたら最後、手段を選ばずに害されてしまう。 それは社交界に参加していない令嬢でも知っている事だった。 というのも、すでに何人もの令嬢が彼女の手によって体や心をを壊していたから。 そんな運命は辿りたくないわ! だから、彼女と戦うことに決めました。 しかも魔力がほとんどないという設定のレイナのはずだが、女神によって魔力がマシマシにされたことで少しずつ運命の歯車が動いていく……。 そんなすごい家族の末っ子とし て生まれたクリシュナ(クリス)。 他のきょうだい達と比べて、能力は劣るものの、彼女は最高の武器を持っていた。

次の

くだものの箱―til fruits box: 3/16ランキング

ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で

『ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁(人質)生活を満喫する』 : Tueee. Net 俺Tueee. Net! リアルタイム• 日間 183位 246pt• 週間 151位 2,246pt• 月間 79位 14,766pt• 四期 27位 67,098pt• 年間 6位 244,544pt• 累計 63位 245,196pt ベストランキング• 日間 1位 8,182pt 2020. 週間 1位 42,211pt 2020. 月間 2位 123,791pt 2020. 四期 2位 203,908pt 2020. 年間 6位 244,544pt 2020. 累計 63位 245,196pt 2020. 17 スポンサードリンク この作品を全文検索.

次の