鎌倉 ホテル メトロポリタン。 【メニューあり】鎌倉に無印カフェオープン!行ってきました!ホテルメトロポリタンに無印良品のショップMUJIcomも!

Hotel Metropolitan Kamakura: 2020 Room Prices, Deals & Reviews

鎌倉 ホテル メトロポリタン

「ホテルメトロポリタン 鎌倉」は、「心魅かれる新たな古都へ」をテーマに、国内外のお客さまに鎌倉の魅力を感じていただける空間と時間を提供します。 客室は観光のお客さま向けのツインルーム中心の構成です。 JR鎌倉駅東口から徒歩約2分、若宮大路沿いという好立地にありながら、街並みになじむ外観と四季折々の風景がお客さまをお迎えし、上質な旅をサポートします。 外観イメージ メトロポリタンホテルズは、「やすらぎと華やぎが出会う場所。 」をブランドコンセプトとして、東日本エリアに 12施設3,471室を展開しています。 「ホテルメトロポリタン 鎌倉」は13番目の施設となり、神奈川県では初めての出店となります。 ロビーイメージ 中庭の木々を眺めることができ、旅の疲れを癒す木のぬくもりが感じられるロビーです。 ツイン客室イメージ 鶴岡八幡宮二の鳥居を眺める二面採光の開放感あふれる、ゆったりとした客室です。 ツイン客室イメージ 縁側をイメージし窓側に設けたリビングスペースの小上がりでは、くつろぎの時間をお過ごしいただけます。 」 風土とは元来、移ろう四季から生まれる地の生命力を意味し、 やがてはそこで生まれる歴史や文化をも表すようになりました。 東京を始めとする大都市を擁し、風光明媚な自然も抱く東日本。 その多様な風土とともにホテルメトロポリタンの歴史は続いてきました。 活気ある都市の空気、長く受け継がれてきた文化、 厳選した食材を用いた心に残る料理の数々。 その地方、その地域ならではの豊かさを提供することで、 ここでしか出会えない喜びをホテルメトロポリタンはお届けします。 そして、洗練された佇まいと美意識でお客さまをお迎えし、 あたたかな真心と細やかな心遣いでお客さまをもてなします。 華やぎとやすらぎが息づく空間の中で 満ち足りたひとときをどうぞお過ごしください。

次の

メトロポリタンブランドとして神奈川県初の出店 「ホテルメトロポリタン 鎌倉」2020年3月開業|JR東日本ホテルズのプレスリリース

鎌倉 ホテル メトロポリタン

地域の方々と旅行者がつどいつながる場を目指して 無印良品は、商品やサービスを通じて、人と人、人と社会、人と自然のより良い関係をつくるプラットフォームでありたいと考えています。 オープンに先駆けて、「まちと作る、MUJI com」をテーマに、鎌倉で暮らす方・働く方にまちの魅力や困っていること、新しい店舗への期待を伺い、この店舗の担うべき役割を一緒に考えました。 例えば、MUJI comはその店舗面積ゆえに、無印良品全体の品揃えから厳選した日用品や衣料品などを販売していきますが、鎌倉では気軽にランチや夕食を食べられる場所が意外と少ないという声から、食品の品揃えを強化し、レトルトから冷凍食品まで通常の無印良品の店舗と同じ品ぞろえにしています。 また、鎌倉は年間を通して世界中から観光客が多いため、旅行者から使わなくなったガイドブックを譲り受け、次の旅行者へとつないでいく取り組みも始めます。 地域の生産者と一緒に、つくる、つかう、食べる。 たくさんの人とモノが行き交う場「つながる市」 全国の無印良品で不定期に開催している「つながる市」は、地域の方々と一緒につくり、運営している期間限定のマーケットです。 MUJI com ホテルメトロポリタン鎌倉では、地元で活躍されるさまざまなジャンルの方々と連携し、店内のオープンスペースにてつながる市を開催していく予定です。 小商いやワークショップを通じて、地元の方・モノ・情報・場所を紹介することによって、住民の方同士や旅行者の交流の場となることを目指します。 また、つながる市が開催されない日のオープンスペースは、ベンチを置き、店内でくつろいでいただける空間となる予定です。 無印良品が大切にしているのは、そんな「素の食」のおいしさです。 また、フードロスを減らすために、その日に廃棄せざるを得ない食材のみで作る「たべきるプレート」(消費税込み1,000円)を、19時より食数限定で販売します。 「たべきるプレート」の情報は、無料アプリMUJI passportで同店をフォローいただくと、店舗から毎日配信していく予定です。 【メニュー例】 (消費税込価格) グランドメニュー:6種類のメインメニューのなかからお好きなものをお選びいただき、サラダバー/ライス/スープをセットにしたプレートをご提供します。

次の

「MUJI com ホテルメトロポリタン鎌倉」「Café&Meal MUJI ホテルメトロポリタン鎌倉」4月24日オープン JR鎌倉駅東口から徒歩2分、若宮大路沿い

鎌倉 ホテル メトロポリタン

<MUJIcom ホテルメトロポリタン鎌倉> ホテルメトロポリタン 鎌倉の1階にオープンする新しい「Cafe&Meal MUJI」、「MUJIcom」は、鎌倉の地に世界中から訪れる人、鎌倉で生活を営む人、ここで販売する商品・メニューを生み出す生産者など、この店舗に関わる人たちがそれぞれに思いを馳せ、実際に出会い、繋がりが生まれる場となることを目指す。 オープンに先駆けて、「まちと作る、MUJIcom」をテーマに、鎌倉で暮らす人・働く人に街の魅力、困っていること、新しい店舗への期待を聞き、この店舗の担うべき役割を一緒に考えたという。 例えば、MUJIcomは店舗面積の制限から、無印良品全体の品揃えから厳選した日用品、衣料品などを販売していくが、鎌倉では気軽にランチや夕食を食べられる場所が意外と少ないという声から、食品の品揃えを強化。 レトルトから冷凍食品まで、通常の無印良品の店舗と同じ品ぞろえにしている。 <地元で採れた野菜や魚など旬の素材を使用> 地元で採れた野菜や魚など旬の素材を使用した、体にやさしく食べておいしい料理、デザート、ドリンクなどを提供する。 また、フードロスを減らすために、その日に廃棄せざるを得ない食材のみで作る「たべきるプレート」(税込1000円)を、19時より食数限定で販売。 「たべきるプレート」の情報は、無料アプリMUJI passportで同店をフォローすると、店舗から毎日配信していく。 さらに、鎌倉は年間を通して世界中から観光客が多いため、旅行者から使わなくなったガイドブックを譲り受け、次の旅行者へとつないでいく取り組みも始める。 全国の無印良品で不定期に開催している「つながる市」は、地域住民と一緒につくり、運営している期間限定のマーケット。 MUJIcom ホテルメトロポリタン鎌倉では、地元で活躍されるさまざまなジャンルの人々と連携し、店内のオープンスペースでつながる市を開催していく。 小商いやワークショップを通じて、地元の人・モノ・情報・場所を紹介することによって、住民同士、旅行者の交流の場となることを目指す。 つながる市が開催されない日のオープンスペースは、ベンチを置き、店内でくつろげる空間となる予定だ。

次の