伊坂幸太郎 クジラアタマの王様。 【感想/あらすじ】クジラアタマの王様/伊坂幸太郎 ※少しネタバレあり

伊坂幸太郎さん「クジラアタマの王様」あっという間に読み終える

伊坂幸太郎 クジラアタマの王様

株式会社NHK出版 SNSや読書サイトで絶賛の声が寄せられ、たちまち重版が決まった小説『クジラアタマの王様』。 2019年7月、芥川賞・直木賞の発表、および人気作家たちの刊行ラッシュで、書店の文芸コーナーが沸き立つ中、数々の書店でランキング1位を取得している伊坂幸太郎さんの最新書き下ろし長篇小説『クジラアタマの王様』。 発売後、SNSや読書サイト上では絶賛の声が多く寄せられ、その反響を受けてたちまち重版が決まりました。 最初は漫画と文章との乖離があり、よくわからない状況が続いていたが、読み進める内に意味がわかるというのも面白い! 迫り来るものに対してどんな展開になるの?どう解決するの?ってドキドキ感、ワクワク感も良い!」(もなか) * 「伊坂さんは、いつも新しいものを読ませてくれる。 新たな小説の可能性を感じました。 ページを開くと、いきなり漫画があり、新手法に拘り過ぎてはいないかと?心配になりながら読み進めていくと、あっと驚く仕掛けがある。 読後感は何とも爽快!未来に希望が持てない人に力をくれます!製薬会社の広報担当の岸、人気アイドル・小沢、そして本作のキーマンである県会議員・池野内。 この3人が出会ってから奇妙な物語がはじまる。 次々と出会う事件に翻弄され、虚構と現実の境目が分からなくなってくる。 人生は戦いの連続。 決断する勇気が沸いてくる一冊。 」(タカユキ) --以上「読書メーター」より PR * 「動物園で見た、あの動かない奇妙な鳥。 何かあると思ってたんだよね……。 「動かない鳥」として知られ、謎めいた雰囲気のハシビロコウ。 大きなくちばしとつぶらな瞳でファンが急増中のこの鳥が、果たしてどのように伊坂作品に登場するのか……。 ここではカリスマ書店員として知られる新井見枝香さんの感想をヒントに、詳細は実際に読んでいただいてのお楽しみですが、ハシビロコウを魅力たっぷりに描いた伊坂さんがこの鳥を登場させた経緯について、「ハシビロコウの持つ洋風とも和風ともとれる雰囲気が、この世界をナビゲートするのにぴったりだと思って」と言っているとおり、ただ者ならぬ役割を担います。 こんな形で一作の小説を描く事が可能で、それがとびっきりのエンターテイメントを見せてくれた。 伊坂幸太郎の言葉に、川口澄子さんのイラストは抱き合っているようだった。 」(みかん) --「読書メーター」より かたや小説パートは、現実の社会を鋭くとらえたエンターテインメント。 今回は、死神も殺し屋も反社会的勢力も登場しません。 これは伊坂作品としては珍しいケースで、ストーリーづくりにも、伊坂さんの苦労と工夫がちりばめられています。 異物混入事件、謝罪会見、停電、錯綜する情報、過熱報道、パンデミック……。 誰もが「こうなったら嫌だな」「こんな世の中になったら怖いな」といった不安を、伊坂さんがフィクションとして切り取り、何の変哲もない一般人である主人公がそれらの危機に立ち向かっていきます。 巻き起こる出来事が誰にでも起こりうるものだからこそ、読み手は共感し、深くストーリーに没入できるのです。 小説と絵、このふたつのアプローチがどのようにしてひとつのストーリーとして収斂していくのか? そこは伊坂幸太郎さん、これでもかと工夫を凝らし、鮮やかに回収される伏線とラストに向かってどんどん加速していく展開は、まさに伊坂作品の真骨頂。 読後感の心地よさは「爽快」のひと言に尽きます。

次の

『クジラアタマの王様』伊坂幸太郎【あらすじ/感想】昼は会社員、夜はRPGの主人公?

伊坂幸太郎 クジラアタマの王様

こんにちは、いたる( )です。 伊坂幸太郎さんの最新の書下ろし長編小説「クジラアタマの王様」。 今までの作品とはちょっと違う、新しいテイストで描かれている作品です。 伊坂幸太郎さんの最新書き下ろし長篇小説『クジラアタマの王様』が、一部の地域を除いて本日発売です。 目印はこの翼。 ぜひお手に取ってみてください! — 「NHK出版 WEBマガジン」 NHKWebMagazine ここでは、「クジラアタマの王様」の読んだ感想やあらすじを紹介していきます。 興味のある方や、気になっていた方は参考してみてください。 クリックできる目次• クジラアタマの王様の感想(少しネタバレあり) これまでの伊坂さんの作品とは一味違う、新しいテイストの作品でした。 製菓メーカー社員、都議会議員、人気アイドルと、一見、どこにも接点がないような3人が不思議な出来事に巻き込まれていきます。 現実と夢の2つの世界での出来事が、それぞれに影響を及ぼす。 パラレルワールドの設定が面白く、どうなっていくのか知りたくて気付いたらどんどん読み進めていました。 夢の世界の挿絵が章の間にあるので、イメージしやすいと思います。 そして、伊坂さんの特徴でもある伏線の回収、スピード感のある展開も健在。 長編小説ですが、まったく長さを感じませんでした。 いつもの伊坂さんの作品とはテイストが違うので、好き嫌いの意見が分かれるかも。 ですが、とても面白く引き込まれる内容なので、ぜひ手に取ってみて欲しい作品です。 製菓メーカーに勤めている岸は、以前にどこかで観たような感覚に襲われるが、それ以上のことは思い出せないでいた。 ある日、お客様サポートにマシュマロのお菓子に画鋲が入っていたと、異物混入のクレーム電話が入る。 営業に異動になった岸の代わりに配属された鮫岡のまずい対応もあり、翌日にはSNSで一気に拡散され大炎上したのだった。 自体を収束させようと会見を開くも、部長の失言により逆効果。 岸は上司とともに、クレーム対応のマニュアル作成や人員確保など尻拭いをさせられてしまう。 大きな騒動を巻き起こした異物購入の騒動は思わぬ形で収束する。 なんと、マシュマロへの画鋲混入は、都議会議員、池野内の妻による捏造だったのだ。 池野内のが謝罪に訪れてから1ヶ月後、岸のもとに池野内からメールが届く。 メールには、ハシビロコウの画像が添付され「この鳥に見覚えはありませんか?」と書かれていた。 その上で、「お話しできませんか?」と。 なぜかハシビロコウが気になる岸は、池野内と会うことにした。 池野内は岸に、「夢を見ませんか?」と聞く。 「私、夢でこの鳥に会うんです。 その夢に岸さんも出てくるんです。 」 胡散臭い話に不安き警戒する岸。 しかし、その思いとは裏腹に、岸の周りでは不思議な出来事が起き始める。 クジラアタマの王様の口コミ 『クジラアタマの王様』 伊坂幸太郎らしい実験的な手法の作品。 新境地と言える。 しかしファンの間でも賛否わかれるかもしれない 正直、かなり歪で変な作品だ笑 なのに最後まで楽しく読ませるのは流石! 間違いなく一読の価値はある — 思考するガム sikougamu 『クジラアタマの王様』は伊坂さんらしい躍動的な、ワクワクさせる物語だった。 途中、会話の中に「不連続殺人事件」が出てきてにやりとしたり、登場人物の名前に、伊坂さんの宮城愛が込められていたり。 イラストとのコラボも新しい試みである。 — かねたく hirakuk 伊坂幸太郎のクジラアタマの王様読了。 難しいこと考えずに読めて爽快感があって面白かった。 — 柊 ito2004.

次の

『クジラアタマの王様』伊坂幸太郎【あらすじ/感想】昼は会社員、夜はRPGの主人公?

伊坂幸太郎 クジラアタマの王様

製菓会社の広報部員「岸」は、ヒット商品への異物混入事件が起きたため、謝罪会見の準備に追われていた。 そのさなか、会議室で眠りに落ちた彼は、何かと戦っているような夢をみる。 ある日、彼のもとに都議会議員の「池野内征爾」が〝夢の中で会った〟と近づいてくる。 続いて、世間で人気のダンスグループのメンバー「小沢ヒジリ」までが、〝同じ夢の中にいた〟と言い出して……。 それまで何の接点もなかった3人の日常が、〝夢〟を媒介に大きく動き始める。 ハシビロコウに導かれ、「岸」たちは二つの世界を救えるのか。 この小説で一番気になった登場人物がいるんですが……。 「部長」です。 めちゃくちゃ、脇役じゃないですか(笑)。 ああいう上司がいた経験があるんですか? 僕も会社員だったんですけど、社会人になってびっくりしたのは、本当に漫画に出てくるような嫌な人っているんだなあ、ということでして(笑)。 「本当に仕事サボる人いるんだ」とか、「仕事を他人に押し付けて、平気なんだ」とか。 そういうことが念頭にありました。 この本のテーマはそこにはないんですけどね。 あと、謝罪会見のスリリングさを書きたいというのはあって、言っちゃいけないことを「もうどうでもいい!」みたいにしゃべっちゃう、とかそういう展開を考えていたんですけど、その肉付け的なところは、過去の会社員時代の経験を参考にしているんですよね。 サラリーマンパートをどうしたら面白くできるかわからなくて。 参考書的に、池井戸潤さんの小説を読んだりして。 「七つの会議」とか。 前から池井戸さんの本、読んでたんですけど、だから今回は、新商品が売れた喜び、というのを小説の初っぱなにやっちゃったりしているんですよね(笑)。 あと、さっきも言ったように、会社員の部分は自分の会社員時代のことを思い出して、実際はあんなことはなかったですけど、いたら嫌だなとか、あと、仕事ができる人ほど仕事が増えていく法則とか、そういう、理不尽なことを思い出しながら書きました。 単純に「部長」との対比で書いていたんですけど。 真面目な人の希望の星、みたいな(笑)。 単純に、お子さんが微妙な年齢の時に、仕事をしているのは大変だなあ、とよく思うので。 お父さんもそうですけど、熱を出して呼び出しもあるじゃないですか。 だから、単純に子どものことをやりながら、会社でも苦労している人を出したかったんですよね。 売れた商品の担当者が、そういう子育ても仕事も頑張っている人だったら良いなあ、という思いからあんな感じに(笑)。 女の人の描き方がよく分からないので、というか男の人のこともよく分からないんですけど(笑)、だいたいこういう感じになってしまうんですよね。 ああ、ありましたね。 僕も阿部さんも自分たちの好きなものを詰め込んで小説を書いていたんですけど、急に、「女の人が読んでも面白いのかな?」ってオロオロしはじめちゃって(笑)。 そういうのは考え出すと、もうよく分からなくなっちゃいますね。 ここがしっかりリアルだから、この小説の「仕掛け」が生きているというか。 漫画部分はけっこうファンタジーだから、小説部分はリアルなもので押し通しているんですよ。 だから比較的、現実でも起きそうな、会社のこととか、猛獣とか、インフルエンザとかを描いています。 これは昔からやってみたかったことで。 アクションって小説で表現するのは難しいんですよ。 頑張って描写しただけ、になっちゃうというか。 「だったら映像にした方が早いじゃん」と思っちゃうんですよね。 カーチェイスなんかも、頑張って書くことはできるけど、映像があるならその方が迫力あるよねと。 だから昔から、小説の中に漫画が入ってきたらいいなと思っていて、でもそこに日本の漫画みたいなのが入るのも違うなと。 もっとシンプルで、図っぽいものがいいなと思ってたんですけど。 迫力が出すぎてしまって、小説とは違うものになっちゃいそうな気がするんですよ。 できれば、止まった絵で見せたい。 同じような絵が続くと、時間の流れが見えたりもしますし。 小説では難しいところを絵で表現してもらう。 今までは小説で頑張って書いていたんですけど、一回ぐらいはこういうズルをしてもいいのかな、と(笑)。 それで昼はサラリーマンの現実的な日常で、夜になると、僕は「モンスターハンター」ってゲームが好きだったから(笑)、そういうゲームの世界にいくっていう話を(編集者と)していて。 そこからどうするかが大変で。 ライトノベルでは、しばらくブームになっています。 これ、伊坂幸太郎の異世界転生もの、として受け止めてもらえますかね(笑)。 僕の場合「スイカに塩」じゃないですけど、一方を異世界にすると、もう一方はサラリーマンとか働いている人にしたくなっちゃうんですよね。 「剣と魔法の世界」と反対側にあるのは、「満員通勤電車の世界」というようなイメージで。 そしたら、ここかあ、と。 読者は異世界ものだと思って読んだら、いきなり製菓会社の話が来ますからね。 どういう層の読者に向かって書いているのか、自分でも分からないです(笑)。 「モダンタイムス」は漫画とコラボしていますし、「キャプテンサンダーボルト」では阿部和重さんと文体まで混交させていました。 今回はどういう位置づけなんでしょうか。 本当をいうと、コラボレーションにはあんまり興味がないんですよ。 矛盾してしまうようなんですけど、小説は一人のこぢんまりした世界だと思っているんですよ。 ただ、たまたま依頼が結構あったんですよね。 「SOSの猿」の五十嵐大介さんとか、ミュージシャンの斉藤和義さんとか。 自分の尊敬するアーティストだから、「それはぜひ!」と受ける感じで。 でも、実際にやっていることは、自分の小説を書くことだけ、なんですよ。 「ガソリン生活」で寺田克也さんに挿絵を描いてもらう、というのと同じで。 やってることは、一人で小説を書くだけ、という。 違うのが「キャプテンサンダーボルト」で、僕の中では唯一、あれだけなんですよ。 自信を持って誰かと小説を作った、二人でしかこの小説はできなかった!というのは。 本来は一人でしか作れないものを二人で完成させたということで、あれはすごいものができたと今も思っていますし、ほかの人たちが真似できるなら、やってみてほしい、とさえ思うというか。 「クジラアタマの王様」は、それとも別の立ち位置といいますか。 明らかに僕の小説に「入ってもらっている」ので、他のコラボレーションとも違うんですよね。 自分の小説をより良くするために、力を貸してもらった感じで。 絵を描いている川口澄子さんのことは担当の編集者が教えてくれて。 頼んだら、色んなアイデアを出してくれて、感激しました。 僕が書きたい世界を絵の担当として全部表現してくれて、ありがたかったです。 そうなんですよ。 ただ、「こうしたらわくわくする本になるのでは!」という思いだけで作ったんですけど、今になって、「ずるじゃないのかな。 自分で描いているわけじゃないし」と不安になってきたりして(笑)。 挿絵と何が違うのか自分なりに分析すると、挿絵は、小説に存在する物や出来事を絵にしているんですよね。 ワンシーンを再現している。 でも今回は、小説部分にはないところを描いていて、コミックはコミックで完結してるので、それは違うところですよね。 「ここに挿入しますけど、いいですか」と聞かれて「あ、いいですね!」という部分も(笑)。 もちろん最終的にはそれをみて「どうしましょうか」というので考えて決めたんですけど。 川口さんはこちらから何かを提案したら、100%、120%ぐらいの感じで「これはどうですか」と応えてくれて、とても心強かったです。 イラストは基本的にはファンタジー世界を描いているじゃないですか。 でも、あるパートだけ現実側の場面を表現しているんです。 それは川口さんのアイデアで。 「どこかで、絵と小説の役割を逆転させてみませんか」と言われて、面白いなあって。 だいたいこういう夢の話を書くと、「胡蝶の夢」と思われそうなので、もう、正々堂々と、「はい、胡蝶の夢です」と言える話にしちゃおうかな、と(笑)。 小説パートだけでも成立するんですけど、コミックパートがあると、より広がりますよね。 コミックパートがファンタジーじゃないですか。 その分、現実パートに、非現実的な要素がないんですよ。 僕の小説にはだいたい超能力とか、怖い悪者とか、国家的なシステムとか出てくるんですけど、今回は、出てこなくて。 だから敵の作り方が難しくて。 動物が脱走したとか、ウィルスとか、別に悪者ではないじゃないですか。 悪者がでてこないという意味では新鮮で、描いていて、結構、やりがいがあったというか、楽しかったです。 コミックがなかったら、たぶん、現実的なことだけでは書けなかったかもしれません。 そうそう。 「ガソリン生活」だって車の視点っていうギミックがあるから書けた。 そういう過剰なものがないと書けないんですよね。 近作の「フーガはユーガ」は、過酷な家庭に育った双子が入れ替わりながら不条理に立ち向かう小説でした。 まあ、ワンパターンなんですよ(笑)。 昔、井上ひさしさんが「チルドレン」のことを「この作品のテーマはなりすましだね」と言ってくれて、そんなつもりはなかったんですけど、そうも読めるんですよね。 たぶん、そういうのが好きなんです。 そういう振り幅はどう決めているんですか。 この作品は結構、エンターテインメントですよね。 最初からは決めていないです。 「フーガはユーガ」も最初はあの双子も仲良し家族の設定だったんですよね。 ただ、書きはじめると、「それでいいのかな?」とか悩んだり、いろんな要素が入ってきちゃって。 実は、僕は子どもが生まれた頃から、いい人が死ぬ小説は書かないようになったんですよね。 殺し屋とか悪いことした人は死んじゃうんですけど。 それ以外の、いい人は、まあ、いい人の定義も難しいですけれど、とにかく、ひどい目にあっても生きてはいるんですよ。 僕自身、自分や親しい人の死が本当に恐ろしいですし。 ただ、「フーガはユーガ」は、その恐ろしいことを、まあ、小説の中でだけですけど、乗り切れるような語り方をふっと思いついちゃったので、そういう方向で完成させたくなっちゃって、そのせいもあって少し暗い雰囲気の作品なんですよね。 だからあれは特例、という感じで、一方の「クジラアタマの王様」はいつも以上に明るい、というか、健全というか、NHKの子ども番組でもいけそうな(笑)。 そうなのかな、文体は僕は一つしかないのであんまり変えられないんですけど、あんまり悪い人が出てこないせいかなあ。 裏で動いている政治家は情報として出てくるだけだから、目に見えないし。 「善対悪対悪」という構図もそうですけど。 善も悪もなかなか判別できないですけど、本当に悪いのは誰なんだろう、その本当に悪い人をやっつけたい、みたいな思いがあるんですよね。 ただ、今回は動物のトラブルにしても、誰も悪くないから、結構めずらしいかな。 部長も、まあ憎めないじゃないですか。 マスコミや政治家も、いいのか悪いのかわからないですし。 たまにはこういう、健全なエンターテインメントもいいのかな、という気がします。 毒っ気がないというか。 頑張ってせいぜい、「部長」ですもん、毒が(笑)。 担当編集者が、向こうの世界はどうなんだ、ハシビロコウの狙いは何なんだって、すごく気にしてくれて。 僕は何も考えてないので(笑)。 ハシビロコウも、西洋とも東洋ともつかない鳥で、何となく選んでいたぐらいで。 世界観は最後の頃に決めたんです。 僕は構造とディテールがあればいいじゃんっていう気持ちが相変わらず強くって。 でも、やっぱり読者は納得感がほしいですもんね。 ああ、そうだったの、って。 例えば、お菓子を詰める段ボールの商品名と、中身の商品が違っていたというエピソードも作中に描かれています。 思い込みがあって、それに気づかない、という。 これにかぎらず、先入観を覆したいというか、そういう話ばかり小説で書いている気がします。 僕が先入観を持ってしまうからかなあ。 実際に、情報と感情のバランスというのはあって、同じようなことをしても、世間の反応が変わったりする。 どうなるかわからない。 そういうのは盛り込みたくなっちゃうんですよね。 「モダンタイムス」のころに、「インターネットに書いてあったら、嘘でも本当になっちゃのうでは?」という話を書いていて、思えばまだ当時はフェイクニュースとかそういう言葉もなかった気がするんですけど、そういうのが怖いし、興味があるんですよね。 本人が「俺はAなんだ!」と言っても、「ネットに書いてあるからBでしょ」とみんなが思うかもしれない、というのが怖くて。 僕はだいたい、何も分からないし、だいたいのことが怖いので(笑)。 ただ、インターネットを使う人たち、僕たちも、昔に比べて学んできているじゃないですか。 デマについてや情報の扱いについても、「これはまずいパターンだよね」とか「嘘かもしれないよね」とか、学習していたり。 昔、恐れていたほど、無法地帯ではないような気もしますし。 一方でネットの自由がなくなるという人もいて、難しいですよね。 ただまあ、すごく悲観する必要もないような気もしますよね。 と言いつつ、僕はまあ、怖いんですけど(笑)。

次の