焼けた肌にいい匂い。 肌に優しいのに焼けない!低刺激な日焼け止めのおすすめ21選

日焼け止めのいい匂いの正体は香料や着色料。その危険性は?

焼けた肌にいい匂い

オレンジの爽やかな香りとジャスミン、マグノリアの花々が咲き誇る上品な甘い香りがイヤなにおいを抑えます。 この他に魅力的な3種類の香りと、無香料の全5種類があります。 肌が乾燥しやすい方、肌荒れしやすい方の他、生後1ヶ月の赤ちゃんへも使うことができます。 「美肌エッセンス」配合で同時にスキンケアもできます。 汗や水にも強く、白浮きしない透明のスプレーです。 逆さにしても使用できるので背中や首など手の届かない部分までしっかり日焼け対策できます。 また、微細なストロボパール配合で立体的に艶が出るハイライトのようなスプレー。 見た目も可愛いくて軽いので気分も上がりそうですね。 さらにホホバオイルやヒアルロン酸などに保湿成分が配合されているので乾燥も防ぐ効果もあります。 化粧くずれを防いでくれるだけでなく、美容液成分が配合されているので、肌にうるおいを与えながら毛穴を目立たなくしてくれる化粧下地効果があります。 水に強いのに、普段の洗顔料で落とせるのも魅力的です。 1本で日やけ止め、化粧下地、ファンデーション、美容液、乳液、クリームの6つの機能を兼ね備えています。 カバー力もきちんとあるので、ひと塗りで透明感のある素肌っぽい、すっぴんメイクが出来上がります。 くすみや色むらなどを光のヴェールでカバーし、トーンアップした上品なツヤ感を演出してくれます。 石鹸で簡単に落とすことができます。 カバー力もありながら、潤い感も1日中実感することができます。 パウダーですが、くすみや凹凸をしっかりカバーし、上品なツヤ肌と透明感を演出してくれます。 紫外線やブルーライトを徹底的にガードしながら、汗の不快感を抑えるヒートセンサーパウダーにより、汗によるべたつきや刺激からも守ってくれます。 美容成分も配合された大人の必需品です。 そのため、メイクの上からなんども塗りなおすことができる便利さがあります。 敏感肌の方でも使用することができるので安心ですよ。 汗に強く、化粧崩れを防いでくれます。 ミルクタイプの日焼け止めを併用するのがおすすめです。 肌荒れ防止成分や潤い成分が配合されています。 ひと塗りで毛穴や色むらをカバーしてくれますよ。 低刺激性でアレルギーテスト済みなので、敏感肌の方も安心して使うことができます。 ヒアルロン酸やセラミドなどの成分が角質層に潤いを与え、肌のかさつきを抑えます。 紫外線防止効果と、肌への優しさの両立を実現させた低刺激処方の日やけ止めです。 落とす時は、石けんで簡単に落とせるのが便利で嬉しいポイント。 植物由来の炎症を抑える成分が配合されていて、乾燥敏感肌の方には特におすすめ。 化粧下地としても、デリケートな赤ちゃんの肌にもつけられます。 軽い付け心地なので、ファンデーションとも馴染みます。 12種の美容成分を贅沢に配合されているので本来の美しさを引き出してくれる優秀な日焼け止めクリーム。 肌馴染みもよく、いつもの洗顔で簡単に落とせます。 水にも強いので、運動やアウトドア用にもぴったり。 肌馴染みが良いので、白浮きせず、サラっと軽いつけ心地を実感できます。 こちらも石鹸で落とすことが可能です。 とにかくその軽いつけ心地がとても人気を呼んでいます。 この軽さで、紫外線防止力もしっかり兼ね備えています。 汗・水にも強いので、普段使いのほか、海水浴などでも活躍してくれますよ。 すばやくなじむので、全身に広げて塗りやすく、ヒアルロン酸配合で潤いも与えてくれます。 ポンプ式でお出かけ前に片手プッシュでさっと塗れるので、朝忙しい方にはおすすめです。 「アクアブースター技術」という独自のUVブロック膜を均一かつ強く維持してくれる技術により、しっかりと肌を守ってくれます。 さらに、ヒアルロン酸やコラーゲンが配合されており潤いを与えてくれるのに、ゴシゴシこすらずに、いつもの洗顔で洗い落とすことができる優れモノ。 日焼け止めの基礎知識 日焼け止めに表記されている「SPF」とは? SPFとは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、UV-B(紫外線B派)と呼ばれるシミやそばかすなどの原因になる紫外線を防止してくれる数値を表したものです。 日焼け止めに表記されている「PA」とは? PAとは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略で、UV-A(紫外線A波)と呼ばれるシワやたるみの原因になる紫外線を防止してくれる数値を表したものです。 『+』の数がその効果の高さとなります。

次の

市販ボディソープおすすめブランド15選!保湿!いい香り長持ち!コスパは?

焼けた肌にいい匂い

汗・水にふれると、UVブロック膜が強くなる「アクアブースター技術」がさらに進化。 ウォータープルーフなのに洗顔料やボディーソープでスルリと落ちる。 日焼け止めといえば「」!!やっぱり今年も王道の1位です! 今年は更に肌に優しい成分配合の乳液タイプでありながら日焼け止めとしても威力を発揮。 「どの日焼け止めでも焼けてしまったがこれだけは焼けなかった!」という口コミも。 白くならないので男性でも使える優れモノです。 お試しサイズの20mL入り、大容量の90mLもあります。 コスパも〇。 コエンザイムQ10、オリーブバージンオイル、ヒアルロン酸、黄金海草エキス(ラミナリアオクロロイカエキス)など、多彩な美肌成分を配合。 しっかり紫外線を防ぎつつもうるおいを保ちます。 ベタつき、白浮き、被膜感のない、軽く快適な使い心地。 専用クレンジングは不要で、化粧下地としても使用可能。 洗顔料やボディーソープで落とせます。 汗・水に強く、強烈な紫外線を長時間ブロックするので海・山でのレジャーやスポーツにもおすすめ。 優れた保水力のある ヒアルロン酸Na(うるおい成分) を配合。 しっとりとした使用感。 無香料・無着色、スーパーウォータープルーフ。 「」は紫外線カットにこだわった最強ともいえる日焼け止めです。 2層になっていてよく振ってから使う普通の日焼け止め乳液ですが、口コミでは「 油っぽくて塗り心地が悪い!」という声が多いものの評価が高いという人気商品。 コストパフォーマンスがダントツに良い(商品価格が安い!)ことと、 強力な日焼け止め効果で、塗り心地の悪さもOKとして気に入ってリピートしている人が多いようです。 乳液タイプで洗顔料でも落とせるようですが、油っぽくすっきりと落ちないという口コミが多いため、顔に使った場合はしっかりとクレンジング剤を使って綺麗に落とすことをおすすめします。 ウォータープルーフタイプ。 汗や水にふれると紫外線防御膜が強くなるので、肌をしっかりと守りながらアウトドアを満喫できます。 2層になっているので良く振ってから使用。 洗顔料やボディーソープで落とせます。 「」は全モデルのパーフェクトUVプロテクションNも好評でしたが、リニューアルとして3月1日に新発売されたもの。 「乾燥しにくくて良い」「化粧下地としても使え、化粧崩れしにくい」「日焼け止め独特の匂いがない」「とにかく日焼けしなかった」との口コミ。 デメリットとしては値段が高価なこと。 ボディーにも使えますが、顔だけに使い、ボディーはもう少し安い商品を利用するのが良いかもしれません。 化粧品売り場に置いていますが、ネットの方が安く購入できる可能性が高いです。 素肌感フィルムが肌に密着して落ちにくい。 3つの潤い成分(ハトムギエキス・カミツレエキス・ユキノシタエキス)配合。 日焼け止め独特の匂いをカットした微香性。 こちら「」もコストパフォーマンスの高い商品で人気です。 「パーフェクト ストロング プラスN」のリニューアル商品。 パッケージ通り紫外線カットは強力ですが、油っぽくつけ心地はイマイチで重たく感じる人も多いよう。 つけ心地はイマイチでも抜群の紫外線カット効果で評価が高い商品です。 洗顔料で落とせるという表示ですが、油分が多いためクレンジング剤でしっかり落とすことをおすすめします。 汗・水にふれると強くなる「アクアブースター」搭載でジェルでも強力に紫外線をカット。 アクアタッチジェルでみずみずしい使い心地。 化粧下地にも使えます。 洗顔料やボディーソープで落とせます。 今年の新商品の「」ですが、早くも@cosmeなどで良い評価の口コミがたくさん届いています。 ミルクタイプで違和感がある人も ジェルなら大丈夫だったという声もあり、ミルク派とジェル派で分かれているようです。 とにかく軽いつけ心地で使いやすく、それでいて強い日差しの元で一日いても焼けなかったという声もありました。 日焼けのしにくさでは同じアネッサのミルクタイプにも引けを取らないようです。 さらっと伸びがよく、化粧下地としても使えます。 洗顔料やボディーソープで落とせます。 こちらの「」は「アリー エクストラUVジェル ミネラルモイスト ネオ」からのリニューアル。 ジェルタイプなので、さらっと伸びがよく使い心地が良いのが特徴です。 ただ、ウォータープルーフにもかかわらず「水に弱く落ちやすい」という口コミも多いようです。 つけ心地の良さと肌への優しさ、そしてもちろん日焼け止め効果もしっかりある人気の商品です。 コスパ高すぎず〇。 汗・水に強いウォータープルーフタイプ。 スキンケアしながら、未来のシミを予防する、複合ハトムギ成分配合の日やけ止め美容乳液。 化粧下地としても使え、肌をなめらかにととのえてファンデーションなどの化粧もちを高めます。 洗顔料やボディーソープで落とせます。 この「雪肌精 ホワイト UV ミルク」は、美白にこだわったスキンケアライン「SEKKISEI 雪肌精」シリーズの日焼け止め。 美白シリーズなだけにスキンケアにも重視。 アルコール感がなく使い心地がとても良いという口コミですが、ややべたつくという意見も。 少し値段が高めですが、しっかりと日焼け止め効果もあり、プラス美肌成分も入っているということでランク入りです。 番外編「飲む日焼け止め」の紹介 「絶対に焼けたくなーい!!」 という人には、強力紫外線カットの日焼け止めと一緒に「飲む日焼け止め」も併用するのはいかがですか。 体の外側だけでなく、体の中からもシミ・ソバカスを防ぎ、日焼けしてしまった後の回復にも一役買ってくれます。 そこでおすすめの飲む日焼け止めを紹介します。 これ一つで、焼かないだけでなく、紫外線による光老化を防御+抑制する便利なサプリ。 紫外線をブロック…ニュートロックスサン(R)・クロセチン・ルテイン 美白・美肌・光老化対策…ローズポリフェノール・メロンプラセンタ・クロセチン・オーガニックビタミン&ミネラル・アーティチョークエキスなど 国産、医薬品などの品質管理基準をクリアした国内GMP認定工場にて製造。 こちらの飲む日焼け止め「ホワイトヴェール」は、モンドセレクション銀賞受賞 ・日焼け止め・UVケアランキング1位受賞 という人気商品。 口コミでは、肌が弱く強い日焼け止めを塗れない人や、仕事などで日中ずっと外にいる人が多く愛用しているようですが、効果を実感している良い評価がとても多いです。 やはり塗る日焼け止めを併用するのが一番効果的。 こちらの商品は楽天・アマゾン・ヤフーショッピングでも購入可能ですが、 現在にて定期購入「初回980円」で試せるコースがありますので、試してみたい人にはこちがおすすめ。 サプリメントを飲むことでケアできるから、全身ムラなく日焼け対策できる。 さらに、フルーツセラミド「パインセラ」や、太陽からのダメージから守ってくれる「コプリーノ」も 推奨量をたっぷり配合しています。 高配合の「ニュートロックスサン」が特徴です。 臨床評価試験済みです。

次の

いい匂いのする男性はモテる! 女性が好む5つの香り

焼けた肌にいい匂い

「絶対に焼けたくない!」という人のための日焼け止めと言えば、資生堂の「アネッサ」か、カネボウの「アリー」ですが、本当に焼けないのはどちらなのか気になりますよね。 なので、「アネッサ」と「アリー」の徹底比較の2018年度版ということで、人気が高い方や顔にも使えて、ファンデーションの下地代わりになるもの、海に入っても落ちないタイプ、値段や、また、「雪肌精」との比較や敏感肌向けなどについても知りたいのではないでしょうか。 それから、アネッサとアリー、また、雪肌精を使った方の口コミなどについても気になりますよね。 そこで今回は、アネッサとアリーはどっちが焼けないかの徹底比較2018年版、また、雪肌精との比較や敏感肌向けなどについても詳しくお伝えしていきます。 (2018年度版)アネッサとアリーのどっちが焼けない?雪肌精との徹底比較も 絶対焼きたくない人のための日焼け止めアイテムといえば、資生堂の「アネッサ」とカネボウの「アリー」がいつも一位を争っていますが、本当はどっちが焼けないのでしょうか? ちなみに、焼けない以外にも、一年中使えるものや、「敏感肌で肌が荒れやすいので優しいタイプが良い」という人は、自分に合った商品を見つけるのも大切ですよね。 そこで、特に人気の資生堂の「アネッサ パーフェクトUVスキンケアミルク」とカネボウの「アリー エクストラUVジェル(ミネラルモイストミネラルモイストネオ)」、そして、コーセーの「雪肌精 サンプロテクトエッセンスジェル」の3つの商品について、成分や効果などをチェックしていきましょう。 ただ、その紫外線防止効果の高さからか、「肌が乾燥してしまう」、「かえってニキビがポツポツできてしまった」などトラブルがありましたが、2018年にバージョンアップして登場したのがこの「パーフェクトUVスキンケアミルク」です。 パーフェクトUVスキンケアミルクは、水に濡れても落ちないアネッサならではの「アクアブースター技術」はそのままで、スーパーヒアルロン酸などの保湿成分や緑茶エキスなどのデイプロテクト美容成分が多めに搭載されて、その配合量はなんと全体の半分にも当たります。 なので、紫外線や日焼け止めで乾燥しやすい方でも安心ですし、エタノール配合ですが、爽やかなシトラスソープの香りもするので気持ちよく使えますね。 また、ミルクタイプだけど白浮きせず、色は着いていないですが、化粧下地としても使える顔や体用で、石鹸でスルリと落ちるという点にも心惹かれる方が多いのではないでしょうか。 また、ローヤルゼリーエキスや、ハトムギ種子エキスも含まれているので、塗るだけでみずみずしく美肌に見せてくれるのが良く、アネッサに比べて、保湿だけでなく整肌効果も狙っているのがわかりますね。 ちなみに、以前の商品に比べてスキンフィット技術を採用し、ジェルの油性成分の種類やバランスを変えることで、肌への密着性をアップさせています。 しかも、毛穴の凸凹に密着して、ムラ焼けまで防いでくれるウォータープルーフタイプなので、洗顔料やボディーソープで落とせるところもおすすめポイントですね。 ちなみに、複合ハトムギ成分配合で、スキンケアしながら日焼け止めができるところもアリーと似ていますが、「雪肌精 ホワイトUVジェル」は、和漢化粧水仕立てといった感じで雪肌精らしい成分配合になっています。 また、スムースゲルの薄い膜で、テクスチャーはサラサラしており、ベタつきが気になるということもなく、ファンデーションのノリを良くする化粧下地効果もあり、顔と体の両方に使えます。 つまり、日常的なお出かけでも、海や山へのレジャーの時でも、思ったより塗り直しは簡単にはできないものなので、「ついうっかり時間が経ってしまって…いつの間にか落ちていた…」ということになり、どれほどUVブロック効果が高くても意味がありません。 なので、そういう意味では、現時点では、「アネッサ」が最も効果を期待できますし、全ての商品に紫外線吸収剤は配合されているので、成分配合的には肌への負担はほぼ同じです。 ただし、整肌作用を重視している「アリー」や「雪肌精」は、肌が弱めの方や、日焼け止めで荒れやすいという方には比較的良いかもしれないので、あとは肌との相性で選ぶのが良いですね。 スポンサーリンク アネッサ、アリー、雪肌精の使い方! 今回、紹介した3つの商品は全て「石鹸で落とせる」、「顔と体両方OK」、「水や汗に強く落ちにくい」というところで共通していますが、UVブロック効果がかなり高いだけに、落とすときは顔だけでもクレンジングで落とした方がいいですね。 また、一日の間でもできるだけこまめに塗り直しをして、UVブロック効果も維持するように注意してください。 ちなみに、どのタイプも化粧下地に使えるので、朝のおでかけ前には、メイクの下地として顔に塗るようにしてくださいね。 口コミまとめ! それでは、実際に使った方の口コミをチェックして、実際に一番焼けないタイプをチェックしてみましょう! 資生堂 アネッサ「パーフェクトUVスキンケアミルク」 1、良い口コミは? ・口コミ1 大好きなアネッサ。 海にもバーベキューにも、アクティブな日はいつもつけてます。 パサパサもキシキシもしなくて、すっと伸びるつけ心地が良いです。 ・口コミ2 リニューアル前も使っていましたが、リニューアルで変わった印象を受けたのは、以下の4点。 ・テクスチャが軽くなった! ・なめらか!(前はちょっとキシキシしていた気がする) ・うるおい成分入っているっぽい。 乾燥しにくい。 ・伸びがいいので、薄く塗れる気がする! もともと好きでしたが、さらに使いやすくなりました。 ちょっとキシキシする感じが、『普段使いにはちょっとなー』と思っていたのですが、リニューアルして、普段使いにもかなりいい感じ! ・口コミ3 毎年顔と首に日常使いしています。 海外旅行で日差しの強い所では全身に使いますが、アネッサは本当に焼けません。 今年の物は美容成分が50%になっているみたいで、使い心地がしっとりしてます。 普通のクレンジングで落とせる所も気に入ってます。 お値段以上です。 2、悪い口コミは? ・口コミ1 昔から人気なので使ってみたのですが、まぁ昔ながらの日焼け止めって感じですね。 振って使う感じとかテクスチャーが 笑 そこは別に問題ないんですが、私がびっくりしたのは、乾燥。 何日か続けて使用して、ふと手のひらを見たらがっさがさになってました。 この負担が顔にも行ってると思うと… カット力の高いタイプなのでデイリー使い向きじゃないのかもしれないですね。 私が使う頻度を間違えたのかもしれません。 プールなどイベントの時にだけ使うのが良いでしょうね。 出典: カネボウ アリー「エクストラUVジェル(ミネラルモイストネオ)」 1、良い口コミは? ・口コミ1 日傘も帽子もなしで応援。 さすがにこれだけ紫外線に当たったら日焼けするだろうなと覚悟をしていたんですが、全く焼けませんでした。 顔はもちろん、腕も首も!! 元々紫外線に弱い肌です。 すごいすごい!! ・口コミ2 また日焼けの季節がやってきました。 これの先代さんには大変お世話になりまして。 運転職の私にとっては、無くてはならぬ存在となっております。 遮る物がないので、凄まじく焼けます。 特に右半身! ジェルなので塗りムラも起きにくいし、チャリ通で汗をかいてもベタベタしないのがいいですね。 何より、ほとんど日焼けしないのがいいです。 ・口コミ3 アネッサ、アリィー、雪肌精の日焼け止めウォータープルーフ効果を試した結果このアリィーのネオが断トツで効果が高かったらしいです。 それ以来日焼け止めはアリィー一択。 過去に日焼けサロンや日焼け止めを塗らずにレジャーを楽しんだ結果、こめかみに薄いシミや、点在するホクロがいくつか出来てしまいましたが、アリィーを使い始めてからシミが濃くなることもホクロが増えることもないので役目を果たしているのだと実感しています。 2、悪い口コミは? ・口コミ1 去年アリーの日焼け止めを買って好感触でした。 ただ塗った感触が重かったので、口コミで人気のこちらを購入。 価格も毎日使い続けるには高いです。 ・口コミ3 私は全然合わなかった。 発売当初買ってみました。 ジェルなのでとても塗りやすいですが、なんかジェル独特な匂いが…?? 普通の方が私が良かった。 リピはしませんでした。 出典: コーセー 雪肌精「サンプロテクトエッセンスジェル」 1、良い口コミは? ・口コミ1 特有の匂い、肌につく色、ベタベタ感、伸びにくい…日焼け止めって正直嫌いなんです。 特に顔に塗るのが嫌だったんですけど、これは乳液みたいでした! 乳液よりさらさら! 本当に優秀です!!! 何も言う事なし!!! ジェルだからサラサラ肌に馴染み、伸びが良い。 友達に「なんかいい匂いする」と言われました! 多分コレです! ・口コミ2 これを使って2年になります。 結構塗ってもダマにならず透明です。 他の同じ位の値段の日焼け止めを使いましたがやっぱりこっちがいいです。 完全に焼きたくない人には不向きかもしれませんが使用感は最高です。 ・口コミ3 ジェルの効果か顔に塗ると気持ち良かったです。 肌荒れなどもなく使えたのでありがたかったです。 伸びが良いので無駄使いをすることなく使用できるので節約にもなります。 値段もお手頃なのでリピしやすいのも良いです。 長時間持つので汗を掻きやすい夏場などにもおすすめです。 若い人~年配の方まではば広い世代で使えると思います。 2、悪い口コミは? ・口コミ1 ジェルはALLIEと同じような見た目だけど、小麦粉と片栗粉みたいな、こちらの方がちょっと詰まってる感じ。 使用感は、、すごく乾燥する! 乾燥で毛穴が拡がって全体的に引きつる感じ。 ALLIEはそんなことなかったけど…。 初めて「日焼け止めで乾燥する」という意味がわかりました。 ・口コミ2 良さそうな感じがして買ったのですが、私の肌には合いませんでした。 肌が赤くなってピリピリしちゃいました。 残念です。 もったいないので足とかにつけてみようかな? ・口コミ3 私にはあいませんでした。 化粧を落とした翌日に赤くなってピリピリして、今もまだ治りません…。 肌が弱い人は使わない方がいいと思います。 なので、リピは絶対ないです! 出典: いかがでしたでしょうか? アネッサは、良いコメントのほとんどがモニターコメントなので、なんとも言えないのですが、比べてみると本気のコメントで「とにかく焼けない!」と言っている方が多いのは「アリー」の方のようなので、実際のところ、「アリー」の方が効果を期待できますね。 ただ、それぞれに良いところと悪いところがあったので、次の通りまとめてみました。 ・資生堂 アネッサ「パーフェクトUVスキンケアミルク」 ミルクなのにキシキシしないし白浮きしない、水や汗で落ちない、肌が荒れる ・カネボウ アリー「エクストラUVジェル(ミネラルモイストネオ)」 ジェルで伸びがよく、とにかく焼けないという絶対的な良いコメントが多いのはこれ、でも一部の方は肌荒れした ・コーセー 雪肌精「サンプロテクトエッセンスジェル」 3つの中で最も伸びがよく、匂いも気にならないし、ベタつかないでサラサラしたテクスチャーに好評だが、肌荒れしたとのコメントもあり。 なので、上記の口コミを参考にしながら、あとは実際の肌の相性で判断すると良いと思います。 ・資生堂アネッサ「パーフェクトUVスキンケアミルク」 ミルクタイプが好きで、美容成分が多く、レジャーなどでも絶対落ちない、塗り直しが少なくて済むタイプが良い方に ・カネボウアリー「エクストラUVジェル(ミネラルモイストネオ)」 ジェルタイプで伸びが良いのが好きで、とにかく焼けないのが好きな方に ・コーセー雪肌精「サンプロテクトエッセンスジェル」 コーセーの商品全般で肌荒れすることが少なく、テクスチャーはサラサラしてベタつかないことを重視する方、UVブロック硬化は普通でも良い方 最安値で買える激安ショップはこちら! アネッサ、アリー、雪肌精の日焼け止めを早速購入してみたい!という方のために最安値の販売場所を探しておいたので、参考にチェックしてみてくださいね。 楽天市場(品質よりとにかく安い方が良い人向け) 楽天市場では資生堂の「パーフェクトUVスキンケアミルク」を税込3,186円で、カネボウ アリー の「エクストラUVジェル(ミネラルモイストネオ)」を税込2,650円で、コーセー の「雪肌精 サンプロテクトエッセンスジェル」を税込2,200円で、それぞれ購入することができるので、ドラッグストアで購入するよりも安い場合があります。 ただし、資生堂の公式ショップではないため、 送料で逆に高く なってしまったり、保存状態が悪く 商品が劣化していて 効果が半減していたり、 ケースが破損していても気にしない人は楽天市場がおすすめです。 しかも、返品交換不可なんだ。。 」 という経験をしました 泣。 なので、それからは常に公式オンラインショップを使うようにしています。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、2018年度の段階でアネッサとアリーはどっちが焼けないかの徹底比較、また、雪肌精との比較や敏感肌向けなどについても詳しくお伝えしました。 アネッサでは、リニューアルされたばかりの「パーフェクトUVスキンケアミルク」、アリーでは整肌成分も加わった「エクストラUVジェル」、和漢成分が特徴的な雪肌精の「サンプロテクトエッセンスジェル」の3つの日焼け止めについて、UVブロック効果の高さや水に濡れて落ちないか、どれが一番焼けないかなどの疑問を比較、紹介をしてみました。 ちなみに、口コミも含めて言えば、「アリー」が一番のおすすめでしたが、「アネッサ」も同点と言えるくらい日焼けはしないのでしたし、肌荒れするというコメントはなく、「アリー」は一部で肌荒れするという方がいたり、「雪肌精」は肌荒れするというコメントが目立つといった結果になったのでした。 なので、自分の肌に合いそうな日焼け止めを見つけたら、これを機会に購入してみてくださいね!.

次の