ビーフ ジャーキー の 作り方。 切り落とし牛肉で作るビーフジャーキー

ビーフジャーキーの作り方 ポークジャーキーの作り方

ビーフ ジャーキー の 作り方

構造をチェック! フードドライヤーの構造はいたってシンプル。 本体下部にある吹き出し口から温風を放出し、その上に重ねたトレイに置かれた食材を乾燥させます。 食材の種類にあわせて調整できるだけでなく、好みの食感にも仕上げやすそうですね。 ちなみに、長期保存の場合には高温にし、栄養素を保持したいなら低温で乾燥させるといいそう。 なお、消費電力は350Wなので、12時間使用すると電気代は約113円になります(1kWhあたりの電力量料金は27円で算出)。 温風の出る本体の上に6段あるトレイを置き、フタをして使用します。 5cmか約2cmにすることができます 運転時間は2時間刻みで、4〜16時間で設定可能。 運転時間や温度の表示も、わかりやすくていいですね ドライフードを作ってみよう! さっそく、プチトマトと大根を乾燥させてドライトマトと切り干し大根にしてみましょう。 食材の厚みや大きさ、水分量、そして室内の湿度などにより仕上がりは左右されるので様子を見ながら作っていきます。 半分にカットしたプチトマトと、短冊状に切った大根をセット。 運転が始まると温風が出る音がします。 ドライヤーのような音がしますが、生活に支障をきたすほどの音量ではないので就寝中に稼動させておいても問題ないでしょう 4時間程度では、まだまだどちらも生の状態 8時間経過すると大根はほぼ切り干し大根になった印象。 トマトは外側は乾燥していますが、中はみずみずしいままです 12時間を過ぎると大根はカリカリになってしまいました。 トマトはセミドライな状態になりましたが、もっとカラッとさせたいので乾燥を続けます トマトの水分がほぼなくなるほど乾燥できたのは、24時間後。 保存性を高めるなら、このぐらいがいい! でも、大根は乾燥させ過ぎましたね 今回の結果から、1枚のトレイには同じ食材を並べるほうがいいと感じました。 もちろん、完成した食材から取り出していけばいいのですが、ラクに作業したいならトレイごとに同一食材で揃えるといいでしょう。 また、温風が出る吹出口に近い下段のほうが乾燥しやすい印象。 水分の多いものは下段にし、乾燥具合が十分となったトレイから順に取り外していくのがよさげです。 なお、食材は乾燥させるとかなり小さくなるので、薄めに大きくスライスすると理想的な仕上がりにできそう。 いろいろものをドライフードにしてみた! 時間はある程度かかりますが、放置しておける手軽さにすっかりドライフード作りにハマった筆者。 いろいろなものを作ってみました。 歯ごたえと味わい豊かにグレードアップし、ちょっとおしゃれ感も増した印象。 きのこ嫌いのわが子も、乾燥させたきのこは食べてくれました 乾燥させたフルーツはそのまま食べてもいいですが、酸味のあるものは少々酸っぱさを強く感じるようになります。 なので、筆者はワインに漬けてサングリアにしたり、紅茶に入れてレモンティーにして楽しみました 続いて、ドライフルーツで作ったサングリアがおいしかったので、ラム酒や砂糖漬けにしてみたいと種なしブトウとイチジクを乾燥させてみることにしました。 皮があるせいかなかなか水分が飛ばず、1日半ほど乾燥させました。 時間はかかりましたが、適度な弾力と口いっぱいに広がる果物の自然な甘みと酸味がおいしい! つまみ食いしていたら砂糖漬けする前に半分以上なくなってしまった…… 野菜や果物の干し物以外で思いつくものといえば、干し肉! 赤ワインと調味料に一晩漬け込んだ牛もも肉を乾燥させてビーフジャーキーを作ってみましょう。 予想どおりに乾麺にはできたのですが、回収する際にボロボロと崩れてしまいました。 ラーメンっぽいスナック菓子ができた感じです。 味付けさえすれば、これはこれでイケそう…… まとめ 半日以上の時間をかけてわざわざ乾燥させなくても、そのまま食べればいいじゃないか……と思われる方もいるでしょう。 しかし、生の食材とはまったく異なる食感と、噛むほど広がるおいしさは一度食べるとクセになります。 筆者の子どもは普段、野菜をあまり好んでは食べませんが、ドライベジタブルにすると「食べやすい」と上々の評価。 これは、非常にありがたかったですね。 また、想像どおりの味わいもあれば、思った以上に酸っぱくなったり、乾燥させるとイマイチなど出来上がりが予想できないところもおもしろい。 市販品にはあまりない半生状態で食せるのも、自家製ならでは。 健康志向が高く、手作りが好きな人ならば、ドライフードメーカーはめいっぱい活用できるはずです。

次の

自作ビーフジャーキーの作り方とは?燻製なしの簡単な手作りレシピも

ビーフ ジャーキー の 作り方

ツイッターやブログで、自家製ジャーキーを作りました!とよく記事が掲載されていて その記事から作り方を拝見してふと疑問になることが多々ありました。 それ、 本当に安全? 食中毒や、サルモネラ菌大丈夫? 以前に、アメリカのオレゴン州立大学で安全なジャーキーの作り方についてリサーチをしていた記事をみて、私はその方法を習ってジャーキー作りをしています。 サルモネラ菌は人間だけでなく、ペット・犬にとっても健康被害を及ぼしかねない菌です。 私たち人間用のジャーキーを作るときももちろんそうですが、 ペットのおやつ用に作るときも注意して安心して口にできるものを作りたいですね。 ここでは、ジャーキーを作る際の注意点と安全な作り方をご紹介したいと思います。 スポンサーリンク 家庭で発生しやすい食中毒菌についての記事がありましたので、気になる方は読んでください。 アメリカでは豚の耳や鶏の手の部分を乾燥させてペットのおやつとして与える人もいます。 (ペットショップにも乾燥させた豚の耳や鶏の手がペットのおやつとして売っています。 ) もちろん魚も使えます。 お肉選びをする時に気をつけないといけない事は、できるだけ脂身の部分を避けるという事です。 脂身の部分は乾かず、ジャーキーの質をすぐにダメにしてしまう原因になります。 ですので牛肉・豚肉・ラム肉・鶏肉すべて脂身の少ない部位のお肉を購入してください。 鶏肉なら胸肉やササミが良いですね。 下準備 キレイにする まず、食材に触る時は手をきれいに洗い、キッチン用品もきれいなものを使いましょう。 脂身を処理 脂身の部分をできるだけ取り除きます。 魚なら皮を取り除きます。 脂身は乾きませんので。 冷凍処理 一度冷凍させます。 冷凍させる事で、きれいなスライスカットが簡単にできます。 また、安全面にも利点があり、お肉を2ヶ月間冷凍すると病気の原因になる菌を殺菌できるとも言われています。 (本当かどうかは謎ですが。 本に書いてありましたが、証拠はありません。 ) スライスにカット お肉を薄く切ります。 肉の目に沿って切ると歯ごたえのあるものに仕上がりますので、噛むのが好きなワンちゃんには良いかもしれません。 小さなワンちゃんや老犬で噛むのが苦手なワンちゃんにはかみちぎりやすくするために、肉の目に対して垂直にカットしましょう。 味付け 私たち人間が食べる時は好きな味のタレやスパイスに漬け込むのもいいですね。 *脂身が少し多すぎますが…今回はこれで作りました。 私が読んだDehydrationの本(アメリカで出版されているもの)にはそう書いてありました。 そのことからジャーキーも室温で長期保存ができそうな気がするのですが… 実は自家製ジャーキーは長期保存ができません! 保存期間の目安• 室温保存では約1ヶ月• 冷蔵保存で約6ヶ月• 冷凍保存で約1年 *油が多目のお肉・魚などは冷蔵保存で1ヶ月程が目安です。 そうです、自家製のジャーキーは意外と賞味期限が短いんです! また、可能ならできるだけ 冷蔵保存をすることがすすめられています。 室温で長期保存がしたいなら、市販のものを買う事をおすすめします。 6 安全なジャーキーの作り方まとめ 自宅で簡単に作れるジャーキー。 私も家族も、我が家の愛犬も自家製ジャーキーが大好きです。 しかし、実は私たちの健康を脅かす病原菌も含まれている・増殖する可能性があるんです。 それらの菌の対処をし、食中毒などを防ぎましょう。 安全なジャーキーを楽しんでください! スポンサーリンク.

次の

牛バラ肉で作る自家製ビーフジャーキーの作り方!簡単な燻製で、コスパが高く、おつまみに最高です

ビーフ ジャーキー の 作り方

リンク チキンジャーキー作成 今回はグラム50円くらいの鶏むね肉を使いました。 大体800gくらいで400円程でした。 なるべく薄く切った方が味漬けと乾燥の時間が少なくて済むので、頑張って薄く切りましょう。 ちなみに 鶏の皮部分は取り除いてください。 脂分は乾燥の邪魔なのです。 切ったお肉をポリ袋に入れたら、ソミュール液の材料を入れていきます。 料理酒、黒胡椒、チューブの生姜、にんにくを入れ・・・ 鶏がらスープの素を適当にドサッ あとは袋の中で適当に混ぜて、冷蔵庫で数時間 今回は6時間くらい 漬けておきます。 量は適当にドバっと。 ホント適当でも出来ますよ。 漬け込みタイムが終わったら、キッチンペーパーなどで表面を軽く拭いて、フードドライヤー 食品乾燥機 に並べます。 トレーにくっ付くのある程度を防ぐのと、本体が汚れるかも?と思って、一番したのトレーにはクッキングシートを敷きましたが無くても大丈夫だと思います。 こっちは焼き肉のタレの方 こっちは自作ソミュール液の方 並べ終わったら、フードドライヤーで乾燥です。 フードドライヤーを70度で10時間設定。 ちなみに今回の量 約400グラム だと、そこそこ隙間を空けて並べて、トレー4枚分でした。 ビーフジャーキーを作った時と同じく、夕方にお肉を切ってタレに漬け込み、寝る前にフードドライヤーにセットという感じでした。 乾燥終了。 こっちは焼き肉のタレの方。 美味そう… そして自作ソミュール液の方。 良い乾燥具合 食中毒対策として、このあとオーブンで熱を通すと良いらしいです。 温度と時間は見るサイトによって何だかまちまちなので、私は自己責任の元適当に。 という訳で、完成です。 実食してみると、焼き肉のタレの方は「最初甘いけど、後から濃い味がしてくる」 ソミュール液に漬けた方は「胡椒が効いててちょっとピリ辛で旨い!」という感じでした。 どちらもなかなか歯ごたえがあって美味しかったです。 自家製チキンジャーキーの費用とコスパ 費用 今回費用として掛かったのは、• 乾燥後にお肉の重量は減るので計りましたが、 出来上がりは240グラムくらいでした。 市販品との比較 コスパ 冒頭でも書きましたが、市販品は大体100gで700~900円くらいでした。 自作したチキンジャーキーは100gで200円くらい。 【自家製チキンジャーキー】半日で激安おつまみ!作り方と実際のコスパのまとめ ビーフジャーキーの時も書きましたが、ジャーキーを自作すると味の濃さを好みで変えれたり、厚さや大きさも思い通り、何より 安く作れるので、好きな方は自分で作ってみるのもおすすめします。 ただ衛生面には充分気を付けて下さいね。 フードドライヤーを使えば半日くらいでも作れますよ。 自然乾燥が面倒だと思う人は買ってしまうのも全然アリだと思います。 日本酒が好き、日本酒を楽しみたい、美味しい日本酒を知りたいという方は「saketaku」の日本酒サブスクもチェック!.

次の