コロナ 感染源。 新型コロナウイルスの特徴と感染源を断つための対策方法まとめ

どんなウイルスで、どのように感染するのか? 新型コロナウイルスのそもそも論(峰宗太郎)

コロナ 感染源

クルーズ船をはじめ新型コロナウイルスへの稚拙な対応が問題になっているが、日本ではアンダーグラウンドから爆発的に感染が広がる可能性がある。 風俗嬢発の大感染だ。 プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい) 作家、アルファブロガー。 政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「」、アジアの闇をテーマにしたブログ「」を運営している。 「経路が分からない感染者」多発は当然 日本全国でじわじわと新型コロナウイルスが広がっている。 政府は1月の段階で大量の中国人を阻止しないで国内に入れてしまったので、今になって日本国内のあちこちで感染者が出てきている。 タクシーの運転手が「100人と濃厚接触」だとか、「医師と看護婦が濃厚接触」と書いてあるのを見て、ぼんやりしていると「タクシーの運転手は100人と性行為を行ったのか」「医師と看護婦が性行為していたのか」と勘違いしてしまう。 濃厚接触とは『感染症などの疑いがある有症者と行動をともにしたり、接触したり、航空機などで近隣の座席に座ったりした人』を指すので、それこそ誰かと一緒に食事したり談笑したりしているだけで「濃厚接触」となる。 当然だが、満員電車の中で感染者と隣り合ったりしたら濃厚接触だ。 春節の時期に1月下旬から2月2日までに大量に日本に入ってきた中国人が、日本国内で多くの日本人と濃厚接触をしたのは事実である。 タクシーの運転手、バスの運転手、病院の医師が感染者となってクローズアップされているが、濃厚接触の現場はそれだけではない。 中国人観光客は日本国内を自由に歩きまわり、自由に店に入り、自由に様々な人と接触したのだから、今後は「経路が分からない感染者」が多発しても何ら不思議なことではない。 中国人・韓国人の客と遭遇する風俗嬢が恐怖している 幸いなことに日本人は衛生観念がしっかりした民族だ。 多くの人はマスクをつけて他人にうつさないようにしている。 また、しっかりと手洗いをして清潔を心がけているので、感染は比較的緩やかであるかもしれない。 こうした衛生観念が抑止になって、日本国内でのエピデミック(伝染)が最小限に抑えられることを私は期待している。 しかし、そうだとしても家族のひとりが感染したら、その一家は濃厚接触で全滅になるだろうし、会社や学校でも濃厚接触は避けられないので、感染がネズミ算式に拡大していくと、もはや日本人の衛生観念でも太刀打ちできなくなるかもしれない。 私が懸念しているのは、アンダーグラウンドもまた新型コロナウイルスの影響を避けることができなくなるだろう、というものだ。 金曜日、私は歌舞伎町で中国語でも宣伝している風俗に勤める20代前半の風俗嬢に会ってきたのだが、彼女の恐怖と危機感は尋常なものではなかったことを報告したい。 こんな状況下にあるのだから、さすがの風俗店も外国人客を100%シャットアウトしているはずだと私たちは思うはずだ。 ところが風俗嬢に話を聞いてみると、そうではなかった。 さすがに日本語のできない中国の客は店側がすべて拒否しているということだが、問題は日本語がうまい客はケースバイケースになってしまうということだ。 たとえば、日本在留の長い中国人や韓国人の客は店もことさら拒めない。 つまり、受け入れる外国人客もいるということを意味している。 彼女は中国人の客はまだ当たっていないのだが、日本語のできるアジア系の外国人の客は仕方なく受け入れたと言う。 しかし、恐怖は消えないし「怖い」と心情を吐露していた。 今ごろどこかの風俗嬢が感染しているはずだ 日本人なら絶対に安全で、中国人なら絶対に危険であるというわけではない。 日本人でも感染者はいるかもしれないし、中国人でも感染していない人はいくらでもいる。 そもそも、中国人とひとことで言っても、香港人もいればシンガポール人もいれば台湾人もいるわけで一概に「すべて大陸から来た中国人」ではない。 そういう意味で、中国人でなければ安全が担保されるわけではない。 しかし、新型コロナウイルスの震源地は中国大陸であるのは「まごうことなき事実」であり、風俗嬢が警戒したり恐怖を感じたりするのは分からないことでもない。 今は言ってみれば非常事態なのである。 非常事態である以上は、リスクのある客と関わりたくないと思うのは自然な感情である。 何しろ風俗嬢の仕事は、表社会の人たちが言うところの「近隣の座席に座ったりした人」どころではないのだ。 濃厚な性的接触なのである。 もし相手が新型コロナウイルスの感染者であれば、もはや「100%の確率で感染してしまう」と言っても過言ではない。 密室で、近距離で、全裸で、長時間に渡って皮膚接触と粘膜接触を行うのである。 新型コロナウイルスの場合は、有症者と2メートルの距離で2分間一緒にいたら間違いなく感染するとか、1メートルの距離で15秒一緒にいた人も感染したとか、いろんなことが言われている。 風俗嬢は0ミリの距離で60分以上に渡って一緒にいる。 まさに「超濃厚」である。 これでは避けられるわけがない。 1月の下旬から2月2日の春節の休みの間に日本にやってきて、日本人の風俗嬢と関わった中国人の男はゼロではないはずだから、その中で「たったひとり」でも感染者がいたのであれば、どこかの風俗嬢が感染しているはずだ。 風俗嬢発の新型コロナウイルス大感染が起きるか? 新型コロナウイルスに感染したら1日で発症する人もいれば、25日目に発症する人もいる。 平均して14日であるというのが今の定説だ。 新型コロナウイルスに感染した風俗嬢が、仮に14日間フルで風俗の仕事をして1日4人の客と関わったとしたら、彼女は14日で56人の客に感染させることになる。 もし、感染した風俗嬢が10人いたらその10人が560人の人間を感染させることになる。 10人の風俗嬢だけで560人の男が感染してもおかしくないのである。 風俗嬢と関わる男は30代から50代までの働き盛りが大半なので、彼らは満員電車に乗って通勤する。 満員電車でこの560人が新型コロナウイルスをばら撒くと、東京は1ヶ月も経たないうちに武漢を彷彿とさせるほどの凄惨な汚染エリアと化す。 場合によっては日本が壊滅するようなレベルになっても不思議ではない。 私は新型コロナウイルスが1,000万人レベルの日本人を感染させるような事態になったとしてもまったく驚かない。 すでに日本政府がインバウンド政策を採ってから、アンダーグラウンドでは梅毒やエイズが大量発生している。 日本の梅毒感染者は20代の女性と30代から50代の男性の間で大量発生しているのだが、梅毒は2年連続で6,000人超えなのである。 日本はインバウンド政策で風俗嬢が非常に危険な状況に陥ってしまったのに、このことについては冷淡かつ無関心で放置してきた。 そうであれば、風俗嬢発の新型コロナウイルス大感染が始まったとしても、ツケが回ったとしか言うしかない。 パンデミックの下地は整っている もう一度まとめよう。 春節で日本にやってきた新型コロナウイルスの中国人感染者が日本の風俗嬢を抱いたら、風俗嬢は100%の確率で感染する。 その風俗嬢は2週間で50人超の男に100%感染させることができる。 感染した男たちは働き盛りでアクティブに行動して感染を広げる。 そうであるならば、風俗嬢発の新型コロナウイルス大感染で、日本が壊滅状態になったとしても不思議ではない。 そうならないことを望むが、最悪そうなってもおかしくないことは覚悟しておく必要がある。 日本政府は中国人の観光客を無尽蔵に入れた。 だから、日本のアンダーグラウンドで感染が広がっていても何ら驚きではないのだ。 春節の時期に日本に入った中国人の感染者が、風俗嬢と関わっていないことを私たちは祈ろう。 () 2019年12月配信分• 「捨て石」の概念を見直せ。 2019年の総括と、2020年のこと。 相場の動きは読まない。 銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。 本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。 本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

次の

「無症状感染者」とは? 症状のない人は 感染力が強いのか?新型コロナウィルス

コロナ 感染源

中国では新型コロナウイルスの感染者も減り、年に1度の重要会議である全国人民代表大会(全人代=国会に相当)が2カ月半遅れで開催されるなど、ようやく感染も下火になってきたと思われていた。 ところが、遼寧省や吉林省、黒竜江省などの東北部で、劇的に感染者が増えて、いまや東北3省で数万人以上の市民が隔離観察中だ。 その感染源は、吉林、遼寧の両省と国境を接していながら、「感染者ゼロ」と発表している北朝鮮である可能性が高いことが明らかになった。 習近平指導部は北京で全人代を開催していたこともあり、クラスターを警戒し、東北3省の市民約1億人以上の移動禁止措置を決めていた。 中国メディアによると、中国東北部も他の都市同様、4月下旬には厳戒態勢が解かれて、通常の生活に戻っていた。 しかし、5月上旬に吉林省北部の舒蘭(じょらん)市の病院でクラスターが発生した。 市政府の対応が悪く瞬く間に感染が拡大し、人口60万人の同市は都市封鎖を余儀なくされた。 市トップは感染拡大の責任を問われ解任された。 さらに、感染の「第2波」は遼寧省の省都で、東北部最大の都市である瀋陽市にも波及した。 発端は瀋陽市の中心病院「463病院」(北部戦区空軍病院)の看護師が舒蘭市に出張していた知人男性から感染し、病院内でクラスターが起き、5月中旬に完全封鎖されたという。 このため、7500人の市民が隔離された。

次の

nvcdn.answerstv.com : 新型コロナウイルス、ヘビが感染源の可能性 武漢の市場で販売

コロナ 感染源

新型コロナウイルス感染症の症状の特徴 発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。 感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。 重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されています。 特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。 新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染により感染します。 空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。 新型コロナウイルスの感染経路「飛沫感染」とは 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。 新型コロナウイルスの感染経路「接触感染」とは 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。 他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。 石鹸で手洗いして接触感染を防ぐ 接触感染が感染経路である新型コロナウイルス感染症は、手洗いが大切です。 薬用石鹸での「殺菌」ということが必要だと思われがちですが、接触感染を防ぐためには石けんでよく洗い、清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取って乾かすという「除菌」の観点も大切です。 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手でドアノブや手すりなど周りの物に触れていることはありえることです。 帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやで手を洗い、自分の手にウイルスがついた状態で口・鼻・目などに触れて感染することを防ぎましょう。 リンク 汚染された空気を「換気」する、ホコリをしっかり掃除する 感染症対策として意外と見落とされがちですが、室内の換気と掃除は大切です。 例えば新型コロナウイルスは飛沫感染や接触感染が感染経路ですが、部屋の中がホコリだらけだと、部屋を漂っている細かいホコリにウイルスを含んだ微量の飛沫などが付着して、目や鼻などに入ってきてしまうことなどもあり得ます。 ホコリや空気中の目に見えないような小さな飛沫は、換気とおそうじで除去して対策しましょう。 空間の衛生対策「クレベリン」 目には見えない小さなホコリやチリにくっついてウイルスや菌が空間に浮遊していたり、物にくっついたりしています。 クレベリンは空間だけではなく、物に付着したウイルスや菌も除去してくれる製品。 色々な人が出入りする玄関、居間、寝室などお家の中の様々な所で使える衛生対策のベースとなる製品です。 詳しくは「」の記事で紹介しています。

次の