超人 高校生 たち は 異 世界 でも 余裕 で 生き抜く よう です アニメ。 超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!

超人 高校生 たち は 異 世界 でも 余裕 で 生き抜く よう です アニメ

城門を吹き飛ばす「劣化ウラン弾」 フィンドルフ侯爵の城を攻める際、先制攻撃として使われたのが林檎の打った七十七ポンド劣化ウラン弾でした。 その破壊力は城門を消し飛ばし城の中庭まで抉り取るほどの威力。 ただし即席で作った物だったため、発射の威力に砲塔が耐え切れず一度使っただけで砲塔も溶けて使い物にならなくなってしまいました。 ちなみに発射までの斜角調整なども全て林檎が1人で調整して発射しています。 ライフルを作る「工場の建設」 司は来る戦いに備えて七光騎士団に近代化した武器、つまり銃武装をさせようと考えます。 その為に林檎にはライフルなどを作る工場の建設を依頼。 ライフル自体を林檎が作るのは簡単な事なのですが、異世界に暮らす人々の手で武器を作らせたい為に武器ではなく工場施設の建設を依頼します。 そこで今回林檎が用意したのは銃を作るのに必要な旋盤・フライス盤・ボール盤などを備えた工場施設でした。 ラージュソレイユに対抗する「迎撃ミサイル」 次に司が林檎へ依頼したのはがら空きの上空を守る防空システムの制作でした。 過去に滅びたヤマト皇国が「天の炎により火の海に沈んだ」という武勇伝を知り急務として取り掛かったようです。 林檎は領内に4つの迎撃ミサイルポットを用意し、来る空からの攻撃に備えるのですがラージュソレイユに対しては軌道をわずかに変えるのが精一杯。 その結果、ラージュソレイユは領内の貴族街へ落下してしまいます。 リルルから今の状態ならミサイルでも槍を破壊できると聞いた一同はクマウサに積んでいる最後の誘導ミサイルを使おうとするのですが、対空レーダーの範囲外であったり乱気流であったりと誘導ミサイルを使用するのは難しい状態。 そこで葵はミサイルにつかまり林檎がロックオンできるところまでミサイルを誘導し、無事ラージュソレイユを破壊する事に成功しました。 城塞都市ダレスカフを落とした「巡航ミサイル」 アークライドとの戦いの中で近代化装備であるライフルや手りゅう弾などを使い圧倒的有利に戦争を進めていた七光聖教。 すべての攻撃手段が破られてしまったアークライド侯爵たちは城塞都市ダレスカフへと籠城する事にします。 堅守な守りで「攻め勝てずとも守り切ることは出来る」そう考えたアークライド侯爵でしたが、その淡い希望を吹き飛ばしたのがクマウサに搭載された巡航ミサイルの一撃でした。 復活したギュスターヴ!それを打ち破るために使われた「核ミサイル」 一度は死んだと思われていたギュスターヴでしたが、ネウロの力によりパワーアップして復活。 周囲の人間を焼き尽くしながら忍たちへと迫っていました。 そこへ一本の連絡が入り「それ以外にないと」何かを了解う忍はジャンヌを連れて出来る限る遠くへ逃げます。 そして次の瞬間、ギュスターヴの頭上へ落とされたのは北の最果てから放たれた核ミサイルでした。 これにより七光聖教はギュスターヴに致命的なダメージを負わせると同時に、七光聖教もラージュソレイユと同じく領地を跨いだ大規模破壊攻撃が出来ると帝国側に知らしめることになります。 天才発明家、大星林檎の発明品まとめ ここまで林檎が発明・開発してきたものを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?物づくりに必要なものから、攻撃・迎撃のためのミサイル。 そして最後には核ミサイルまで作ってしまう林檎。 まさに縁の下の力持ちとして七光聖教の戦いを支えてくれています。 今後林檎がどのようなものを作っていくのかにも注目して見てください!.

次の

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!

超人 高校生 たち は 異 世界 でも 余裕 で 生き抜く よう です アニメ

キャスト• 御子神 司:小林裕介• リルル:桑原由気• 大星林檎・クマウサ:日高里菜• 猿飛 忍:日岡なつみ• 神崎 桂音:金元寿子• 一条 葵:金子彩花• プリンス 暁:石上静香• 真田 勝人:間島淳司• ウィノナ:中原麻衣• エルク:下野紘• ルー:橋本ちなみ• ジャンヌ・ド・ルブラン:千本木彩花• オスロー・エル・ギュスターヴ:中田譲治 スタッフ• キャラクター原案:さくらねこ• 監督:柳伸亮• シリーズ構成:赤尾でこ• キャラクターデザイン・総作画監督:矢野茜• 音響制作:ビットプロモーション• 音響監督:本山哲• 音楽制作:ポニーキャニオン• プロデュース:ドリームシフト• アニメーション制作:project No. 音楽:水谷広実• 「はじめてのかくめい!」• エンディング主題歌:鬼頭明里• 「dear my distance」 C 海空りく・SBクリエイティブ/「超余裕!」製作委員会 もっとみる.

次の

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!

超人 高校生 たち は 異 世界 でも 余裕 で 生き抜く よう です アニメ

プリンス暁のトンデモイリュージョンや神崎桂音のスーパーオペの描写に呆れを通り越して戦慄さえ感じてしまった前回の超人高校生でしたが、ちょっと待てよ・・ひょっとしてこの高校生たち超スペシャリストと思わせておいて実は「特殊能力者(超能力?)でした!」みたいな展開の可能性は考えられませんか!?。 ・・まあ、それはないんでしょうな(笑)。 そんなことよりも「このボリューム」を葉っぱが持ちこたえている事の方が不自然なのです(笑)。 温泉の熱で更に柔らかくなって危険なのです・・。 だが、この一帯を治める卑劣な領主フィンドルフのもとへ、リルルが連れ去られてしまう。 義憤に駆られるエルム村の人々。 だが、領主に逆らえば村は無事では済まない。 司は政治家としての立場からもっとも犠牲が少なくて済む解決策を村人たちに提案する。 それでもリルルを取り戻す、と団結した村人たちに助けを求められた司は彼らに力を貸すことを決心する。 司たちは持てる技術と才能を発揮して、領主に反旗を翻す。 それは、この異世界の在り方を、根本から変えてしまう事を意味していた。 その大きな武器となるのはもちろん「現代科学」なのでした。 ・・表向きはね(笑)。 城への襲撃シーンでジュラルミン等の軽量金属製の防具や弓矢が登場しましたが、訓練された兵隊を圧倒するのには実際のところそれでは役不足なのかも。 今回登場したレールガンのような近代兵器でないと。 戦国自衛隊やGATEのようにね。 人数が劣るなら後は火力でそれを補うしかない、と思います。 ただ正直なところ「蜂起宣言」をする御子神の演説から続くお話しの勢いもあり、そこまで不自然には感じることはなく全体を通し楽しく視聴することが出来たと思います。 演説の内容でDr. STONEをちょっと思い出したりはしましたが(笑)。 そしてリルルの「エロエロ」なシーンがとてもよかったでおじゃる。 毎回この点に労力を費やしている事を高く評価したい!。 そして一人の紳士として・・「ありがとう!」と一言礼を言いたい!!(笑)。 もちろんその他のシーンの作画もGOOD! 、忍が「魔法攻撃」を神回避するシーンとかね。 エロだけ作画が良いわけではないんです!。 しかしリルルの中のもう一人の誰かが御子神と対話を始めるシーンでも某インデックスさんを思い出してしまったりと・・「設定」いいとこ取り?。 来週からの展開としては一気に「近代化」そして軍拡の動きとなるんでしょうな。 それを考えると次に登場するのは「内燃機関」それとも「電力」でしょうか。 馬鹿らしく(!)思いながらも次週の展開をそれなりには楽しみにしている私なのでした。 それにしてもプリンスが登場するシーンには毎度のことながらテンション下がります・・。 ちょっと扱いが雑すぎません?、ここまでだと逆に可哀相なくらい。 いっそ、お話し途中で本物の「魔術師」にジョブチェンジさせてあげるとかそこら辺考慮してもらえないのでしょうかね・・。 配信やBSフジの放送ではどうなるのかな?、もしリルルの「エロロ」(笑)なシーンをご覧になりたい方はこの機会にぜひAT-Xに御加入を!。 今だったら「再放送」もあります。 『超余裕!』twitterまとめ・関連グッズ紹介 2019. 21発売中です。

次の