北斗の拳 ヒョウ 名言。 『北斗の拳』の名言TOP10!定番中の定番の名台詞をまとめてみた

北斗の拳!大名言・名台詞(セリフ)集 │ 北斗の拳名言集。「ひでぶ」「お前はもう死んでいる」「わが生涯に一片の悔いなし」など、数々の名言を生んだ不朽の名作『北斗の拳』。世紀末にとどろくたくさんの名言が、大いなる名場面とともに今よみがえる!

北斗の拳 ヒョウ 名言

北斗の拳に登場する 「カイオウ」は、原作の中で最強クラスのキャラクターとして描かれています。 主人公・ケンシロウですら手も足もでないほどで、その力強さに多くの読者が魅了されました。 そんなカイオウですが、とんでもない裏話があるのをご存知ですか? ここでは、 カイオウの意外な過去や桁違いの実力、壮絶な最期について紹介していきます。 スポンサーリンク 1.カイオウが経験した意外な過去とは? カイオウは幼少期から、 非凡な拳才を持ち皆に慕われるという英雄の素質を持っていました。 しかしあまり本家に対してあまりよろしくない態度をとっていたので、本家から「お叱り」を受けてきたのです。 カイオウが本家を脅かすと危惧したジュウケイにより、公衆の面前で命乞いをさせられるという屈辱を受けます。 スポンサーリンク こうしてカイオウは人望を失い、英雄としての道が閉ざされました。 また、幼いケンシロウとヒョウが火事の現場に取り残され、カイオウの母が助けに入り2人を助けますが母は死亡。 親からの愛情まで失ったことで、 全ての情愛を否定する決意を固めます。 このように、カイオウはツラい過去を経験し性格が大きく変わったのです。 2.カイオウに見られる恐ろしい性格とは? カイオウは、どんな 性格をしているのでしょうか?• 他人を気遣わない• プライドが高い• 一途 彼の言動を確認してみると、上記の性格が判明しています。 カイオウは残忍で卑劣な性格をしており、 1人いた妹を自分の目的を達成するために殺害しました。 スポンサーリンク それでも悲しむばかりか、己のために利用される事以上に価値があるものはないと断言したほど。 他人を一切気遣わず、プライドがとても高いんですね。 カイオウはとんでもなく恐ろしい性格をしています。 3.カイオウが持つ桁違いの実力がヤバイ… カイオウは、誰もが驚くような桁違いの実力を有しています。 少年時代から「天才」と称されていただけの事はあり、最強候補筆頭のキャラクターです。 「 無想転生」という北斗神拳究極奥義を体得し、その技を使ったケンシロウを惨敗させた唯一の人物なんですね。 狡猾さもプラスされるので、誰も敵わないほどの力を手に入れています。 4.カイオウが見せた驚きの特技 カイオウは作中で、「政治手腕が優れている」という特技を見せました。 北斗神拳を学ぶことが許されず、 「 修羅の国」に残されたカイオウ。 後にジュウケイから北斗琉拳を学んで伝承者になり、修羅の国を統一して力が支配する弱肉強食の国へと変貌させました。 スポンサーリンク 修羅の国にラオウが訪れ、この国を救出するというウソの伝説を修羅の国に流したのはカイオウです。 この情報を流すことで、反逆者をあぶりだしてせん滅することが、カイオウの目的でした。 ラオウ伝説で立ち上がった反逆者たちは、ラオウの死を知らされることで途端に自滅。 カイオウの政治手腕が優れていることが、とてもよく分かる出来事です。 5.ラオウがカイオウを尊敬していた理由とは? カイオウはラオウの実兄でありながら、ほとんど面識がありません。 それでもラオウは、カイオウのことを尊敬しており誇りのように感じていました。 それほど面識はないのに、どうしてカイオウを 尊敬していたのでしょうか? その理由は、カイオウが子供のころに受けていた屈辱のことを知っており、彼の悲しみを誰よりも理解していたからです。 「カイオウはオレの心の中でいつでも英雄」と、ラオウは発言しています。 もしかしたら、ラオウは彼の背中を追っていたのかもしれませんね。 6.カイオウが迎えた壮絶な最期 カイオウはケンシロウと対峙した際、その圧倒的な力を武器にケンシロウを叩きのめします。 このときトドメを刺さなかったので、 ケンシロウはカイオウの弱点を見抜いていました。 最終決戦のとき、カイオウはそんな事情を知らずにケンシロウに挑みますが、今度は劣勢に追い込まれ敗北。 ケンシロウに負けたカイオウは、 「自分より強い者に負けた」という現実から人の心を取り戻します。 瀕死のヒョウに恋人サヤカの敵を討つようにと、自分を殺せと命じます。 ところが、シュウは恨むどころか、彼を歪めてしまったことを謝罪しました。 これにはカイオウも号泣し、自らの腕でシュウを看取ると、共に溶岩に埋まって最期を遂げたのです。 7.カイオウが残したカッコいい名言特集! カイオウはいくつかの 名言を残しているので、以下から紹介していきますね。 カイオウの名言• 暗琉霏破!! 知れたこと! 最後に生き残るのは!! 妹だからこそ兄のために死ぬのは当然!! 許しは請わぬ、感謝もせぬ!! この世に生きるものすべて、このカイオウのためにあるのだ!! 許さぬ!! その愚かな腐った心、根底から叩き滅ぼしてやるわ!! 情に縛られ、愛に死す、それが何になる。 すべてはおのれを制し、律するもの!! だが、悪には一切の制限はない!! 悪こそこの世を制覇するのだ!! 北斗琉拳、死環白!! ぼつぼつ死ぬか!! たとえ天地逆となってもおのれの道は変えぬ!! カイオウの残忍で卑劣な性格が、名言を通してもよく分かります。 悪こそが正義であり、悪に勝るものは無いと本気で考えており、彼の進む道がどういったものであるかも理解できますね。 まとめ カイオウはツラい過去を経験しており、愛を失い悪こそが何よりも勝るものであると確信しています。 実力は作中でも 最強クラスで、ケンシロウですら最初はあっけなく敗北したほどです。 命が尽きる直前に、人の心を取り戻し悪よりも愛が勝ると知り、激動の人生に幕を閉じました。

次の

『北斗の拳』の名言TOP10!定番中の定番の名台詞をまとめてみた

北斗の拳 ヒョウ 名言

本作は大まかに第1部と第2部でストーリーが分けられます。 特に第1部でメインストーリーに関わってくるのが、ケンシロウの恋人・ ユリアです。 『北斗の拳』はある種彼女の悲恋の物語といってもよく、アニメでは彼女をイメージした曲『ユリア…永遠に 』がエンディングテーマとして使われました。 彼女は本編中で気丈な女性、理想的なヒロイン像として描かれます。 出生、来歴については後述しますが、詳しいプロフィールは公開されていません。 年齢もわかっていませんが、ケンシロウは26~30歳と想定されているのでほぼ同じくらいでしょう。 包容力のあるので、ひょっとすると少し年上かもしれません。 このような理想的ヒロインとして未だ人気の衰えない彼女は、『北斗の拳』を元にしたパチンコ機種にもなっています。 彼女自身がモチーフの「ユリア」、彼女の宿星「慈母星」がモチーフの2タイプが出ており、その人気振りが窺えるでしょう。 ケンシロウにシン、ラオウまで!ユリアが愛されすぎる理由とは?実は魔性の女!? これは後に明らかになるユリアの宿命、 南斗六聖拳正統血統「慈母星」に由来するものでしょう。 彼女は浮かれ持って、あまねく人々を惹き付ける性質なのです。 とはいえこのユリア、慈母星という語感から聖母のようなイメージですが、作中の時期や相対するキャラによって見せる印象が異なります。 原作者は執筆当時、行き当たりばったりで創作していたと述懐しており、それをして彼女の性格諸々が後付けだというのは簡単です。 しかし、あえて慈母星という属性から考察してみましょう。 慈母星とは 男の心を映す鏡のようなもの。 ユリアの考えとは裏腹に、男の願望が反映されて振る舞ってしまうとしたら、どうでしょうか。 結果、 シンに対しては厳しく当たり、トキには慈愛の一面を見せ、ラオウには凜々しく気丈に見えたのです。 こう考えると矛盾はなくなりますが、慈母星というより 魔性の女という感じになってしまいますね。 そしてこれが正しいとすると、シンの趣味は……。 『北斗の拳』でユリアは生きていた!? 気になる最後をネタバレ! 彼女は物語の序盤、シンに浚われた境遇に耐えきれず、 自殺を計りました。 ヒロインが死んでしまうという、前代未聞の展開です。 しかし後に、南斗五車星の手で救出され、 生きていたことが判明します。 そして、 南斗最後の将という重要ポジションでカムバック。 怒濤の変遷を見せます。 天下を分ける鍵となった彼女は、今度はラオウによって奪われました。 そこで哀しみを知らない彼によって無想転生を開眼するために殺される……と思ったのですが、実は 仮死状態にされただけでした。 ケンシロウとラオウの最終決戦後は、平穏な余生を過ごして安らかに息を引き取ります。 死因はトキと同じ、 死の灰による不治の病でした。 その後、ユリア本人の登場はなくなりますが、終盤にケンシロウを想う魂となって現れます。 彼女は死後も作中に影響を残し続ける存在でした。 次のページでは、あのライバル2人についてご紹介。 その戦いのきっかけもユリアだった!? ユリアが引き金だった!? ケンシロウ VS ラオウ! 『北斗の拳』といえば、多くの人はケンシロウとラオウの戦いを思い浮かべるのではないでしょうか。 なんと、このあまりにも有名なライバル2人の戦いの引き金ともいえる存在が、ユリアだったのです。 なぜか?それは、ラオウが拳王軍を率いて世界を支配しようとした理由が、 ユリアを手に入れるためだったからです。 南斗の人々に匿われている彼女を見つけ出し、自分のものにしようとする狙いでした。 ラオウがこの世を支配しようとしている、とトキから聞いたケンシロウは、ラオウを倒すことを決めます。 こうして、2人の戦いは始まったのです。 こう考えると、ユリアがきっかけであの壮絶なバトルが生まれたと言っても過言ではないのです。 ユリアは、兄たちとの関係性が複雑すぎる!! 先に少し触れましたが、彼女は南斗六聖拳を統べる頂点、正統血統の生まれ。 その定めに従って後継者となるべく育てられた彼女の幼少期は、まさに過酷なものでした。 母親の胎内に感情と言葉を置き忘れた、と言われるほど、 無感情に育っていったのです。 しかし、あるきっかけから彼女は感情を取り戻し、以後、 慈母星の愛に目覚めていきます。 そして、心優しく成長していくのです。 その優しさは留まるところを知らず、当時まだ「鬼」と恐れられていたフドウに、命の尊さを示して改心させたほどでした。 南斗の星に生まれさえしなければ、彼女は穏やかに暮らしていけたことでしょう。 次のページでは、ユリアにそっくり!? あの人物を紹介します! マミヤって一体何者!? ユリヤにそっくりな女性の正体とは? 物語上でシンが倒れ、ユリアも亡くなりました。 そして拳王の魔の手と南斗六聖拳が本格的に出てくるころ、ユリアによく似た女性・ マミヤが登場します。 彼女は、自分の村を守る自衛集団のリーダーでした。 男に守られるか弱いヒロイン・ユリアとは対称的に、 戦うヒロインです。 おそらく彼女は、ユリアにはない能動的な要素を込めて生み出されたキャラなのでしょう。 意図的に、対になるように設定されたのです。 しかし、彼女がなぜユリアに似ているのか、劇中で明かされることはありませんでした。 第2部でキーポイントとなるリンとルイと似た関係なのか、あるいはそうではないのか。 実際のところ、ユリアとマミヤは劇中でいわれるほど、その外見の描写はあまり似てません。 見た目というより、 芯の強い女性としてイメージが合致するということなのではないでしょうか。 シンの行動は、ユリアがきっかけ!? 重すぎる愛 そしてシンが次にしたのは、ユリアの生活の保障と安全の確保です。 この時代、衣食住を手にするには暴力が手っ取り早く、そのためにさらなる力が必要となり、彼は私設隊を組織しました。 それが KING軍です。 シンとユリアを中心とする大所帯には、それに相応しい所在地が必要となります。 そうして彼はついに、ユリアのための街、 サザンクロスを築いてしまいました。 それもラオウに狙われる彼女を救わんがため。 死んだことにして、 ラオウを誤魔化すための行動でした。 ひとえに、ユリアへの愛ゆえに……。 あまりにもスケールの大きな愛に、目眩がしそうです。 無理矢理の略奪愛なので仕方ないのですが、ここまでしてもユリアになびかれることがなかったシンは、少し哀れに思えます……。 『北斗の拳』主人公ケンシロウとの関係!実は婚約していた!? すでにご紹介しましたが、ユリアの幼少期は悲惨なもの。 感情のない人形のような少女だったのです。 それを変えたのが、ケンシロウでした。 実は、南斗と表裏一体の北斗を見ることで、彼女の心境に変化が起こると期待した人物がいました。 テレビアニメでは、これは リハクの思惑です。 北斗の聖地へ赴いたユリアは、2人の少年に出会います。 ラオウとケンシロウです。 そこで彼女はラオウの気迫に飲まれるのですが、反面、 ケンシロウから優しい感情を向けられたのでした。 それがきっかけで、 ユリアには人の感情が戻ったのです。 ユリアの人間としての側面は、ケンシロウに根差しているといえるのかもしれません。 2人は運命的に結ばれた仲なのでしょう。 次のページでは、衝撃の展開を紹介。 ユリアが妊娠!? ユリアの子どもは、誰との子?ラオウの子の母親って…… 2006年から順次公開された公式外伝映画 『真救世主伝説 北斗の拳』。 その最終作にして本編の前日譚 『真救世主伝説 北斗の拳ZERO ケンシロウ伝』には、衝撃の映像が差し挟まれていました。 物語は第1部終了後、ケンシロウが回想する形で幕を開けます。 ケンシロウとユリアは2人で静かに暮らしているのですが、なんと、そこで ユリアが妊娠している描写があったのです。 普通に考えて子供の親はケンシロウなのですが、映画制作者は 「北斗の子=作品をずっと好きでいたファン」であるという、象徴として描いたとのこと。 ちなみに子供といえば、原作にはラオウの息子・ リュウが登場します。 一部のファンからは、 彼の母親がユリアと考える向きもあります。 原作者・武論尊も同様のイメージではあるようですが、基本的に少年漫画である『北斗の拳』でそう明言するのは、いささか問題があるようです。 その問題を差し引いても、リュウの年齢や時期的に考えて、ユリアが彼の母親というのはかなり無理があるでしょう。 ユリアとケンシロウの結婚式が開催されてた!しかも現実世界で!? 短い人生を、激動の運命に左右されたヒロイン・ユリア。 その凄まじい一生のなかで呟かれた特に印象的な台詞を、5つピックアップしました! 第5位 あなたはまちがっている こんなことでわたしの気持ちはかわらない むしろ軽蔑する (『北斗の拳』1巻より引用) 劇中初期、シンに向けて言い放った言葉です。 毅然とした様子が、凜々しい女性像として映ります。 しかし、こう言われたシンは、なんだか嬉しそう。 やっぱり彼は……。 第4位 わたしはあの人を待つために生きてきました。 まちつづけるのがわたしの宿命。 そしてケンとの約束!! (『北斗の拳』14巻より引用) 彼女の受難の人生を象徴するかのような名言。 この時ユリアはケンシロウとの待ち合わせ場所に行ったのですが、すでにケンシロウはラオウを倒しに行って、そこでは再会出来ませんでした。 第3位 熾烈な男たちの戦いのためにわたしがしてあげられるのは、 心おきなく送りだすことだけ (『北斗の拳』15巻より引用) これはラオウが無想転生体得のため、ユリアを手にかけようとしたシーンでの言葉です。 男の決着に自らの命すら差し出す覚悟。 そこには、もはや敵味方の区別すらないのでしょう。 慈母星ならではの発言です。 第2位 あ……あなたと暮らしたここでの短い間 本当に……本当に平和で……夢の様に幸せでした…… (『北斗の拳』16巻より引用) これこそ、1人の女性としての本音でした。 シンにさらわれてから経験した、激動の人生。 ケンシロウとの最後の生活で、彼女はようやく平穏を感じらたことでしょう。 実感のこもった一言です。

次の

『北斗の拳』の名言TOP10!定番中の定番の名台詞をまとめてみた

北斗の拳 ヒョウ 名言

の実兄で、修羅の国・第二の羅将。 ケンシロウと同じく北斗宗家の男子として生まれたが、「惰弱ゆえ北斗を継ぐにふさわしくない」とされ、北斗神拳を継ぐことができなかった。 北斗を継げなかった時点で、廃嫡されている可能性が高い。 更に、師に優しすぎる性格が拳士に相応しくないと見なされ、記憶を奪われた。 (後に記憶を奪ったのは正確にはジュウケイではなくカイオウだと判明するが。 ) 他の羅将と共にの使い手。 また、北斗宗家の血を引いているので北斗神拳や北斗琉拳の源流である北斗宗家の拳も扱える。 記憶を奪われた後もケンシロウと同じく優しい心は変わらず、部下や国の住人からの信頼も厚かった。 同門であるとを兄弟同前に思っており、ハンの亡骸の前に仇討を誓っていた。 また、カイオウの妹・とは恋仲であった。 修羅の国に来たのがラオウではなくケンシロウだと知り記憶の封印を解こうとしたジュウケイと対決。 ジュウケイの呪文によって動きを封じられ、記憶を取り戻す術をかけられた。 しかしカイオウの策により記憶は戻らず、北斗琉拳への裏切りに怒りジュウケイを惨殺した。 その後、カイオウに敗れて瀕死の状態でに連れられ逃亡中のケンシロウに遭遇し、再び記憶が蘇り始めた。 しかし、北斗宗家の血を恐れるカイオウによってサヤカを殺され、その犯人をケンシロウと思い込まされ、激しい憎しみによりカイオウ同様魔神と化してしまった。 自分を諌めようとした準将とその側近達を粛清し、ナガトの治めていた村を焼き討ちした。 更に、ケンシロウをおびき寄せる為に支配地域の住民を酷使して北斗琉拳の聖地・泰聖殿の復旧を行うなど非道の限りを尽くした。 亡きジュウケイとの盟約により魔界に入った北斗宗家の血を絶つため襲いかかって来たを魔闘気で作り出した自壊羅糸により腕を切断し返り討ちにした。 とどめを刺そうとしたところにケンシロウが割って入った為憎悪をむき出しにしてケンシロウと対決。 しかし、カイオウとの戦いを経たケンシロウには奥義暗琉天破をはじめとする北斗琉拳の奥義は通じず次第に劣勢を強いられていった。 ケンシロウとの戦いの最中北斗宗家の血が目覚め、同時に記憶も取り戻したが、ケンシロウが相討ちとなる事を恐れたシャチの一撃により致命傷を負ってしまう。 ケンシロウ一行の仲間になった後 シャチの一撃により致命傷を負ってしまったヒョウだがシャチを責める事はせず、和解したケンシロウに北斗宗家の秘拳の在り処を教えた後はカイオウによって死冠白を突かれたを守る為に黒夜叉と共にカイオウ配下の修羅やリンを狙う修羅、カイオウ配下の陸戦隊と死闘を演じた。 黒夜叉は戦死し、自身も力尽き、ただ一人生き残った陸戦隊に止めを刺されそうになったところを、リンとケンシロウを負って修羅の国に渡って来たに救われた。 バットと共にケンシロウとカイオウの決戦の場に赴き、ケンシロウに敗れ瀕死のカイオウに自らの無力さゆえにカイオウに屈辱の人生を歩ませてしまった事を侘び、滂沱の涙を流すカイオウの腕の中で息を引き取った。 死後、亡骸はカイオウと共に彼が死に場所と決めた火山帯で溶岩の中に消えて行った。 作中では「ケンシロウにそっくり」と言われているが、正直あまり似ていない。 (但し目と鼻の形はケンシロウそっくり。 また彼の繭は細いことが多いのだが、たまにケンシロウと同等の太さになる。 また、幼少期の顔つきもケンシロウと似ている。 ) チビッ子が言ったことだから。 関連キャラクター• 関連イラスト pixivision• 2020-07-19 17:00:00• 2020-07-19 12:00:00• 2020-07-18 18:00:00• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-19 17:53:06• 2020-07-19 17:52:57• 2020-07-19 17:51:51• 2020-07-19 17:51:47• 2020-07-19 17:50:54 新しく作成された記事• 2020-07-19 17:45:03• 2020-07-19 17:41:17• 2020-07-19 17:33:10• 2020-07-19 16:49:41• 2020-07-19 16:49:41•

次の