パチンコ ドキュメント。 パチンコ業界の衰退!今後の動向や将来性、2020年問題を徹底調査

パチンコドキュメント

パチンコ ドキュメント

パチンコ業界の店舗・遊技人口は減少しつつある 「終わった」「終了した」などと嘆かれるパチンコ業界は本当に終焉を迎えてしまったのでしょうか。 ここでは、パチンコ業界の現状について詳しく解説を行っていきます。 パチンコ・スロット店舗の激減 パチンコ・パチスロ店舗の全国組織である全日遊連の総計データによると、平成20年には約12,000のパチンコ・パチスロ店舗が存在しました。 しかし、平成29年には約9,000店舗となり、 9年で約3,000店舗減少しています。 現在は常に月単位で、新規開店する店舗より 廃業閉店する店舗の方が多い状態です。 個人の小さなお店は少なくなっており、大手のパチンコチェーン店が残っている状態と言えるでしょう。 この激減している店舗数を見れば、パチンコ業界に将来性はないように思えます。 続いて、パチンコ・スロットの遊技人口の推移を見ていきましょう。 パチンコ・スロット遊戯人口の激少 を参考に、パチンコ・スロットの遊技人口を年代別に並べてみました。 年 遊技人口 2008年(平成20年) 1,580万人 2010年(平成22年) 1,670万人 2011年(平成23年) 1,260万人 2013年(平成25年) 970万人 2017年(平成29年) 900万人 一時期は増える年代もありましたが、 パチンコ・スロットの遊技人口はなだらかな減少傾向にあります。 かつて、このような娯楽産業は3,000万人の遊技人口がいると言われておりました。 まだ2019年の正式なデータは出ていませんが、これからもパチンコ・スロットの遊技人口は減少の一途をたどると考えて間違いないでしょう。 パチンコ業界が衰退してしまった3つの原因 なぜここまでパチンコ業界が衰退してしまったのか、その闇となる次の3つの原因を解説します。 イベント・キャンペーンの規制強化• 出玉の規制強化• 「 設定が甘い」「 大当たりが出やすい」といった宣伝や告知は、一切禁止されているということです。 いままで規制を行っていなかった地方自治体も、2019年になって規制を強化しているところも増えております。 パチンコ業界は今後も行政により、イベントやキャンペーンへの規制が厳しくなっていくでしょう。 主な規制は「 4時間当たりの出玉率の追加」や「 大当たり時の出玉数の減少」といった項目です。 パチンコ店は、この規制にあったパチンコ台に入れ替えを行うため、 古い基準のパチンコ台を全て撤去する必要があります。 入れ替え期間は2021年頃までと言われていますが、現状新基準に則ったパチンコ台の導入はそれほど進んではいないようです。 ただでさえ遊技人口が減っている中、新しい台を購入するのはお店にとっては負担にしかなりません。 この出玉規制強化も、パチンコ業界衰退の原因の1つとなっているでしょう。 最近のアプリは多種多様なゲームが取り揃えられており、しかも無料で遊ぶことができるものも多いです。 そのため、昔のようにわざわざお店に出向いてまで、パチンコを遊ぼうと考える人が少なくなってきています。 娯楽の多様化により、 パチンコで遊ぶ人の割合が少なくなってきていることも衰退を促す原因になっているでしょう。 パチンコ業界の今後への動向を分析 パチンコ業界の今後の動向について分析していきます。 余暇産業第一位であるパチンコ産業はこのまま黙って潰れるとは考えにくいでしょう。 2019年の現状を踏まえて、パチンコ業界の将来性を考えます。 余暇産業第1位「20兆円市場」はパチンコ業界の将来に向けてすでに対策案をこうじている 遊技人口は減少しておりますが、パチンコ業界は余暇産業第1位であり市場規模は約20兆円あります。 そのため、すぐに潰れるとは考えにくいです。 また大手メーカーであれば、すでに そういった傾向は分析できているはずなので、パチンコ業界の将来に向けてすでに対策案をこうじているでしょう。 昨今の日本産業は海外進出を行うことも多数あります。 日本で利用者が減っているからといって、パチンコ業界の将来を諦めるのはまだ早いです。 技術力を活かして海外で勝負する 特にパチンコ台の製造メーカーであれば、その技術力を活かして海外で勝負するのも有効な手段となるでしょう。 技術力が高ければ、その技術を 他の分野にも応用できるケースは多いものです。 ただし、海外進出を行うためにも下準備が必要となります。 その地域のニーズにあった製品を提供するため、事前調査は欠かせないでしょう。 視野を広げれば、他にも将来を見据えた様々な対策ができるはずです。 パチンコ業界の2020年問題 実は規制には 経過措置と呼ばれる期間があります。 「時間をあげるので、この期間中に古い台から規制にあった新しい台に入れ替えてください」というもの。 2018年に発表された規制にも経過措置がとられており、 経過措置の期限が切れるのは2020年から2021年にかけてのこと。 つまり、この経過措置の期限が切れる時に、どれだけのパチンコ店が対応できているのかというのがパチンコ業界の本当の正念場と言えるでしょう。 オリンピックが開催される2020年を乗り切れるのかといった点が、パチンコ業界にとって重要な節目になるはずです。 今後確実に衰退するパチンコ業界で儲けることはできない 今後、パチンコ業界にとって良い話が出てくることは少ないでしょう。 衰退していくとなれば、利益の確保も難しくなります。 そうなると、パチンコで遊ぶ方への配当も絞られていくことになるはずです。 そのため、パチンコで楽しみながら勝つのは将来的に難しい話になります。 もしギャンブルを楽しみたいのであれば、 パチンコより高い還元率を持つギャンブルで遊ぶのが賢い選択肢になるのは間違いありません。 最近では、還元率が高いギャンブルとして オンラインカジノの人気が高まってきています。 このまま負けるとわかっていてパチンコ業界に食いついていくのか、楽しみながらギャンブルをやるのか、選択するのはあなた次第です。

次の

パチンコ業界の衰退!今後の動向や将来性、2020年問題を徹底調査

パチンコ ドキュメント

Contents• パチンコをやめるべき4つの理由 こんにちは!かみしろです! パチンコっておもしろいですよね~。 私自身もパチンコで大勝したことがあって、そのときに見たレア演出とかたまに夢で見ます。 笑 「特別感のある演出」、 「すぐに大金が手に入る」、 「周囲の羨ましそうな目が嬉しい」それらが稀に味わえるからこそ、パチンコ、パチスロというものには中毒性があります。 たった数時間で10万円程度なら余裕で稼ぐこともあります。 時給数万円、素晴らしいですね・・・ ですが、ほとんどの人は1回の大勝でパチンコにのめり込んでしまい、大勝した翌日には 「今日 も当たる」となり、数日後には 「今日 は当たる」になり、最終的に 「今日 こそは当たる」となり、大勝した思い出に縛られ、いつかはマイナスになるまで投資し続けます。 今日は、そんな中毒性の高いパチンコをやめるべき理由と、やめた後のパチンコの代替案になるものを紹介していきたいと思います! そう。 だからこそ、正しい知識を持ってパチンコと向き合う必要があるんだ。 還元率についてはこちらの記事で詳しく書いているので、「カンゲンリツってナンゾ?」って方はこちらをご覧ください。 つまり、10,000円投資した場合は平均的に7,500円返ってくることを意味しています。 しかし、パチンコって、負けるときって数万円余裕で負けますよね・・・ 要するに、「数万円大勝することもありますが、数万円負けることもありますよ~。 厳しい現実だけど、ライオン野郎の言うとおりだ。 お客さんが負けないと、パチンコ屋は潰れるからね。 パチンコにはプロがいる パチンコをやめるべき理由、その2つ目は 「プロがいる」です。 どういうことかというと、 素人が遊ぶパチンコの実際の還元率はもっと低いということです。 私自身、ギャンブルに精通していることもあり、パチプロの知り合いは多いです。 プロはみんなパチンコ、パチスロで生計を立てているので、まず負けていません。 でも、パチンコ屋も経営していかなくてはならないので、プロに稼がれてばかりではいられません。 ではどうするか? 何の知識も無い素人から搾取する他ないんです。 あなたも見たことがあるんじゃないでしょうか? 「なんででぇへんねん!」と怒りながら台を叩いたり当り散らしたりする人を・・・ わかりますよね? 「そういう人」から搾取しているんです。 ・・・ひょっとしたら、あなたもそうされているかも??? プロは決して台に当り散らしたりしません。 」と見切ってから勝負をします。 「適当な台で」、 「適当な打ち方をして」、 「勝手に負けて」、 「勝手に当り散らす」、こういうお客さんから、パチンコ屋は搾取しているのです。 もしあなたがこの記事をみて「搾取されてるの自分かも・・・」と思っていたのなら、もう明日からパチンコ、パチスロはやめましょう! 俺の悪口はそこまでだ。 パチンコには依存性がある パチンコをやめるべき理由、その3つ目は 「依存性がある」です。 パチンコには自分の意思では止められない「依存性」があります。 私の知り合いでも、「パチンコ店に入るとほっとする」や「パチンコの音を聞くと安心する」といったことを言う人がいます。 「まさか(笑)」と思って調べてみたのですが、ネット上でも同じことを言っている人は多くいたのです。 借金をしてでもパチンコ店に行き続け、重度になると「自分のいるべき場所はここなんだ!」とさえ思う人もいるようです。 数百万、数千万の借金を抱えていてもですよ? そこまでくると、もう正気の沙汰ではないですよね・・・ しかし、何故そこまでパチンコにハマってしまうのでしょうか? まず間違いなく言えることは、 「貧困である お金に困っている 人ほどパチンコにハマる」ということです。 例えば、考えてみてほしいのですが、あなたに今スポーンっと1億円入ってきたとしましょう。 その興奮で「パチンコを好きなだけ打てる!」と最初は思うかもしれませんが、恐らく、 大半の人がすぐにパチンコをやめます。 何故か? 「買っても負けても興奮 快感 が無いから」です。 だってね、1億円持ってるんですよ? たかが数万円、買ったり負けたりするだけでは もう何も感じなくなります。 依存症の一番の原因は 「快感」です。 パチンコで当たった快感を忘れなくなり、次の当たり、快感を求めて負けを繰り返す。 そうこうするうち、最初は「~円まででやめる!」とか「今日は行かない!」と決めていたことが守れなくなり、当たるまで 快感を得るまで のめりこんでしまうのです。 でもそれはお金が無い状況で、リスクが高い状況でパチンコをやっているからハマってしまうんです。 ドキドキ感といえばいいのでしょうか? 「負けたらやばい・・・でも当たったら・・・!」という状況で当たるからこそ、快感があるわけですね。 そもそも1億円持ってると、10万円程度勝ったところで快感になんかなりませんよね? 「あ~なんか当たったわ~」くらいに感じると思います。 だからこそ、「パチンコに依存する人は貧困である」と言えるわけですね。 少し話は変わりますが、私の周囲では 「演出が好き」という人がいます。 あなた自身もそうかもしれませんし、あなたの周囲でもそういう人はいるかもしれません。 「演出が好きだからやってるだけで、お金じゃない」なんて言いますよね。 そこで私が必ず返す言葉が「じゃあ1パチやメダルゲームにしたら?」です。 ほとんどの人はそこで「それじゃ面白くないじゃん(笑)」と返してきます。 え?演出が好きなら1パチでもメダルゲームでも変わらないじゃん? 1パチやメダゲーのパチンコは少し古いのはわかりますが・・・ 何でわざわざ4円でやるの? 「結局はお金が目的じゃなの???」 演出にハマッてるというのは言い訳 自分でも気づいてないかも であり、 本当は派手な演出後に手に入る「お金」が目的なのです。 「演出が好き」という言葉は、自分がパチンコ依存症と認識できていない、認識しようとしていない非常に危ない言葉です。 もしあなたがこの言葉を使っているようなら、「依存症の可能性がある」と自分を疑ってみてください。 「依存なんかしてない!」と思うのなら、 一度1パチやメダルゲームのパチンコをやってみるといいかもしれません。 派手な演出や大当たりを見ても快感が得られないようであれば、あなたはパチンコでお金が増減することに快感を覚え、依存してしまっているのかもしれません。 依存症に大事なのは 「自覚」です。 「自分は違う」と思ってはいけません。 俺、頑張ってパチンコ行かないようにするよ・・・ 上記とは別に、お金を持ってるギャンブルのプロでさえパチンコでは熱くなってしまう場合があります。 パチンコよりも楽しく稼げるギャンブルがある パチンコをやめるべき理由、その4つ目は 「オンラインカジノの方が稼げる」です。 長々と還元率が悪いことや依存症になる可能性があることを書いてきましたが、その全てを解決できるギャンブルがあるのです。 それが 「オンラインカジノ」です。 わかると思いますが、つまり「カジノが赤字になっている」のです。 もっというと 「プレイヤーが勝っている」のです。 しかもプレイヤーはお金持ちも多いので、還元率が悪いゲームでの回収が多いので、悪く言えばお金持ちのお金でカジノは運営できてるんですね。 笑 お金が無くなるパチンコに依存してしまうのなら、 お金が稼げるオンラインカジノをプレイした方が絶対にいいですよね? ブラックジャックのような頭脳ゲームもあれば、演出が派手なビデオスロットも多数あり、パチンコのように出かけなくても自宅でお金を賭けてゲームができるのです。 しかも還元率がパチンコとは桁違いのゲームがですよ!.

次の

パチンコ

パチンコ ドキュメント

Contents• パチンコをやめるべき4つの理由 こんにちは!かみしろです! パチンコっておもしろいですよね~。 私自身もパチンコで大勝したことがあって、そのときに見たレア演出とかたまに夢で見ます。 笑 「特別感のある演出」、 「すぐに大金が手に入る」、 「周囲の羨ましそうな目が嬉しい」それらが稀に味わえるからこそ、パチンコ、パチスロというものには中毒性があります。 たった数時間で10万円程度なら余裕で稼ぐこともあります。 時給数万円、素晴らしいですね・・・ ですが、ほとんどの人は1回の大勝でパチンコにのめり込んでしまい、大勝した翌日には 「今日 も当たる」となり、数日後には 「今日 は当たる」になり、最終的に 「今日 こそは当たる」となり、大勝した思い出に縛られ、いつかはマイナスになるまで投資し続けます。 今日は、そんな中毒性の高いパチンコをやめるべき理由と、やめた後のパチンコの代替案になるものを紹介していきたいと思います! そう。 だからこそ、正しい知識を持ってパチンコと向き合う必要があるんだ。 還元率についてはこちらの記事で詳しく書いているので、「カンゲンリツってナンゾ?」って方はこちらをご覧ください。 つまり、10,000円投資した場合は平均的に7,500円返ってくることを意味しています。 しかし、パチンコって、負けるときって数万円余裕で負けますよね・・・ 要するに、「数万円大勝することもありますが、数万円負けることもありますよ~。 厳しい現実だけど、ライオン野郎の言うとおりだ。 お客さんが負けないと、パチンコ屋は潰れるからね。 パチンコにはプロがいる パチンコをやめるべき理由、その2つ目は 「プロがいる」です。 どういうことかというと、 素人が遊ぶパチンコの実際の還元率はもっと低いということです。 私自身、ギャンブルに精通していることもあり、パチプロの知り合いは多いです。 プロはみんなパチンコ、パチスロで生計を立てているので、まず負けていません。 でも、パチンコ屋も経営していかなくてはならないので、プロに稼がれてばかりではいられません。 ではどうするか? 何の知識も無い素人から搾取する他ないんです。 あなたも見たことがあるんじゃないでしょうか? 「なんででぇへんねん!」と怒りながら台を叩いたり当り散らしたりする人を・・・ わかりますよね? 「そういう人」から搾取しているんです。 ・・・ひょっとしたら、あなたもそうされているかも??? プロは決して台に当り散らしたりしません。 」と見切ってから勝負をします。 「適当な台で」、 「適当な打ち方をして」、 「勝手に負けて」、 「勝手に当り散らす」、こういうお客さんから、パチンコ屋は搾取しているのです。 もしあなたがこの記事をみて「搾取されてるの自分かも・・・」と思っていたのなら、もう明日からパチンコ、パチスロはやめましょう! 俺の悪口はそこまでだ。 パチンコには依存性がある パチンコをやめるべき理由、その3つ目は 「依存性がある」です。 パチンコには自分の意思では止められない「依存性」があります。 私の知り合いでも、「パチンコ店に入るとほっとする」や「パチンコの音を聞くと安心する」といったことを言う人がいます。 「まさか(笑)」と思って調べてみたのですが、ネット上でも同じことを言っている人は多くいたのです。 借金をしてでもパチンコ店に行き続け、重度になると「自分のいるべき場所はここなんだ!」とさえ思う人もいるようです。 数百万、数千万の借金を抱えていてもですよ? そこまでくると、もう正気の沙汰ではないですよね・・・ しかし、何故そこまでパチンコにハマってしまうのでしょうか? まず間違いなく言えることは、 「貧困である お金に困っている 人ほどパチンコにハマる」ということです。 例えば、考えてみてほしいのですが、あなたに今スポーンっと1億円入ってきたとしましょう。 その興奮で「パチンコを好きなだけ打てる!」と最初は思うかもしれませんが、恐らく、 大半の人がすぐにパチンコをやめます。 何故か? 「買っても負けても興奮 快感 が無いから」です。 だってね、1億円持ってるんですよ? たかが数万円、買ったり負けたりするだけでは もう何も感じなくなります。 依存症の一番の原因は 「快感」です。 パチンコで当たった快感を忘れなくなり、次の当たり、快感を求めて負けを繰り返す。 そうこうするうち、最初は「~円まででやめる!」とか「今日は行かない!」と決めていたことが守れなくなり、当たるまで 快感を得るまで のめりこんでしまうのです。 でもそれはお金が無い状況で、リスクが高い状況でパチンコをやっているからハマってしまうんです。 ドキドキ感といえばいいのでしょうか? 「負けたらやばい・・・でも当たったら・・・!」という状況で当たるからこそ、快感があるわけですね。 そもそも1億円持ってると、10万円程度勝ったところで快感になんかなりませんよね? 「あ~なんか当たったわ~」くらいに感じると思います。 だからこそ、「パチンコに依存する人は貧困である」と言えるわけですね。 少し話は変わりますが、私の周囲では 「演出が好き」という人がいます。 あなた自身もそうかもしれませんし、あなたの周囲でもそういう人はいるかもしれません。 「演出が好きだからやってるだけで、お金じゃない」なんて言いますよね。 そこで私が必ず返す言葉が「じゃあ1パチやメダルゲームにしたら?」です。 ほとんどの人はそこで「それじゃ面白くないじゃん(笑)」と返してきます。 え?演出が好きなら1パチでもメダルゲームでも変わらないじゃん? 1パチやメダゲーのパチンコは少し古いのはわかりますが・・・ 何でわざわざ4円でやるの? 「結局はお金が目的じゃなの???」 演出にハマッてるというのは言い訳 自分でも気づいてないかも であり、 本当は派手な演出後に手に入る「お金」が目的なのです。 「演出が好き」という言葉は、自分がパチンコ依存症と認識できていない、認識しようとしていない非常に危ない言葉です。 もしあなたがこの言葉を使っているようなら、「依存症の可能性がある」と自分を疑ってみてください。 「依存なんかしてない!」と思うのなら、 一度1パチやメダルゲームのパチンコをやってみるといいかもしれません。 派手な演出や大当たりを見ても快感が得られないようであれば、あなたはパチンコでお金が増減することに快感を覚え、依存してしまっているのかもしれません。 依存症に大事なのは 「自覚」です。 「自分は違う」と思ってはいけません。 俺、頑張ってパチンコ行かないようにするよ・・・ 上記とは別に、お金を持ってるギャンブルのプロでさえパチンコでは熱くなってしまう場合があります。 パチンコよりも楽しく稼げるギャンブルがある パチンコをやめるべき理由、その4つ目は 「オンラインカジノの方が稼げる」です。 長々と還元率が悪いことや依存症になる可能性があることを書いてきましたが、その全てを解決できるギャンブルがあるのです。 それが 「オンラインカジノ」です。 わかると思いますが、つまり「カジノが赤字になっている」のです。 もっというと 「プレイヤーが勝っている」のです。 しかもプレイヤーはお金持ちも多いので、還元率が悪いゲームでの回収が多いので、悪く言えばお金持ちのお金でカジノは運営できてるんですね。 笑 お金が無くなるパチンコに依存してしまうのなら、 お金が稼げるオンラインカジノをプレイした方が絶対にいいですよね? ブラックジャックのような頭脳ゲームもあれば、演出が派手なビデオスロットも多数あり、パチンコのように出かけなくても自宅でお金を賭けてゲームができるのです。 しかも還元率がパチンコとは桁違いのゲームがですよ!.

次の