コーダー ブルーム。 コーダーブルーム (KhodaaBloom) Rail 700を買って1ヶ月乗った感想

コーダーブルーム (KhodaaBloom) Rail 700を買って1ヶ月乗った感想

コーダー ブルーム

ブランド背景 KhodaaBloom(コーダーブルーム)は、ホダカ株式会社が2007年に立ち上げたスポーツバイクブランドだ。 ホダカはもともと軽快車などの実用車を製造してきたメーカーであるが、生活習慣の変化や今後の人口減少に伴う実用車の将来的な需要の先細りを懸念し、本格的にスポーツバイク市場への進出を決定した。 「Bloom-花開いた」スポーツバイク展開 実用車からスポーツサイクル市場へ、簡単な道のりではなかったが今や美しく花開いて(Bloom)いる。 コーダーブルームというブランド名は、当時の立ち上げメンバーで検討を重ね、 社名であるホダカ(Hodaka)のアナグラムにすることが決定。 「K」の文字を頭にすることで、「希望」とともに新たなブランドを展開しよう、そう意味づけたネーミングになった。 後半の「Bloom」は「華やか」の意味で、自転車のある華やいだ生活を提供しようという想いで綴られている。 カジュアルからよりスポーティなバイクへ 2007年の立ち上げから数年間はラインナップの中でカゴ・泥除け付きの実用的なアルミニウムのスポーツバイクが人気だったが、2014年から よりスポーツバイクとしての性能面に特化したモデルの開発を手がけ始める。 まずは日本国内で10万円以下で販売されていたクロスバイクの中で最軽量に挑戦だ。 フレームについては、軽さと走行性能を兼ね備えた図面を作成し、それをもとに当時誰も使ったことのなかった 3Dプリンターでモックサンプルを作成。 そこへさまざまなパーツをサンプルに取り付け、完成車としての外観確認を行なってから、金型を製作して軽量化したフレームを開発。 パーツについては日々電子秤と格闘し、性能確認のために試走を繰り返して最終的なスペックを決定した。 そしてついに完成した新製品の重量は 8. 7kgとなり、最軽量クロスバイクの称号を謳うことができるようになった。 そのモデルこそ、幾多の仕様変更を重ねて 現在もクラス最軽量として発売されている「RAIL 700SL」である。 レースシーンへの挑戦 次なるステップアップとして見定めたのは、スポーツバイクに欠かせないレースシーンへの挑戦だ。 2013年に発売したロングライド向けカーボンバイク「FARNA 9000」からノウハウを重ね、ブランド初の レーシングカーボンロード「FARNA PRO」を開発。 また同時進行で「RAIL」によって培ったアルミバイクの技術を盛り込んで、超軽量アルミレーシングバイク「FARNA SL」を製作した。 同機は アルミロードバイク完成車の世界最軽量を達成。 走行性能や快適性においても優れ、当時のアルミバイクシーンに一石を投じる名機となった。 特徴 冒頭でも述べた「日本人のためのスポーツバイク」とはどういうことなのか。 バイクづくりへのこだわりと特徴、またレースシーンにも着実に実績を残しているその真価とともに紹介していこう。 日本人の身体、使用シーンに適したものづくり コンセプトは「日本人が企画開発した、日本人のためのスポーツバイク」である。 国内で流通する多くのバイクは海外ブランドのものだが、それらは日本人の体型や使用シーンに必ずしも適しているとは言えない。 コーダーブルームはスタッフがスポーツとしてサイクリングに取り組み、そこで得られた経験を元に日本人の使用シーンに最適なスポーツバイクを追求している。 女性ライダーにも優しい。 身長140cmから乗れる「RAIL 26」は、26インチのクロスバイク。 日本人女性の平均身長は151. しかし、一般的な700Cのスポーツバイクでは最小サイズでも適正身長に満たないことがあり、小柄な人にとってはスポーツバイクに乗りたくても乗れない、または身長に合わない大きいサイズのスポーツバイクに乗って身体が疲れてしまうといった悩みがあった。 それらを解決し、小柄な人に、体格に合ったベストな乗り心地を感じてもらいたいとの願いから生まれたモデルだ。 ニュートラルバイクとは、レースの現場においてチームや国籍にかかわらず中立的な立場で選手のサポートを行なう「ニュートラルサービス」で使用されるバイクのことだ。 機材的なトラブルを起こした選手にバイクを一時供給するもので、UCIプロレースではお馴染みの黄色いマヴィックカーに搭載される。 プロチームHonda栃木 コーダーブルームはJプロツアーチーム「Honda栃木」にも機材供給をしている。 同チームは栃木県芳賀郡芳賀町にある本田技術研究所で働く社員を中心に結成。 2011年度よりエリートツアーに参戦したのを皮切りに、2015年よりJプロツアーに昇格。 現在に至るまで国内最高峰の舞台で戦い続けている。 カラーは250色から選ぶことができる。 デザインをイメージすることから始まり、用意された3つのプランでオーダーできる。 ロゴやオリジナルネームの指定も受け付けている。 デザインのエントリーはデザインデータとフリーハンドイラスト、またイメージテキストの3方法があり、エントリーしたイメージからコーダーブルームのデザイナーがデザインを作成し、提案してくれる。 デザインは納得がいくまで何度も修正が可能だ。 デザインが決まったらKhodaaBloom取扱店で購入手続きを行なって、注文から約1ヵ月で納品となる。 オーダー料金は60,000円から。 初心者にもおすすめ!15万円以下ロードバイク3台 初心者が最初の1台として迎えるときにも手が届く、15万円以下という価格でおすすめモデルを紹介しよう。 BB下がりを大きく取った低重心設計にしたことで、低速でのふらつきやすさを最小化させている。 またリアセンターとフロントセンターのホイールベースをロングにすることで、優れた直進安定性を発揮。 価格:150,000円(税抜) コンポーネント:シマノ・105 サイズ:395、430,465、500mm カラー:ブラックブルー、ブラックホワイト、ホワイトダークブルー FARNA 700-Tiagra 「FARNA700-105」と共通のフレームを採用。 ヘッドチューブ長をあえて短く設計し、十分に前傾できるハンドルポジションをとることで、上体を含む全身の力を効率よくペダルに伝えて推進力に変換する。 フレーム素材には重量剛性比の高いアルミ合金を使用。 トリプルバテッド加工により軽量化したチューブに、スムースウェルディングが施されている。 価格:110,000円(税抜) コンポーネント:シマノ・ティアグラ サイズ:395、430,465、500mm カラー:ホワイトブラック、ブラックホワイト FARNA 700-Claris FARNA700シリーズ末弟。 上位モデルと同じアルミフレーム、カーボンフォークを使用している。 アーチ型かつ扁平したトップチューブ、シートステーおよびチェーンステーの扁平加工により、路面からの衝撃を効果的に軽減させている。 補助ブレーキを搭載しており、初めてロードバイクに乗る人でも簡単にブレーキングが可能。 価格:85,000円(税抜) コンポーネント:シマノ・クラリス サイズ:395、430,465、500mm カラー:ブラックグリーン、ホワイトダークブルー、ホワイトブラック、ブラックホワイト 初めてのクロスバイクにも!7万円以下モデル4台 同じく初めてスポールサイクルを検討する人の基準価格になるだろう、7万円以下のクロスバイクをピックアップして紹介する。 RAIL 700 上位モデル譲りのフレームを使用した9. 4kgのクラス最軽量クロスバイク。 パーツ構成が軽やかな走行感と抜群の走りやすさを両立するスタンダードモデルだ。 軽量で滑らかな回転を生むNOVATEC製ハブを使用。 アルミ製のフォークは剛性感が高く、キビキビしたハンドリングを可能としている。 価格:60,000円(税抜) コンポーネント:シマノ・アルタス サイズ:400、440,480mm カラー:レッド、シルバー、ブルー、ブラック、ホワイト RAIL 700A RAILシリーズの性能をより多くの人に味わってもらうため、クッションサドルや幅広のタイヤを搭載。 快適性や安定感を高めて初心者にも扱いやすい一台だ。 2019年モデルからフレームとフォークにリフレクトデカールを搭載し、夜間走行時の安全性を確保している。 フロントはトリプルギヤのクランクで、街乗りだけでなく坂にも対応。 価格:45,000円(税抜) コンポーネント:シマノ・アルタス サイズ:400、440,480mm カラー:ブルー、ライトグリーン、ガンメタル、ホワイト RAIL 700D 雨でもブレーキング性能が落ちにくいディスクブレーキ搭載モデル。 ベル、ライト、スタンドを初期装備。 フォークやチェーンステーの内側にあしらったカモフラージュ柄が特徴的だ。 価格:63,000円(税抜) コンポーネント:シマノ・ACERA サイズ:400、440,480mm カラー:ダークブルー、マットブラック RAIL 26 小柄な女性や伸び盛りのジュニアのために、小さめのフレーム設計で開発された26インチ・クロスバイク。 140cmから155cmほどの身長に最適なポジションが得られ、軽量フレームでキビキビした走りを実現している。 シマノ製Vブレーキを採用し、制動性に優れているから安全・安心。 また、標準装備しているスポンジ素材のハンドルグリップが路面からの衝撃を和らげ、快適に走れる。 価格:58,000円(税抜) コンポーネント:シマノ・アルタス サイズ:360mm カラー:ペールブルー、ホワイト まとめると 新興ながら着実に地盤を固めつつあるコーダーブルーム。 街中で同社製の自転車に乗る人を見かけることも多くなった。 再度記すが「日本人のためのスポーツバイク」を純粋に追求して、良質なモデルを送り出してきたことが結果に繫がっているようだ。 応援したくなる自転車ブランド——それがコーダーブルームだ。 All Photos C HODAKA•

次の

KhodaaBloom(コーダーブルーム)

コーダー ブルーム

日本人の体格や使用用途、日本の道路環境に合わせて最適化したクロスバイクとして人気を集めている。 新モデルは駆動部や制動部に、2018年モデルより高いグレードのパーツを採用。 より操作しやすく走りやすくなっている。 9kg台と軽量なスタンダードモデル レイル700は街乗りからスポーツライドまで対応するスタンダードモデル。 2018年4月・ホダカ調べ)。 高品質のフレームとこだわり抜いたパーツ構成が軽やかな走行感と抜群の走りやすさを両立している。 アルミ製のフォークは剛性感抜群で、キビキビとしたハンドリングを実現。 さらに、トリプルギアのクランクで坂にも街乗りにも対応している。 4kg(480mm) 税抜価格:60,000円 通勤、通学にぴったりな安全快適性 レイル700Aはレイルシリーズの性能をより多くの人に味わってもらうために、クッションサドルや幅広のタイヤを搭載。 走行中の快適性や安定感を高めて初心者にも取り扱いやすくした。 2019年モデルから光を反射するリフレクトデカールをフォーク側面に装備。 周囲からの視認性を高め、夜間走行時の安全性を高めている。 走行性、安全性ともに通勤、通学にぴったりのモデルだ。 1kg 480mm 税抜価格:45,000円.

次の

コーダーブルーム|中古あげます・譲ります|ジモティーで不用品の処分

コーダー ブルーム

2019年モデル レイル700・700A比較 人気のクロスバイクと言えば、KhodaaBloom(コーダーブルーム)のRAIL(レイル)シリーズ。 軽量・装備・価格と3拍子揃ったコストパフォーマンスが高いモデルで、店長も一押しのクロスバイクですが、早くも2019年レイル700とレイル700Aモデルが入荷中! そこで、今回コーダーブルームのレイル700とレイル700Aを比較してその機能と装備の違いについて見ていきたいと思います。 フレーム素材 フレーム素材は、レイル700・700Aともに同じ「EAST L」と言う軽量アルミフレームを採用しています。 重量剛性比の高いアルミ合金に、パイプ内部の応力分散を考え肉厚を3段階にしたトリプルパテッド加工と溶接部をより滑らかに施した高級フレームに採用される「スムースウエルディング処理」をしています。 本体価格 2019年モデルコーダーブルーム「レイル700」本体価格¥60,000(税抜き) カラーはレッド、シルバー、ブルー、ホワイト、ブラックのみ(セミマット) 関連ブログ記事 も参照してください。 2019年モデルコーダーブルーム「レイル700A」本体価格¥45,000(税抜き) カラーは、ライトグリーン、ブルー、ガンメタル セミマット)、ホワイト(セミマット) 関連ブログ記事 も参照してください。 質量比較 みなさん最初に実車を持ち上げて驚かれるのがその軽さです! コーダーブルーム レイル700モデルの質量は、 クラス最軽量9. 4kg!この価格でこの軽さは本当に凄いですよ! コーダーブルーム レイル700Aモデルの質量は、 11. 4kgこれでも軽いほうですがレイル700が軽すぎますね! でも、 この2kgの差は大きいです。 タイヤを太くすることによりエア量が増えますのクッション性も向上し安定感のある走行ができます。 但しタイヤ重量増にはなります。 フレームサイズごとにクランクの長さを変えてるのでより快適走行ができます。 ブレーキレバー&変速レバー比較 レイル700は、ブレーキ部もVブレーキ本体とブレーキレバーとも「SHIMANO シマノ)」に統一。 ブレーキ制動力はブレーキレバーの引きの軽さと安定があり、変速もキビキビとしたシフトチェンジをしてくれます! レイル700Aは、ブレーキレバーとシフトレバーが一体のタイプを採用。 変速シフトはどちらかと言うと「フファ フファ!」とした変速チェンジの感じですね! サドル比較 レイル700は、サドルのフォルムはスタンダードな細身で、サドルセンターの凹み部分には「KhdaaBloom」のロゴを。 レイル700Aは、クッション性重視で少し厚みと幅のある安定感のあるサドルを採用。 グリップ比較 レイル700は、体重のかかる手のひら部分が厚みのある柔らかい素材で手になじみやすいグリップ。 レイル700Aは、手の平全体を面でとらえるデザイングリップ採用。 メーカーサイト まとめ 人気のクロスバイク比較を今回しましたが、コーダーブルームレイル700とレイル700Aどちらも他メーカーと比べても価格以上のコストパフォーマンスが高いモデルだと思います。 あなたの予算と使用目的にあったモデルをお選びください。

次の