ガンツ 考察。 GANTZ コミック 全37巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)

GANTZ ガンツ 考察

ガンツ 考察

3億円 () 世界興行収入 6. 批評家と一般は単純平均 映画『メン・イン・ブラック3』あらすじや概要 3作目。 月面刑務所から脱獄したボリスは、逮捕したKに復讐します。 Jはその阻止と地球を守るため、ある場所へ行き、予知能力を持つグリフィンや思いがけぬ人に会い…。 Jの時計の秘密?身代わり犠牲者の正体? 『メン・イン・ブラック3』ネタバレあらすじ この先は ネタバレありのあらすじです。 続編前作や関連映画は、も参考にしてください。 月面ルナマックス銀河系刑務所を、ボグロダイト星人 ボリスが脱獄し、片腕を失った原因のKを消すためにタイムマシンを求めて電気店へ向かいます。 その頃、秘密組織メンインブラック MIB のJ(ウィル・スミス)はKと中華店に来てます。 Kを救うためJはタイムジャンプ? (ネタバレあらすじ) エイリアンの通報現場で、K(トミー・リー・ジョーンズ)は宿敵ボリスの脱獄を知ります。 突然2人は襲われ、 ボリスは「Kはもう死んでいる」と言い残します。 JはMIB本部で調べるが、ボスO(エマ・トンプソン)に機密情報と言われます。 Jは、1969年7月16日にKがフロリダ州ケープ・カナベラルでボリスを逮捕した事、地球を守る兵器アークネットを作動させた事だけ知ります。 翌日JはMIBの誰もKを覚えてないと気づき、 過去でKを殺害したボリスを追ってタイムトラベルします。 JはヤングKと会い少しづつ信用されます。 「The Factory」との情報を得て、アンディ・ウォーホルことMIBエージェントWのスタジオへ行きます。 予知能力あるグリフィン(マイケル・スタールバーグ)に出会うが、ボリスの襲撃にあいます。 Kと地球を救う鍵はグリフィンの予知? (ネタバレあらすじ) パイ食べてひらめいたJとKは、NYメッツのシェイスタジアムでグリフィンと再会します。 グリフィンの惑星はボグロダイトに滅ぼされたので、地球も二の舞にならぬよう 6時間後発射のアポロ11号に付けろと防衛兵器アークネットを渡されます。 フロリダのケープ・カナベラルのケネディ宇宙センターで、不審者としてエドワーズ大佐に捕まるが、グリフィンの予知を見せられた大佐は解放します。 ロケット発射台で、 Jはタイムマシンを使い、未来のボリスを落とします。 Kも苦戦の末、この時代のボリスの片腕を撃ちくだき、アークネットをロケットに取り付けます。 ロケットが発射すると未来のボリスはブースターで焼かれ、 宇宙空間でアークネットが作動して地球の防衛網が完成します。 Kの身代わりは誰が?その正体とは? (ネタバレあらすじ) Kをたたえるエドワーズ大佐は、この時代のボリスが撃ってきた時、Kの身代わりになります。 Kはボリスを逮捕せず今度こそ撃ち抜きます。 そこへ大佐の幼い息子ジェームズが現れ、打上時刻を示す時計をKに見せて父の居場所を尋ねます。 Kは少年ジェームズにニューラライザーして「君のパパは英雄だ」と教え一緒に歩きます。 少年ジェームズこそJの子ども時代で、死んだ大佐は父親です。 現代に戻ったJは、Kがパイを食べてるのを見つけ、時計を見せて喜び一緒に店を出ます。 横でグリフィンが「地球の新たな夜明けだ。 Kがチップを置き忘れなければね」と言い、小惑星が地球へ接近してきます。 Kがチップを置きに戻ると、小惑星は人工衛星に衝突して粉々になり地球は救われます。 ネタバレ感想『メンインブラック3』考察や評価レビュー この先は ネタバレありの感想考察です。 続編前作や関連映画は、も参考にしてください。 全4作とも、スティーヴン・スピルバーグがプロデューサー(製作総指揮)として関わっています。 J役のウィル・スミス、K役のトミー・リー・ジョーンズは『』から引き続き出演です。 他に続投はなく パグ犬フランクことエージェントFも、Jの部屋に写真が飾られてるのみです。 ニューヨーク支部局長のZの代わりに、エージェントOとしてエマ・トンプソンが登場します。 若かりし頃のヤングK役はジョシュ・ブローリンが、ボリス・ジ・アニマル役はジェマイン・クレメントが好演しています。 予知能力を持つ宇宙人グリフィンを魅力的に演じたのは、現在も『』『』など様々な作品で名脇役を演じるマイケル・スタールバーグです。 前作はマイケル・ジャクソンのカメオ出演が話題でしたが、本作『メン・イン・ブラック3』でも、 レディー・ガガ、ジャスティン・ビーバー、ティム・バートンなどがカメオ出演しています。 バディムービーは健在?グリフィンの存在感 2作目までは、 ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのバディ・ムービーぶりが面白かったです。 本作『メン・イン・ブラック3』でも2人は登場するので、掛け合いはあいかわらず楽しめます。 しかし中盤から終盤にかけては、トミー・リー・ジョーンズではなく、ヤングKを演じるジョシュ・ブローリンがウィル・スミスの相棒になります。 ヤングKのキャラは若いからか、ややJ寄りなのでバディでの楽しさは減速します。 それを補うように、 予知能力エイリアンのグリフィン(マイケル・スタールバーグ)が存在感を発揮してかなり魅力的です。 Jとの会話も、オタクっぽく煙に巻いたような話しぶりだけど、実は達観者であるギャップが面白いです。 Kが消えた真相とその身代わりの正体とは? 現在から Kが消えた真相は、ボリスがタイムマシンで過去へ行き、Kを殺害したからです。 タイムトラベルの定義は映画によっていろいろですが、 MIBの場合は「過去改変すると、最小範囲で未来も変わる」ようで世界線は分岐しないようです。 つまり、過去でKが殺害されると、Kだけが存在しないことになり、KにMIBにスカウトされたはずのJはMIB捜査官のままです。 Kに逮捕されたり殺害されたであろうエイリアンも、他の捜査官が対処したことになってるのでしょう。 最大の疑問点は「 なぜJだけがKのことを覚えているのか」です。 明確な説明はなかったけど、Kが消える直前まで電話してた Jだけが時空断裂に巻き込まれたのは確かです。 Oは「チョコレートミルクを欲するのは時空断裂のせい」と教えてます。 タイムジャンプで1969年のアポロ11号打ち上げ現場に行ったJは、グリフィンから「Kが死なない場合、他の誰かが犠牲になる」と言われ、自分のことだと思います。 しかしKの身代わりでボリスに撃たれたのは、黒人のエドワーズ大佐です。 エドワーズ大佐には、アポロ11号の打ち上げを楽しみにして、父から時計を預かっていた息子ジェームズがいました。 ジェームズは「父は英雄だった」という記憶と時計を大切に成長し、KにMIBへスカウトされ現在のJとなります。 ちなみにボリスがタイムジャンプマシンを奪いに行ったのは、ジェフリー・プライスの電気店です。 その父オバダイア・プライスこそタイムマシンの発明者であり、そのせいで月面ルナマックス刑務所に収容され、ボリスと知り合ったようです。 過去の方がMIBガジェットや車が充実? 『メン・イン・ブラック3』は過去の話がメインなのに、現代シーンでも見ないようなMIBガジェットが充実しています。 その理由は、その後不具合が発覚して不採用になったからだそうです。 その代表ガジェットが、MIB本部からフロリダのケープ・カナベラルまで飛んで行くのに使用した「 ジェットパック」です。 ロケットを背負うような形状で高速飛行移動ができるけど、未来では使われてないので安全ではないのでしょう。 ボリスを追う時に乗った「 モノサイクル(ジャイロサイクル)」という円形の一輪バイクも高速移動できるけど、未来では飛行可能な車が実現するので不要となったのでしょうか。 MIBガジェットではないけど、Jが過去に行ってすぐ盗んだ緑のクラシックカー「キャデラック」や、ヤングKと共に乗った「フォード ギャラクシー500」や、現在のJとKが乗る「フォード トーラス SHO」等もカーファン心をくすぶります。 緑のキャデラックは、2019年公開の『』でも存在感ありました。 ラストの小惑星の意味は? ラストシーンで、Jが復活したKとダイナーで再会しますが、その横の予知能力エイリアンのグリフィンが「Kがチップを置けば地球の未来は開ける」と言います。 その時、地球には小惑星(隕石)がぶつかろうとしています。 しかし、 Kが思い出したようにチップを置きに戻ると、小惑星はたまたま通りかかった人工衛星に衝突して粉々になり、破片は大気圏で焼けるでしょうから地球は救われます。 これは「 バタフライ・エフェクト」だと思われます。 バタフライ・エフェクトとは「中国で一匹の蝶(バタフライ)が羽ばたけば、アメリカでハリケーンが起こる」というカオス理論の一部です。 非常に小さな事象さえも、その後多くの物事に影響を与え、やがて気象さえ左右するという理論です。 Kがチップを置きに戻ったことで、最終的には小惑星(隕石)の勢いが弱まったか、地球の自転か公転の速度がわずかに変わったかで、地球に隕石が衝突せずにすんだのです。 このシーンには深い意味はないけど『』のビー玉、『』のロッカーに通ずる「 我々にはまだまだ知らないことがある」シリーズだと思われます。 『メン・イン・ブラック3』総括と続編とシリーズ化 2作目までのバディムービー感は減速したけど、 タイムトラベルした先で犠牲になった大佐が実はJの父親でしたというオチには驚かされると同時に涙しました。 メンインブラックのラストで意表をつく伝統も継承されてて好みです。 グリフィンのキャラや、若かりし頃のKとJとの関係性も楽しいし、アンディ・ウォーホルが実はエージェントWでしたとか、 現在の地球が異星人から守られてるのは、Kが命がけで作動させたアークネットのおかげという設定もいいですね。 ただ、父親の死を目の前で見たのに、タイムジャンプで現在に戻ったJがあまり悲しんでないのは違和感あります。 メンインブラックに、しんみりシーンは不要かもしれないけど、視聴者としては 英雄となった父親の死の余韻を感じたいです。 ラストの隕石消滅もMIBらしくて好みです。 タイムトラベルSFとなり過去作と毛色は違うけど、シリーズ3作の中では個人的には本作『メン・イン・ブラック3』が一番好きです。 続編『』を含む今後のも楽しみです!• 続編前作や関連映画は、も参考にしてください。 『メンインブラック3』シリーズ順番・映画ランキングや映画賞•

次の

桑原和男(くわばら かずお) : GANTZ(ガンツ)考察

ガンツ 考察

主人公である玄野、加藤が電車に轢かれ部屋に転送されます。 そして全員分のガンツスーツと武器が支給され、ターゲットの星人を殺害するようにと指示が出されます。 玄野、加藤らはミッションを通して色々な人々と出会い、死に別れます。 そして、たくさんの星人と目的もわからないまま戦いを強いられます。 戦いにも慣れてきたある日、メンバーの一人からガンツの秘密を教えられます。 ガンツにはカウントダウンタイマーが付いており、それが0になったときにカタストロフィ 最終戦争 が起こり、世界のバランスが崩れ去るというものでした。 カタストロフィには様々な仮説があり、ガンツ関係者の中では核戦争が有力な説と言われていました。 そしてタイマーが0になるまで一週間。 メンバーそれぞれの時間を過ごします。 そして、遂にタイマーが0になりました。 空からはたくさんの巨大ロボットが世界各地に降り注ぎ街を破壊し始めます。 同時に巨大な宇宙船も現れ、玄野らが生活している東京やアメリカなどに着陸します。 宇宙船や巨大ロボットの操縦者は身長が十数メートルある巨人でした。 カタストロフィとは巨人の襲来だったのです。 わけもわからないまま、巨人に蹂躙される人類。 遊びで踏み殺される人もいれば、生きたまま背中を割かれ食べられる人もいました。 そんな中、ガンツのメンバー達が立ち上がり巨人に反旗を翻します。 宇宙船の弱点を見つけたアメリカチームの活躍により形成は逆転。 東京メンバーは、広島チームの計らいで最終決戦をしているという敵の母船に転送され、更にそこから「真実の部屋」という場所に転送されます。 そこで玄野らは、ガンツの真実と本当の目的を知ることになります。 真実を知った世界各国のメンバー達。 その後、全員が母船から地球へ帰還しようと、唯一動いているアメリカチームのガンツの前へ転送待ちの行列を作っています。 その横では、アメリカチームが捕虜にした巨人とタイマンで白兵戦をし、次々に巨人を殺していきます。 しかし、巨人の残党の中に軍神と呼ばれていた者がおり、圧倒的な強さでアメリカチームを壊滅させてしまいます。 そして、軍神は、カタストロフィ初期に玄野に殺された弟の仇を取るため玄野を母船に転送するよう要求します。 要求に応えない場合は母船を爆発させ地球に墜落、すなわり地球の滅亡を意味します。 玄野は彼女に絶対に戻ってくると告げ、母船に転送されます。 軍神と対峙する玄野。 地球がどうなろうと知ったこっちゃねえ、俺は君の元に戻る! 次号、ついに軍神と玄野の戦いが幕を開けます。 次号ヤングジャンプは3月28日発売です ガンツは現在3週間に一回の掲載。 長文失礼しました.

次の

GANTZ

ガンツ 考察

部屋は東京タワーの近くにある上層階で、部屋の中央には直径1mほどの大きさの黒い球体・ガンツがあります。 この部屋には死んだ者が集められ、ガンツからミッションが下されました。 戦う相手は地球を侵略する星人です。 戦闘のために各人に衣装入りのスーツケースと武器が配布されます。 戦いの後にガンツによって採点がなされ、累計点数が100点に達すると「記憶を消されて解放される」「好きな人間を生き返らせる」のどちらかを選択できます。 玄野と加藤は戦いを余儀なくされました。 千手観音との戦い(おこりんぼう星人)で加藤が命を落とし、玄野は「100点をとって加藤を生き返らせる」という明確な目的を持ちます。 そしてなるたけ多くの仲間と協力してミッションをクリアして生き残るよう、努力するようになりました…(『GANTZ ガンツ』前編参照)。 加藤の死後、玄野は自分に思いを寄せる同級生・小島多恵と共に、加藤の幼い弟・歩の面倒をみていました。 多恵は歩の宿題をチェックする家庭教師の役目を担います。 料理は歩が得意なのでひとりでできます。 玄野はハンバーガー店でバイトして、稼いだ金で歩の住む家賃を払いました。 歩には「兄さん(加藤勝)は仕事で遠くに行っていて、そのうちに戻る」と言い聞かせていました。 歩はそれを信じます。 玄野は多恵を遊園地・レイクサイドパークに誘います。 多恵の告白はうやむやになっていましたが、玄野も多恵のことが好きになっていました。 多恵は「下の名前・多恵で呼ぶこと」を条件に、遊園地に2人で行くのを了解します。 束の間の幸せな瞬間でした。 現実世界で生活しながら、玄野はガンツの戦いも続けていました。 古参の鈴木や桜井と協力して、新メンバーが加わると簡単に部屋の説明をした後にスーツを着用させ、互いに協力して生き残ることでポイントを稼ぐようにしていました。 その頃、現実世界で異変が起きていました。 有名なモデル女優・鮎川映莉子の郵便受けに小さな白い箱が入っており、それを開くと手の平サイズの小さな黒い球体・ガンツボールが入っていました。 鮎川はガンツボールに操られて、夜のうちに一般人を殺す指令を果たしていました。 〝きのうの夜はおつかれさま。 1つ目の鍵は受け取りました。 部屋への鍵は4つ。 次はこの方だす。 〟 球体の表面に文字が浮かび上がり、次の指令〝やまもと 特徴・あたまいい 好きなもの・優等生〟と出ていました。 鮎川は知らぬうちに操られ、3人の人間を殺害します。 4人目のターゲットとしてガンツボールに挙げられたのは、〝こじまたえ 特徴・よわい 好きなもの・くろのくん〟でした。

次の