ありがたいです ビジネス。 「嬉しいです」の目上に使える敬語?ビジネスでの言い換えは?英語表現も解説!

ソフトに丁寧に依頼「〜だとありがたいのですが」の英語表現とその使い方

ありがたいです ビジネス

20代のビジネスマンとして、しっかりしたビジネス敬語を身につけておくのは、実はとっても大切な武器になります。 ワールドワイドな企業では英語力が高い評価をされていますが、高い英語力をあげるためにはベースとなる日本語がしっかり話せるからこそだと思います。 まずは綺麗なビジネス敬語を丁寧に話すことができる人こそ、多くの業界や企業で重宝されるビジネスパーソンになります。 ビジネス敬語は社会人マナーとして必須 言葉を軽く発することができるインスタントな時代だからこそ、「ビジネス敬語を大切にすること」が求められています。 「ありがたい」などの敬語を適切に用いることができることも、実はビジネスマンにとって大切な要素のひとつ。 ありがたい気持ちを根底において、円滑なビジネス敬語を身につけていきましょう。 「ありがたい」は気軽なビジネスのお願いシーンで使える敬語 それではこれから、気軽なビジネスシーンで使える「ありがたい」の敬語の使い方を紹介します。 ビジネスでは自分と相手とで、コミュニケーションをしっかり取ることが大切です。 このコミュニケーションを取るための会話で、あまりにもガチガチの敬語で話してしまうと、相手と距離を生んでしまいます。 場合によっては気軽に話せる敬語を使う方が相手との距離も縮めることができます。 「頂けますか」をプラスして敬語に丁寧さを追加する クライアントとの打ち合わせなど、こちらの願望をより丁寧に伝えたい場合は「~して頂けるとありがたいのですが」というフレーズを加えると、より丁寧さが伝わり、上から目線が和らぐセンテンスになります。 あまり過剰に丁寧な敬語を用いると、かえって失礼にあたりますので、「ありがたい」などシーンに合わせて使うことをおさえておきましょう。 相手の空気を読んで「ありがたい」などの敬語を使い分けよう ビジネスのスキルアップさせるためには「ありがたい」や「頂く」などのフレーズの玉手箱をいくつか揃えておくと、多彩な言葉のキャッチボールが楽しめるようになります。 失礼にあたらない言葉をおさせておくことで、できる人材としての印象を相手に与えることも出来ます。 相手が何を求めているのかきちんと把握をして、受け答えをすることが大切です。 「ありがたい」の後に「感謝しています」という表現を付け加える ビジネスシーンにおいて、自分が担当した仕事や企画が誰かの目に留まり、上司や先輩からとても良い評価をもらえる機会があります。 そんな時に温かい言葉をかけてくれた人に伝える感謝の気持ちを「ありがたい」で表しましょう。 ただ「ありがたいです」だけではなく、「感謝しています」も付け加えて「ありがたいです、感謝しています」と言うと気持ちがより伝わります。 ありがたい」を「お心遣い」で言い換える 例えばビジネスシーンにおいて、上司や目上の目上の人から出張のお土産をもらったとします。 そのときに「ありがたいです」という感謝の伝え方は敬語としては不十分です。 そんなときには、「ありがたい」を「お心遣い」に言い換えて、「福岡のお土産なんですね!お心遣い本当にありがとうございます」などというようにしましょう。 空気を読んで「ありがたい」などの敬語を使い分けビジネスを円滑にすすめよう インスタントな日本語が増えている現代のビジネス敬語は、「ありがたい」などの敬語を適切に用いることは、ビジネススキルを高める重要なトピックスです。 ミーティングスキルを高めるポイントは「その場の空気を読むこと」「相手の要望を的確にとらえること」「ありがたいなどの敬語をつかい、丁重な態度で臨むこと」がキーポイントになります。

次の

「ありがたい」は敬語じゃない!正しい言葉遣いとマナーを紹介!

ありがたいです ビジネス

新入社員であれば毎日が新しいことの連続でしょう。 知らないことを上司や先輩から教わることも多いはずです。 上司や先輩に何かをしてもらったとき、「ありがとうございます!」と笑顔で伝えれば、きっとその上司や先輩は次も教えようという気分になってくれます。 「ありがとうございます!」とよく似た言葉に「ありがたいです!」という言葉があります。 もしかしたら「ありがとうございます!」の代わりに「ありがたいです!」という言葉を使っている人もいるかもしれません。 でも、実は「ありがたいです!」という言葉は感謝の気持ちを伝えるのに不十分なのです。 カジュアルな敬語として若者を中心に使われている「ありがたいです!」という言葉の意味、言い換え方を学んでいきましょう。 これだけを見ると「ありがたい」という言葉だけでも感謝の気持ちが伝わるような気がしますよね。 何が問題なのか、と疑問に思われる方もいるでしょう。 何が問題かといえば、端的に言えばカジュアルすぎることが問題です。 友人同士の会話でも「ありがたい」という言葉を使うことはありますよね。 「です」という丁寧語をつけたからといって、受け取るイメージが大きく変わるわけではありません。 「ありがたいです!」と言われた方は、「俺は(私は)友達じゃないのに」と感じるかもしれません。 上司や先輩を敬うつもりで感謝の気持ちを口にしているのに、違和感を覚えさせてしまってはもったいないですね。 このため、「ありがたいです!」という言葉を目上の人に使うことは避けた方が無難であり、使うときにも感謝の気持ちを伝える言葉と一緒に使用した方がいいでしょう。 その言葉が「とてもありがたく、感謝の気持ちで一杯でございます」という表現です。 二重表現でないかと疑問に感じる方もいるかもしれませんが、伝えているのは感謝の気持ち。 二重表現であっても「言い過ぎ」ということはあまりないでしょう。 現代を生きる私たちにとってなかなかピンとこない由来かもしれませんが、人間として生を受けたことに感謝する言葉として用いられたのが始まりなのです。 「ありがたし」という言葉と同様に形容詞である「ありがたい」を文法的に正しく使うならば、後に続くのは「です」ではなく「言葉」や「好意」等の名詞です。 たとえば「御社からのご好意、ありがたく受けさせて頂きます」、「ありがたいお言葉です、感謝致します」といった使い方がよりベターといえます。 「ありがたいです」を全体として言い換えるなら、「~していただけると幸いです」という言葉が使えます。 また、メールなど少しかたくなっても構わない状況なら「~していただけると幸甚(こうじん)です」という言葉も良いでしょう。 「幸甚」は、「非常にありがたいと思うこと」を意味し、感謝を伝えることができます。 断るときにも「ありがたいです」という言葉は便利です。 このような事態は嘆かわしいことばかりでなく、会社の発展のために部下が自分の意見を言いやすくなったという点で見れば、好ましいことでもあるでしょう。 しかし、言葉遣いが災いして険悪なムードが作られてしまっては元も子もありません。 大切なことは日ごろから円滑な人間関係を築けるコミュニケーションを心がけることです。 私たちは言葉を使って意思疎通を図ります。 もし言葉遣いが悪いと、コミュニケーションをとる度に相手方に悪印象を与えてしまいかねません。 では、最後に上司や先輩との距離を縮める敬語の崩し方についてお話ししましょう。 まず敬語を崩すときに気を付けなければならないのはTPOです。 たとえば「~してもらっても良いですか?」という言葉でも、会議のような場所で使うのと飲み会の席で使うのでは与えるイメージが大きく異なります。 また、敬語を崩した場合には態度や表情など言葉遣い以外の点で相手に対する敬意を示すことが重要です。 最初からカジュアルな敬語を使うのではなく、相手の態度を見ながら少しずつ崩していくことも有効な手段です。 相手を不快にしないように、相手との距離を縮めていくことを心がけましょう。

次の

カジュアルな敬語「ありがたいです!」では感謝の気持ちは伝わらない?

ありがたいです ビジネス

ご質問どうもありがとうございます。 一例をご紹介します。 {解説} 直訳は、 「~していただければありがたいです」 となります。 仮定法を使った控えめな表現です。 grateful は、 「感謝する、感謝している、ありがたく思う、恩を感じる、恩を知る、恐縮する」(英辞郎) という意味です。 {英訳例} I would be grateful if you would send me more information. もう少し情報をいただけるとありがたいです。 【出典:Check Your English Vocabulary for IELTS】 I would be most grateful if you could send me an invoice in due course. インボイスをお送りいただければ幸いです。 【出典:LDOCE】 I would be grateful if you could tell me what he said. 彼が何を話したか教えていただけませんか。 【出典:Unveiling Lady Clare】 I would be grateful if you could come and visit me. こちらにお越しいただけませんか。 どうもありがとうございました。 I would appreciate if you could teach me English. 「英語を教えていただけると嬉しいです」 また appreciate を be happy や be glad 、 be grateful などに置き換えることも可能です。 Could you teach me English? 「英語を私に教えていただけませんか?」 Kumaさん ご質問どうもありがとうございます。 様々な表現があると思いますが、ビジネスっぷく過ぎると、えらそうに聞こえる恐れの背景から、下記は、やさしくカンタンな英語の表現を紹介します。 特に最近は、シンプルな言葉がビジネスの世界でも、人気のある存在となっているようです。 事例: - Do you think you could let me know what time Mr. A will be arriving? Thank you so much. - Do you think you could kindly let me know if I should make more copies of that? Thank you. ご参考にしていただければ幸いです。 と言う柔らかい言い方もあります。 If you could kindly tell me her address that would be great. Thank you. 彼女の住所を教えて頂けると嬉しいです。 参考になれば幸いです。

次の