ニッセイ 確定。 京都銀行の個人型確定拠出年金(iDeCo)「京銀・ニッセイ個人型コース」

確定拠出年金Webサービス

ニッセイ 確定

401kで含み益が出ていたら、次に何をすべき? 確定拠出年金(日本版401k)では、自分の退職金を自分で運用していなかければなりません。 自己責任型の企業年金制度といわれるゆえんですが、その代わり「世代間の支え合い」とか「運用が下手な会社(あるいは同僚)のツケ」を負わされることもありません。 自分の分だけ運用管理すればよく、その点では、「自分の分だけ責任を持てばいい」という気楽さもあります。 昨今ではアベノミクス相場の影響などもあって、元本割れしている人が急減しています。 といわれています。 ところで、運用がうまくいっているとき、「何もしなくていいの?」と思う人もいるでしょう。 儲かった投資信託について売却するなど利益確定をしなければいけないのではないかと考えたりしますが、どうやればいいのでしょうか。 儲かったら全部売って定期預金にするのは「小正解」 まず 最初に考えるのは「とりあえず売って利益確定」というパターンでしょう。 とりあえず儲かっている状態にあって、このまま値下がりでもしたらせっかく増えた401kの財産も減少してしまいます。 そこで、値段が下がる前に売ってしまうことを利益確定といいます。 普通に株などで投資をしている人も考える投資の基本的な考え方です。 しかし、 401kにおいては同じやり方をしてもうまくいかないことがいくつかあります。 まず「 利益確定しても現金で受け取れる訳ではない」という点です。 個人の投資であれば儲かった分を利益確定したとき、別の運用を続けてもいいですし、銀行預金口座に振り替えて何か買い物をすることも自由です。 しかし401kの場合、60歳まで基本的に受け取れない仕組みとなっています。 つまり、「運用を続ける」ことを前提にするしかないのです。 そして運用を続けることを考えたとき、利益確定は必ずしもいいことばかりではありません。 利益確定をして投資信託を預金に変えたあと、さらに株価が上昇していったとしたら、「利益確定しなければよかった」ということになります。 利益確定したらそれ以上値上がりはしないからです。 仮にその後の価格が上昇するとしたら、「売ったときと同じ価格」もしくは「売ったときより安い価格」でもう一度投資をし直さなければいけません。 これは判断がなかなか難しいことです。 利益確定したあとの運用も考えなければならないのです。 「一部売る」「残りは運用継続」を考えてみる そこで考えてみたい方法は「 一部売る」という方法です。 投資と言えば「全額買い!」「全額売り!」の繰り返しをするものだと誰もが思っていますが、考えてみればそんなルールはどこにもありません。 「50万円を投資したら60万円に成長したので、60万円分すべて売り払って何か別のものを買う」ばかりが投資ではなく、 「50万円を投資したら60万円に成長したので、10万円分売る(残りの50万円は運用を継続)」という利益確定だってかまわないわけです。 一部分の利益確定にはいくつかいいところがあります。 その後どんどん値上がりしても全部を売るわけではありませんので、 さらに値上がりしたときにも資産運用を続けていることになり、資産はしっかり増えていきます。 一部分の利益確定後、値下がりしてしまった場合も、保有しっぱなしの資産は値下がりしてしまいますが、 利益確定した部分についてはそれ以上の値下がりをせずにすみます。 まずは、「 儲かった分について利益確定」を考えてみるといいでしょう。 運用の計画とリバランスの考え方を知ろう 一部分の利益確定は、国の年金運用(120兆円)や企業年金運用(1企業あたり数十億~数千億円)でも用いられている投資のテクニックのひとつで、リバランスといいます。 もう少し厳密にいうと「儲かった分について利益確定」ではなく、 「本来の運用計画とずれた分を利益確定」するのがリバランスです。 例えば「投資信託でリスクを取って運用するのは、財産の半分くらいにしておきたい」と最初に検討します。 そこで、100万円ある財産の50万円を投資しします。 そのあと、株価が上昇して120万円の資産に増えたとします。 投資信託70万円(20万円アップ)と定期預金50万円です。 「儲かった分利益確定」の発想だと、20万円を売るということになりますが、最初にリスク資産は半分、と考えていたのであれば、20万円の売却だと「投資信託50万円、定期預金70万円」となり、リスク資産の割合が5割を切ってしまいます。 そこで、 「投資の割合は5割」に戻す発想で投資信託を10万円分売り、定期預金に戻せば、「投資信託60万円、定期預金60万円」になります。 「儲かった分利益確定」だと、売りすぎてしまう恐れがありますが、これにより「割合」を変えずに投資を続けることができるわけです。 リバランスにおいては、 「そもそも投資をしようと決めていた部分は何割か」を最初に決めておかなければ、利益確定する金額も決定できません。 つまり、運用が始まる段階からしっかり考えておくことが必要です。 しかし、一度運用の計画段階からしっかり考えておくことで、 運用の上手な利益確定をシンプルに行うことができます。 「もっと株価が上がるかも」とか「まだ株価は下がるかも」といった予想で売買するのは実はとても難しいことです。 無理なく投資を続け、無理なく利益確定もする方法として「部分的に売る」を覚えておくといいでしょう。 できれば、運用計画にもとづくリバランスができるようにしたいところです。 【関連記事】.

次の

ニッセイの確定拠出年金|おすすめの商品と企業型・個人型の違いとは?

ニッセイ 確定

10年確定年金とは?わかりやすく解説します。 個人年金保険の一種である10年確定年金 国の社会保障制度が不安視されるなる中、個人年金保険への需要は高まっています。 個人年金保険とは、一定の期間保険料を支払い、将来保険金を年金形式で受け取る保険です。 その中にもいくつかの種類があり、一生涯年金を受け取ることができる「終身年金」、契約時に決めた5年、10年といった一定期間年金を受け取ることができる「確定年金」、また受け取る年金が運用成果によって変動する「変額年金」などがあります。 終身型は一生涯保証が継続されるという安心感はありますが、その分保険料は割高になりますし、長生きしなければ損してしまうこともあります。 また、変額年金は運用成果がよければ高い年金を受け取ることができてお得ですが、もしも運用がうまくいかなければ支給される年金は少なくなります。 この中でもっとも加入しやすく人気なのが「確定年金」です。 その中でも、 年金を受け取る期間が10年に設定されているのが「10年確定年金」です。 10年確定年金にはどのような特徴があるのでしょうか。 人気があるのはニッセイのみらいのカタチなどでしょうか 目次:この記事は4分で読めます。 確定年金に加入する他にも、将来のための資金を準備する手段はいくつかあります。 例えば自分で銀行で預金する方法があります。 しかし 自分で貯蓄するのは、実はなかなか難しいものです。 毎月決めた金額を貯蓄しようと考えても、結婚し、子供が生まれ、子供が学校に入学し、自動車やマイホームを購入し、とライフイベントが重なっていくと、なかなか当初の予定通りには貯蓄を進めることができません。 しかしその点、個人年金保険に加入していれば毎月自動的にお金が保険料として徴収されるため、計画的に貯蓄することができます。 また貯蓄の他には、自分で株や外国為替、投資信託などの金融商品に投資してお金を増やすことも考えられます。 この方法ならば、うまくいけば貯蓄や保険への加入よりもずっと有利に将来資金を準備することができるかもしれません。 実際、近年ではNISA(少額投資非課税制度)がはじまったり、企業年金に確定拠出年金が導入されたりと、これまで投資に縁のなかった人にも投資を行う機会が増えています。 しかし実際に投資でお金を増やすには、かなりの勉強や経験の蓄積、日常的な情報収集が必要です。 それができずに安易に手を出して損してしまう人も少なくありません。 そのような時間も手間もかけられないならば、確定年金によるお金の貯蓄がおすすめです。 確定年金は加入時から将来の年金の受給額や受給期間が分かっているため、将来設計が非常にやりやすいのです。 具体例で考えてみましょう。 Aさんは30歳の男性で、60歳まで保険料を支払い、60歳から70歳まで年金を受けとる確定年金に加入したいと考えています。 個人年金に加入するときには 《将来の必要な金額ー公的年金の受給額=個人年金の受給額》 という計算式を使います。 現在公的年金の受給額は、自営業などの人が国民年金だけで月5万円前後、会社員の人は厚生年金と国民年金を合わせて20万円程度が平均となっています。 しかし今後は徐々に減っていく可能性がありますので、Aさんの場合はトータルで15万円と考えてみましょう。 Aさんの奥さんも国民年金を受給できるため、二人で毎月20万円受給できると考えます。 Aさんは退職後は70歳まで奥さんとあちこち旅行に行きたいと考えています。 生活費だけならば公的年金で足りますが、旅行するための資金として確定年金を利用したいのです。 生活費と旅行のための資金として毎月必要となるのを26万円とすると「必要な金額26万円ー公的年金20万円=個人年金6万円」となり、確定年金で準備するのは6万円となります。 ある保険会社の10年確定年金では、毎月2万円の保険料を30歳から60歳まで支払うと、60歳から10年間、毎年約78万円の年金を受給することができます。 1ヶ月当たりに換算すると毎月約6万5000円受けとることができる計算です。 これならば充分にAさんのプランに合った契約ができます。 例えば金利が0.2%の銀行に預金した場合は、720万円を10年間預金しても約734万円程度と、2%しか増えません。 自分で貯蓄するよりも、10年確定年金を利用した方がずっとお得になるのです。 それが「インフレリスク」と「倒産リスク」です。 インフレリスクとは、物価が上昇するリスクのことです。 例えば10年間で物価が2倍になれば、10年前に100万円で買えた車が200万円払わないと買えなくなります。 つまりお金の価値が半分になってしまったということです。 これは極端な例ですが、インフレ率が高くなると確定年金予定利率が下がってしまう可能性があります。 しかし今の日本はデフレからやっと抜け出すかどうかと言われているところですので、大きな物価の上昇の心配はあまり必要ないでしょう。 経済成長の著しい新興国とちがって日本は成熟国ですので、今後も大きな物価上昇は起こらないと言われています。 銀行預金ならば1000万円までは利用者の資産が保護されていますが、保険会社ではそのような保護はありません。 しかし、もしも保険会社が倒産した場合「責任準備金の90%」が補償されることになっています。 責任準備金=保険金・年金ではありませんが、責任準備金はだいたい解約返戻金と同じくらいの額と言われています。 大きな保険会社が倒産する可能性は限りなく低いですし、契約の内容が不利になることはあっても、支払った保険料がすべて無駄になってしまうことはありません。 倒産リスクを避けようとするとそもそも保険に加入することすらできなくなってしまいますので、この点もあまり心配する必要はありません。 では、10年確定年金はどうやって使う?プランと目的に注目 ・安定的にお金を貯めたい 個人年金の中でも確定年金は、安定的にお金を貯めるのに向いている保険です。 ローリスク・ローリターンですので、お金をどんどん増やしたいとか積極的に投資していくタイプの人には向いていません。 10年確定年金は積極的な資産運用は不安だ、お金が大きく増えなくても老後資金がしっかり準備できればいい、という人におすすめです。 ・計画的にお金を使いたい 貯蓄型の保険の中には、年金形式ではなく一時金形式でお金を受けとることが出来るものもあります。 しかし一時金の形で受けとると一度に数百万円を受けとることになるため、自分で計画的に管理しなければなりません。 それが難しい人にとっては、確定年金のように決まった期間決まった金額が振り込まれる保険は、計画的にお金を使うことができるとてもいい方法です。 ・老後の趣味やレジャーのためのお金を貯めたい 10年確定年金は、年金を受給できる期間が10年しかありません。 そのため公的年金では足りない生活費をカバーする目的で加入すると、10年の受給期間が過ぎた後が苦しくなってしまいます。 10年確定年金のもっともいい使い方は、老後の趣味やレジャーのためのお金の準備として加入することです。 他の貯蓄や公的年金で最低限の生活費はしっかり準備した上で、確定年金に加入すると余裕のある生活が可能になります。

次の

いくらかかる? なぜかかる? 確定拠出年金の手数料

ニッセイ 確定

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ にかかる手数料にはどんな種類がある? 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ は口座の運営・運用に手数料がかかります。 手数料には、次の5種類があります。 加入時・移換時手数料• 口座管理手数料• 給付事務手数料• 還付事務手数料• 信託報酬 今回は、1~4について解説します。 手数料は、いつ・いくらかかる? 手数料の種類ごとに、支払いのタイミングと金額、なぜかかるのかを確認しましょう。 1.加入時・移換時手数料 個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入したり、企業型DCに加入していた方が退職して個人型確定拠出年金(iDeCo)に引っ越し(移換といいます)する場合には、国民年金基金連合会に対する一時的なコストとして2,829円(税込)の手数料がかかります。 また、国民年金基金連合会へ支払う手数料とは別に、運営管理機関に対して加入時・移換時の手数料がかかる場合があるので、注意が必要です。 国民年金基金連合会に対して支払う手数料は、どの金融機関を選んでも金額は一律で、加入後の最初の掛金や移換された資産から差し引かれます。 2.口座管理手数料 確定拠出年金に加入すると専用口座が作られますが、この専用口座の維持に必要なのが「口座管理」手数料です。 加入者で毎月掛金を拠出した場合の手数料は下表の通りです。 口座管理手数料は、掛金の徴収や資産管理、運用指図の取りまとめに加え、インターネットやコールセンターを通じた加入者へのさまざまなサポートにかかる費用を加入者が負担するもので、毎月の掛金から差し引かれます。 国民年金基金連合会に支払う「事務手数料」と、信託銀行に支払う「資産管理手数料」は、合計で年間2,052円(税込)です。 「運営管理機関手数料」は運営管理機関毎に異なります。 加入当初から無料の場合や、資産残高に応じて手数料が無料あるいは割引になる場合などがあります。 しかし、無料あるいは割引対象になるのは運営管理機関手数料のみで、前述の事務手数料や資産管理手数料は別途負担する必要がありますのでご注意ください。 手数料の違いは、一般的な傾向として、サービスの提供に関わるコスト(窓口・コールセンター体制やWEBサービスの充実度、商品選定など)が関係しているようです。 資産を増やす上では、ランニングコストを考慮して運用利回りを考える必要がでてきますから、手数料は見逃せないポイントです。 3.給付事務手数料 先の話にはなりますが、給付金を受け取る際には、給付一回につき440円(税込)の手数料がかかります。 老齢給付金と障害給付金の場合、受取方法を一時金(一括受取)と年金(分割受取)から選ぶことができ、年金の場合は年何回・何年間受け取るかを指定することもできます。 年金受取を選択する場合には、給付事務手数料も考慮して考えると良いでしょう。 4.還付事務手数料 1~3の他に、還付がある場合には、還付事務手数料というものがかかります。 還付というのは、掛金が• 法令の限度額を超えて拠出されたとき• 国民年金の保険料を納付していない月の分として拠出されたとき• 加入資格のない方が拠出したとき のいずれかに掛金の一部または全部が加入者に返還されることを言います。 国民年金保険料の納付漏れに気づかず掛金を拠出してしまった、などが想定されますので、留意してください。 手数料以外にチェックしたい金融機関選びのポイント 金融機関を選ぶ際には、手数料の違いも見逃せませんが、チェックすべき点はそれだけではありません。 安全性や運用実績のある商品が揃っているか• 自分に合った商品ラインアップになっているか• 運用診断などのサポートツールが充実しているか• 窓口やコールセンターなどのアフターフォローが充実しているか• 商品説明などの情報が得やすいなど、サービスの使い勝手はいいか• 給与受取口座を掛金引き落とし口座に指定できるかどうか 大切な老後資金を準備する上では、使い勝手の良さや加入後のアフターフォローの充実も大事なポイントです。 特に、「投資経験が浅い」「自分で一から情報を調べる時間がとれない」などの場合、コールセンターやアフターフォローなどは心強い味方になってくれますので、その点も考慮して金融機関を選びましょう。

次の