引っ越し 安い日。 6月の引越し料金相場 上旬・中旬・下旬は?安い日はいつ頃

2020年4月の引越し料金相場は?安い日はいつ?狙いどきはココ!

引っ越し 安い日

できるだけ引っ越しを安く済ませたいなら、引っ越しをするタイミングも考えてみてください。 引っ越しの料金は月・日・曜日・時間帯などで大きく違ってきます。 結論を先に教えますと 料金が高い=引っ越し業者への依頼が多い 料金が安い=引っ越し業者への依頼が少ない というようになっています。 つまり、業者は忙しい時期は高くても受注できるので、値下げをせずにサービスを提供。 逆に閑古鳥が鳴いているような時期は値段を下げてでも受注をしたいということです。 当然ですよね。 仕事がある・なしに関わらず社員の人件費はかかりますからね。 では、具体的にいつのタイミングが安くなるのかを説明します。 月/人の移動が少ない月が狙い目 引っ越しは世の中の人の流れによって、大きく影響を受けます。 人が移動することを考えると自ずと高い月と安い月がわかります。 3・4・8・9月 卒業・入学・就職・転勤があるため、人の流れも多く 料金が高い時期です。 1・5・6・7・11・12月 これらの時期は人の動きが少ないため、 料金は安いです! 2・10月 人によっては入学準備や転勤のために移動する時期でもあります。 料金は普通という感じです。 1月と3月では業者によっては1. 5倍近くも料金に差が出ると言われています。 安く済ませたい人にとっては見逃せないですね。 日/月の初めから~中旬が狙い目 入学や就職・転勤などは1日から新しい環境での生活がスタートすることが多いですね。 そのため月末に引っ越しが集中します。 (特に最終週の1週前の週!) 逆に言えば、 月が始まってから中旬までは引っ越し業者への 依頼はグッと減るため、この時期が狙い目です! 曜日/休日の前の日ではない平日が狙い目 結論、土日・祝日・休日の前日は混みます! これは主に社会人が休日に引っ越しをする傾向があるからです。 逆に言えば、平日というのは狙い目! 会社の有給休暇などを利用して平日に依頼をするのがオススメです。 時間帯/午後~夕方にかけてが狙い目 引っ越しの依頼をする人の多くが 「朝早くに依頼をして、さっさと終わらせてしまおう!」と考えます。 これは朝の方が時間の都合が付けやすいだけでなく、 引っ越し先へと移動することを考えると午前中に終わらせたいと考えるからです。 ですので、この考えを逆手にとって 午後~夕方の遅い時間にかけて 引っ越し作業を依頼すると料金は安くなります。 ただし、その日の一番最後に依頼をすると前の家の引っ越しが押した場合、 業者が遅刻する可能性があることは覚えておいてください。 結論:一番高いタイミングと安いタイミングは? 以上のことを踏まえると・・・ 一番高いタイミング:3・4・8・9月/月末/休日/午前中 一番安いタイミング:1・5・6・7・11・12月/月中/平日(休日前以外)/午後~夕方 このタイミングを狙って依頼をすれば、 確実に安く引っ越しをすることができます。 とはいえ、学生なら時期を狙って引っ越しすることはできますが、 社会人となるとなかなかタイミングを見計らって引っ越しはできませんよね。 ですので、全ての条件に当てはまるようにするのではなく、どこは1つだけでも条件が当てはまるようにスケジュールを組むことで少しでも引っ越し費用は安くなりますよ。

次の

一番安い引っ越し業者はどこ?はっきり正直に答えます!引越十段!

引っ越し 安い日

平日・土日・祝日でどれくらい引越し料金が違うのか、まずは単身と家族でそれぞれ見てみましょう。 【単身者・家族の平日・土日・祝日の引越しにかかった費用】 平日 土日 祝日 単身者 6万1619円 6万863円 6万7915円 家族 11万7944円 11万7659円 11万4592円 単身者の引越し料金は、平日6万1619円に対して、土日6万863円となっています。 平日と土日の引越し料金の差は756円なので、ほぼないと言っていいでしょう。 家族の引越し料金は平日11万7944円に対して、土日11万7659円となっています。 こちらも平日と土日の引越し料金の差額は285円で、単身者よりさらに少なく、平日と土日の差はほとんどありません。 結果だけみると単身者は祝日の引越し料金が一番高く、家族は一番安いのですが、祝日はそもそも日数が少ないため、引越し料金の相場を見るうえでは、あまり参考にならないかもしれません。 引越し費用のデータで見ると、平日と土日の違いはそこまで大きくありませんが、希望の日程や時間で引越しをしたいという人にとっては、やはり平日のほうが融通が利きやすいということはあります。 しかし、家族・カップルでの引越しの場合、日程を合わせて平日に引越しをするという方法を選択しづらい人もいると思います。 では、土日・祝日のなかでは引越し料金に差はあるのでしょうか。 「基本的に土日と祝日の間に差はありません。 しかし、一概には言い切れませんが、土曜日と日曜日では、土曜日に引越しを希望される方が多い傾向にあります」(アート引越センター塚本さん、以下同) 休日である「土日」を利用して引越しをする家族・カップルは多いですが、そのなかでも多いのは「土曜日に引越し作業をして、日曜日に荷ほどきをする」というスケジュール設定をする人です。 日曜日の引越しの場合は、引越し作業で1日費やしてしまい、荷ほどきは手付かずのまま休日が終わってしまうということが考えられます。 そうなると1週間、荷ほどきのためのまとまった時間が取れずにすっきりしない時間を過ごすことになります。 そのような事態を避けたい人が、土曜日の引越しを選ぶのだと思われます。 逆に考えると、 「平日に少しずつ荷ほどきを進められる」「平日は仕事が忙しくて家にあまり帰れないため、荷ほどきができていなくても気にならない」という人は、「土曜日」ではなく「日曜日」の引越しを選択することで、料金が安くなる可能性はありそうです。 単身者であれば、自分の予定さえ押さえることができれば平日引越しが可能です。 会社員であっても、有給休暇を取得すれば平日を空けることができるので、 「土日を引越しでつぶしたくない」「平日に引越しをして週末で荷ほどきをしたい」という場合には、平日引越しを行うべきでしょう。 <調査概要> 「引越しに関するアンケート」より 【調査実施時期】 2016年11月25日(金)~2016年11月26日(土) 【調査対象者】 20代~40代、男女 【調査方法】 インターネット調査 【有効回答数】 224サンプル リクルート住まいカンパニーが実施した 「引越しに関するアンケート」によると、「引越しの荷ほどきが完了するまで、どれくらいかかりましたか」という質問に「2日~1週間未満」と答えた人が最多で33. 次に多かったのが「1週間~2週間未満」で15. 「1日以内」と答えた人が、8. また、「1カ月以上」と答えた人が8. 多くの人が、引越しから2週間までで荷ほどきの作業を終えている一方で、なかなか荷ほどきに取り掛かる時間が取れない人は1カ月以上も引越し作業が終わらないまま生活しているようです。 自分に置き換えてみて、平日などに細かく時間をつくって少しずつ荷ほどきを進めていける自信がないようであれば、荷ほどきの時間をしっかり考慮した引越しのスケジュールにすることをおすすめします。 前述の単身者・家族別の引越し料金のデータを見ると、平日と土日・祝日の差が無いように見えますが、引越し距離別のデータを見ると、違う側面が見えてきます。 以下のデータは、引越し距離別の平日と土日・祝日の料金相場です。 上が引越しの依頼が集中し繁忙期と呼ばれる3、4月のデータ、下がそれ以外の通常期のデータになります。 【引越し距離別の平日・土日・祝日の引越しにかかった費用】 繁忙期(3月、4月) 平日 土日・祝日 15km未満 市区町村内程度 9万7218円 10万776円 50km未満 都道府県内程度 10万5441円 11万8670円 200km未満 同一地方内程度 12万8749円 11万9735円 500km未満 近隣地方程度 15万4778円 19万5306円 500km以上 遠距離地方程度 20万3745円 19万9669円 通常期(5月〜2月) 平日 土日・祝日 15km未満 市区町村内程度 7万7635円 8万1255円 50km未満 都道府県内程度 7万7665円 8万1998円 200km未満 同一地方内程度 9万2296円 8万8843円 500km未満 近隣地方程度 11万7509円 11万5234円 500km以上 遠距離地方程度 14万6472円 16万5141円 このデータを見ると、 同一都道府県内の近距離引越しでは平日の引越し料金が安く、長距離引越しでは土日・祝日の引越し料金が安い傾向が見てとれます。 荷物の量の違いなどもあり一概には言えませんが、近距離の引越しなら平日に引越しするのがお得と言えるかもしれません。 アート引越センターの塚本さんによると「単身者は、荷物の量が少ないため、引越し件数の増加の影響を比較的受けにくいです」とのこと。 また、50kmを超えた長距離引越しの場合でも、荷物が少ない単身者の荷物ならば1台のトラックに数人分の荷物を載せることができるため、多少引越し件数が多くなっても対応することが可能なようです。 賃貸住宅から別の賃貸へ住み替える際、旧居と新居に同時に賃料が発生することを「二重家賃」と言います。 これは、旧居の退去日と新居の入居可能日のズレによって、家賃の重複が起きた場合に必要となります。 新居の入居可能日は、即日入居が可能であったり、リフォーム後でないと入居ができなかったりするなど物件によって異なります。 入居日が決まらないことには、現在住んでいるアパートやマンションの退去日を決めることができません。 まず新居の入居日を確定させてから、現在の住居の貸主に解約を申し出ることになるでしょう。 しかし、個人で賃貸住宅を借りた場合、借主は貸主に対して1カ月前までに解約を申し出なければならないのが一般的です。 つまり、解約を申し出てから1カ月間は家賃を支払い続ける必要があります。 また、物件によっては、解約までに必要な期間を2カ月~3カ月としているところもあるので注意が必要です。 現在住んでいる家の解約の申し出はいつまでなのか、契約書を事前に確認するようにしましょう。 最安の7時以前の引越しですが、この時間から引越しを行うことができるかは引越し業者によるようです。 7時以前の引越しにかかる料金は、単身者とは真逆で最も高い金額となっていますが、7時以前の引越しが可能かどうかは、単身者と同じく引越し業者によって異なります。 引越し料金はなぜ、時間帯によって料金が変わるのでしょうか。 一つ目の理由としては、作業員のコストが挙げられます。 午前中の引越し作業は8時や9時から行われることが多く、引越しにかかわる作業員の出勤時間はさらに早い時間帯からとなります。 引越し業者では、早朝の勤務に対する手当を負担し、コストを要していることが想定されます。 二つ目の理由は、一般的に午前中の引越しに人気が集中する、ということです。 午前中の引越しは、朝一番からの作業となるため、作業の開始時刻が決まっています。 午前中に引越しをすることで、午後にたっぷりと時間を残し、当日のうちに片付けを終わらせることができる、というのが午前中引越しの人気の理由です。 引越しの時間指定について ここで注意したいのは、引越しの作業時間として指定できる時間帯は引越し業者によって異なるということ。 「午前」「午後」の2つに分かれている業者もあれば、「午前」「午後の早め・遅め」に分かれている業者もあります。 「アート引越センターでは、指定時間は朝一番に当たる原則「8時」です。 それ以降の時間は、ほかのお客様の引越しが終わってからでないと作業ができないので、ある程度の時間の幅をいただいて、お客様には目安の開始時間を伝えています」 引越し業者は、その日ごとにチームを編成して引越しの作業に当たります。 一つのチームが1日のうちに複数の案件を掛け持ちすることは珍しいことではありません。 1日のうちに複数の案件を担当するチームは、まずは一つ目の案件をこなしてから次の案件へと向かいます。 一つ目の案件にかかる時間は引越し業者のもつノウハウや経験からだいたいを割り出すことができますが、実際にかかる時間は当日の現場における作業の難易度や道路状況によってある程度前後します。 すると2件目以降の開始・終了時刻が少しずれ込む可能性があることが分かるでしょう。 このような理由から、 午後の時間帯の引越しでは、ピンポイントな時間指定ができません。 午後の引越しの注意点 引越しに午前の時間帯を選択した場合、一般的にはだいたい8時~9時から作業を開始します。 荷物の量や新居への距離にもよりますが、単身者でしたら搬出・搬入作業にあまり時間はかかりません。 それより荷物が増える家族・カップルの引越しでも、近距離なら、朝から始めてその日の午後には搬入まで完了するでしょう。 ところが、午後の引越しの場合、引越しは日をまたいで行うと費用が倍増します。 作業スタッフを2日分確保しなければならないとなると、単純計算で人件費も2日分かかるからです。 そのため、朝から始めればその日のうちに終わるような作業量の引越しを、わざわざ日をまたぐスケジュールで行う(例えば「午後から翌日の午前」)のは経済的ではありません。 とはいえ、その日中に終わらせるために、「何時までに終わらせてほしい」と時間指定をするのはおすすめしません。 時間内に確実に終わらせるためには、スタッフを通常より多く派遣しなければならない可能性が出てきてしまい、その人件費分、料金が上がってしまうからです。 引越し業者も無理なスケジュールでは提案しない それでは、引越し終了時刻が遅くなりそうな案件に対して、引越し業者はどのように対応するのでしょうか。 「例えば、近距離の引越しの場合、基本的に積み込みと積み下ろし作業の両方をその日のうちに行います。 それを考慮すると、引越し作業の開始時間が18時を過ぎると作業を終えることができないため、お引き受けをしないと思います」 ルールとして、最終の引越し開始時間や終了時間を定めているわけではないそうですが、明らかにその日中に作業を終えることが難しい場合は、引き受けないこともあるそうです。 「引越し時間については、荷物の量と立地条件、移動距離を踏まえたうえで、『この引越しであれば、ある程度常識的な時間に引越しを終えられる』というのを前提に提案しています」 一方で、荷物量が少ない人であれば、午前の便より午後の便を頼んだほうが引越し費用は安く済むため、積極的に選択したいところです。 フリー便に向いている人 フリー便を利用するのに向いているのは、まず「時間に融通が利く」、そして「荷物の量が少ない(単身者など)」人です。 時間の融通に関するご説明は先ほどしましたが、ではなぜ荷物の量の少ない人がフリー便に向いているのでしょうか。 「荷物の量によっては、朝から引越し作業を始めないと常識的な時間に作業が終わらないという場合がよくあるんです。 そういう人には、フリー便はおすすめしません」 例えば家族などの引越しの荷物量で、午後から作業を始めてしまうと、その日のうちに引越し作業が終わらないことが多いです。 その日のうちに引越し作業が終わらないということは、余分な費用が追加でかかってしまうことになります。 このような理由で、午後から引越し作業を行ってもその日のうちに引越しを終えられる「荷物の量が少ない単身者」に、フリー便が向いているといえるでしょう。 しかし、その日のうちに引越しが終わるとしても、繁忙期では、作業が夜間にまで及ぶことがありますので注意が必要です。 ここまで、曜日と時間ごとの引越し料金の違いを見てきました。 しかし、曜日より時間より引越し料金に大きく影響するものがあります。 それは、引越しする時期です。 以下は通常期と繁忙期のそれぞれの平日と土日・祝日の引越し料金のデータです。 引越しの繁忙期と呼ばれる3月、4月は、通常期より引越し料金が約1. 4倍になっています。 【通常期・繁忙期ごとの平日・土日・祝日の引越しにかかった費用】 平日 土日・祝日 通常期(5月〜2月) 8万8938円 8万9423円 繁忙期(3月、4月) 12万5154円 12万5604円 通常期で見た場合、平日と土日・祝日の引越し料金は平日が485円安いだけです。 繁忙期でも同じく平日が450円安いだけです。 しかし、同じ平日でも通常期と繁忙期を比べると、通常期が3万6216円も安くなっています。 一番安い通常期の平日と、一番高い繁忙期の土日・祝日では、その差額が3万6666円にもなります。 少しでも安く引越ししたいなら、平日か土日・祝日かよりも繁忙期以外に引越ししたほうがよさそうです。 また、引越し料金は業者によっても違います。 引越しをするときは、必ず複数社に見積もりを依頼するようにしましょう。 今回は、引越し費用が一番安くなる曜日と時間はいつなのかをデータをもとに探りました。 以下がまとめです。

次の

引っ越しが安い時期はいつ?安いのは業者が暇な時期!

引っ越し 安い日

4月はまだまだ3月の繁忙期の流れが続いてしまう1ヶ月です。 駆け込み需要とGWでまだまだ多忙 3月ほどの多忙さはありませんが、ギリギリの駆け込み引越しやゴールデンウィークで引越し件数が多く、料金も高いままキープされているんです。 引越し業界の繁忙期の多数を占める「新入学生・新社会人」。 引越しも終わり意気揚々と新生活のスタートとなりますが、実はそうでもなく、入学式前の駆け込み引越しも多いんです。 引用: 2016年の都道府県内移動者数の統計を見てみても、3月についで4月もまだまだ移動する方が多く、その分引越し件数も増えています。 また、4月後半からスタートする「ゴールデンウィーク」を利用して引越しをする方も多いため、移動者数の数字を引き上げているんです。 4月の引越し料金はどれくらい? 4月の引越し料金は3月よりは低くなり、家族引越しで90,000円、単身引越しで50,000円程度の相場になります。 まだまだ引越しする人の数が多いですが、それでも3月よりは少なくなるため、料金も低くなってきます。 しかし、閑散期と呼ばれる5月以降と比べると数万円程度高い料金相場になります。 8日(水)~9日(木)• 14日(火)~16日(木)• 21日(火)~23日(木) がオススメです。 4月の第1週は新入学生の駆け込み引越しが多いですが、第2週に入れば新学期もスタートしているため引越しの需要が激減します。 また中盤になると、会社の有休も取りやすくなり金・土・日の3日間の引越しを希望する方が増加、そして、下旬になればGWと併せて引越しの予定を組んできます。 だからこそ 4月第2週以降の平日が引越し件数が少なく、オトクに引越しができるんです。 余裕のある業者を見つけよう! 4月の中盤は業者によって閑散期並みにスケジュールに空きがある日もあります。 そこを狙うには「複数業者からの見積もり」です。 スケジュールに余裕のある引越し業者は、契約が欲しいため積極的な値引きを行ってきます。 全体的に4月もスケジュールが埋まりやすいですが、中盤には空きが多く、中には閑散期と同じくらいの契約件数になっている業者もいます。 その業者と契約できれば、よりオトクに引越しができるんです。 しかし、その業者がどこなのかは業者とコンタクトしてみないと分かりません。 だからこそ、多くの見積もりをもらって比較する必要があります。

次の