なす レンジ 煮浸し。 めんつゆとレンジで簡単美味しいなすの煮浸し

めんつゆとレンジで簡単美味しいなすの煮浸し

なす レンジ 煮浸し

なすの定番料理といえば、「なすの煮浸し」。 【作り方】 1. なすはへたを落として縦半分に切り、斜めに3mm間隔で切り込みを入れる。 大葉は千切りにカットしておく。 中火で、フライパンにひいたごま油が温まったらなすを入れ、皮の面から焼く。 めんつゆ・水・砂糖(薄ければ+醤油小さじ1)を混ぜたものをフライパンに加えたら、なすをひっくり返して5分ほど煮る。 火からおろし、10分ほど置いて味を馴染ませる。 お酒のおつまみや、一晩冷やして朝ごはんの一品にするのもおすすめです! 食欲をそそる生姜や大葉などの薬味をトッピングすれば、夏の暑さなんて吹き飛びそう! *** パプリカ、ズッキーニまで煮浸しに! 夏野菜の冷やし煮浸し 煮浸しは、パプリカやズッキーニなど他の夏野菜とも相性ばっちり!そして、つくりたてもおいしいですが、冷やしてもまた絶品なんです。 そして今回はアレンジの1つとして、 「カラフル夏野菜の煮浸し」をご紹介しましょう。 常備菜として週末に作り置きしておけば、平日のごはんタイムに役立ちます。 【作り方】 1. なすはへたを落として縦半分に切り、斜めに3mm間隔で切り込みを入れる。 ズッキーニは1cmの輪切り、赤パプリカは縦半分に切って種を取り除いたら、1cm幅に切る。 フライパンにオリーブ油をひいて中火にかける。 めんつゆ・水・砂糖(味が薄ければ+醤油小さじ1)を混ぜたものを加えて、5分ほど煮る。 火からおろし、10分ほど置いて味を馴染ませる。 なすの煮浸しが「和風」なら、こちらの夏野菜の煮浸しは 「洋風」な一品です。 彩り野菜で見た目がグンと華やかになりますよ〜! もちろん野菜はお好みでOK。 好きな野菜をジャンジャン投入しちゃいましょう。 時短派&ズボラさんにはこれ。 フリーズドライでつくる「なすの煮浸し」 「とにかく時間がない」「食べたいけどつくるのはちょっと面倒…。 」なんて人でも、なすの煮浸しを超簡単に手作りする裏ワザがあります。 ストレートのめんつゆを耐熱皿に入れ、電子レンジで温める。 [1]を、皿に入れたフリーズドライのなす全体にまわしかけ、60秒待てばできあがり。 お好みで薬味を乗せて召し上がれ! (めんつゆが染み込むと、なすはふっくらとしてきます) めんつゆをチンしてフリーズドライのなすにかけるだけ。 これならどれだけ料理な苦手な人でも簡単に作れちゃいます! もちろん味はめんつゆの味が程よく染みて、なんともジューシー。 このフリーズドライのなすは軽く素揚げされているので、ほどよく油も感じられます。 これがさっきまでカリカリだったフリーズドライのなすだとは。 生のなすと違ってフリーズドライは長期保存ができるのが特徴。 「使いたい時に使いたい分だけ欲しい!」というときに活躍してくれます。 *** なすを一番おいしく味わうならまさに旬の今!和食の定番「なすの煮浸し」、今晩の一品にいかがでしょうか? 【レシピを教えてくれた人】 夏井景子さん/料理研究家 [PROFILE] 新潟県生まれ。 板前の父と料理好きの母の影響で料理の道へ。 お菓子の専門学校を卒業後、パン屋、カフェで働き、料理研究家として独立。 季節を意識した献立作りやキムチ作りの教室を行っている。 (スタイリング:荻原由佳).

次の

なすレシピ人気1位!煮びたしを簡単にレンジで&味噌チーズが絶品な殿堂入りも!

なす レンジ 煮浸し

なすの定番料理といえば、「なすの煮浸し」。 【作り方】 1. なすはへたを落として縦半分に切り、斜めに3mm間隔で切り込みを入れる。 大葉は千切りにカットしておく。 中火で、フライパンにひいたごま油が温まったらなすを入れ、皮の面から焼く。 めんつゆ・水・砂糖(薄ければ+醤油小さじ1)を混ぜたものをフライパンに加えたら、なすをひっくり返して5分ほど煮る。 火からおろし、10分ほど置いて味を馴染ませる。 お酒のおつまみや、一晩冷やして朝ごはんの一品にするのもおすすめです! 食欲をそそる生姜や大葉などの薬味をトッピングすれば、夏の暑さなんて吹き飛びそう! *** パプリカ、ズッキーニまで煮浸しに! 夏野菜の冷やし煮浸し 煮浸しは、パプリカやズッキーニなど他の夏野菜とも相性ばっちり!そして、つくりたてもおいしいですが、冷やしてもまた絶品なんです。 そして今回はアレンジの1つとして、 「カラフル夏野菜の煮浸し」をご紹介しましょう。 常備菜として週末に作り置きしておけば、平日のごはんタイムに役立ちます。 【作り方】 1. なすはへたを落として縦半分に切り、斜めに3mm間隔で切り込みを入れる。 ズッキーニは1cmの輪切り、赤パプリカは縦半分に切って種を取り除いたら、1cm幅に切る。 フライパンにオリーブ油をひいて中火にかける。 めんつゆ・水・砂糖(味が薄ければ+醤油小さじ1)を混ぜたものを加えて、5分ほど煮る。 火からおろし、10分ほど置いて味を馴染ませる。 なすの煮浸しが「和風」なら、こちらの夏野菜の煮浸しは 「洋風」な一品です。 彩り野菜で見た目がグンと華やかになりますよ〜! もちろん野菜はお好みでOK。 好きな野菜をジャンジャン投入しちゃいましょう。 時短派&ズボラさんにはこれ。 フリーズドライでつくる「なすの煮浸し」 「とにかく時間がない」「食べたいけどつくるのはちょっと面倒…。 」なんて人でも、なすの煮浸しを超簡単に手作りする裏ワザがあります。 ストレートのめんつゆを耐熱皿に入れ、電子レンジで温める。 [1]を、皿に入れたフリーズドライのなす全体にまわしかけ、60秒待てばできあがり。 お好みで薬味を乗せて召し上がれ! (めんつゆが染み込むと、なすはふっくらとしてきます) めんつゆをチンしてフリーズドライのなすにかけるだけ。 これならどれだけ料理な苦手な人でも簡単に作れちゃいます! もちろん味はめんつゆの味が程よく染みて、なんともジューシー。 このフリーズドライのなすは軽く素揚げされているので、ほどよく油も感じられます。 これがさっきまでカリカリだったフリーズドライのなすだとは。 生のなすと違ってフリーズドライは長期保存ができるのが特徴。 「使いたい時に使いたい分だけ欲しい!」というときに活躍してくれます。 *** なすを一番おいしく味わうならまさに旬の今!和食の定番「なすの煮浸し」、今晩の一品にいかがでしょうか? 【レシピを教えてくれた人】 夏井景子さん/料理研究家 [PROFILE] 新潟県生まれ。 板前の父と料理好きの母の影響で料理の道へ。 お菓子の専門学校を卒業後、パン屋、カフェで働き、料理研究家として独立。 季節を意識した献立作りやキムチ作りの教室を行っている。 (スタイリング:荻原由佳).

次の

なすの色落ちを防ぐ5つの方法!きれいな色を楽しむコツとは?

なす レンジ 煮浸し

レンジで簡単!なすの煮浸しを作ってみましょう! 【材料】2人分• なす・・・・・3本• めんつゆ(2倍濃縮)・・・・・大さじ3(なす1本に対して大さじ1の割合です)• ごま油・・・・・小さじ2• しょうが・・・・・チューブで2センチ• 白いりごま・・・・・大さじ1 作り方• なすはへたを包丁でそぎ落とし縦にピーラーで4カ所くらい皮を剥きます。 一本づつサランラップで包んだら500wのレンジで4分加熱します。 めんつゆ、ごま油、しょうが、白いりごまを混ぜ合わせておきます。 ボールに冷水を張っておきレンジで加熱したなすをラップごと急冷します。 この時なすは熱いのでトングなどを使うようにして下さい。 6.あら熱が取れたらラップを取り外し保存容器にいれ調味料を加えたら3時間ほど 冷蔵庫で置いておきます。 こうすることでなすに味がよく染み込みます。 7.食べやすい長さに切ってお皿に盛り付けたら出来上がりです。 お好みで鰹節をのせて下さい。 ポイント• 火を使わないで調理できるので暑い季節におすすめです。 レンジで加熱する際に大きめのなすは加熱時間を長くするなどして調節して下さい。 加熱後冷水で急冷することでなすの色落ちを防ぐことができます。 レンジから出したなすは高温なので必ずトングなどを使ってください。 保存容器の大きさは800mlくらいのものがちょうどよいです。 スポンサーリンク まとめ 今回はレンジを使って簡単にできるなすの煮浸しをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。 油で揚げたり焼いたりしなくて良いので手軽に作れます。 味付けもめんつゆを使うことで手間いらずで美味しく仕上がります。。 夏が旬のみずみずしくて美味しいなすを簡単な調理法で思う存分堪能されてくださいね。 カテゴリー• 131•

次の