あぐら を かく と 膝 が 痛い。 ひざ裏の筋が痛いです。あぐらをかいたりすると痛みます。また、ずっと曲...

正座とあぐらは膝に悪い?良し悪しを知り使い分けよう

あぐら を かく と 膝 が 痛い

床や畳に座らなくてはいけない時、正座と胡坐のどちらが楽ですか? ほとんどの男性は、あぐらをかくでしょうね。 しかし、胡坐をかけない人がいます、または、あぐらをかけても、 ゆっくり座れない、腰が痛くなってくる人がいます。 それはどうしてでしょうか? あぐらをかいている姿がとてもゆったりとして楽にしている人と あなたは何が違うのでしょうか? それは「股関節の柔らかさ」 じゃ、ストレッチすれば良いんだ!と思ったでしょうね。 それが股関節を柔らかくするのは簡単ではないのです。 ですから骨盤の歪みを取るのが先決となります。 日頃、運動をしている人は、ストレッチから始めても問題ありませんが 日常的に運動と縁のない人は、筋肉を痛めることになるので いきなりストレッチはしないでください。 固くなった筋肉の緊張を解す方法は、押してパッと離すという 地味な方法ですが、これが確実です。 気長に少しずつやっていくしかありません。 「痛気持ち良い」程度の押す圧力で止めてください。 指で押しても良いですし、テニスボールなどを使っても構いません。 ただ、あまり硬球のような硬いボールを使うと最初は 筋肉を痛めることにもなりかねないので気をつけてください。 筋肉以外にも腱や靭帯も硬くなっているはずなので 同時にそれらも柔らかくしていくと腰痛が嘘のように軽くなります。 最初は表面の筋肉から柔らかくしていき次第に指が筋肉の奥まで入るようになるので、 深い位置の筋肉も解していきます。 筋肉と骨を繋ぐ役目をしているのが腱と呼ばれていますが、 腱はとても硬くなっていると骨だと勘違いしてしまいます。 押して痛みを感じるのなら骨ではありません。 骨盤の後ろも前も横の筋肉も試してください。 痛くないところは押す必要はありません。 骨盤とお腹の継ぎ目、背中のウエストの位置の筋肉も 柔らかくして、恥骨や尾骨周りの筋肉も柔らかくしてください。 腰痛の酷い方は、これだけでも腰が軽くなったと感じるでしょう。 骨盤の歪みは、傾きが1度でも変わると、ものすごく軽くなるのです。 それくらい骨盤の少しの歪みが体に影響を及ぼします。 骨盤の歪みが改善していくと同時に股関節の筋肉の緊張も 解放されていきます。 よく股関節を柔らかくストレッチ方法で、股割りというのでしょうか、 床に座って左右の足の裏を合わせて、膝を床に押すような体操がありますよね。 あれで本当に股関節が柔らかくなりますか? 私は頑張って3か月ほど毎日この股割りストレッチをおこなった時期もありましたが 効果はほとんどありませんでした。 毎日ストレッチしていれば、膝が少し床に近くづくようになったかな、と 思うこともありましたが、1日でもストレッチをしないと、 また、もとの固い状態に戻ってしまっていました。 ということは、股割りストレッチの効果はなかったといえると思います。 ですから、股関節を柔らかくしようと思ったら、骨盤の歪みを改善しないと 根本的な解決にはならないのです。 6 7 8 9 10• 最近の記事• カテゴリー• RSSリーダーで購読する.

次の

正座とあぐらは膝に悪い?良し悪しを知り使い分けよう

あぐら を かく と 膝 が 痛い

あぐらで膝が痛い時の原因と解決方法とは? 筋膜調整セラピスト TRIGGERの中村です。 ・あぐらをかくと膝が痛くてできない ・あぐらをかいていると足がしびれてくる ・あぐらをかくと膝の外側がはずれそう 意外に多いのが, あぐらをかくときの膝の不調です。 今回は, 「あぐらをかくと膝がはずれそう」という症状に対して, 筋膜調整を行った結果をご紹介させていただきます。 あぐらをかくときに膝が痛くなる原因 まず『あぐら』という姿勢を紐解いてみましょう。 あぐらに必要な股関節の動き あぐらをかく時の股関節の動きは ・外旋 ・外転 という動きになります。 簡単にいうと外股になるように関節が動いています。 また, 平らな床面であぐらをかく場合は, 股関節が90度ほど曲げる必要があります。 あぐらをかく時に必要な股関節の動きをまとめると, ・しっかりと曲がる(屈曲) ・外に捻る(外旋:つま先が体の内側へ向く) ・外に開く(外転) となります。 逆に, この3つの動きのうち, どれかが不十分であればあぐらはかきにくくなります。 あぐらに必要な膝の動き 股関節の動きが重要なのは言うまでもありませんが, 意外に大切なのが膝の動きです。 あぐらをかく時に必要な膝の動きは何なのでしょうか? まずは1つ目は, 十分に膝が曲がることです。 これは皆さん納得だと思います。 ではもう一つは何か。 実は膝の わずかな捻りや横方向への動きが必要になります。 この微妙な動きが少なくなったり, 逆に多くなったりするせいで 膝の内側や外側に痛みがでることも多いのです。 股関節と膝はお互いが補完し合う 股関節と膝はお互いの苦手を補完し合うように動いています。 例えば『あぐら』。 股関節が硬くてしっかり開かない, または, 外股が十分に作れない, とします。 動かない場所はそのままで, それでもどうにか『あぐら』をかこうとすると, 膝が股関節の動きをカバーし始めます。 動かない関節の分を, 普段よりも膝の動きを大きくすることでカバーするのです。 これで『あぐら』がかけるようになったので一件落着! ではありません!!!!! 何か問題でも? 大アリです! 「股関節の動きを膝がカバーする」 これが大問題なのです。 膝の主な動きは曲げるか伸びるかです。 捻りや横方向の動きは, そもそも少しずつしか動きません。 ということは, 股関節の動きをカバーするために, 少ない膝の動きを無理して動かしているとしたら・・・ いずれ膝に負担が集中して, 膝の痛みや関節が外れるような感覚が強くなってくるでしょう。 もちろん逆もしかりで, 膝の動きを股関節でカバーすることもあります。 実際に整形外科で勤務していたときも, あぐらで膝が痛い時に股関節やそのまわりの筋肉を調整すると痛みがなくなる場合や あぐらで股関節の開きが悪い場合に, 膝の関節や筋肉を調整することで解決できたことも経験しております。 やはり, 動くべきところがしっかりと動くことが『あぐら』に限らず全ての動きにとって重要なのですね。 あぐらと筋膜の関係 では, 『あぐら』が問題なくかけるようになるためは, 関節の動きや筋肉の柔軟性だけで十分でしょうか? ここで忘れてはいけないのが 『筋膜』です。 筋膜は筋肉自体を包み, 隣り合う筋肉どおしをつなぎ, 全身をボディスーツのように覆います。 また, 筋膜の線維は関節を包む関節包と呼ばれる袋までつながっているため, 筋膜が原因となって『関節痛』のように振る舞っているというケースも珍しくありません。 そして, あぐらや開脚で膝や股関節が痛い方を施術していく中で, 高い頻度で硬くなりやすい場所がだんだんと分かってきました。 それがこちらです。 全員に完璧に当てはまるわけではありませんが 『足を内側へ閉じる・外側へ開く』ときの筋膜のつながり 『足を内側へ捻る, 外側へ捻る』ときの筋膜のつながり この2つの筋膜のつながりのどこかで動きが悪くなっていることが多いように思います。 あぐらをかく時に膝の外側がはずれそうになる症状に対して筋膜調整が有効だったケース ケース紹介 コンテンポラリーダンスをされているAさん(女性) 7年前に右膝を痛めたそうですが, それに加えて ・4年前からあぐらや開脚での右股関節の内側が痛い ・2年前からあぐらをかく時に膝がはずれそうであぐらがかけない とのことでした。 まずは, あぐらがどれくらいかけるのかチェックです。 確かに右側のほうが開く角度は少ないようです。 そして, 右膝の外側には違和感, 外れそうな不安な感覚もあるとのことでした。 筋膜の動きが悪かった所 Aさんの筋膜の動きが悪いところを探していくと, このような場所にみつかりました。 先ほどお伝えした筋膜のつながりの中の数箇所に動きの悪いところが見つかりました。 今回は, 特に動きの悪かった水色の部分を重点的に筋膜調整を行うようにしました。 筋膜調整の結果 実際に筋膜調整をした結果がこちらです。 脚を開く角度がひろがったのと, 右膝の外側の違和感や外れる感覚もなくなりました! もも裏外側の筋膜調整をした時点で, あぐらもかなりかきやすくなっていたので, 7年前の膝のケガがきっかけで, 股関節の開きが悪くなっていたり, 今現在の膝の外れそうな感覚に なっていたのだろうと考えました。 まとめ 膝や股関節が痛くてあぐらがかけない時に股関節や膝関節の動きをチェックすることも重要なのですが, それよりも前に筋膜の状態をチェックすることで, 痛みや動かせる範囲の変化を感じれる可能性は非常に高いです。 もちろん, 関節自体が固まっている場合はむずかしいかもしれませんが ・レントゲンでも異常がない ・ストレッチをしようとしても痛くて伸ばせない ・股は開くのに股関節の付け根や膝が痛い ・関節の施術や筋肉を鍛えても開脚ができない このような場合はお役に立てる可能性がありますので, ぜひ一度私たちにご相談ください。 TRIGGER 中村.

次の

あぐらの姿勢で脚が痛いあなたへ

あぐら を かく と 膝 が 痛い

ふくらはぎの筋肉(膝裏に付きます)や膝裏にある小さな筋肉が縮こまっているとなりやすいです。 立った状態で足を前後に開いて行なう、いわゆるアキレス腱のストレッチを日頃からマメに数週間~1,2ヶ月くらい続けるとなりにくくなると思います。 ただ、日常生活での負担がきているのであれば、なりなくくなった後も続けていないとまたなるかもしれません。 補足を読んで。 それでは、質問者様の場合は裏ももの筋肉か内ももの筋肉の影響でしょうね。 それについてもストレッチが有効です。 A.裏もものストレッチ 床に、膝裏が痛くなる方の足だけを伸ばして(爪先はまっすぐ上向き)座り、痛く無い方の足は曲げておきましょう。 その状態から腰を少し反らせるようにしながら骨盤ごと上半身を前に倒します(上半身を倒す際に腰を丸めない、という意味です)。 あぐら等で痛くなる部分に突っ張り感が出たら正解です。 B.内もものストレッチ 床に両足を伸ばして座り、足を左右にできるだけ広く開きます(爪先はまっすぐ上向き)。 その状態から上記と同様に上半身を前に倒します。 あぐら等で痛くなる部分に突っ張り感が出たら正解です。 A,Bで上手く痛みが出る辺りが伸ばせないと感じる時は、足の開き方をA~Bの間で少しずつ変えてみながら最適な開き加減を見つけて下さい。 また、上半身を倒していく方向をまっすぐ前方~痛みが出る足の方の間で変えてみても足の伸びる場所が少し変わります。 色々と試してみて下さい。 A,Bのストレッチ共に勢いをつけて行なったり、痛みをガマンしながら強い伸ばし加減で行なうと筋肉を傷める可能性がありますので、多少の痛みを感じる程度に調節して行なって下さい。 ストレッチをする時間は1回に20~30秒でいいので、できれば一日に何度でもこまめに行なって下さい。 以上のストレッチをしても改善が見られない場合は、諦めて整骨院や接骨院を受診しましょう。 お大事にして下さいね!.

次の