ジャンク ファイル が 検出 され まし たか。 Androidの「ジャンクファイル」について通知が届きました!?

パソコン・OS

ジャンク ファイル が 検出 され まし たか

CCleanerとは CCleaner は、パソコンの動作を快適に保つよう、パソコンを使っているうちに自然にたまってしまうゴミを掃除するクリーナーソフトです。 不要なごみファイルを掃除し、さらにはまで行うため、パソコンの起動速度が向上します。 3-1. 3-2. 3-3. 3-4. 3-5. 3-6. 3-7. CCleaner のダウンロード CCleaner は海外製のソフトです。 しかし日本語に対応しているため、問題なく利用することができます。 「クリーンアップ開始」をクリックすると、解析で表示されたファイルリストの削除が行われ、削除データ容量と削除ファイルリストを表示します。 クリーナー設定の「Windows」では、主に以下の項目をクリーンアップできます。 インターネット一時ファイル インターネット利用時に一時的に利用されるファイル• インターネットの履歴 ウェブサイトを見たのか、過去のインターネットの閲覧履歴• いつも使っているショッピングサイト等に自動ログインできなくなったりするため、チェックを外しておいた方がよいかもしれません• ダウンロードの履歴 ダウンロードしたファイルの履歴• 保存場所 不要になったダウンロードしたファイル• セッション ログイン状態などのセッション情報• タブの設定 タブに関する設定• 入力したアドレスやパスなど アドレスバーに入力した過去の履歴• 保存されたフォーム情報 Webサイトのテキストボックスに入力した住所、電話番号、メールアドレスなど• 保存されたパスワード Webサイトのログイン情報 Internet Explorer• インターネット一時ファイル インターネット利用時に一時的に利用されるファイル• 履歴 どのウェブサイトを見たのか、過去のインターネットの閲覧履歴• いつも使っているショッピングサイト等に自動ログインできなくなったりするため、チェックを外しておいた方がよいかもしれません• 入力したアドレスやパスなど アドレスバーに入力した過去の履歴• Index. dat(検索用インデックス)の削除 検索したときにテキストボックスに入力した過去の履歴• 保存場所 不要になったダウンロードしたファイル• フォームへの入力履歴 Webサイトのテキストボックスに入力した住所、名前、電話番号、メールアドレスなど• 保存されたパスワード Webサイトのログイン情報 エクスプローラ• 最近使ったファイル 最近使ったファイルの履歴• ファイル名を指定して実行(スタートメニュー) ファイル名を指定して実行の履歴• その他の[最近使ったファイル]リスト 最近使ったファイルの履歴• サムネイルキャッシュ を高速表示するためのキャッシュファイル• ネットワークパスワード PCに保存されているネットワーク接続用のユーザー名とパスワード システム• ごみ箱を空にする ごみ箱を空にする• 一時ファイル 一時的に利用するテンポラリファイル• コピーしたときにいったん保存される領域• メモリーダンプ システムエラー時のダンプファイル• CHKDSKコマンドのフラグメント チェックディスクのフラグ• ウインドウズ ログファイル ウインドウズのログファイル(. old など)• ウィンドウズ エラー報告 Windows エラー発生時に Microsoft に送信するエラーレポート等の情報• DNSキャッシュ Webサイト閲覧などの際の名前解決に利用するDNSのキャッシュ• フォントキャッシュ 重たくなりがちなフォントを軽快に表示するためのキャッシュ• スタートメニューのショートカット リンク切れののショートカット• デスクトップのショートカット リンク切れのデスクトップのショートカット 拡張設定• Windows イベントログ Windows のイベントログ• 古いプリフェッチデータ 古くなったプリフェッチデータ(起動速度を高速化させるためのインデックスのようなもの)• メニュー オーダーのキャッシュ スタートメニューの順番• システムトレイのキャッシュ のアイコンのキャッシュ• 環境PATH• ユーザーアシストの履歴 スタートメニューのよく使うプログラム(よく使うアプリ)の項目• 空きスペースの抹消 空きスペースを抹消してデータを復元できないようにする クリーナー設定の「アプリケーション」では、主に以下の項目をクリーンアップできます。 Firefox• インターネット一時ファイル インターネット利用時に一時的に利用されるファイル• インターネットの履歴 どのウェブサイトを見たのか、過去のインターネットの閲覧履歴• クッキー ショッピングサイトやログインが必要なサイトで利用されるパソコン側に保存されるデータファイル• セッション ログイン状態などのセッション情報• サイト設定 クッキーのブロックなどを個別のサイトごとに行っている設定• ダウンロードの履歴 ダウンロードの履歴• 保存されたパスワード Webサイトのログイン情報• 保存されたフォーム情報 Webサイトのテキストボックスに入力した住所、電話番号、メールアドレスなど• 保存場所 不要になったダウンロードしたファイル• Windowsストア• Bing Finance• Bing News• Bing Sports• Bing Travel• Skype Metro App• Twitter Metro アプリケーション• Adobe Reader DC• MS OneDrive• Java• マルチメディア• Adobe Flash Player• ユーティリティ• Windows• Game Explorer• MS Paint• MS Search• レジストリをクリーンアップすることで、Windows の起動の高速化を実現することができます。 「問題点をスキャン」をクリックすると、レジストリに登録されている様々な問題点を表示します。 問題点として表示される一覧は、ほとんどが不要な登録情報なので、一気にクリーンアップしてしまいましょう。 ウイルス対策ソフト、スパイウェア対策ソフト、ファイアウォールソフト、ファイル暗号化ソフト、ID・パスワード管理ソフト… オフィスソフト、ウェブブラウザー、メールソフト、圧縮・解凍ソフト、付箋紙ソフト、PDF作成ソフト、イラスト作成ソフト、画像・動画管理ソフト、テキストエディター、ファイル復元ソフト… 辞書検索、オンラインウイルススキャン、オンラインアルバム、ストリーミング、動画共有サイト… フリーメール、メッセンジャー、オンラインゲーム、mixi活用ソフト、ブログ… USBメモリー停止ソフト、USBメモリーファイル復元ソフト、ポータブルオフィスソフト、ポータブルブラウザー、ポータブルメールソフト… フリーソフト100が注目したソフトや無料サービスをピックアップした特集記事….

次の

Windowsのジャンクファイルを削除する方法 [Windowsの使い方] All About

ジャンク ファイル が 検出 され まし たか

750 scsiはTekramのDC-390F で起動画面ではZIPを認識しているのですが、WIN98が立ち上がると影も形もありません。 付属のツールでも「ZIPDRIVEがみつかりません」とでます。 しつれいですがメディアを入れて立ち上げてますか、 私も使ってますがメディア入れて起動させないと認識しないけど、 うんー、あとはターミネータ、ケーブルの長さ、ID、など、設定のシステムでも表示されてません? 749 OutlookExpressを使用して、メーリングリストからの退会メールを送信しようとすると、 「受信者の1人がサーバによって拒否されたため、メッセージを送信できませんでした。 ・・・(中略)・・・サーバエラー:553 エラー番号:0x800CCC79」 とエラーが発生します。 どうすれば送信できるでしょうか? A586HXにAMD K6-266を載せたんですが・・・ Q-No. 748 GA586HXはK6ー233までしかマニュアルには載っていません。 が、私は使ってます。 確かにBIOSが認識するCPUのクロックは不安定で、60MHZ、66MHZ、50MHZと立ち上げるたびに違います。 HDベンチでの評価は、Processor AMD K6 300. 6MHz [AuthenticAMD family 5 model 7 step 0] です。 その他のスペックは次の通りです。 Memory 64,608Kbyte OS Windows 98 4. B Rev a03 ALL 浮 整 矩 円 Text Scroll DD Read Write Drive 13373 18722 23301 22880 4531 16614 186 9 10469 10280 C:10MB 98. K6ではないのですが、当方ではGA586HX2上で、K6-2 266が2. 3V 333MHzで安定動作しています。 8にバージョンアップしてみてください。 からダウンロードできます。 ードディスクが空回り? Q-No. 747 たまにパソコンの電源をいれると、 「1782-Disk Controler Failure」 と表示されて、増設した2つめのIDE内臓ハードディスク Quantum Fireball ST 2. 1GB が認識されないことがあります。 いつも起こるわけではないです このときはハードディスクが「カラカラ」という空回りしてるような音がします。 ごくたまにしかならないのであれば我慢できますが、最近は頻度が多くなってきたので、ひょっとしたらそろそろクラッシュするのか、という感じでとても不安です。 対処法があれば教えてください。 残念ですが、HDDが動くうちにバックアップをとりましょう。 (98. ラウザとメールソフトの関連付け Q-No. 746 AL-Mail32 ver1. 01とNetscape ver4. 04を使っていますが、ブラウザ内に表示されるメールアドレスをクリックしたときに、AL-Mailが立ち上がるようにするにはどうしたらいいんでしょうか。 初歩的なことですが、どなたか教えてください。 「Web Expander」というソフトを使えばできます。 Vector()からダウンロードできます。 域確保ができません Q-No. 745 しばらく前に入手したジャンクHDD(IDE SeaGate 3. 2G)ですが、fdiskで領域確保しようとすると「ハードディスクに書き込み中のライトプロテクトエラーです。 」と表示され、領域確保ができません。 linuxのfdiskを実行した結果も同様でした。 このHDDの前に使っていたマシン等は不明です。 fdiskを実行したマシンはK6 200MHz Aopen AX5T OSR2. 1です。 どなたか解決策を教えてください。 お願いします。 BIOSで,ライトプロテクトはかかっていませんか。 SBが使えません! Q-No. 744 私は、IBMのAPTIVA H5Eを使っています。 USBのポートは最初から付いていましたので、USB対応の新型TANEC ATERM 65EX/D を購入して早速接続しましたが、上手く いきません。 聞くと、USBを作動させるには、ソフトウェアが必要だと言うことですが、その肝心のソフト「USB supplement to OSR2」が入ってい ません。 このソフトがないと駄目なのでしょうか。 ならば、何処にこのソフトはあるのでしょうか。 因みにOSはWIN98です。 FAT32に変換してしまった以上、95にも戻すことができず、煮詰まってます。 どなたか教えてください。 まずOSR2についてですがこれはOEM版として主にメーカー製PC等にインストール済みの形で配布されているWindowsです。 Windowsは95年発売のVer4(Win95)から今回のVer4.1(Win98)までにかなりの時間があいてしまったのですがMS社はその間のバージョンアップをOEM版に限定していました。 そたのめ単体の発売はありません。 4.1でもUSBはサポートされているとされているのでこの点は問題ないでしょう。 ということで考えられる理由としては 1.USBポートがあっても動作しないものである 2.USBポートとUSB機器の相性が悪い 3.BIOSでUSBがサポートされていない 4.BIOSの設定でUSBが使用不可になっている というところでしょう。 4.1の発売が異常に延びたために周辺機器メーカーがUSB機器の販売を見合わせました。 そのためUSBの動作の確認もできるわけがなくやってみないと動作するかどうかわからない状態が続いたためです。 しかもOEM版のユーザーサポートはPCのメーカーがやることになっているのでまともな神経しているメーカーなら動くかわからないUSBの動作保証をするわけもなくそのままずるずるとポートのみ付いている状態が続いたわけです。 2も同様ですね。 3はそのような状態でサポートするのは無駄と思ったのかBIOSにUSBが組み込まれていない状態のものです。 これはもしかするとBIOSのアップデートで使用できるかもしれません。 4はBIOSの設定で直ります。 とりあえずUSBが使えるかメーカーに確認しましょう。 rs WIN98は標準でUSBに対応しています あとはATERM側のドライバソフトをWIN98用を使う必要があります からダウンロードしてください 98. DDサイズ(厚み)を教えて下さい Q-No. 743 東芝サテライトプロ420/CDTのHDDの交換を考えていますが、HDDのサイズ(厚み)が分かりません。 2.1GB程度のHDDへの交換を希望しています。 お薦めのメーカ・型番及びHDD交換時の注意点等々を教えて下さい。 お使いの機種ですと,というショップがHDD換装を行なっています.このお店では,HITACHI製 , DK227A-41 4. 1GB が使われていまして,どちらも12. 7mm厚のようです.コネクタの位置やネジ穴の問題で,筐体に入らないケースもありえますので,その点十分確かめられるほうが良いと思います. あと本体のBIOSが大容量HDDに対応していないケースも考えられますので,こちらも確認しておくのが無難かと思います. 98. Windows標準フォントの設定 Q-No. 742 No726の解答ありがとうございます。 No726の続きですがレスのとおりすると標準のフォントは直ったのですが、アクセスなどのアプリケーションが文字化けが残っています。 どの様にすればいいか続けてご教授お願いします。 ちなみにフォントフォルダにはMSゴシックが見つかりません。 Msgothic. ttcというのが,MSゴシックフォントのファイル名です。 もっとも,OSR2.1からは,MS ゴシック&MS Pゴシックという表記名になっていますが。 ご質問の内容ではアクセスの中身なのか,ステータスバーなどのアプリ側なのか判別できませんが,中身であるならば,それはアクセスの各種設定(特にフォント設定)によるところが大きいでしょう。 ステータスバーであるならば,フォントファイルが壊れている可能性が高いので,修復セットアップをお勧めします。 なお,MSという冠名がついたフォントはマイクロソフトの商標なので,とくに,MSゴシックとMS明朝は,日本語WINDOWSならば,3.1やNTにも必ず入っています。 MV-5133DPSマザーボードの交換について Q-No. 741 Pen133Hzに限界を感じて、ケースとマザーボードを交換しようと考えています。 ある本にケースとマザーボードの変える方法が載っていたのでその通りにしようと考えているのですが、マザーボードの交換によって内蔵モデムはどうなるのでしょうか?マザーボードを変えるとやはり外付けモデムを購入しなければならなくなるのでしょうか? また自作パソコンを作るとき電源の線が不足した場合どの様に対処すればいいのでしょうか?ご教授お願いします。 内蔵モデムはISAバスに刺さっているはずですので、ほぼ確実に流用は可能と思われます。 Win95(98も?)では「標準のモデム」として認識されるか、運が良ければちゃんとした型番を自動で見つけてくれるでしょう。 電源のコネクタが不足した場合は、分岐ケーブルなるものを買いましょう。 1本を2本に分けてくれます。 4〜500円くらいかな? 98. hana 5133DPSの内蔵モデムはISAスロットには差さっていません。 このモデムはFMV独自の規格のものなので流用は出来ないはずです。 自作をするならば もうしてるかな・・ 外付けモデムかISAもしくはPCIの内蔵モデムを用意する必要があります。 CSIカードが認識されない? Q-No. 740 MOドライブを増設しようと思い、SCSIカードを購入したのですが、スロットに差し込んでからパソコンの電源を入れても「新しいハードウェアが検出されました」と表示されません。 ハードウェアウィザードから手動で添付のドライバをインストールしてみたら、デバイスマネージャ上のSCSIコントローラの項目が消えてしまいました。 もちろんMOドライブのアイコンも追加されてません。 初めての増設なので、さっぱりです。 手動組み込みでも上手くいかない事も考えると,スロットへの差し込みが甘いのかもしれません.あとは差し込むスロットを変えてみるのも一つの手でしょう. 98. 739 Infinia 7160J1モデル(東芝)を使っていますが、最近もっとスピードアップができないかなと思っています。 スピードアップの最も最良の方法について教えてください。 できればマザーボードの交換について、可能なマザーボードの種類、交換方法および注意点について詳しく教えてください。 メーカー品PCの交換用MBは非常に高いです(3〜4万くらい?)。 それだけ出すなら安い部品を買って自作してしまうのが今後も含めて結局は安上がりと私は思います。 最低、モニタ、CDドライブ、FDドライブ、メモリ、 交換までの繋ぎとしての CPU、キーボード、マウスは流用可能でしょうし、運が良ければサウンドボード、ケース ATX使用ならですが モデムも使えるかもしれません。 今ならSocket7が安くて速いのでお勧めですね。 hana RA-01002: フェッチ順序が無効ですが発生しました Q-No. 738 Q D2000 REPORTS 2.5.4.0.8(16bit版)にて以下のエラーが発生しました。 対処方法を教えてください。 ------------------------------------------ レポート: srprt01 [Tue Jul 28 10:19:01 1998] を起動しています... ORA-01002: フェッチ順序が無効です。 ------------------------------------------ 98. ORA-01002は取出し :FECTH サイクルが終了しているか、終了しているとみなされる状態なのに取出し :FECTH しようとするとでます。 CURSORがどんな状態で行っているのかチェックしてみてはいかがでしょう。 会社が98機を使用しており、フロッピーディスクも98用フォーマットになっています。 この98機で作成したファイル(ロータス123)のフロッピーディスクが多数ありますが、自宅で仕事の続きをする場合は、いちいちDOS/V用フロッピーディスクにHDDを通してコピーし直して自宅に持って帰ります。 この過去に作成したファイルがある98用フロッピーディスクをDOS/V機でファイル展開できないものでしょうか? 98. フロッピーディスクドライブが3モードになっていたら問題なく読み書き出来ます。 フォーマットは不可 スタンダードフロッピーディスクドライバを使っておられたら、2モードとなっています。 詳しくはをご覧下さい。 hana ーザーインターフェースについて Q-No. 733の続編 Q-No. 736 hanaさんからsystem. iniのshellの部分がtaskman. exe となっていて、一応上書き保存してもう一度立ち上げ直しましたが状況は変わりませんでした。 ほかの解決法などがあれば教えてください。 できれば、再インストールは最後の手段にしたいので。 上書再インストールを試してみてはどうでしょうか.手元のWin95CD-ROMがcompanion版ですと,setup. exeがないので,この手は使えませんが…….この場合,既存のアプリはそのままです. 98. IN98を入れてからスワップが肥大する Q-No. 735 WIN98を入れてから、MAGNARAM97やウイルスバスター97といったソフトを常勤及び起動させるとスワップがHDDの空き容量いっぱいまで増えてしまいます。 これはソフト側のバグ?、それともWIN98のバグなんでしょうか?また修正することはできるのでしょうか? とにかくこの状態ではこれらソフトは使えません。 WIN98ではまだ他にも使えないのがあるのでしょうか。。。 使えなくなるソフトも多いのかな。 このケースの場合間違えてもソフトのバグなどと言ってはいけません。 対応OSはWin95であってWin98ではありません。 したがってどのような問題が生じようとも個人の責任でありだれの責任でもありません。 メーカーで対応パッチ等が配布されていないか確認してください。 ウィルスバスターだとウィルスバスター98なら98に対応していますね。 Win98はすでにサービスパック2まで予定されているようなOSですから95とほぼかわらないOSであっても問題は結構でてくると思いますよ。 rs 定のHPに行くとシステムがフリーズしてしまう Q-No. 734 ネットサーフィン中に特定のHPに行くとシステムがフリーズして再起動を余儀なくされます。 しかし初めて行くHPでフリーズするのかどうかは事前には分からないので非常に困っています。 現在のシステムは NT4.0WS+SP3、ブラウザはコミュニケーター4.05、IE4.01+SP1どちらでも同様の症状が出ます。 また、MSのHPからいくつかパッチを落としていれましたが状況は変わりません。 情報をお持ちの方よろしくお願いします。 私も以前同じ症状が出たことがあります(win95ですが)。 結局はビデオカードが原因でした(ATI製)。 一度ハードウエアを疑ってみてはどうですか?ビデオカードでインターネット使用中に不具合が出た製品が過去いくつかあったと思います。 これらの製品はBIOSのUPデートで直るみたいですが。 私の場合は付属のユーティリティソフトが原因でした。 参考になればと思います。 NNの4.0X(Xは1〜5のどれか)では,中国文字のHP(特に台湾,中国本土)にいったときに,中国フォントをきちんと指定しておかないと一般保護エラーになることがあります。 メモリを48MBに増設したら減りましたが,なお起きることもあります。 フォントがない場合は,Microsoftからダウンロードするか,アルファベットで代用(当然中身はぐちゃぐちゃになりますが。 )するとよいでしょう。 ーザーインターフェースについて Q-No. 733 通常Win95では、ユーザーインターフェースはExploer. exeだと思うんですがこれがtaskman. exeになってしまいWin95を起動するといつもの画面ではなくtasklistが立ち上がってしまいます。 これを直すのはどうしたらいいでしょうか。 もしかして、間違っているのでしょうか。 どなたか、回答お願いします。 system. iniのshell部分が何かの拍子に書き換わったと思われます。 exe にて[boot]内のshell部を下記のように書き直せば直るでしょう。 exe 98. hana oshiba LAN CardのDOS用ドライバの入手先を教えて Q-No. 732 Toshiba PCI LAN Card 100 Base-TX のDOS用ドライバの入手先ってどこかにあるでしょうか?東芝のホームページにはないようなので・・ 98. そんなものは存在しないでしょう。 まず、普通に考えてみてください。 100Base-TXとは 最近、メジャーになりつつあるLANの形態です。 つまり、Windows95が標準OSである時代に誰がDOS用の100Base-TXドライバを作ると思いますか? あなたがドライバを作る立場であれば、絶対に作らないでしょう? そういうわけです。 MV-5133T3でFDDが起動してしまう Q-No. 731 FMV-5133T3を使用しているのですが、Cドライブ HDD のフォルダ&ファイルを開く時に、Aドライブ FDD を読みにいってしまいます。 (すぐに止まりCドライブを読み込みますが) 解決法をご存じの方、ご回答頂ければ幸いです。 ありがとうございます。 ウイルスチェッカーなど,常駐プログラムが影響しているのではないでしょうか.そのあたりの設定を変えれば静かになると思います.あとは「最近使ったファイル」にフロッピーのファイルがある場合もディスクを読みに行くことがあるようです. 98.

次の

Googleからジャンクアプリの削除をしろとの警告

ジャンク ファイル が 検出 され まし たか

目次 1. ウィルス対策ソフトとは? ウィルス対策ソフトとは、パソコンに入り込もうとするウィルスを監視したり感染を防いだりして、デバイスに異常が出ないようにあらかじめ措置を講じることができるセキュリティソフトを指します。 パソコンに限らず、スマートフォンやサーバーなどもウィルスやマルウェアの脅威から守ることができる非常に優れたソフトウェアです。 感染したあとからでも駆除することができるので、デジタル端末を危険から守るためには必ずインストールしておかなければなりません。 ウィルス対策ソフトは、無料のものから有料のものまであり、性能やできることはソフトによって変わってきます。 また、かつてはソフトウェアをパソコンにインストールして使うものが多い傾向でしたが、今ではインストール不要のオンラインのウィルススキャンも出ています。 ウィルス対策ソフトの主な機能5つ! ウィルス対策ソフトを使うとどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。 ここでは、ウィルス対策ソフトに搭載されている機能の中でも特徴的な機能を5つ紹介していきます。 2-1. ウィルス対策 最も重要な機能はウィルス対策です。 ウィルスは、インターネットを介して感染しますが、ウィルス対策を何もしないままインターネットをしていると、万が一ウィルスサイトにアクセスした際に感染を免れることはできません。 ウィルスに感染するリスクは、ネットサーフィンをしているとき以外にも潜んでいます。 メールに添付されたファイルを開くなどでも十分ウィルスに感染する可能性があるため、「何も対策が施されていないパソコンは常に危険にさらされている」といっても過言ではありません。 ウィルス対策ソフトがインストールされていれば、パソコンを監視し、ウィルスの侵入や感染がないかをチェックしてくれます。 また、ネット上でダウンロードしたものやメールに添付しているファイルなどにウィルス感染がないかについてもしっかり見守ってくれるため、安心してパソコンを使うことが可能です。 もしウィルスを発見した場合には削除したり無害化したりすることによって確実に駆除してくれます。 2-2. 個人情報の保護 ウィルス対策ソフトの役割として忘れてはならないのが、個人情報の保護です。 ウィルスに感染することで起こる影響は、パソコンが正常に機能しなくなるということだけではありません。 パソコンは、名前や住所、クレジットカード情報などの個人情報をインプットすることで非常に実用的に使うことができます。 しかし、ウィルスに感染すればこれらの重要な個人情報が外部に漏れてしまう可能性があるのです。 ウィルス対策ソフトは、大切な情報を外部に漏らさないように常に監視する機能がついているため、このようなリスクを排除してくれます。 外部に漏れると困るような情報は、あらかじめソフトに登録しておけば、外部に送信される際に警告を発してくれるので、いち早く危険を察知することが期待できるでしょう。 2-3. パーソナルファイアウォール パーソナルファイアウォールも非常に役立つ機能として挙げられます。 パーソナルファイアウォールとは、外部からパソコンに侵入しようとする脅威を防ぐもので、パソコンを安全に使うためにはなくてはならない重要な機能です。 信頼性の低い外部からの通信を遮断、通信データの記録を収集して安全性を解析、IDやパスワードで利用を許可されている人かどうかを判別するなど強固なバリアを張り巡らせます。 そのため、信用度の低い外部からは簡単にアクセスすることはできません。 不正アクセスを防ぐ意味でもパーソナルファイアウォールは、欠かすことのできない機能です。 2-4. 有害サイトの規制 「有害サイトを規制する」というのも特徴的な機能の一つです。 この機能によって有害サイトを閲覧しようとすると警告を発してくれるようになります。 ウィルスの侵入は、有害サイトへのアクセスすることでも十分起こりうるのでしっかり対策しておきましょう。 ネットサーフィンをしているといろいろなサイトを閲覧することになりますが、なかには健全なサイトを装って侵入を図ろうとする「なりすましサイト」も存在します。 セキュリティが整っていない状態でアクセスすれば簡単にウィルスに感染してしまうでしょう。 きちんと対策しておけば、信頼性の低いサイトを的確に察知してくれるので、危険にさらされる心配もありません。 また、未成年が有害なサイトにアクセスしないように設定することができるのもこの機能の特徴です。 子供とパソコンを共用しているという人でも安心して使うことができます。 2-5. 迷惑メールの対策 迷惑メールを受信しなくなるという点もウィルス対策において非常に大きな役割を果たします。 ひと口に迷惑メールといってもその種類はさまざまです。 しつこく勧誘してくるようなメールもあれば、なかにはウィルスやスパイウェアが含まれた悪質なものもあります。 「クレジットカードが不正に利用された可能性があるのですぐにこのアドレスにアクセスしてください」というようなメールを受信して不安になったことがある人もいるのではないでしょうか。 ちまたではこのような不安感をあおって巧妙に個人情報を抜き取るフィッシング詐欺が横行しています。 頭で分かっていても、いざ受信するとなかなか冷静に判断することができない人も少なくありません。 しかし、ウィルス対策ソフトを導入すれば、悪質と思われる迷惑メールをフィルタリングして、目につかないようにしてくれるのでそのような罠に引っかかることもなくなります。 また、特定のドメインやユーザーからのメールに目印をつけたり受信拒否したりすることもできるので、受信箱をきれいに整頓できるというメリットも享受できるでしょう。 ウィルス対策ソフトが必要な理由 ウィルスの力は侮ることができません。 なかには、ウィルス対策をまったく施さずにパソコンを利用している人も多くいますが、その大半はウィルスがどのような影響を及ぼすのか理解できていない可能性があります。 ウィルス対策は、なぜ行う必要があるのでしょうか。 ここでは、ウィルス対策ソフトがどれだけ必要なものであるのかを3つの点から説明していきます。 3-1. ウィルスの巧妙化と複雑化 ウィルスは、時を重ねるごとに進化しているという実態があります。 それに伴ってインターネット上の犯罪も年々巧妙なものになっているため、簡単に被害を免れることができなくなりました。 かつては、大量に迷惑メールをばらまくなどターゲットのはっきりしないものが多い傾向でした。 しかし、現代では特定の組織や人物に標準を絞ってピンポイントに攻撃することができるようになっています。 いったんウィルスに感染すると内部データが暗号化されてしまいますが、解除のために代金の支払いを要求されることも少なくありません。 これまでよりも一層防犯意識を高く持たなければ、このような犯罪も簡単に巻き込まれてしまうでしょう。 ウィルスは、これからもどんどん進化し続けていくことが予想されます。 実際、今まで見たことないような新しいウィルスも次々と登場しているため、従来のウィルス対策ソフトでは対抗できなくなるケースもないとは言い切れません。 そのため、防犯対策は一時的なものではなく、継続していく必要のある重要な作業であることを理解しておきましょう。 【おすすめの無料ソフト】パソコンのセキュリティをさらに強化。 3-2. ウィルス感染によるリスクの大きさ ウィルスに感染すると、あらゆる面において大きなリスクが生まれます。 パソコンやシステムが利用できなくなるだけでなく、第三者によって遠隔操作されれば、より深刻な被害を招きかねません。 また、自分がウィルスの感染源となってしまう危険性も想定しておく必要があります。 自分のパソコンだけに留まるような被害ならまだしも、そこから外部へとどんどん感染が広がっていく可能性も否定できません。 もし大事なクライアントのパソコンに被害を及ぼすようなことがあれば、その先の事業運営に大きな支障をきたすことになります。 ウィルス対策を怠ったがために、会社が経営難に陥ることもあることをきちんと考慮しておきましょう。 住所や名前など、大切な個人情報が流出することで考えられるリスクも存在します。 もし個人情報が流出してしまえば、クレジットカードを勝手に使われたり、自分の個人情報を悪用されたりして取り返しがつかない状況に陥るかもしれません。 また、ホームページが改ざんされるなどしてデータが破壊されることもあります。 特に、たくさんの顧客を抱えているような場合、大きな混乱を招いてしまうでしょう。 顧客保護の観点からもウィルス対策を怠ることはできません。 3-3. ウィルス対策ソフトなら自動駆除が可能 有名なショッピングサイトや宅配便などを装い、不審には思えないメールの中にウィルスが潜んでいるケースも非常に増えています。 そのほかにもウィルスの侵入経路はたくさんありますが、どこにウィルスの危険が潜んでいるのかを見分けることは極めて難しく、ウィルスの感染リスクを完璧に排除することはできません。 なかにはパソコンの内部でこっそりと活動するようなウィルスもあり、自分ですべて駆除することは不可能といえるでしょう。 ウィルス対策ソフトの優れている点は、どれだけ巧妙なウィルスも自動的に検知できるところです。 感染していることを一切気づかせないような悪質なウィルスも確実に駆除してくれるので、被害を未然に防ぐことができます。 Windows10ではウィルス対策ソフトがいらない? パソコンのオペレーティングシステムは、年々性能が向上しています。 Windows10には、「Windowsセキュリティ」という機能があるのをご存じでしょうか。 Windowsセキュリティは、ウィルスの検知や駆除を行うだけでなく、有害サイトへのアクセスや危険なデータのダウンロードしそうになったときに警告を発する機能が備わっています。 基本的なセキュリティ対策が含まれており、ウィルス対策をしなくてもある程度安全にパソコンを使うことができる点は、Windows10の優れているところといって良いでしょう。 ただし、完全にウィルスの感染を防ぎたいのであればWindowsセキュリティの機能に依存するのはおすすめできません。 ウィルスが巧妙になると、Windowsセキュリティの防犯機能は簡単に破られてしまいます。 どれだけWindows10の性能が高いといえども、セキュリティ対策に一切配慮する必要がなくなったわけではありません。 防犯性を高くしておきたいのであれば、市販のセキュリティ対策ソフトを使うようにしましょう。 Windowsセキュリティよりも機能が優れているため、安心して利用できます。 【おすすめの無料ソフト】パソコンのセキュリティをさらに強化。 ウィルス対策ソフトの選び方 市場には、たくさんのウィルス対策ソフトがあふれています。 なかには、「商品に対する知識がないのでどれを選べば良いのか分からない」という人もいるのではないでしょうか。 そのような人たちに向け、ここでウィルス対策ソフトを選ぶときに押さえておくべき6つのポイントを解説いたします。 5-1. 性能 ウィルス対策ソフトを選ぶ際、真っ先に押さえておかなければならないのは「どのような性能が備わっているか」という点です。 その中でも特に重要になのが、「ウィルスの検知率」と「動作速度」。 この2点に注目すると、「そのソフトがどれほどの性能を備えているのか」が分かってきます。 ここでは、どのような違いが出てくるのか、もう少し詳しく解説していきます。 5-1-1. 検知率 「検知率」とは、ウィルスをどのくらい検知できるかを数値で表したものです。 ウィルスの感染を防ぐには、侵入する前の段階でいち早くそのリスクを察知しなければなりません。 この数値を見ることで、そのソフトがどれだけ敏感に感染リスクを察知できるかが一目で分かるようになっています。 検知率は、第三者機関が実際にウィルスを使っていくつ検知できるかテストしながら数値を算出しているので信頼性は高いのは確かです。 しかし、テストに使用されているウィルスは「すべてその時点で知られているもの」ということは理解しておきましょう。 新種のウィルスに対する検知率までは分からないため、たとえ数値が高いソフトを選んだとしても、もっと巧妙なウィルスが現れればさらなる対策を打つ必要が出てきます。 5-1-2. 動作速度 動作速度を見れば、そのソフトを入れることでパソコンの動作にどれほどの影響を及ぼすかが分かるようになっています。 ウィルスチェックは、ある程度パソコンに負荷をかけながら行われるので、ウィルス対策ソフトをインストールすると場合によっては動作が重くなってしまうことがあるのです。 インストール後も快適にパソコンを使いたいのであれば、動作速度の速いものやメモリをあまり使用しないものを選ばなくてはなりません。 また、より防犯性を高くするためには、フルスキャンをしてパソコンと周辺機器すべてをチェックすることが必要です。 しかし、フルスキャンはパソコンにかける負担も大きくなります。 パソコンをあまり使わない時間に行えば重くならずに使えることもあるので、動作を気にしないでパソコンを使いたい人は就寝中にウィルスチェックを行うなどの工夫をするようにしましょう。 5-2. 価格 ウィルス対策ソフトの価格は、種類によってさまざまです。 ウィルスをいち早く検知し、動作もスムーズになるようなソフトは必然的に価格も高くなっていきます。 しかし、ウィルス対策ソフトはパソコン自体の性能を向上させるものではありません。 「パソコンをウィルスの脅威から守る」というのは確かに心強い機能ですが、生活が格段に便利になるわけでもないため、その効果を肌で感じることは少ないかもしれません。 ウィルス対策にあまりお金をかけたくないというのは、多くの人の本音であるのも事実です。 とはいえ、安くて性能の悪いソフトを選んでしまってはウィルス対策の意味がありません。 パソコンを安心して使うためにも、ある程度の水準を保ったウィルス対策ソフトを選ぶように心掛けましょう。 5-3. OSやバージョンの対応可否 ソフトの選定においては、「対応OSが何なのか」「バージョンがどのようになっているのか」を確認することも大切です。 ウィルス対策ソフトによって、WindowsやMacなど対応OSが異なりますが、非対応のソフトを購入してしまうとインストールすることができません。 なかには、スマートフォン用にAndroidにインストールできるようなソフトも出ています。 自分の使っているパソコンのOSや、バージョンをきちんと把握することはもちろん、用途なども考慮しながらソフトを選ぶようにしましょう。 MacユーザーよりもWindowsユーザーのほうが多いため、ウィルス対策ソフトは、Windows対応ソフトのほうが安い傾向です。 そのため、Macを利用している人は、Windows版よりも余計に費用がかかることをあらかじめ理解しておく必要があります。 5-4. サポート体制 ウィルス対策をしていても、すべてのケースで感染を予防できるわけではありません。 ソフトをインストールしているにも関わらず、ウィルスに感染するようなことがあれば、メーカーのサポートを依頼して駆除することになります。 しかし、すべてのメーカーが万全なサポート体制をとっているわけではありません。 なかには、メールでしか相談できなかったり、レスポンスが遅かったりするメーカーもあるのです。 場合によっては、十分な安心を得られないこともあるでしょう。 ソフト選びにおいては、「電話対応でしっかり話を聞いてくれるのか」「窓口の対応時間はいつまでなのか」ということをチェックすることが非常に大切です。 「サポート体制を重視したい」という人なら、24時間365日電話対応可能なところを選ぶことがおすすめでしょう。 土日や夜間のサポートを受け付けていないようなメーカーだと、緊急時に助けを求めることはできません。 いつでも相談できるようなサポート体制が整っているところを選べば、もしウィルスに感染したとしても被害を最小限に抑えることができます。 また、サポートが充実しているところなら、パソコンの操作方法などに関する質問なども受け付けてもらえるでしょう。 パソコンが不調になるのは、必ずしもウィルスが原因になっているとは限りません。 ウィルスによる不調でなかった場合でも、親切に相談に乗ってくれるようなメーカーを選べば、より安心してパソコンを利用することができるでしょう。 5-5. インストール可能台数 インストール可能台数にも目を向けておきましょう。 ウィルス対策ソフトによって、ソフトをインストールできる台数は異なります。 1台のデバイスにしかインストールできないものもあれば、3台や5台など数が決められているもの、さらには無制限にインストールできるようなものなどさまざまです。 現代では、複数のパソコンを用途によって使い分けているケースも少なくありません。 また、スマートフォンとパソコンをリンクさせて同時に活用する人も増えています。 1台しかインストールできないソフトを選ぶと、場合によっては効率よく対策することができないうえに費用が余分にかかってしまう可能性もあります。 そのため、ソフトの選定の際は、インストールしたい端末の台数や家族の人数なども考慮することが必要です。 5-6. 使用期限 ウィルス対策ソフトは、必ずしも永続的に使えるというわけではありません。 「1年版」「3年版」「5年版」などと使用期限が限られているものもあるので、きちんと確認しておきましょう。 年数が長いものほど、1年あたりの価格は安くなりますが、長く使える分最初にかかる費用が高くなりがちです。 また、サービスに不満が出てきた場合、1年版を利用していれば使用期限が終わるまで少し我慢すれば済みますが、5年版を選択していると無駄なお金を払い続けてしまうことになります。 そのため、サービス内容を完全に把握できていないうちから長期版を購入するのは、このようなリスクが高くなるのであまりおすすめできません。 長期版のメリットは、使用年数を複数人で振り分けられるという点にあるので、家族で一つのソフトを共用するといったときに選ぶと良いでしょう。 使用期限が切れた場合、更新しなければ続けて使用することができません。 更新を忘れるとウィルスを検出できなくなってしまうので気をつけましょう。 うっかり更新忘れしてしまいそうな人は、更新が不要なソフトを選ぶのがおすすめです。 一度インストールすれば、更新時期を気にする必要がないので気兼ねなくパソコンを使うことができるでしょう。 ただし、使用期限があるものに比べて価格が割高になっているため、ある程度長く使用していかないと損してしまうことになります。 サービス内容に不満が出ることのないように、購入の際は性能やサポート内容などしっかり確認しておくようにしましょう。 使い勝手はどう?まずは無料版を試してみよう! ウィルス対策ソフトの性能をきちんと把握したうえで購入するためにも、無料版を利用して使い勝手を確かめるようにしましょう。 無料版と有料版の主な違いは、広告やサポート体制の有無です。 無料版には広告が出て、ウィルス対策ソフトのメーカーに広告収入が入るようになっています。 また、サポートをなくすことで人材やシステムの費用を浮かせているというのが無料版の特徴です。 しかし、お試し感覚で使う分には不自由に感じることは少ないでしょう。 使い勝手や動作の軽さなどを確かめるには、十分といえるほどの機能が備わっているので、「失敗を少なくする」という意味でも積極的に使って行くことをおすすめします。 一番賢明なソフトの購入手段は、まず無料版を試して使い勝手に納得したうえで有料版に移行することです。 グレードアップした有料版のサービスを受ければ、無料版を使用しているときよりも高い満足感を得ることができます。 【おすすめの無料ソフト】パソコンのセキュリティをさらに強化。 セキュリティについてはユーザーの意識改革も大切! ウィルス対策ソフトには、ウィルスをいち早く検知して確実に駆除してくれる非常に便利な機能が備わっています。 パソコンを危険から守るためには、欠かせないソフトといっていいでしょう。 しかし、「送信元が不明なメールを開かない」「あやしいURLをクリックしない」など、ユーザーのセキュリティ意識を高めることも大切です。 セキュリティに関する知識を深めたうえでウィルス対策を行うようにしましょう。

次の