ポケモン 氷統一。 ポケモン剣盾の対戦についてアドバイス貰いたいです。氷統一パって皆さんならど...

【ポケモンORAS】氷統一パーティはいかが?【シングルレート】

ポケモン 氷統一

レートの環境が固定されてきてつまらないそんなシーズンですがネタに走ってみるのもいいでしょう。 今回は氷統一の紹介です。 弱点が多すぎる上に環境トップに軒並み弱く中々厳しい氷統一ですが、何とか活路を見いだしたい… まずはこれをご覧ください 見ての通り現在(シーズン9途中)ののランキングですね 上位12体が出ています。 見切れてるんですがそれは… 氷統一で何が重いかというとこの上位12体のうちの ・ ・を除く全てのになります。 ちなみには選出されたことすらありません。 やったぜ。 この他にも・・…etc ととにかく弱点が多い。 これを如何にカバーしていくかが鍵になります。 眼鏡持ちということで火力も申し分なく頼りになるだが耐久がいささか不安でもある。 ブレバ以外攻撃技がないやにも何とか勝てる。 なお、選出率は最下位。 陽気だとが抜ける、意地っ張りだとBに振られているでももっていけるとか性格論争が起こりそうだがそんなことを言っている場合でないほど立場が危うい。 昔は対策で襷カウンターなるものを使っていたがどいつもこいつもはたき落としてくるので使い物にならなかった。 物理がインフレするこの世界の中でも輝きを放つ存在で、天敵の、を狩る。 在日は土下座。 特殊相手でも優秀な特性の頑丈+で仕事をしてくれる イバンのみや弱点保険など使い道は多岐に渡るが氷タイプで物理をまともに受けれそうなのがコイツしかいないのでゴツメ安定。 メガがアホみたいに流行っていた時代は陽気で運用していた。 や、、といった天敵を上から殴るのが役割。 何故かスカーフが警戒されにくく、メガなどは余裕で居座ってくる場合が多い。 パーティー全体を見回したときこの以外に襷を持ってそうながいないというのも一理あるが、とにかく読まれにくいので普通のパーティーでも使える氷タイプ界のホープ。 何故この型に辿り着いたかは不明で恐らくを完封するために作られたものと推測する。 地味ににも強い。 眠るで回復できるのでの思考回数を増やせるという利点もあり、以外物理を受けられないこのパーティでは割と貴重な存在。 しかし、チョッキを持っていないためミトムに弱くなってしまったという面も持っています。 このパーティの戦い方 氷統一は数ある統一の中でも最弱の部類に入ると思います。 これほどまでの弱点を背負って戦うので交代で受けるという概念が通用しません。 初手で有利対面を作り、相手を一体無傷で倒す。 ここまでやってようやく普通のパーティと同じ舞台で戦えるというような感じです。 しかし、タイプ統一というものが相手の選出に強烈な縛りを与えます。 これを利用して相手の初手を読むことは決して難しくないので、うまく相手の選出誘導をして戦いを有利に進めることがこのパーティでの戦い方になります。 ここまで見ていただきありがとうございました。

次の

【ポケモン剣盾】シーズン4(シリーズ3)に向けたPT備忘録【氷統一パ】

ポケモン 氷統一

こんにちは、普段氷統一でレートやフレ戦などをして遊んでいる淡雪と言うものです。 あらかじめお伝えしますが、今回のこの記事は氷タイプのをあまり使ったことのないという方やそもそもあまり対戦したことないという方に、氷タイプののみで組んだ氷統一における対戦雰囲気を感じてもらおうという趣旨になっております。 そのため、この記事は 氷統一で高レート帯に行くための徹底的なメタ考察などは含まれておりません。 氷統一におけるレート向上の構築記事をお探しの場合はブラウザバックをお勧めします。 また、氷統一案の最後に、今回紹介したパーティのを載せておりますので、是非お試しください。 こおりタイプのタイプ相性 さて、氷統一をするにあたって、まずは基本的な氷タイプのタイプ相性から始めましょう。 氷タイプのが 2倍でダメージを受けてしまうタイプは格闘・岩・鋼・炎の4タイプ。 反対に、 半減することができるのは氷タイプのみです。 無効にできるタイプはありません。 このタイプ耐性が、氷タイプが辛いと言われてる原因の一つですね。 相手のが良く技スペースに仕込んでいるメジャーなタイプに抜群をとられてしまいます。 では、氷タイプの技はどうかというと、相手の 地面・飛行・草・ドラゴンに2倍でダメージを与えられ、鋼・炎・水・氷に半減ではいります。 ドラゴンタイプに抜群に入るのは大きいですね! 2. タイプとしての特徴 他のタイプにはなく、氷タイプのみが持つ特徴として以下の物が挙げられます。 ・天候が「あられ」状態でもターンの終わりにダメージを受けない ・相手の「」が効かなくなる。 ・「こおり」の状態異常にならない ・「」の命中率が30%。 (氷タイプ以外だと命中率が下がる) 氷タイプのには天候「あられ」状態で効果がでる特性を持つが多いことから、「あられ」状態には積極的にしていきたいですね!「」の仕様もUSMから変わっているので重要です! 3. 氷統一で注意する相手 さて、それではいよいよ対戦面です!一つのタイプで6匹を組んでいるので、どうしても辛いタイプやが出てきてしまいます。 では具体的にはどんなが良く出されるでしょうか今回はにおけるシングルレートのランキング30位までの中で挙げていきましょう。 氷統一をしている上で、氷4倍のは選出されないのかと言われると、そんなことはありません。 起点を作ってが出てくることや襷でステロ撒いたりスカーフで攻撃してくるを見かけたり、不意にが出てきたりもします。 さらに、 炎タイプや鋼タイプのは出てこない方が稀です。 そして、それらのタイプのが持つことが多いステロは氷統一にとってはとても痛いので注意しなくてはいけません。 初めての氷統一案 さて、苦手なや氷統一における基本的な特徴をある程度述べたところで、今回の本題。 初心者でもある程度楽しむことができる氷統一の6匹の案を書きます。 優秀な攻撃とそれなりの速さを持っているので、スカーフを持たせると多くの相手に対抗できます。 初手に出てきやすいや、壁貼りやステロを撒きに来た襷持ちを相手にしたり、氷統一にとって相手しにくいや・加速前のやゲンガー等の達も相手にできます。 襷やにダメージを与えられる連続技があるのも便利なところで、初手に出しても最後の詰めにも活躍してくれるお勧めのです。 A補正のない性格ならのを確定で耐えてくれます。 補正がかかっていても95%程度の確率で耐えてくれます。 ZサマでHに252振っているを80%程で倒せます。 先にをしていれば確定1発です。 万一残ってしまっても、で倒し切りましょう。 正直確定耐えのために防御の実数値を3上げたいのですが、そうするとZサマの乱数が不安になるのでこれでいいと思っています。 以外にもや等、出していきたい相手は割と多いです。 対面から多くのに大ダメージを与えることができます。 性格補正がなくても、最遅よりも遅く行動できるのもポイント。 性格で素早さに下降補正をかけているので、ジャイロボールを技の中に入れても強いと思います。 や、等、倒せる可能性が高いが多いのが魅力ですが、問題点も中々に多いです。 例えば、が発動しても、でH振りのは低乱数といった絶妙に足りない火力。 その素早さの遅さから、 ステロなどであらかじめ頑丈が潰されると何もできないで倒されてしまう点など。 特に後者の問題は大きく、おにびを使えるはほぼ間違いなく使ってきますし、弱点技以外で攻撃されてから一気に倒される等も良くあります。 頼りにはなりますが、安心しすぎないようにしましょう。 メガや、そしてややに対して主に出していきます。 Cに少し振っているのは、HDメガをめざめるパワーで乱数でも2発で倒したいと考えているためです。 Cに割いた分をBに回すのも選択肢としては当然ありだと思います。 耐えられる幅も大きくなりますので!おにびとリフレクターの場所は、ステロや相手の壁を解除できる、特殊方面もサポートできる、回復手段の少ないの為のいたみわけ等の技に変えても戦えると思います。 攻撃技も、サイクルができるや高火力ふぶき、などに強くなれるサマ等を覚えるので是非、色々と試してみてください。 他にも、や、カプ系統などの攻撃も大抵は耐えられるのでパーティにいるととても安心ができます。 最後の1匹同士でぜったれいどや攻撃技を撃てる機会が多いというのは弱点技を撃たれやすい氷統一としては大きなメリットとなります。 やメガなどが後出しされることも多かったので、めざめるパワーを入れてもいいかなと思います。 ただし、そんな短所を補えるほど、氷統一において、 そのCの高さとタイプ一致パー技が嬉しい。 今回の個体は、タスキを持たせるし、どうせここまで低いなら防御に下降補正かかっても大差ないかなと思い、がちょっとでも入るようにおっとりに。 からのやで、良く出てくるや、あたりを突破してくれます。 自分より遅そうな相手や交換読みをするなら、相手をねむり状態にするあくまのキッスを撃つと可能性が増加します。 以外と特性が知られていないのか、体力の少ないやなどの水タイプに出すとを使われ、ステロ分を回復してくれるといったことも多々あります。 のミズZや雨パ、にも強く出していけるです。 逆に、晴れには滅法弱いので注意しましょう。 にも有効打が欲しいならを入れたり、氷統一でとだけが使えるを入れるという選択肢もありです。 少々お待ちください) 5. 最後に いかがでしたでしょうか?今回のこの記事で、少しでも皆様が氷統一に触れる機会になれたのでしたら幸いです。 対戦をしていくにつれて、あまり見られないような自分なりの型が産まれやすいのが統一をしている魅力の一つだと私は考えています。 是非、皆さんも氷統一を始めてみてはいかがでしょうか!

次の

【ポケモンORAS】氷統一パーティはいかが?【シングルレート】

ポケモン 氷統一

タイプ統一パとは、のPT構成について全てののを統一したPTである。 概要 タイプ統一パは、PTに含まれる6体に全て同じを含ませたPTである。 やなど、含まれるを頭に付けて呼ぶ。 さらに複合なしの単色タイプ統一パもある。 制限で困ること タイプ統一パでは通常のとは違い、特殊な立ち回りがめられる 弱点が共通 同じをえるため、そのままでは簡単に一貫性を持たれてしまう。 何も対策しないと為す術もなく3タテということになりかねない。 弱点が同じということは交代の恩恵が少なからず失われてしまい、に不利である。 浮遊、、貯等のや、、半減実などの具、電磁浮遊やはねやなどの技、・ひこう・でんき・の効相性といったものに普段より重点を置く必要がある。 一致技が共通 弱点が共通であるということよりも、範囲が問題になるもある。 例えばは半減されることが多いし、はとにかく技の威が足りない。 ウェは本職に威で劣るどころか、ウェがのも存在する とかとかz)。 純なアタッとして運用するならば、がを補ってあるか、複合で一致技を獲得するかが必要。 によっては全くと言っていいほど覚えられない技もあるため、にも気を使わなくてはならない(基本的にはこおり技を覚えないし、はほのお技を覚えない。 や鋼複合に遭遇するとキツイ)。 ポケモンの選び方 上記から、アタッは範囲や威にがあるため、よっぽど万なorった 前者は、は等 でない限り向かない。 範囲をできるだけ増やすために普段絶対に採用されないような技を組み込むことも多い。 また、守備にしても、相手が選定の際に確実に狙ってくるため、対策を取られてしまうことが多い。 育成の際は、普段受けのを特殊受けに育てなおすなど、にとらわれずに染むようにする。 そして、もっとも活躍するのが搦め手。 かなしばりで封殺したり相性差をひっくり返すほど積んだり火で機停止させたりとありとあらゆる手段で敵の攻撃をしのぐ。 相性が悪くともみちづれやだいばくはつ、コート等で1:1交換をすれば対等な位置まで持っていくことができる。 例えば岩に弱いだからといって、相手のが岩技を持っているわけではいので、有効打を仕掛けてくるを先に落とせば後はそれほど気にせずに戦える。 相手は高で有効打を持つをに持ってくるため、選出もやすい。 どのにも言えるが、弱点を消したいから…と安易に複合を探すのではなくいかにして敵を潰すかという勝ち筋を考えること。 弱点が少なくなったからといって、それだけでは相手を倒すことはできない。 こういう相手を倒すにはこのが必要だ!と、一匹一匹丹念に調べることがにつながる。 各タイプの傾向 ノーマルタイプ とは名ばかりの、集団。 、、、系、、等一筋縄ではいかないがこれでもかというほど集まっている。 格闘弱点をする複合は飛行もしくはパー。 飛行の場合ウェの岩に注意が必要で悩ましい。 ほのおタイプ その一。 弱点がみず・じめん・いわの3つで全てであるため脆い。 パ、砂パに当たると非常にやりにくいので対策必須。 二種類のが可な、ーフor、加速、ひでり、ウェともに優秀な、両可ななどナップは優秀。 総じてアタッとしてのに優れ、通り「火」の高さが魅。 みずタイプ その二。 とにかく種類豊富な上弱点も少なく、を習得したのおかげでパも組みやすくなったため、編成で頭を悩ませる必要はさほどないだろう。 多くのがを持つため対策もできる。 苦手なは氷や、そうしょくでぐことができ、もちくでん、で難なく流すことができる。 くさタイプ その三。 弱点まみれかつ一致攻撃の範囲が狭く、パもという困った。 補助技と複合でどれだけれるかという。 が対策として必須。 でんきタイプ 弱点一つというた耐性。 しかしが低い場合が多いため過信は禁物。 ナップに難があり、が少ない。 複合のや地面受けの飛行複合の、、が鍵。 アタッに乏しく、また炎の、も相手にし。 対策に氷技も必要になるため、いかに技を組むかが重要。 いわタイプ 硬そうで脆い困った。 弱点が多いため、頑丈からの高威で仕留めるか、砂パにしてを上げるか、積み技で一気にを上げて攻撃するかというがある。 ただしをまかれたりパに当たると頑丈が消えてしまう。 苦手なを安定して受けられるがぐらいしかないため、特にパには特別に対策を考えなければならない。 じめんタイプ と縁なため動きやすい。 特殊アタッに欠けるが攻撃範囲が広く不安はない。 なみず・こおりが怖いが、しかし地面複合に優秀なが多くは簡単に受けられる。 また砂をまける、すなかきで驚異的な素さを得られる、高いと優秀な耐性を持つ、そしての切り札であるがいるたほど苦労を強いられることはないだろう。 こおりタイプ ほぼパ。 はほぼ必須。 弱点が多すぎるので必中や隠れなどをいかに活かすか。 苦手なやには複合のか厚いのやが鍵を握る。 単だけだと耐性がないので非常に厳しい。 第六世代からが5に制限されたため、限られたの中での効果的な立ち回りも必要になってきた。 パーに弱いとはいえ、補助技のほうが多いこともありそんなに気にしなくても良い。 鋼には効化されるため攻撃面ではつらい部分があるが、性が非常に優秀なのでり勝ちに持っていくことが肝心。 特に格闘耐性を岩弱点なしで手に入れられるため、等を積めばウェごと封殺できる。 同じ相手に対しては、どくどく効かつスモッグ・などで積みを崩せるため優位に立つことができる。 ・・等の組となどの鈍足組を上手く使い分けたい。 第六世代からだけでなくにも抜群が取れるようになったため、活躍するが増えた。 エスパータイプ かつてのも対策まみれで苦に。 で押すかでるか役割を決める必要があるが、一致技の威が総じて低いため面では他の統一とべて劣り気味。 ガ珠持ちや、各種補助技を駆使するなど。 が欲しいならも可。 かくとうタイプ 今乗りに乗ってる。 共に高威で隙がない。 とはいえ特殊方面にがあるので特殊方面をバッサリ切って突破するか、を振って積むかをする必要がある。 また両にしやすいもいるため普段は選択しないような技でを補う手もある。 総じて受けを出されるとキツイので選出に注意。 ひこうタイプ いわ・こおりの弱点が。 ただし単色がどおらず、が豊富なので実質のがないともとれる。 三やをはじめ準も多いのでに次ぐのができる、かもしれない。 むしタイプ 格闘耐性と地面耐性がおいしいがそれ以上にいわ弱点が痛い。 とくにひこう複合炎複合は岩4倍であっけなく死ぬ。 そもそもはひこういわじめんをウェにしていることが多く、せっかくの格闘耐性が泣いている。 ただしはがね複合はお互いの弱点を消し合って炎を以外を封殺できるので対格闘・パ・に有効。 ほのお格闘?。 、、と攻撃に偏ったメンツが第5世代で大量追加されたのでしたいところ。 ゴーストタイプ 猛威を振るう格闘やちらほらいる浮遊持ちにより地面を抑えることができる。 しかし攻撃技の範囲は狭く敵は弱点を突けない。 「みちづれ」「おにび」「あやしい」と言った変化技は豊富なのでそれを使いこも手。 を逆手にとってやなどで攻撃的に攻めるのもありか。 ドラゴンタイプ 半減されるが少なくでのが可。 敵のを抑えるためになどを出せば安定する。 しかしには半減され、第六世代から登場したには技が効になるため、ウェをえないと止められやすい。 鋼や炎の技を覚えるが多いため、それを上手くしよう。 もウェとして技を持っているがちらほらとおり、安定して出せる相手は以前より減ったが、それでも受けられるは少ない。 はがねタイプ 耐性は優秀なものの、ウェに乏しい鋼はでは苦しい。 やりくりするか、補助技で行くのもよい。 特殊方面も低く相性で勝ってもそり負けるという事もありうる。 鋼一の高速アタッや、技豊富ななどをおりまぜて鋼らしくない立ち回りをさせるのも一考。 あくタイプ 弱点耐性ともに少なくのといえる。 ただし一部を除きいずれもが低めなので油断は禁物。 いかに格闘を抑えられるかが鍵。 第六世代からはも技を覚えるようになったため、更に上手な立ち回りがめられるようになった。 フェアリータイプ 全体的には高く耐性も較的優秀だが、素さの高いが少ない。 思わぬところから技や鋼技が飛んでくる可性もあるため注意しよう。 関連動画 関連項目•

次の