と ある 男 が 授業 し て みた 算数。 とある男が授業をしてみた

おうち算数(数学)の強い味方:「とある男が授業してみた」動画シリーズ

と ある 男 が 授業 し て みた 算数

単位変換の問題• 2年生「長さをはかろう」「水のかさをはかろう」• 3年生「長さをはかろう」「重さを数で表そう」• 4年生「広さを調べよう」• 5年生「直方体や立方体の体積」• 6年生「量と単位の仕組み」 と、2〜6年生にかけて算数の「量と測定」領域では、単位について学んで行きます。 「長さ」:mm、cm、m、km• 「水のかさ」:mL、dL、L• 「重さ」:g、kg、t• 「広さ」:㎠、㎡、1a(アール)、ha(ヘクタール)、㎢• 「体積」:m㎥、㎤、㎥ という単位を学んでいくと、子どもは単位の変換の問題で大きな壁にぶつかります。 数概念の形成が苦手な子は特に躓きます。 苦手な子に、どのように支援をしたら良いのでしょうか? 具体的支援 単位変換が苦手な子に対する支援を紹介します。 物差しやメジャーで長さを測る• マスを使って水を測る• はかりを使って重さを測る• 実際の面積を見て歩いてみる など、紙の上ではなく実際に見て体験して学習するのが最も効果的です。 紙の上のイメージだけで理解できる子は少数ですので、具体物を使うのは必ず学習内容に入れましょう。 1cmは、人差し指の爪の上から下ぐらい• 1mは大また1歩• 1kmは、〜駅まで• 1Lが牛乳パック1本分• 1aは教室ぐらいの広さ など、単位とセットに基準となるもののイメージをつなげて教えます。 すると子どもは「だいたいこれくらい」という量感で考えることができるようになっていきます。 日常生活で日頃から意識できるものを基準として教えると、子どもたちも自然と単位変換ができるようになっていきます。 gを1000倍したら「kg」• kgの1000倍が「t」 など、言葉の定義ははっきりしないと、子どもたちは混乱していきます。 6年生算数の「量と単位の仕組み」では、このような単位表が出てきます。 (6年東京書籍) このように表をあらかじめ子どもたちに、示しておくと 「m、g、Lが真ん中なんだ!」 「kって1000倍なんだ!」 「m(メートル)とm(ミリ)わかりづらい!」 「da(デカ)って面白い!」 など、単位の意味を理解して、覚えることができます。 聴覚言語優位の子などは、このように言語的な覚え方をした方が、理解しやすい子もいるので、具体物と言葉両方から学習することが大事です。 単位換算の問題でわからなくなった子は、この表を使って正しい数字を把握していきます。 1を任意の数字に合わせるだけで、正しい数字が見てわかるので、子どもも理解がしやすいです。 何度も使っているうちに、単位変換を覚えて表がなくても問題が解けるようになります。 なので、1年中いつでも使えるように教室においておくのが良いでしょう。 また、算数は紙の上だけでは全て理解できるものでもありません。 日常にあるものを「数と記号」に置き換えて考えさせる経験を積むことで算数の力、数学的なものの見方・考え方の力が鍛えられます。 このブログは、私が長年子どもと関わり学んだことを紹介しています。 50,105件のビュー• 49,010件のビュー• 48,175件のビュー• 38,826件のビュー• 36,945件のビュー• 32,739件のビュー• 28,930件のビュー• 22,839件のビュー• 20,911件のビュー• 20,095件のビュー• 19,506件のビュー• 17,548件のビュー• 16,750件のビュー• 16,634件のビュー• 15,800件のビュー• 15,704件のビュー• 15,344件のビュー• 14,943件のビュー• 14,644件のビュー• 14,495件のビュー• 14,178件のビュー• 13,573件のビュー• 13,513件のビュー• 13,306件のビュー• 13,056件のビュー• 12,353件のビュー• 12,098件のビュー• 11,799件のビュー• 11,188件のビュー• 10,740件のビュー 最近のコメント• に 元小学校教師ともはる より• に まさ より• に 元小学校教師ともはる より• に はる より• に より.

次の

【とある男が授業をしてみた】葉一(はいち)って誰?本名/学歴/いじめ/どんなYouTuberなの?

と ある 男 が 授業 し て みた 算数

高校時代に出会った恩師の影響で、葉一さんは教員になることを決意します。 しかし、目標の大学には偏差値が20も足りていなかったようです。 塾にも通わず、驚異の集中力と追い上げでなんとか難関大学に一発合格を果たします。 元々勉強ができたわけではなく、努力で掴み取った頭脳だということがよくわかるエピソードですね! その後、葉一さんは一般企業に入社しますが、『子供たちの精神的な支えとなりたい』という気持ちを持ち続けていました。 サラリーマン生活は体を壊してしまったことで一年も経たず終えてしまいますが、営業で培ったトーク力やあらゆるスキルを手に入れ、現在にもしっかり生かされています。 経験を何一つ無駄にすることなく、ひとつも信念を抱えながら突き進んでいく葉一さんは本当にかっこいいです! 退社後は個人指導が売りの学習塾に再就職し、そこで葉一さんは自身の力を最大限に使い、半年でトップ講師になります。 しかし、塾講師として働いているうちに、現代日本の教育現場の悲しい現実を目の当たりにするのです…。 『月謝が高く、子どもを通わせることができない』という家庭がたくさんあったということでした。 葉一さんはこの経験により、『無料で誰でも見ることのできる授業をしよう!』と、YouTubeに授業動画をアップすることを決めたそうです。 葉一さんの動画は、分野ごとの要点・ポイントをしっかりまとめ、必要最低限の情報量で簡潔に教えてくれるので、飽きることなくしっかりその分野をモノにすることができます。 また、受験でのポイントと、中間・期末テストでのポイントなど、勉強している側が最も欲している情報を的確に教えてくれるので、進学を目指している学生にもとても為になる動画ばかりです! ホワイトボードに書かれる字が綺麗で見やすく、話し方も柔らで且つ学習意欲の湧く口調なので、本当に無料で見ていいのか心配になってしまうほど非の打ち所がない学習動画です! 家庭教師とYouTuber、二足の草鞋を履く まず、葉一さんは前述のとおりプロの教育者という経歴を持ち、YouTuberを始める直前は『家庭教師』をされていたそうです。 しかし家庭教師をされていたことはYouTuberになって知名度が上がってもひた隠しにされていました。 YouTuberとして動画を撮り始めた頃はがっつり本業として家庭教師をされていました。 現在はYouTuberとして活動する比率が圧倒的に高いようですが、5パーセントくらい家庭教師の仕事もされているようです。 葉一さんが教育動画を配信し始めた頃はまだまだYouTube自体世間に浸透しておらず、動画が上がっていたとしても『教材を勧める動画』いわゆる販売促進が目当ての動画か、はたまた塾の勧誘目的の動画ばかりだったそうです。 授業系の動画があったとしても、単発の人気授業動画のみだったようです。 収入源として動画をあげていると思われたり、何かの販売促進動画などと思われるのが本当に嫌でたまらなかった葉一さんは、その気持ちから自身が家庭教師をしているということを隠し続けたそうです。 長年教育の現場に関わった経験から、現代日本の抱える「所得格差によって子供の学力に差が出てしまう現状」「十分に学習を受ける機会の差が出てしまう現状」をなんとかしたく、無料で視聴できるYouTubeで学習動画を配信することを決めたそうなので、「動画を配信することで家庭教師としての自分をアピールし、顧客を増やそうと思われるのが嫌だった」という気持ちは非常に理解できますね。 日本にはこんなふうに無料で誰でもどこに住んでいても教育に触れることができるんだよ!ということを知ってほしい・広めたいという気持ちで現在も動画配信を続ける葉一さん。 本当に、頭が上がりません。 教育者の鏡だと思いました! YouTubeの広告収入が入りだした頃 動画撮影を初めて一年後 、葉一さんは「ゆくゆくは葉一という人間が認められ認知度が上がり、仕事の依頼などをいただき、それで食っていけたらいいな」という人生プランを考えていたそうですが、動画配信8年目にしてまさにその夢を叶えられていますね! 子供を持つ親からみた【とある男が授業をしてみた】をおすすめする理由 子を持つ親として、葉一 はいち さんの動画チャンネルをおすすめする理由はいったいなんでしょうか。 それは、一言で言うと『葉一さんの人間性の奥深さ』です! 葉一さんは、YouTuberという言葉が流行るずっと前から、広告収入や名声に見向きもせずひたすらに『日本の子どもたちに、無料で授業を届けたい』『精神的な支えになりたい』という思いだけでここまで活動されてきました。 その気持ちを強く持たれていることによって、学生に寄り添い誰よりも学生目線の見方ができ、質の良い授業に繋がります。 淡々と要点や学習ポイントを講義するのではなく、学生がもっとも必要とする知識や受験の戦い方をしっかり教えてくれる葉一さんの動画は、勉強盛りのお子さんを持つ親御さんに、胸を張っておすすめできます! 勉強嫌いのお子さんや、中学受験~大学受験と難関に立ち向かうお子さん、部活で勉強の時間が取りにくいお子さんなど、お子さんの学習環境は様々かと思います。 私自身、田舎で生まれ育ったため塾らしい塾がなく、自分一人でひたすら勉強するしかない環境で受験勉強に励みました。 自分のそのとき置かれた環境で頑張るしかないのですが、葉一 はいち さんの学習動画のような、『誰でも、どこに住んでいても、いつでも無料で質の良い授業を受けれる』というのは、現代日本の学生にとって本当に大きな力になると思います。

次の

【授業案】算数2〜6年:単位変換の苦手な子への4つの対応

と ある 男 が 授業 し て みた 算数

皆さんはYouTuberの動画といったらどのような内容のものが頭に浮かぶだろうか? 今回紹介する 「とある男が授業をしてみた」の葉一 はいち は「やってみた」「ドッキリ」のようなYouTuberの定番動画ではなく「勉強」をテーマとした動画が中心の「教育系YouTuber」として多くの学生達から人気を集める有名YouTuberである。 今回はそんな葉一のプロフィールをご紹介! YouTubeを始めたきっかけなどについてもとことん深掘りしていこう。 【とある男が授業をしてみた】葉一 はいち のプロフィール! 教師になりたいと思ったきっかけは? 小学生~高校生まで、幅広い年齢層のための算数・数学の学習動画を投稿している葉一。 実は彼は教員免許を取得しているプロの先生で、過去には塾の講師として教壇に立っていた過去がある。 先生を目指そうと思ったきっかけは、高校時代。 今まで良い教師に恵まれず 「先生なんて信頼できない」と教師に不審感を抱いていた葉一少年。 しかし、高校で生徒の話を真剣に聞いてくれる熱心な教師に出会い 「自分もこんな先生になりたい」と、教育学部のある東京学芸大学への進学を決意したそうだ。 何でYouTubeで勉強を教えようと思ったの? YouTuberは視聴者・登録者が稼げなければ満足な収入を得ることのできない大変不安定な職業であるのにもかかわらず、何故葉一は塾講師を辞めてまでYouTubeでの活動に拘ったのだろうか。 それについて、本人は以下のように語っている。 ・大学卒業後、個別指導の塾講師をしていた。 ・個別指導塾は通常の塾とは違い、月謝がかなり高い。 ・そのため、経済的な問題で子供を塾に行かせてあげられないという人が多いことを知った。 ・塾に行けない子供たちのために「何か自分にできることはないだろうか」と考えていた時に、YouTubeで勉強を教えれば無料で繰り返し授業を受けることができることに気づき、動画投稿を始めた。 葉一がYouTubeでの活動を始めたのは2012年6月。 かれこれ6年間子供たちに無料で勉強を教えてくれる 「日本一身近な先生」として活躍中だ。 その活動はネットだけにとどまらず「たけしのテレビタックル」や「ZIP」などのテレビ番組に取り上げられるほどにまで有名になったそうだ。 葉一は子供時代「いじめ」を受けていた! 現在は 「イケメン先生」としても多くの人々から愛されている葉一だが、幼いころは様々な いじめに遭い大変辛い過去を経験していたそうだ。 中学時代にいじめられた過去が・・・ 葉一には2歳年下の妹がいる。 妹は障害を持っており、両親が共働きだったため土日は葉一がつきっきりで面倒を見なければ行けないということがあったそうだ。 中学時代体操部に所属していたのだが、妹の面倒を見る関係で土日の練習を欠席していたことにより、他の部員たちから「サボっている」と勘違いをされてしまい陰口を言われるように。 噂は少しずつ広がり、最終的には学年全体から悪口を言われるまでに発展してしまったそうだ。 葉一少年はその時、心に大きな傷を負ってしまい 自傷行為をしてしまったり 自殺願望が芽生えたこともあったとか 無意識にビルの屋上の淵に立っていたことも。 現在は辛い経験を活かした「命の授業」も・・・! 高校時代の恩師との出会い、そして両親の手厚いサポート 当時は葉一がいじめられていたことについて両親は全く知らなかったそうだ もあり、葉一は現在の明るく優しい好青年に。 動画でもいじめをテーマにしたラジオ動画を投稿するなど、ただの「勉強を教えてくれる人」ではなく 「担任の先生のような、それより親しい存在」として悩んでいる子供たちのための駆け込み寺としての活動もしているのだ。 また、相談は動画だけでなくメールでも受付をしているとのこと。 現在YouTuberとしての活動が忙しいため、なかなか返信をするのに時間がかかってしまうそうだが、親にも言えない辛い悩みを抱えている人は是非一度葉一先生に悩みを相談してみると良いだろう。

次の