漫画バンク 寄生獣。 【全巻配信!】「寄生獣」を漫画村や漫画BANK(バンク)以外で無料読みできる技とアプリを紹介!

寄生獣 感想

漫画バンク 寄生獣

個性的な作家さんとコラボする『寄生獣』 kindleでのあらすじがこちらです。 田宮良子が生み、泉新一に託した子どものその後を描いた萩尾望都『由良の門を』。 砂漠の戦場での寄生生物同士の激しいバトル! 皆川亮二『PERFECT SOLDIER』。 まさかの『アゴゲン』とのコラボ、平本アキラ『アゴなしゲンとオレは寄生獣』など『寄生獣』への想いに満ちた12編の傑作が集結! 他の著者・遠藤浩輝、真島ヒロ、PEACH-PIT、植芝理一、熊倉隆敏、太田モアレ、瀧波ユカリ、竹谷隆之、韮沢靖。 『ARMS』の皆川亮二先生や『フェアリーテイル』の真島ヒロ先生、『アゴなしゲンと俺物語』の平本アキラ先生は個人的に好きな作家さんで読み始める前からワクワクしました。 漫画史に残る傑作『寄生獣』を皆さん独自の視点で描かれています。 私のお気に入りのストーリー 1作家さん1話形式なのであなたのお気に入りのストーリーが見つかると思います。 私のお気に入りはPEACH-PITさんの『教えて!田宮良子先生』です。 内容はミギーが真一の右手に寄生して時間が経ち馴染んできたころのお話です。 もはや同棲カップルのようにお互いの考えていることが分かってきた二人の生活感が面白いです。 当然『寄生獣』名シーンのパロディ的な描写もあります笑。 「すまん。 急に眠気が…。 なんか適当な刃物にしとく…」 似てるけど全然違う笑。 原作ファンならクスっと笑えるシーンですね。 他にも個性的な『寄生獣』が沢山です ご紹介したもの以外のストーリーもどれも非常に面白く読み応えのある内容になっています。 描く人が変わると登場人物の印象もガラっと変わるのは漫画のすごい所ですね。 『寄生獣』で下ネタをぶっ込んでくるのは平本先生だけでした笑。 『寄生獣』ファン必読です 多くの作家さんがコラボしている『ネオ寄生獣』ですが、どの作家さんも『寄生獣』が大好きなのが伝わってきます。 それでいて独自の世界観での『寄生獣』を描かれているので1冊で何度も楽しめました。 『寄生獣』を未読の方でも楽しめますが、これを機に是非本家『寄生獣』を読んでみてもいいと思います。 絶対にハマること間違いなしです。

次の

寄生獣

漫画バンク 寄生獣

その生物は鼻腔や耳介から人間の頭に侵入し、脳に寄生して全身を支配し、他の人間を捕食するという性質を持っていた。 平凡な高校生である泉新一は、一匹のパラサイトの襲撃を受ける。 間一髪で脳の乗っ取りは免れたものの、パラサイトは新一の右腕に寄生、同化してしまう。 右手にちなんで「ミギー」と自ら名乗るパラサイトと人間の奇妙な共生生活がはじまる。 SFアクション漫画です。 知る人ぞ知る名作ですが、とにかく作品としての完成度が高いです。 ストーリーはもちろん、SFとしての理論も妙に説得力があり、人間と寄生獣の「生命」としての価値観や生存競争など、哲学的な側面もあり非常に考えさせられました。 絵はあまり上手くなく、特に表情が下手な気がしますが、これがかえって不気味といくか、無愛想な感じが作品とマッチしています。 10巻と短いですが、これがまたちょうどよい長さで、興奮状態のまま滅入る事なく最後まで一気にいけます。 クセが強くけっこうグロいので、王道とはかけ離れているにもかかわらず、誰が読んでもおもしろい思える数少ない漫画だと思います。

次の

寄生獣 (きせいじゅう)とは【ピクシブ百科事典】

漫画バンク 寄生獣

6人の方が「参考になった」と投票しています。 静かで、グロテスクで、ロマンチック この漫画のことはだいぶ前から知っていたのだが、読む気になれなかった。 というか、避けていた。 理由は単純で、私がオリジナルの「寄生獣」をあまりに好きだからだ。 大好きな作品について、アニメ化とか映画化とかスピンオフとかでがっかりさせられるのはよくある話で、「寄生獣」というのは、私にとって非常に特別な漫画であり、また「完成品」であって、何がスピンオフだ、と思っていたのだ。 ましてや、別の作者で。 しかし、読んでみてよかった。 主人公はあの広川の息子である。 最初は、主人公の造形が明らかにオリジナルの絵柄ではなく、違和感があった。 だが、オリジナルのキャラクターたちの描写は、素人目に見ると、ほぼ完ぺきな「模写」であった。 そのため、印象としては、「新しいキャラクターが、寄生獣の世界に紛れ込んでいる」という感じに近い。 その違和感すらも一種の味として感じられたのは、スリリングでサスペンスフルで、それでいて「静か」である、というオリジナルの雰囲気に上手く近づけてあることが大きい。 構成も非常に巧みで、テンポがいい。 そして、何といっても、忠実に再現されたオリジナルのキャラクターたちが動いていることに、胸が躍る。 広川、刑事の平間、田宮良子といった主要キャラクターはもちろん、「こんな奴まで」という名もなきマイナーなところまで、彼らの新しい物語をもう一度見られるなんて、何だか夢のような話だ。 それはきっと、作者の、夢だったのだろう。 「寄生獣」が私なんかよりずっと大好きで、「こんな漫画が描けたら」と思いながら漫画家になって、本当に「寄生獣」を描くチャンスを掴んだのだろう。 それは、「あり得ない」はずのことだった。 最初に書いたとおり、「寄生獣」は「完成品」だからだ。 でも、あり得ないようなことだから、夢なのだ。 静かで、冷たくて、グロテスクでありながら、存在自体があまりにロマンチックな、特別な意味を持つ傑作。

次の