ガラハド ロマサガrs。 【ロマサガRS】ガラハド育成後の評価!周回に便利なキャラです。

【ロマサガRS】 ガラハド VS アイスソード どちらを取るべきか考察

ガラハド ロマサガrs

52 63. 02 113. 46 70. 96 111. 4 88. 9 109. 27 127. 77 106. 26 130. 76 106. 86 250. 36 103. 82 262. 32 102. 乱数1つ分しか増えません 腕力600になると無月散水の与ダメージ11万になり増加量は2. 612。 増加量は2. 冬の嵐はこの中で最高峰の威力31でした!! 冷は強力なアタッカーが多いものの単体や横範囲、全体ができても息切れするなど欠点があったので継続全体攻撃できるのは嬉しいところ。

次の

【ロマサガRS】ガラハドとアイスソードはどっちを交換すべき?【ロマサガ リユニバース】

ガラハド ロマサガrs

スポンサーリンク みなさまこんにちは!晩酌です。 今回は現在開催中のイベント「聖騎士ガラハドとアイスソード」で選択可能なSSスタイル【念願のアイスソード】ガラハドの性能考察です。 普段はガチャ限定キャラの性能考察を優先するのですが、イベントがイベントなだけに、緊急性が高いと感じ、ガラハドの性能考察を優先する事にしましたw 【念願のアイスソード】ガラハド ガラハドのキャラ紹介は前回のイベント紹介記事で記述したので割愛w もし、未だ見ていない方は是非! ガラハドの武器種は大剣。 ロールはアタッカー。 水術適正があります。 技・術構成 技構成は全てが新技となっています! ・冷たい風 ついに実装!冷属性版ライトボール。 ライトボールや熱風と比べて消費BPが2低く設定されており、BP切れを起こさずに全体攻撃を打ち続ける事が可能! 覚醒する事で、全体攻撃を撃ちつつBPを溜める事も出来ます。 この冷たい風は技アイコンを確認すれば分かりますが、大剣技扱いとなっており、威力は腕力依存! 使用する武器は水属性付与の物でなく、力付与の大剣でOKです。 ・フリーズスパイク 「自身をフリーズスパイク状態にする」・・・と当然のように説明がされていますが、わかりやすくいうとセルフバーニングの冷属性バージョン。 アニバーサリーリズの固有アビリティ「冷気防陣」を付与する技です。 基本的にはあまり効果的に使うシチュエーションはありませんが、この技は補助技扱いのため、オート戦闘では使わないという特徴があります。 ・冬の嵐 ガラハドの目玉と言える技です! コストは非常に重いですが、アビリティでパワーチャージを持っているので2ターン目からこの冬の嵐を撃つ事が出来ます!また、覚醒段階を調整する事で、2ラウンドで撃つ戦術と3ラウンドで撃つ戦術を使い分ける事が可能! この冬の嵐も、冷たい風同様大剣技扱いのため、威力は腕力依存。 冬の嵐は高威力でさらにファスト効果が付いてるので、2ラウンド以降で敵が複数出現するケースで非常に重宝するでしょう! この冬の嵐はたとえ初ターンで冷たい風を撃ってしまっても、BP構成的に確実に2ラウンドで撃つ事が出来ます!つまり1ラウンド温存する必要が無いというワケですね! 温存策は素早さを上手く調整しても、乱数によって行動順が乱れたり、連携が発動してBPを温存出来なかったりと、狙い通りに行動しない事もしばしば・・・ その点から、初ターンで行動しても次ターンで確実に冬の嵐が撃てるというのは非常に安定感があり、戦略が立てやすくなります! アビリティ構成 前述したとおり、パワーチャージ持ち。 現状ガラハドが攻撃を仕掛ける場合、冷属性の全体攻撃しか手段が無いため、冷属性弱点の敵が複数体出現するクエストで無いと本領を発揮出来ないといった評価になります。 スタイル補正値(LV50時) 同じ腕力依存の冷属性攻撃役の正月スービエと比較。 補正値的には若干スービエに遅れを取っていますが、スービエは横一列特化。 ガラハドは全体攻撃特化と棲み分けが出来そう。 素早さがそこまで高くないのもファスト技を持っているのでそこまで気にならないと思います。 運用方法 ガラハドの運用方法は現状、冬の嵐を2ターン目に撃つか?3ターン目に撃つか?の2択。 ・3ターン目に撃つ 冬の嵐を覚醒無しにして、1・2ラウンド共にガラハドを行動しないようにすればOK! クエスト構成によって使い分けましょう! ガラハドの強い点 ・冷属性全体攻撃特化キャラ。 冷属性弱点の敵に高火力が期待出来る ・2~3ターン目で高威力&ファストの全体攻撃が撃てる ・低コスト全体攻撃を打ちながらBPを溜める事が可能 イマイチな点 ・冷属性弱点の敵が出現しないクエストでは活躍出来ない ・全体攻撃しか攻撃手段が無いので、単体のみのボス戦等では活躍出来ない ・SS大剣武器アイスソードが入手不可になる ・専用ピースが手に入らないため、スタイルレベル上げには訓練所かゴールドピースが必須 ガラハド総評 冷属性弱点の敵が数多く出現するクエストではめっぽう強いキャラと言えます! 絶えず打ち続けられる冷たい風と、高威力&ファスト全体攻撃の使い分けが非常に便利。 メインクエストの構成次第では引率役として大活躍するでしょう! 一方で、現状では冷属性弱点の敵、且つ複数体出現するクエストでないと本領を発揮出来ません・・・汎用性という意味ではかなり活躍するクエストは限定されると言えます。 また、冷属性キャラは最近多く実装されているのでアニバーサリーウンディーネ、海の主の娘、正月スービエ等を持っている人にとっては不要と考える人もいるかもしれません・・・ ただ、正月スービエ同様、腕力依存の冷属性全体攻撃を撃てる貴重なキャラですので、選択は慎重に行って下さい! また、現状では全体攻撃運用しか出来ないガラハドですが、インパクトが大きいのは、リメイク版ミンストレルソングバージョンのビジュアル! ロマサガ時代にアイスソードを強奪されすぎたためか、ハゲとるやないか~い! きっとこのスタイルもいずれ実装されると期待して、今のうちから育成させておくのも良さそうです! いかがでしたでしょうか? 明日以降の記事でアイスソードの性能を再確認し、私個人なりのどちらを選ぶべきか見解とまとめますので、迷っている方は今しばらくお待ちいただくのもアリでは無いかと思います。 自分なりの答えを導きだした方は、積極的に交換しても問題ありませんけどねw それでは今回はここまで!みなさま一緒にロマサガRSを盛り上げていきましょう!!.

次の

【ロマサガRS】考察 ガラハドとアイスソードどっちがおすすめ?

ガラハド ロマサガrs

2 55 37. 6 42. 8 17. 6 42. 8 22. 8 47. 8 LV50 82 73 52 58 30 58 36 63 スタイルボーナス Lv. 1 アビリティ解放1 Lv. 30 アビリティ解放3 Lv. 10 アビリティ解放2 Lv. BP16とやや重めだが高威力全体ファスト攻撃「冬の嵐」をラウンド2〜3で発動できる• 中間コスト帯が補助技「フリーズスパイク」なのでオートでは使わない。 つまり全体攻撃の「冷たい風」と「冬の嵐」のみを使わせられる• 「パワーチャージ」のおかげで途中で連携が入って「冷たい風」を使ってしまっても1度だけなら問題なく「冬の嵐」に繋げられる• しかも ガラハドの場合はラウンド1で連携が入ったとしても覚醒さえしていればラウンド2で冬の嵐を使うことが出来る強みがあるぞ。 後はこれにスービエの「メイルシュトローム」だったりウンディーネの「ダイヤモンドダスト」や「鋭氷おしおき」辺りを適度に添えておけば冷属性の周回がかなりスムーズになる。 低コスト技がBP3の全体攻撃なので何が起きても1度も通常攻撃を仕掛けることがない。 BPが溜まれば「冬の嵐」でこれも全体攻撃なのでオートプレイでかなり計算しやすい、つまり扱いやすいスタイルになっている。 連携が入ったり状態異常で行動できなかったりどこかで2ターンかかって自身が動けなかった場合など、 イレギュラーなことが起きてもやることは冷属性全体攻撃のみとシンプルなのが魅力的だ。 冷属性弱点の種族は多め 冷属性弱点の敵の種類は 【獣人・巨人・虫・爬虫類・両生類・魚・水棲・火精】 と結構多い。 なのでピンポイントで弱点をつける機会は多めの印象。 効果[特大]なのでとにかく冷属性弱点の敵にだけ使ってあげる必要がある。 メイン周回では「闘気増強」がほとんど意味をなさないので、 冷属性弱点ではない敵に対しては実質火力アビリティ0になることに注意しよう。 ピンポイントでしか出番がない 現状では冷属性が有効な場所でのオート周回でしか使いどころがない。 例えばこれを書いている現状ならVH15-2-4のような虫系がたくさんいる場所だったり、他には魚・水棲系 VH11-2-1 や火精系などが集中して出現する場所でのみ使える。

次の