インスタ ストーリーの背景色。 【インスタグラム】ストーリーの背景を塗りつぶす方法 半透明塗りや消しゴムを使った加工テクなど

【インスタ】ハイライトをストーリーでシェアする方法!

インスタ ストーリーの背景色

このページの目次 OPEN• ストーリーに文字を入力する2つの方法 初めてストーリーに写真や動画を投稿する場合、文字をどうやって入れるのか分からないものです。 実は文字を入力する方法は とても簡単で、ちょっとした操作ですぐにできます。 しかも文字を入力するには、ペンで書くというものと、テキストを使って入力するという2つの方法があります。 それぞれ操作の方法が異なるので、別々に紹介していきますね。 投稿したい写真や動画を選び終わると、編集画面に移動します。 ここで、画面上部に注目すると 「Aa」のアイコンがあるのに気付くでしょう。 このアイコンを1回タップしてください。 すると、文字を入力する編集画面に切り替わるので、 好きな文字を入れます。 「A」というアイコンを選択すると、文字の背景色の変更が可能です。 また 「ネオン」などをタップすれば、字体の切り替えもできオシャレなスタイルに変更可能。 入力が終わったら、 「完了」を選択しましょう。 選択した写真や動画の上に、入力した文字が表示されていれば完成です。 画面右上に 「ペン」のアイコンがあるので、こちらをタップしてください。 画面が切り替わり、ペンで文字を入力する状態になりました。 画面上部にある、項目を使えばペンの種類の変更ができます。 画面下部には、ペンの色を変えるカラーが用意されており、タップすれば該当する色に変わります。 文字の大きさを変えるには、カラーの左側にある 「ペンの太さ」のアイコンをタップ。 スライドバーが出てくるので、これを上下に動かすとペンの太さが変えられます。 入力が終わったら、 「完了」を選択。 これで、ペンを使って手書きで文字入力ができました。 ストーリーに挿入した文字を動かす方法(ピン固定) ストーリーには、 「文字のピン固定」という機能が備わっています。 動画で画面が動いたとしても、ピン固定した文字は動画の動きに関係なくその場所に固定したままになるのです。 すると文字が動画の動きに合わせて動いているように見えるので、この方法を使って文字を動かすことができるんですね。 難しそうに思うかもしれませんが、慣れてしまえばとっても簡単! 以下から、 文字を動かす方法を紹介していきます。 まずは、インスタを起動してストーリーに掲載する動画を選択し、編集画面を表示してください。 次に 「Aa」のアイコンから、ピン固定したい文字を入力します。 次に、挿入した文字を長押ししてください。 すると画面下部に、 「固定する」というアイコンが出るのでこちらをタップ。 最後に、 「ストーリーズ」を選択します。 これで、文字を動かす動画の作成が完了しました。 固定した文字を編集する方法 ピン固定した文字は、簡単に編集することができます。 編集したいストーリーを開き、動いている文字を 長押ししてください。 すると文字の固定位置を変更できるので、好きな場所に移動させます。 完了したら、 「固定する」をタップ。 これで、固定した文字の編集が可能です。 ストーリーに文字入力ができない場合の対処法 ストーリーに標準搭載されている文字入力の機能がなぜか使えない場合、どんな 対処法があるのでしょうか? まず最初に行ってほしいのが、 「アプリのアップデート」です。 アップデートを手動で行う設定にしている場合、知らない間にインスタが バージョンアップしている可能性があります。 古いバージョンのインスタを使っていると、思いがけない所でエラーが起きることが予想されます。 アップデートしても文字入力ができないなら、インスタをいったん アンインストールしてください。 アンインストールが出来たら、再びインストールして文字入力ができるかを確かめましょう。 まとめ インスタのストーリーには、 ちょっとした操作ですぐに文字入力ができると分かりました。 また、文字にはテキストとペンの2種類が用意されており、それぞれに特徴があります。 ストーリーに文字を入れると、オシャレに可愛らしくアレンジできるので積極的に使っていきましょう!.

次の

インスタストーリーの編集・加工機能とその使い方。ちょっとした手間でストーリーだって魅力的に…♡

インスタ ストーリーの背景色

インスタ ストーリーのタイプはどんな時に使う? インスタのストーリーは、リアルタイムの雰囲気や気持ちを伝えるのに特化しているツール。 通常は写真や動画で「リアル」を伝えるのに便利ですが、時には 「文字や文章」でリアルを伝えたいシーンもあるはず。 そんな時に、ストーリーの「タイプ」を選べば、 テキストでメッセージを投稿したり、写真の上にテキストをのせて投稿したりできます。 タイプの使い方 実際にインスタのストーリー モードで、タイプを使ってみます。 iPhoneでインスタを起動したら、左上のカメラマークをタップ(もしくは左から右にスワイプ)して「ストーリー」モードの画面に移動します。 画面下のスライダーを左右にスライドさせて「タイプ」を真ん中に合わせます。 「タップして入力」の部分をタップ。 ストーリーで投稿したいテキストを 自由に入力します。 (24時間で消えますし。 スポンサードサーチ タイプで文字の大きさや位置を変更する方法 タイプで文字の位置や大きさを変更する方法です。 文字の入力中が終わったら、 背景の空白部分をタップして、表示されている キーボードを収納します。 テキストの上に指を置いたら、置きっぱなしの状態で好きな方向にスライド。 テキスト位置を自由に決める事ができます。 次に、テキスト大きさを変更する方法。 テキストの上に 2本指で指を置きます。 そのまま指を広げるとテキストが拡大。 逆に指を閉じると縮小されます。 2本指の間隔を開けた状態で、テキストの上に置いて、そのまま指を回転させるようにして動かすと、上の画面のように テキストの角度も変更させる事が可能です。 1本指でスライド:テキストを移動できる• 2本指でピンチイン&アウト:テキストの拡大縮小• 2本指で回転スライド:テキストの回転(角度変更) まとめると、このような感じです。 今、撮影した写真をそのまま背景に使う事ができます。 「モダン」「ネオン」「タイプライター」「強」の4種類のフォントが用意されています。 背景カラーはグラデーションに。 ネオン まるでネオンサインのようなフォント。 背景もネオンが際立つカラーに。 日本語よりも、アルファベットでのテキストの方が「ネオンサインっぽさ」が出ます。 タイプライター シンプルな背景とテキスト。 日本語フォントは少し太文字に。 強 特にアルファベットテキストがポップな印象に。 Tシャツデザインのような雰囲気にできます。 フォントが「タイプライター」の時に、左上のアイコンをタップするとこんな感じ。 蛍光ペンでラインをひいたようなテイストにできます。 「タイプライター」の場合は、テキスト装飾の横のアイコンをタップすると「右寄せ」「左寄せ」等の操作も可能です。 スポンサードサーチ その他の撮影モードの一覧表 1. タイプ 写真なしのモード。 背景にテキストだけ入力して投稿できます。 上のアイコンを押す事で「ネオン」「タイプライター」「強」「モダン」の背景テーマに切替可能。 ライブ ライブ配信を行えるモード。 リアルタイムで現在の撮影している様子をシェアできます。 通常 通常の静止画(写真)を撮影するモード。 長押しで動画撮影になります。 BOOMERANG ブーメランモード。 一定の時間の動画を撮影し、通常再生と逆再生をまるでブーメランのように繰り返すモードです。 フォーカス 人物撮影の時だけ、背景をぼかす事ができるモード。 人物以外だと背景はぼかせません。 SUPERZOOM 画面の中央に向かって自動的にズームするモード。 逆再生動画 動画撮影モード。 撮影動画が逆再生動画になります。 BOOMERANGが、通常&逆再生をリピートするのに対して、こちらは逆再生オンリーです。 ハンズフリー 動画を撮影するモード。 撮影ボタンを長押ししなくても動画撮影ができます。 ストップモーション 「コマ送り動画」のような写真が撮影できるモード。 タップで何枚か撮影して、複数枚撮れたら画面上の「完了」を押すだけ。 撮影した写真がコマ送りされます。 「一般投稿との違いは何?」• 「ストーリーでしかできない事とは?」•

次の

インスタのストーリーズ文字色や背景色をおしゃれにできる方法|ラブラドールのはなことあんこ

インスタ ストーリーの背景色

この記事のINDEX• 2016年に新機能として発表された「」も、今やインスタグラムをするのに欠かせない機能となっていますね。 その機能のひとつがテキスト。 フォントは現在5種類で、フォント変更は画面上の真ん中にある[クラシック]などの文字をタップすることで変更することができます。 文字背景がつけられる また 文字には背景をつけ、目立たせるようにすることも可能! 背景をつけるには画面の左上にある[A]をタップ。 テキストカラーの設定が自由自在! テキストのカラーは元々用意されているものがありますが、この色はちょっと違うかも…そう感じた人のために、 自分で自由に設定できる機能が2つあります。 1つ目は、画面から色をスポイトする方法。 この方法を使えば、文字が浮いてしまうようなことがありません。 2つ目が、既存のカラーを長押しすると現れるカラーパレットから選ぶ方法。 左から2番目、もしくは3番目のペンを選び、かぶせたい色も選択したら、画面を長押し。 すると画面全体に色がつきます。 ちょっとした手間をかけることで、何回も見たくなるようなストーリーが作れちゃう。

次の