パソコン フリーズ 強制 終了。 Windows10を強制終了させる方法!電源が切れない・固まる場合に強制終了させる

パソコン強制終了の方法・やり方・手順や使い方

パソコン フリーズ 強制 終了

パソコンがフリーズした場合、マウスやキーボードの操作ができないことから強制終了せざるを得ないことがありますよね。 そんな時に注意しておきたいのが、強制終了することによるパソコンへの影響やデメリットです。 ・Wordなど作業内容を失う ・写真などファイルを開けない ・OSが壊れる 作業内容などを失うだけではなく、最悪の場合、パソコンのOSが壊れてしまうこともあります。 しかし、パソコンを強制終了しても絶対にデメリットの影響を受けるとは限らないので、フリーズの対処方法として強制終了を選択するのは本当に判断が難しいです。 ・マウス操作はできるか? ・キーボード操作はできるか? もし、画面操作やキーボード操作が可能であれば、他の方法からパソコンの電源を切ることができます。 ホーム画面の電源アイコンをクリック• 電源メニューから「シャットダウン」を選択 シャットダウンするときは作業内容の保存やアプリの終了など、それぞれのアクションを先に終了しておきましょう。 スタートメニューが開くので、「Uキー」で「シャットダウン、またはサインアウト」を選択 3. 「Shift」や「Tab」などで項目移動ができるので、シャットダウンを選択して電源を落とすことができます。 しかし、この強制終了のやり方はパソコンが壊れるといったデメリットの影響があり得るので、マウス操作やキーボードコマンドからシャットダウンするのがベストです。 ・動作が重い ・マウス操作ができない ・キーボード操作ができない ・フリーズして動かない 動作が重い場合はタスクマネージャーを開いて、システムに影響のない実行中のコマンドを終了させると動作が軽くなります。 マウス操作ができない場合は、キーボード操作を試します。 マウス操作もキーボード操作もできない場合は、完全にパソコンがフリーズしているため、このケースにおいては電源ボタンから強制終了するしかありません。 CPUは異常に温度が上昇するとシャットダウンする仕組みなので、動作が重くなっている場合などは注意が必要です。 「動作が重くてイライラする・・・」といった程度で安易に電源ボタンからシャットダウンすると、最悪の場合はパソコンが壊れてしまいます。 強制終了は、他の方法でシャットダウンできない場合だけ行うようにしてくださいね。

次の

パソコンがフリーズ・動かない!原因別の対処法まとめ

パソコン フリーズ 強制 終了

1-2. 作業中のファイルがあるか パソコンが固まってしまったときは、まずは何をしていたかを覚えておきましょう。 それが原因を突き止めるためのヒントになります。 また、文書や表計算などのファイルを作成中だったときには、強制終了すると保存されていない内容は消えてしまいます。 なお、Googleドライブの表計算機能や、マイクロソフトの「Office 365」といったクラウドサービス上で作業していた場合は、ほぼ最新の状態が保存されます。 マイクロソフトの「Office」(パソコンにインストールするタイプ)では、作業中のファイルが定期的に自動バックアップされるようになっています。 パソコンが強制終了したときなどは、再度同じファイルを開いたときに、最新のバックアップを使用するかどうかの確認画面が表示され、ウィンドウの左側からバックアップファイルを選べるようになります。 これにより、自動バックアップのタイミングにもよりますが、ファイルの復旧率はかなり高いといえます。 このように、自動的にバックアップが作成されるソフトウェアの場合は復元できる可能性が高いですが、それ以外のソフトウェアでは、最後に保存した状態までしか復元できません。 普段からこまめに「保存」を行うようにしましょう。 保存は、Windowsでは「Ctrl」キーと「S」キー、Macの場合は「コマンド」キーと「S」キーを押すことでも行えます。 作成中の文書などが表示されている状態でフリーズした場合は、デジカメやスマホで画面を撮影するのも奥の手として使えます。 あなたは現在、パソコンの動きが遅い、ソフトがすぐに落ちる、重要なデータが開けない、 などのおかしな症状に悩まされていませんか? 近年、ネット犯罪が増加し、様々なトラブルが発生しています。 「自分は大丈夫だろう」と対策を怠った結果、 知らないうちに、悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。 あなたのパソコンが安全かどうかを調べるもっとも確実な方法は、セキュリティソフトを使った『ウイルススキャン』です。 この方法は、以下のようなメリットがあります。 ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン• ファイルを隅々まで調べ、ウイルスを高確率で検出• 危険なウイルスを発見次第、そのまま駆除 ノートンセキュリティは30日間 最大60日間 無料で最新版がご利用いただけます。 今すぐインストールして、ウイルススキャンをしてみてください。

次の

パソコンがフリーズ・動かない!原因別の対処法まとめ

パソコン フリーズ 強制 終了

1-2. 作業中のファイルがあるか パソコンが固まってしまったときは、まずは何をしていたかを覚えておきましょう。 それが原因を突き止めるためのヒントになります。 また、文書や表計算などのファイルを作成中だったときには、強制終了すると保存されていない内容は消えてしまいます。 なお、Googleドライブの表計算機能や、マイクロソフトの「Office 365」といったクラウドサービス上で作業していた場合は、ほぼ最新の状態が保存されます。 マイクロソフトの「Office」(パソコンにインストールするタイプ)では、作業中のファイルが定期的に自動バックアップされるようになっています。 パソコンが強制終了したときなどは、再度同じファイルを開いたときに、最新のバックアップを使用するかどうかの確認画面が表示され、ウィンドウの左側からバックアップファイルを選べるようになります。 これにより、自動バックアップのタイミングにもよりますが、ファイルの復旧率はかなり高いといえます。 このように、自動的にバックアップが作成されるソフトウェアの場合は復元できる可能性が高いですが、それ以外のソフトウェアでは、最後に保存した状態までしか復元できません。 普段からこまめに「保存」を行うようにしましょう。 保存は、Windowsでは「Ctrl」キーと「S」キー、Macの場合は「コマンド」キーと「S」キーを押すことでも行えます。 作成中の文書などが表示されている状態でフリーズした場合は、デジカメやスマホで画面を撮影するのも奥の手として使えます。 あなたは現在、パソコンの動きが遅い、ソフトがすぐに落ちる、重要なデータが開けない、 などのおかしな症状に悩まされていませんか? 近年、ネット犯罪が増加し、様々なトラブルが発生しています。 「自分は大丈夫だろう」と対策を怠った結果、 知らないうちに、悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。 あなたのパソコンが安全かどうかを調べるもっとも確実な方法は、セキュリティソフトを使った『ウイルススキャン』です。 この方法は、以下のようなメリットがあります。 ボタンひとつで、パソコン全体を簡単にスキャン• ファイルを隅々まで調べ、ウイルスを高確率で検出• 危険なウイルスを発見次第、そのまま駆除 ノートンセキュリティは30日間 最大60日間 無料で最新版がご利用いただけます。 今すぐインストールして、ウイルススキャンをしてみてください。

次の