市川 給付金 遅い。 市川 市 10 万 円 給付

【東京都】給付金が届かない振り込まれない理由【新宿区は26日から】

市川 給付金 遅い

10万円の給付をめぐって、千葉市と市川市の市長による場外戦が勃発。 いったい何が、ヒートアップの原因だったのか。 1人につき10万円の、特別定額給付金。 全国の給付率は、現在43. 千葉市民「思ったより多いですね。 もらったって話は聞いてないです」、「わたしの周りで、もらっている人あまり聞いたことありません」 支給の遅さに不満の声も聞こえる中、支給する側の自治体同士で場外戦が勃発している。 当事者の1人が、千葉・市川市の村越祐民市長。 村越市長といえば、2019年、公用車に従来のおよそ倍のリース料で、電気自動車メーカー「テスラ」の高級車を導入しようとして物議を醸した人物。 その村越市長が15日、市川市議会で「極めて不快で不見識なことだと思います」と述べた。 怒りの矛先は、千葉市の熊谷俊人市長。 2人の市長の間に、いったい何があったのか。 市川市の村越市長が目指したのが、生活困窮者への1日も早い給付金の支給。 そこで導入したのが、郵送での申請が始まる前に、申請書をウェブサイトからダウンロードできるシステムだった。 4月27日から受け付けを開始。 5月中旬からの支給を目指していた。 しかし...。 市川市民「 給付金振り込み 1カ月半かかった、先週かな。 きつかったですよね、2カ月半くらいお仕事がなかったので、子どもたちも家にいたから」、「 給付金振り込まれましたか? はい、12日ぐらい、6月12日。 5月中には入るのかなと思ってたんですけど。 個人的には、ちょっと遅いなと思っています」 市民から「給付が遅い」という声が続出した。 こうした中、千葉市の熊谷市長が、市川市の名前は伏せたものの、フェイスブックに「その自治体は大量の手書き申請が殺到し、事務が混乱、申請書を送って、1ヶ月経 た ってようやく給付できるという状況に陥っています」、「私達はこの事態を想像し、手法として採用しませんでした」と投稿。 さらに、その取り組みを「安易な手法」とも表現した熊谷市長。 これに村越市長が、不快感をあらわにした。 市川市・村越市長「千葉市長が、私どもの施策に関して何か批判的なコメントをされるなどというのは、極めて不快で不見識なことだと思います」 ところで、2つの市の10万円の給付率はどうなっているのか。 両市の市民からは... どんぐりの背比べかなと思いますけど」 給付に関して、市川市は、ダウンロードの申請分は、今週中に振り込み完了。 千葉市は、郵送分は申請後2週間で給付できると見込んでいる。

次の

千葉市:特別定額給付金に関するよくある質問(Q&A)

市川 給付金 遅い

現在、申請書が多数到着しており、 申請に必要な書類が揃い、記載内容が正しければ、早くて、受け付けてから3週間程度で振り込める予定です。 申請内容の確認が必要なものは、さらに時間がかかります。 市内には約182万世帯あります。 早期に返送いただき、受付センターに到着した場合でも、開封、内容確認、審査から給付までに作業時間がかかっています。 同じ日に投函された場合でも、到着時間が前後する等の事情により、振込が同じ日になるとは限りません。 ご理解をお願い致します。 振込日など個別の申請状況については、横浜市特別定額給付金コールセンターや金融機関、区役所・市役所へお問い合わせいただいても、お答えすることはできません。 振込後、振込の完了を通知するはがき(給付完了通知書)を送付しますが、お届けまでにお時間がかかります。 振込の確認をお急ぎの方は、ご指定の口座の通帳への記帳や残高照会等により、ご自身で振込をご確認ください。 (「ヨコハマテイガクキュウフ」と記載されます。 ) 給付件数 時点 申請受付件数 申請率 給付件数 給付率 郵送(6月9日振込開始) オンライン(5月28日振込開始) 合計 6月30日 約1,534,000件 約97,000件 約1,631,000件 89. 6% 約738,000件 40. 5% 7月2日 約1,562,000件 約97,000件 約1,659,000件 91. 2% 約869,000件 47. 7% 7月7日 約1,585,000件 約97,000件 約1,682,000件 92. 4% 約1,109,000件 60. 9% 7月14日 約1,604,000件 約98,000件 約1,702,000件 93. 5% 約1,421,000件 78. また、申請内容の確認が必要なものは、電話または書面にて修正等の依頼をさせていただきます。 このため、振込までお時間がかかります。 振込日などの個別の状況については、大変申し訳ございませんが、お答えいたしかねます。 【内容の確認の依頼をする例】• 世帯主名義の口座でない口座を指定している• 金融機関情報の誤り 口座番号、店番号間違いなど)• 申請上の世帯人数と基準日(4月27日)時点の世帯人数が一致していない• 世帯主以外の方のマイナンバーカードで申請した• 振込の確認をお急ぎの方は、通帳への記帳や残高照会等により、ご自身で振込をご確認ください。 (「ヨコハマテイガクキュウフ」と記載されます。 ) <振込の完了を通知するはがき(給付完了通知書)>• 申請書は、4月27日時点の住民基本台帳のある住所へお送りしています。 申請書が届いていない方で、住民票の住所と違うところに住んでいる方は、郵便局の転送サービスのお手続きをしたうえで、横浜市特別定額給付金コールセンターへお問合せください。 転送サービスは申込から手続き完了までに、お時間がかかりますので、転送サービスの申込日から1週間程度空けてからのご連絡をお願いします。 4月27日時点で横浜市にお住まいで、横浜市への転入届を4月27日以降に届け出た方などは、6月末頃から申請書を順次お送りしていますので、今しばらくお待ちください。 転送手続きをしている方は、郵便事情等により到着が遅れている可能性があります。 上記以外で、申請書が届かない方は横浜市特別定額給付金コールセンターへお問合せください。 お掛け間違いが増えておりますのでご注意ください。 大変申し訳ございませんが、電話がつながらない場合は時間をおいてご連絡くださいますようお願いいたします。 土・日曜日は比較的つながりやすい状況となっております。 (「〇秒ごとにおよそ〇円でご利用いただけます。 」という自動音声が流れる部分までは、料金は発生しません。 これは、電話が込み合っていてオペレーターにすぐにおつなぎできない場合、通話料をご負担いただくことがないよう、切電される仕様となっているためです。 ご理解のほどよろしくお願いします。 FAXでの申請はできませんのでご注意ください。 <本人確認書類の例> 運転免許証、健康保険証、旅券(パスポート)、マイナンバーカード、住民基本台帳カード(写真無し可)、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、介護保険の被保険者証、療育手帳(愛の手帳)、年金手帳、在留カードなど、氏名と生年月日の分かる部分をコピーしてください。 <振込口座等の確認書類の例> 金融機関名・口座番号・口座名義人(カナ)が分かるもののコピー (通帳の表紙をめくったページ、キャッシュカード等) 5 返信用封筒を、ポストへ投函します。 <参考>返信用封筒に記載してある宛先 特別定額給付金のオンライン申請は、メンテナンスのため、以下の期間は行うことができません。 【メンテナンス日(予定)】 2020年7月23日(木祝)午前0時頃~27日(月)午前0時頃(予定) オンライン申請に係るよくあるご質問はをご覧ください。 <入力内容に間違いがあった場合> のQ20をご覧ください。 1 申請期限 令和2年9月10日 木曜日 まで 2 振込について 令和2年5月28日から振込を開始しています。 横浜市がぴったりサービスからデータを取り込むと、以下のメールが届きます。 (申請時にメールアドレスを入力していない方は届きません。 ) --------------------------------- ** **様 「ぴったりサービス」をご利用いただき、ありがとうございます。 以下の電子申請データを申請先の自治体にて受領しましたのでお知らせ致します。 本申請に関するお問い合わせは、申請先までお問い合わせください。 特別定額給付金(受付番号*****) ---------------------------------• 入力内容に間違いがなければ、上記のご案内が届いてから1週間程度で振り込む予定です。 お急ぎの方は、通帳への記帳等、ご自身で振込をご確認ください。 3 オンライン申請の概要 マイナンバーカードをお持ちの世帯主(申請・受給権者)が、マイナポータル上の特別定額給付金申請画面から、世帯主の情報(氏名、生年月日、住所、電話番号)と世帯主以外の給付対象者全ての氏名、世帯主の金融機関の振込先口座等を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードして申請します。 電子署名により本人確認を行うため、本人確認書類の添付は不要です。 オンライン申請の詳細につきましては、下記のサイトをごご参照ください。 特別定額給付金ポータルサイトはこちら ぴったりサービスの操作(サービス制度・手続の内容を除く)に関するお問い合わせはこちら 0120-95-0178 ・オンライン申請の手続きを行うことができるのは、4月27日時点の世帯主です。 世帯主のマイナンバーカードのみで、申請することができます。 世帯主以外(ご家族など)のマイナンバーカードでは、特別定額給付金の申請はできません。 ・オンライン申請では、入力内容に誤りがあっても、入力されたデータがそのまま受け付けされ、申請者あてに受付完了のメールが自動送信されます。 ・申請の際、給付対象者である世帯構成員や口座情報の入力に間違いがあると、審査や訂正に時間がかかり、振込ができなくなる場合もありますので、ご注意ください。 ・マイナンバーカードの署名用電子証明書を読み込むため、ICカードリーダライタ又はカード情報を読取り可能なスマートフォンが必要となります。 給付対象者等に疑問がある場合は、送付された郵送申請用の申請書を参考にオンライン申請して いただくか、郵送申請のご利用をお願いいたします。 親族(配偶者、親、子、兄弟姉妹等)からの暴力や、性暴力被害、貧困その他の理由が複合的に重なるなどして、住民票のある場所とは別の場所に避難している方で、様々なご事情から令和2年4月27日(基準日)以前に、今お住まいの場所に住民票を移すことができない方は、一定の条件を満たしている場合、同伴者の分を含めて、今お住いの市区町村に特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取れるようにすることができます。 そのためには、今お住まいの市区町村の特別給付金担当窓口へ(横浜市にお住まいの方は、総務省や神奈川県の様式ではなく、必ずこちらの様式をお使いください。 )等を提出していただく必要があります(施設等に入所されている方は、施設の方にご相談ください)。 申出書のを参照してください。 今横浜市にお住まいの方の申出の手続きの詳細は 親族からの暴力等により避難されている方に関するよくあるご質問は、をご覧ください。 総務省・警察庁資料 横浜市・神奈川県警察.

次の

「10万円給付金」めぐり場外戦 「安易」に激怒 市長バトル

市川 給付金 遅い

(1)は、申請世帯全体への給付を「正確に」「早く」行うための方針だ。 基本的には郵送とオンラインで申請を受け付け、システムや事業者の力も借りながら手続きを進めていく。 煩雑な手作業を減らすことでミスを防ぎ、職員の「密」も回避しやすい一方、「準備行為などの初動やシステム事業者との調整に時間がかかるため、申請書の郵送や給付の開始日が他の方針より遅くなります」という。 (2)は、臨時窓口の設置など、郵送・オンライン以外による申請も受け付ける。 申請書の印刷や封入といった作業も職員が担当し、給付スピードを早められる利点がある。 最短での給付が可能だが、「人口が極めて少ない自治体でしか採用できない」とする。 四條畷市では、(1)の全体最適型の対応を進めている。 郵送による申請手続きの流れ 四條畷市では、郵送と、マイナンバーカードを用いたオンラインでの申請を受け付ける。 郵送では、はじめに全世帯に送付する申請書のフォーマットを決める。 「一部最速型」では、「総務省の雛形を用いて市町村独自に様式を定めることで、雛形の提示直後から次の手順へと進めます」 一方、全体最適型では、住民基本台帳システムを構築した事業者が「全国の自治体において適用できる統一様式を調整・作成」するため、自治体に申請書が届くのに時間がかかる。 とステップを踏まなければならない。 オンライン申請では不備も目立つといい、東氏はその理由を次のように述べる。 「マイナポータルでは打ち間違いなどに対してエラーは出ず、何を書いても申請できる仕様となっています」 「口座情報などの添付書類についても、どんな画像データでもアップロード可能です」 「同じ人が何度でも申請可能な仕様になっており、もっと言えば、世帯人員に何人でも書くことができます」 そのため、対象者に電話や郵送で再申請をお願い(マイナポータル上では連絡不可)するケースもあり、給付は「郵送より遅くなる可能性があります」という。 実際、香川県高松市は19日、マイナポータルのシステム上の問題や誤入力などにより給付が遅れているとして、24日からオンライン申請を中止し、郵送に一本化すると発表した。 東氏は「何より、こうした仕様であることは自治体には事前にまったく知らされていないため、対応策等を練る時間もなく申請受付を開始した経緯があります」と不満を漏らし、「(マイナンバーカードの暗証番号の)再設定は役所まで来ていただかないとできない仕様になっています(中略)さらに、再設定の際には役所のシステムから国のシステムへとアクセスする必要があるのですが、国のシステムへのアクセスが殺到したことで数時間待ちになり、役所に行列ができる自治体が出てくる事態となっています」と制度設計の不備により実害も出ているとした。 振り込み作業でも一苦労 郵送とオンラインによる申請を紙媒体に一元化したら、ひたすら住民基本台帳と見比べて精査(全体最適型は短縮可)し、不備がなければシステム上で金融機関に振込を依頼する。 紙に記載された口座情報などをシステムに「手入力」していく。 目視での照合作業は非効率的に思えるが、東氏は「マイナポータルのシステムと住民基本台帳システムがすぐには連動できないことに起因しています。 なぜなら、マイナポータルは国主導のシステムである一方、住民基本台帳システムは各自治体ごとに異なる事業者に委託して構築されているからです」「加えて、住民基本台帳を扱う基幹系システムは通常の行政情報を扱うネットワークとは切り離されて構築されており、情報を容易に移動させることができません」と事情を明かす。 精査の段階でも、オンライン申請特有の問題が出てくる。 「郵送による申請では、住民基本台帳に記載された情報を申請書に印字している関係上、世帯構成の記載などに間違いが生じることはありません。 一方で、マイナンバーカードはあくまで『個人』を対象とした制度であるため、世帯構成に関する情報はカード上に保有されておらず、ご自身で入力いただくことになります。 そのため、オンライン申請では、申請情報と住民基本台帳に記載されている情報に齟齬が生じる可能性が出てきます」 国会議員の方々は精神論ではなく... 東氏は最後に、「全体への給付が1日でも早く実現できるように、職員一同、全力で対応にあたっていることは重ねてお伝えしたい」とした上で、「ここまで記事を読んでいただければ、いったいどこに不具合があるのかは明白かと思います」と投げかけ、 「国会議員の方々が、『なぜもっと急がないんだ』という精神論を唱えるのではなく、自治体から上がる無数の声に耳を傾け、それらを分析し、今後に向けた正しい判断をされるであろうと、私は信じています」 と国に要望した。 このnoteを執筆した東氏は1988年生まれ。 京都大学大学院工学研究科出身で、外務省などを経て、2017年に四條畷市長に初当選したという経歴の持ち主だ。 noteは広く拡散し、「想像はしてたけど、やはり大変な作業量だよな... 」「この仕事、絶対やりたくないわ...... 担当者様、本当にお疲れ様です」と職員への労いや、「ひどいわ。 オンライン申請で、する方もされる方も省力化でハッピーと思っていたのに」「オンラインで申請しても印刷して郵送と同じ状態にしてるのか... 」など驚きの声があがっている。

次の