スッキリ っ す。 『NiziProject』発「NiziU」が『スッキリ』で縄跳びダンス披露 nvcdn.answerstv.com語録は却下

ニジプロ佳境 デビューメンバー『虹かけ』で最速発表 『スッキリ』怒涛の特集・特番も

スッキリ っ す

(C)まいじつ 『スッキリ』(日本テレビ系)コメンテーターを務める幻冬舎編集者・箕輪厚介氏が、6月9日放送の同番組に、自身の不倫・セクハラ疑惑に関してのコメントを寄せた。 番組では箕輪氏の今後の出演が取りやめになったことも発表されたが、MCの加藤浩次が「はっきりこの場で言ってほしかった」と箕輪氏の対応に苦言を呈したことが波紋を広げている。 箕輪氏は5月中旬に女性ライターへのセクハラが発覚し、6月8日に自身のツイッターで謝罪を表明。 また、編集長退任やテレビ出演自粛などで責任を取ることも発表し、翌朝の「スッキリ」にもコメントを寄せる形となった。 番組では水卜麻美アナがコメントを代読し、同時に「『スッキリ』では箕輪さんからの出演自粛の申し出を受けまして、今後、コメンテーターとしての出演を取りやめることに致しました」と番組の措置も発表。 続けて加藤が自身の見解を述べたのだが、加藤は険しい表情で「箕輪さん自身も『(報道に)本当ではないこともある』というふうに言っていた」「コメンテーターという立場でテレビに出てるということは、何かあったとき、そこでやっぱり言葉をつむいでいかないと」と、釈明しない箕輪氏の姿勢に苦言を呈していく。 謝罪するところは謝罪する、そして違うところは違うと。 はっきりこの場で言ってほしかったな、というのが僕の本心です」などと続け、自身の口で語らずに〝出演辞退〟という形で幕引きを図る箕輪氏を批判。 最後は「番組とか出版された本とか素晴らしいものはいっぱいあります」とフォローを入れたものの、終始にわたって手厳しいコメントを続けていった。 これに対し、ネット上で称賛の声が上がる一方で、ある批判も…。 箕輪氏のスキャンダルが報じられたのは5月16日だったのだが、3日後の19日の『スッキリ』に箕輪氏は普通に出演。 そして、番組がそろってスキャンダルをスルーしていたのだ。 そのため、今回の加藤のコメントに対して、 《居なくなってから言う。 どこがスッキリだよ。 威勢がいいときは相手がいないときや弱いときか。 情けねえ男だな》 《出演時に自分から聞けよ! いないところで言うなよ》 《出演中に直接言ってほしかったですね》 《自粛前の出演中に特集組むくらいしてほしかったなー。 身内に甘いと言われても仕方ない》 《報道の後にも出演してたんやから、番組内で聞くチャンスあったやん、身内やからあえて聞かんかったらトンズラされただけやろ?》 などといった反発が起こっている。 かつては相方の不祥事により、番組内で号泣しながら謝罪したこともある加藤。 身内の女性トラブルには、何かと恵まれない天分のようだ。

次の

宮川大聖、「Symbol」が『スッキリ』6月テーマソングに

スッキリ っ す

Stray Kidsが、6月3日 水 発売のJAPAN 1st Single「TOP -Japanese ver. -」より表題曲のミュージックビデオを5月26日(火)21時にYouTubeにてプレミア公開した。 このミュージックビデオは、ド派手なアクションが魅力の1つ。 メンバー自らワイヤーアクションに初挑戦しており、嵐さながらの強風吹き荒れるシーンは見どころである。 TOP -Japanese ver. - 2. SLUMP -Japanese ver. - 3. TOP Instrumental *CD 全3曲 *24P PHOTO BOOK Type A *VLOG DVD 収録内容 Stray Kids、日本デビューまでの軌跡を一挙VLOG化 2019. 2 『SKZ2020』 Jacket making-of video 2019. 19 「TOP -Japanese ver. TOP -Japanese ver. - 2. SLUMP -Japanese ver. - 3. TOP -Japanese ver. - 2. SLUMP -Japanese ver. - 3. TOP Instrumental 4. TOP -Japanese ver. - 2. SLUMP -Japanese ver. - 3. TOP -Japanese ver. - 「神之塔 -Tower of God-」ver. SLUMP -Japanese ver. - 「神之塔 -Tower of God-」ver. -」トレーディングカードおよびシリアルナンバーの封入はしておりませんのでご注意ください。 TOP -Japanese ver. - 2. SLUMP -Japanese ver. - 3. TOP Instrumental 4. -」トレーディングカードおよびシリアルナンバーの封入はしておりませんのでご注意ください。

次の

『第6回 朝の顔ランキング』、“スッキリ”水卜アナが初の首位(2020年6月26日)|BIGLOBEニュース

スッキリ っ す

ソニーミュージックと韓国のJYPエンターテインメントによる共同ガールズグループプロジェクトに密着したオーディション番組「Nizi Project」から、デビューが決定した「NiziU」のメンバー9人が6月26日、日本テレビ系の朝の情報番組「スッキリ」(月~金曜午前8時)に韓国から生出演した。 リーダーに選ばれたマコさんは、これまでプロジェクト内で行われたチームバトルでも3回リーダーに抜てきされた。 マコさんは「毎回どのようにしたらチームワークが良くなるか、チームがまとまるかを考えました」と話しながら、「皆が話しやすく、楽しい雰囲気を作る」ことを意識していたと明かすと、MCの加藤浩次さんは「これが次の世代のリーダー像」だと太鼓判を押した。 一方、2チームに分かれて行われた最終対決で、マコさんとともにリーダーを務めたマヤさんは「自分が引っ張るよりも、皆の意見をまとめながら皆で一緒に頑張っていく」ことを心がけていたといい、「マコちゃんと比べられるプレッシャーもあった」と話しながらも、「マコちゃんの姿を見てたくさん学んだことがあった」「マコちゃんはマコちゃん、私には私の良いところがあると、ポジティブに考えて頑張りました」と語った。 また、リクさんとリマさんはさまざまな課題に取り組んでいく中で「楽しむこと」を大切にしていたとコメント。 リクさんは「ステージに立つという初めての環境で緊張もありましたが、楽しんでやっていたおかげで成長していけたと思います」、リマさんは「心から楽しむことで自分の性格を前に出すことができた」と振り返った。 さらに、加藤さんからソロパフォーマンスが「忘れられない」と絶賛されたミイヒさんは、「その曲を理解すること、どうすれば自分らしく表現できるか考えて、一つ一つの曲に意識して向き合っています」と表現力をアップさせるための秘訣(ひけつ)を明かした。 今回、最後にメンバーに選ばれたニナさんは「自分の名前が呼ばれるかすごく不安で、ファイナル(最終対決)のチームの皆が呼ばれていく中で一人だけ受からなかったらどうしようと緊張していましたが、呼ばれたときはホッとしました」と当時の心境を語り、家族にメンバー入りを報告した際の様子については、「すごくうれしかったみたいで、おめでとうと言ってシャンパンまで開けていたみたいです(笑い)」と照れ笑いを浮かべながら話した。 今年1月から動画配信サービス「Hulu(フールー)」で独占配信がスタートし、日本や米国など各地のオーディションで選ばれた26人の東京合宿に密着したパート1、東京合宿を経て選ばれた13人の韓国でのトレーニング合宿に密着したパート2が配信中。 また、「スッキリ」ではこれまで、同プロジェクトの特集企画を放送。 同日、日本テレビで放送された「虹のかけ橋 デビューメンバー最速公開スペシャル!(虹かけ)」でデビューメンバーが発表された。 「NiziU」のメンバーはマコさん、リクさん、リマさん、リオさん、マヤさん、ミイヒさん、マユカさん、アヤカさん、ニナさん。 「虹かけ」では、6月30日にプレデビューデジタルミニアルバム「Make you happy」を配信リリースすることも発表された。 メジャーデビューは今秋を予定。

次の