帯状 疱疹 原因。 帯状疱疹の症状と原因・治療・薬・後遺症やうつるのか?など

帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは ~ 原因・症状・治療について

帯状 疱疹 原因

帯状疱疹って? 帯状疱疹とは、水疱瘡 みずぼうそう のウイルスが原因の、痛みをともなう皮膚湿疹のことです。 参考: 水疱瘡は子供の頃にほとんどの人がなりますよね?その時にできたウイルスが 神経節というところ 顔面の三叉神経、脊髄神経、坐骨神経など に 数十年間も潜伏します。 普段は 免疫が強い健康状態の時には活動が抑えられており出てくることはありませんが、 身体の免疫力が低下する中高年や忙しい毎日が続くとき、ストレスなどによって 潜伏している水疱瘡ウイルスが出てくるのです。 ぶつぶつが帯状にでき、ヒリヒリとした痛みが続きます。 それがまさに水ぶくれのようになって広がっていき、最終的にはかさぶたになって終わります。 そして怖いのが、 帯状疱疹を何もせず放っておくと広がり続け、 全てかさぶたになって終わった後も、神経痛となって何年も痛みが続くのです!! ヒエエェェェ・・・ すぐに治しましょう! でも、 本当に帯状疱疹かどうかわからない・・・ 判断がつきにくい場合もありますよね。 ですからまず、主な原因について考えてみて、思い当たるとことがあるかどうか、考えてみることをオススメします。 主な原因 帯状疱疹になってしまう主な原因は、 過労、疲労の蓄積、ストレスが原因とよく言われます。 しかし、私の場合は過労で疲れ切った時というよりも、忙しさの山を越えて、疲れもだいぶ回復したあたりで こうなったので、自分の意識と身体の反応には少し時間差があるようです。 さらにもしあなたが40代なのであれば、今までのように一生懸命に働いて、同じように動き続けていると、 以前のように パワフルに動けない自分に気づくはず。 しかし、それを 認めたくないという気持ちも。 で、たまたま調子が悪いだけだろう、と思って 無理をしていると帯状疱疹というパターンも多いようです。 発症者の75%が40歳以上の世代ということから考えると、20代、30代と頑張り続けていてしかも体力の低下がどうしても出てくる世代ですから、 免疫力が低下するというのもうなずけますね。 そして、ストレスが直接の原因ではないという方もおられるようですが、 実は 大いに関係があります。 ストレスを受けると、まず自律神経が緊張します。 それによってストレスホルモンというものが体内に分泌され、その緊張に対処できるように活発に動けるようになります。 しかしそれは緊急事態に対処するためのものなので、長く続くと免疫力がどんどん奪われていきます。 そうすると、それまで抑えられていた 体内のウイルスが活動し始めるというわけです。 初期の症状 私の場合は、朝起きた時に、肋骨のあたりと背中に 皮膚がピリピリする感覚がありました。 よく風邪の初期症状にあるので、「風邪っぽいのかな?」程度に感じていました。 しかし、それにしてはいつまでたっても風邪っぽくならないし、皮膚のピリピリは治らないし、 「変だなぁ」と思っていました。 痛みが始まってから 5日目頃、 痛みが強くなり始め、「ピリピリ」から「ビリビリ」変化しました(わかりにくい!) 鈍痛(どんつう)と言った方が正しいかもしれません。 車を運転していても シャツが肌に擦れただけでビリビリと皮膚の表面というより内側が痛みます。 「これはおかしいな」と思い始めたのがこの頃だったと思います。 「皮膚科の方が専門ではあるが、まだわからない場合は内科でも対応できる医者は沢山いる」 とのことでした。 私の場合は内科と皮膚科の両方ある個人病院に行きましたが、 受付で症状を説明したところ皮膚科となりました。 お医者さんに診てもらったところ、 まだ湿疹が確認できないので(お腹のコレはやっぱり蚊に刺されたのか?と思いながら) 「まだ判断はできないので血液検査をしましょう」 ということになりました。 でも、その次の日に鏡でお腹を見ると・・・・ 増えてるーー!!! これで確信しました。 明らかに 湿疹! 先生曰く、 「帯状疱疹の湿疹は 周りがピンク色で痛みもありますからわかりやすいと思いますよ」 とのことでした。 確かに鮮やかなピンク色でした。 次の日にすぐ病院に行きました。 先生に見せたところ、 「明らかに 帯状疱疹ですね。 早速薬を出しますのですぐ飲んでください」 と、抗生物質のバラシクロビル錠、ロキソプロフェンNa錠、テプレノンカプセルという薬を処方されました。 もうこうなると 一刻も早く飲んだ方が良いようです。 食後と書いてありましたが、とりあえずすぐ飲んで、次は6時間後に飲んでください。 と言われました。 これは処置が遅れた場合に神経痛として痛みが何年も残る可能性があるからです。 そして、薬を飲み始めても湿疹は増え続け、次第に赤黒くなって、かさぶたになり、終了します。 その期間はおよそ三週間から1ヶ月ほど。 しかし薬を飲み続ければ、しっかりと治りますからご安心を。 後は体を温めることを意識して、お風呂に入ったり、温かいものを食べたり飲んだりしてください。 ただし、お酒は控えるように。 と、しっかりとご指導いただきました。 ちなみに血液検査の結果は、 「VZV-M - 」つまり、陰性でした。 ・・・え? 調べてくれた血液検査ではわからなかったそうです。 これはウイルスの活動がまだ初期段階だとわからないことがあるそうでした。 しかし、はっきりとわかって安心しました。 『血液検査はあてにならないじゃん!』 となりそうですが、実は、 帯状疱疹の疑いとともに、内臓の病気の可能性もかんがみての血液検査ということで調べてみてもらったものでした。 遅くなるとその後何年も痛みと戦わなければならないので 早い処置をすることを強くお勧めします。

次の

【医師に聞く】「帯状疱疹」はうつる?代表的な症状と原因・発症場所

帯状 疱疹 原因

1)帯状疱疹とは 季節の変わり目などには、風邪などで体調を崩し、免疫力が低下しやすくなります。 そんなときに注意したい病気の1つに、 帯状疱疹 たいじょうほうしん があります。 帯状疱疹とは、水ぼうそうを起こすウイルスと同じ 水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスが原因で起こる、痛みをともなう皮膚湿疹です。 はじめて水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスに感染したときは、水ぼうそうとして発症します。 多くの人が子どもの頃に水ぼうそうにかかり、発症して1週間程度で治ります。 ウイルスは、水ぼうそうが治った後も 体の神経節(神経の細胞が集まった部分)に潜んでいますが、健康で免疫力が強い間は活動が抑えられています。 しかし、加齢やストレス、過労、病気などによってウイルスに対する 免疫力が低下したときに再び活動を始め、神経を伝わって皮膚に到達し帯状疱疹として発症します。 神経節から出て活動を再開し、皮膚に 帯状の水疱(水ぶくれ)をつくります。 この帯状に広がる症状から 帯状疱疹といわれます。 2)症状 赤い斑点があらわれる数日前からからだの一部の違和感やチクチク、 あるいはピリピリした痛みを感じる 神経痛を伴うことがあります。 この症状は 帯状 に広がることが多く、特に胸から背中、腹部などによくみられ、顔や手足にも現れます。 同時に軽度の 発熱 と リンパ節の腫れ などがみられることもあります。 (水ぶくれの特徴) 大きさは粟粒大? 小豆大の大きさと中央部にくぼみがみられること 痛みは症状が出ている間、続きます。 軽い痛みで済む方もいますが、皮膚と神経の両方でウイルスが増殖して炎症が起こるため、強い痛みを感じることが多く、夜も眠れないほど悩まされることもあります。 3)早期発見 一般的に、帯状疱疹は自分では判断しにくい病気です。 初期段階では、 虫刺されやかぶれ、他の皮膚疾患などと思い違いをする方が少なくありません。 そのため、市販の軟膏等を塗っていて対処が遅れ、重症化させてしまうケースも多くみられます。 帯状疱疹の対応では、 ウイルスが皮膚や神経に与えるダメージが少ない早い段階で治療を始めることが大切です。 ウイルスが体内で増殖し、神経や皮膚への攻撃が長引くと、その分ダメージが大きくなります。 また、神経に傷が残ると 「帯状疱疹後神経痛」といって長期間にわたって痛みが消えないこともあります。 帯状疱疹後神経痛とは 帯状疱疹の皮膚症状が消えた後に、その部分の神経に起こる慢性的な痛みのことです。 湿疹などの皮膚症状が悪化したり、痛みが強い方ほど神経痛が残りやすいとされています。 この痛みは、絶え間なく続く場合もあれば間が空くこともあり、夜間に悪化する場合や、寒暖の差でひどくなることもあります。 ひどくなると、痛みで他のことが手につかなくなる事さえあるので、できるだけ早く治療して、痛みが記憶として残らないようにすることが大切です。 からだの片側に急な原因不明の痛みを感じたり、同じ場所に赤い湿疹が出た時は、痛みを我慢せず、できるだけ早く皮膚科を受診して適切な治療を受けましょう。 4)治療 原因となるウイルスに対しては 抗ウイルス薬 、 痛みに対しては 消炎鎮痛薬 を用います。 また、水疱がつぶれて 細菌感染した場合は 抗菌薬 を使用します。 できるだけ早期から抗ウイルス薬を使うことで症状の悪化を防ぎ、皮膚や神経のダメージを軽くする効果が期待できます。 我慢せずに、どんな痛みなのか医師に詳しく説明し、その程度・種類に応じた治療を受けましょう。 早期発見・早期治療でウイルスの増殖を抑え、皮膚への炎症や痛みの重症化を防ぎ、 帯状疱疹後神経痛が残るのを抑えることもできます。 水疱が治るまでは、水ぼうそうにかかったことがない赤ちゃんや子供、妊婦には接触しないようにしましょう。 しかし、ごくわずかに免疫力がひどく弱くなったときなど、再発する人もいます。 急に発症したときに適切な対処ができるように、帯状疱疹についてきちんと知っておきましょう。 引用 公益社団法人 日本皮膚科学会ホームページ www. dermatol.

次の

帯状疱疹は原因はストレス!?初期症状の画像を写真付きで紹介!

帯状 疱疹 原因

概要 帯状疱疹 たいじょうほうしん は、 すいとう 帯状疱疹ウイルスを原因として発症する病気です。 初期段階には皮膚がぴりぴりするような痛みを感じ、時間経過とともに赤みや水疱形成などの皮膚症状が現れます。 皮疹が広い範囲に広がったり、という病気を伴ったりすることもあります。 水痘帯状疱疹ウイルスは、初めて感染したときには 水疱瘡 みずぼうそう として発症しますが、その後は体内に隠れ住んでいます。 ストレスや疲れ、免疫機能の低下などに伴い、体内に潜んでいたウイルスが再活性化すると、帯状疱疹を発症します。 このウイルスの再活性化を予防したり、発症に至っても軽症で済ませたりするためには、予防接種が有効です。 帯状疱疹の好発年齢である50歳以上の方を対象としており、ワクチン接種により 水痘 すいとう 帯状疱疹ウイルスへの免疫力を高め、病気の発症や後遺症(帯状疱疹後)を予防します。 原因 帯状疱疹は、水疱瘡の原因ウイルスである帯状疱疹ウイルスに感染して発症する病気です。 初めて感染したときは水疱瘡を発症します。 水疱瘡が治った後、水痘帯状疱疹ウイルスは後根神経節と呼ばれる部位に潜伏し、悪さをすることなく年単位で潜んでいます。 しかし、ストレスや疲れなどがきっかけとなりウイルスに対する抵抗力が低下すると、水痘帯状疱疹ウイルスが再活性化して、帯状疱疹を起こします。 帯状疱疹は、50歳以降で発症することが多い病気です。 しかし、若い方であっても、疲れが蓄積すると帯状疱疹を発症することがあります。 また、やがんなどに関連して水痘帯状疱疹ウイルスに対する免疫力が低下すると、帯状疱疹を発症しやすくなります。 症状 帯状疱疹は、再活性化を示すウイルスの神経領域に一致して症状が出現します。 初期症状はぴりぴりとした皮膚の痛みであることが多く、必ずしも見た目の皮膚変化は伴いません。 しかし、時間が経つにつれて徐々に赤みや水疱形成を伴うようになります。 発症後1週間ほどは皮膚症状が悪化することが多く、2〜3週間ほどで治癒に向かいます。 病気による変化が起こりやすい部位は、肋間神経に一致した胸部であることが多いですが、それ以外にも顔面を含めて全身どこにでも現れます。 顔面神経に関連して帯状疱疹ウイルスが悪さをすると、と呼ばれる病気を引き起こすことがあります。 ハント症候群では、目をうまく閉じられない、口をうまく閉じられず食べ物が口からこぼれる、、、味覚の低下などの症状がみられます。 その他、便秘、麻痺、膀胱直腸障害などが現れることもあります。 治療 帯状疱疹の治療方法は、皮膚所見の重症度や部位に応じて決定されます。 中心的な治療方法は、原因となる帯状疱疹ウイルスに特化した抗ウイルス薬を用いた治療です。 使用される薬剤はアシクロビルやバラシクロビルなどで、内服薬や点滴薬などの形態があります。 また、帯状疱疹は強い痛みを伴い、一般的な鎮痛剤では対処できないことが多くみられます。 その際は、麻薬、抗けいれん薬の一部であるガバペンチン、神経ブロックなどを組み合わせた対処が必要とされます。 重症化して入院治療が必要になるケースもあります。 なお、帯状疱疹を発症したとき、ウイルスに感染したことのない人と接触すると、その人が水疱瘡を発症するリスクがあります。 特に乳幼児は水疱瘡のワクチン歴がないことがあるため、接触には注意が必要です。

次の